ブルース・ティムが製作総指揮を務めた「バットマン・キリングジョーク」には、犯罪界の道化王子ジョーカーの語られなかったオリジンが描かれる。ジョーカーが売れないコメディアンだった頃、生活苦から犯罪計画に加担しバットマンとの出会いで人生が最悪の形で狂いジョーカーとなるまでの語られなかったオリジン。
バットマンとバーバラ・ゴードンまたはバッドガールは、マフィアを叔父にもつパリスが起こした強盗事件を追っていた。パリスのバッドガールに対する執着を心配したバットマンはバーバラに捜査をおりるように頼むが、密かにバットマンを愛するバーバラはパリスを無鉄砲に捜査する。バットマンの命がパリスによって危うくなった瞬間、バーバラはもう少しでパリスを殴り殺す寸前まで制裁を加える。その時バーバラは、自分の中にも闇に落ちるかもしれない深淵を見て、バーバラは一時犯罪との戦いから手を引く。ジョーカーがアーカムを脱走し、ジョーカーがバーバラを下半身不随にし辱しめ、ゴードン本部長を寂れた遊園地に拉致し遊園地に仕掛けたフリークショーに叩き込み辱しめられたバーバラの写真を見せつけ、ゴードンを狂わせることでジョーカーは「悪い日が1日あれば、誰でも自分のように気が狂う」と証明しようとする。手遅れになる前にバットマンは、ゴードン本部長を救うことが出来るか? そしてバットマンとジョーカーの対決の行方は? 前半のバットマンとバッドガールとパリスの対決では、ド派手なカーチェイスとバトルアクションが楽しめる他に、バーバラが悪の深淵に落ちそうになる展開を置くことで、ジョーカーが仕掛けたフリークショーによってバットマンとゴードンが絶望や恐怖を味わった時に狂気の闇に堕ちずに正気と正義を保てるかという原作のテーマにより肉迫したストーリーに仕上がっています。ジョーカーが仕掛けたフリークショーの中で、ジョーカーが熱唱する「世の中が辛かったら、イカレちまえ!」という歌の悪魔的な怖さは、トラウマ級です。




「バットマン・キリングジョーク アラン・ムーア」



AD
バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生 劇場公開版

今回発売のアルティメットエディションは、劇場版に30分の未公開映像を追加した完全版。以下ネタバレあり。
追加した映像
傭兵組織にロイスが囚われ、スーパーマンが救出するシーンに、傭兵組織の中にアメリカ政府と謎の組織の内通者がいることがほのめかされるシーンが追加。
スーパーマンが傭兵組織の奴等を殺したと思い込んだ犠牲者の奥様方が、テレビのインタビューに答える映像とスーパーマンの銅像に落書きされるニュースをクラークが見るシーンが、追加。
クラークが、ゴッサムシティでバットマンの話を市民から聞くシーンが、追加。
スーパーマンの存在意義についての討論会の番組を見たクラークが悩み、母親に電話するシーンが、追加。
バットマンに焼き印を押された犯罪者が刑務所で処刑されるシーンが、追加。
バットマンがスーパーマンの夢を見るシーンのロングバージョン、フラッシュが言った「僕らを探せ!」がジャスティスリーグ結成に繋がるシーン。
バットマンが犯罪者にしてる自警活動の残酷さを知ったクラークが記事で追求するため証言を集めるシーンが、追加。
フィンチ議員が砂漠の銃撃戦の犠牲者の奥さんから証言の偽証を打ち明けられるシーンが、追加。
ブルースがスーパーマン対戦用にトレーニングするシーンとスーパーマン対戦用の兵器開発シーンの、ロングバージョン。
ロイスが議会爆破の容疑者の部屋を調査するシーンが、追加。
クラークが父親と話すシーンが、追加。
ブルースがクラークの母親の名前が自分の母親マーサだと知るシーンは、少年時代のブルースの回想シーンが挿入することで、より感動的なバージョンになっている。
バットマンがマーサを救出するシーン、バットマンとスーパーマンとワンダーウーマンがドゥームズデイと戦うシーンは、血湧き肉踊るロングバージョン。
バットマンが刑務所でルーサーと面会するシーンは、ルーサーがアーカムに移送されることとスーパーマンの死によってメタヒューマンの敵が表れることがほのめかされる。













AD
トンデモ改憲案の条文を、「法律受験のカリスマ」伊藤真・伊藤塾塾長が赤ペン添削!!

なぜ、自民党の改憲案は「憲法の体をなしていない」のか?近代国家が寄って立つ「立憲主義」のキホンが、改憲案との比較でわかります。

✓条文ごとに「改正草案」と現行憲法を対比。

✓「チェック問題」で注目すべき重要部分を明らかに。

✓自民党の「改憲草案Q&A」による改正理由と、その問題点を解説。

✓憲法にくわしくなくても、この1冊でしっかりわかる。
憲法の勉強会等にも最適です! 

✓さあ、赤ペン片手にあなたがチェック! 

著者について

弁護士、法学館憲法研究所所長、法学館法律事務所所長、伊藤塾(法律資格の受験指導校)塾長。日本国憲法の理念を伝える伝道師として講演・執筆活動を行う。NHK「日曜討論」「仕事学のすすめ」、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」などに出演。様々な媒体を通じてメッセージを日々発信している。著書『伊藤真の世界一わかりやすい憲法入門』など多数。

まず、憲法には権力者が守るべき統治のあり方が定められており、権力者は憲法に書かれたルールに従って国を治めること。立憲主義とは、憲法が国家権力から国民の権利と自由を保証するために権力者が守るべきルールである考え方。立憲主義に基づく憲法の特徴は、憲法の目的は国民の人権を守ること、憲法が定めた以外の権限は国家権力に与えられない、憲法はどの法よりも上位にある。自民党草案の前文で「我が国は天皇を戴く国家」として天皇の権威を強調している点は、国民主権を後退させること。自民党草案の第2章・安全保障で、国防軍の規定をおき、草案9条1項で「戦争の放棄」について言及しているものの、2項で自衛権の発動を無制約に認めたことは、現行憲法9条に基づく軍縮や軍備撤廃を国際社会で推進する我が国の責務を放棄し、他国並みの交戦規定など(草案9条の二、4項と5項)や国民に課せられた愛国義務(草案前文第3段)、領土保全義務(草案9条の三)により軍事優先に社会が変化する恐れがある。自民党草案第2章第9条3項では、国防軍が国際平和活動を可能にし、法律の規定によって武力を行使出来る上に、国際平和活動の他に「公の秩序を維持し、国民の生命と自由を守るための活動」と規定することにより、国内の暴動や内乱だけでなく国策に合わないデモや集会を国防軍が治安維持の名目で軍事制圧を可能に出来る。草案第9条の三は、領土領海を保全し資源を確保することを明記しており、領土領海を保全する名目で軍事力行使のきっかけになる危険性が増す。自民党草案第3章・国民の権利と義務の第12条「国民の権利と自由は、公益と秩序に反してはならない」第13条「国民の権利は公益と秩序に反しない限り認められる」は、従来の公共の福祉(人権相互の衝突の場合に、お互いの人権を尊重しながら調整する)だけでなく国民に「公益と公の秩序」に服従する義務を課し、国民の人権は常に公益と公の秩序に反しない限りでしか認められないことになり、法律による人権制御が容易になり、常に人権の上に公益と秩序があることになる。自民党草案第21条表現の自由の第21条2項で、「公益及び公の秩序を害するのを目的とした活動を行い、並びにそれを目的に結社することは認められない」としているのは、「公益や公の秩序を害することを目的とした」の目的の基準が曖昧なので政府の方針とは違う表現活動や集会やデモなどに適用し規制がかかる可能性があります。自民党草案第25条の三「国は国外で緊急事態が生じた時は、在外国民の保護に努めなければならない」は、国防軍が軍事行動する名目を拡大すること。自民党草案第24条「家族は互いに助け合わなければならない」は、この規定を生存権規定(草案25条)の前におくことにより、国家による社会保障の充実よりも家族による扶助義務を優先することになり、この規定を根拠に生活保護申請の制限や家族の介護負担増に繋がる。自民党草案第9章・緊急事態での条項は、緊急事態宣言を行うことが出来る状況の基準が「内乱等」「地震等」「その他法律で定める緊急事態」と曖昧で限定がされていないため法律による後付けで緊急事態が持続する恐れがある。他にも、自民党草案第92条1項により、地方自治体の権限を弱体化させようともしている。
こうして分析していくと、緊急事態により簡単に対応出来るように改憲するという表向きの理由の奥にある、国防優先の国家に作り変え国民を縛るのが目的だと分かります。「赤ペンチェック自民党憲法改正草案」を熟読し、この改正草案の内容をしっかり吟味し、国民それぞれが人権を守るためにどうすべきか、考えるきっかけになればと思います。



AD