高架線と路地裏の多い街、リッチモンド。リッチモンド生まれのロック・クイーン、エレン・エイム(ダイアン・レイン)がアタッカーズを引き連れて凱旋して来た。ロック・コンサート会場は熱気に包まれ、ピークに達しようとしていた。その時、ストリートギャングボンバーズのリーダー、レイヴェン(ウィレム・デフォー)が手下を指揮してステージに乱入、エレンを連れ去った。その夜、レストランで働くリーヴァ(デボラ・ヴァルケンバーグ)は弟のトム・コーディ(マイケル・パレ)に手紙を出した。トムはエレンのかつての恋人で、彼女の危機を知れば弟が街に戻ってくることをリーヴァは知っていた。数日後、ロングコートに身を包んだトムが帰ってきた。彼はボンバーズの情報を得るため、かつての馴染みの酒場に出かけていった。そこでトムはマッコイ(エイミー・マディガン)と名のる元陸軍の車輛係をしていた女兵士と出会い、意気投合。その夜、宿無しのマッコイをリーヴァのアパートに泊めてやった。翌日、トムは1人で武器を調達、組立式のウィンチェスター・ライフル、ポンプ式ショット・ガン、それに45口径リボルバーで武装しエレン奪還の準備を整えた。その日の午後、エレンのマネージャー兼恋人のビリー・フィッシュ(リック・モラニス)と会い、救出に成功したらトムとマッコイに賞金1万ドルを出させることを約束させた。3人はボンバーズの根城であるバッテリー地区へ向かった。真夜中、バッテリー地区の根城の中では熱狂のロックが渦巻き、外ではバイクを乗りまわすライダー達がたむろしていた。トムがそのライダーたちのオートバイをウィンチェスター・ライフルで破壊、その間隙をぬってマッコイが単身アジトに侵入しレイヴェンに拳銃をつきつけた。トムとマッコイはエレンを救出、4人は作戦の成功を祝った。だがトムが賞金目当てに自分を救い出しに来たことをビリーから聞いたエレンは、卜ムの心を計りかねた。リッチモンドへの帰路、警察の封鎖を突破するため、ドゥアップ・グループ・ソレルズのバスを乗っ取り、封鎖線を強行突破した。リッチモンドの人々はエレンたちを熱烈に歓迎した。トムが自分を救出してくれたのは金のためではないことを知ったエレンはトムの胸にとび込み、2人の間に昔の愛が甦えった。だが、メンツをつぶされたレイヴェンが黙っているわけがない。彼の仲間を集めトムを倒してエレンを奪おうと全面戦争の準備にとりかかった翌朝、ボンバーズがリッチモンドを取り囲んだ。迎えうつ住民たち。トムとレイヴェンの大型ハンマーによる死闘が始まった。数分後、その場に立っていたのはトムだった。夜、エレンのロック・コンサート会場をあとに、トムとマッコイは街を去った。
80年代に隆盛を極めたMTV連動型のロックミュージカル映画の先駆けとなった映画。
この映画では、カッコいいヤツの基準ははっきりしている。小利口よりも不器用で、自分の流儀や誇りや愛する者のために戦える男。言ったことは命懸けで守れるし、自分の気持ちを抑えてでも愛する者の生き方を大事に出来る男。女も、誇りのため愛する者のために戦う。
くたびれたトレンチコートやピッカピカのレザーコートなどの50年代ファッションやオープントップのカッコいい車やバイク、無骨で口は悪いが優しさと誇りを胸に秘めたトムやワルだが筋は通すレイヴェンやロッククイーンそのもののエイムやタフで頼りになるマッコイと良いヤツも悪いヤツもカッコいいキャラクター、クライマックスの誇りを懸けたトムとレイヴェンの一騎打ち、劇中に流れるシンプルでカッコいいロックンロール、まさに「ロックンロールのお伽噺」そのものの傑作ロックミュージカル映画。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
2年毎の会長選挙が近づくにつれ、香港を牛耳る和連勝会に不穏な空気が流れ始める。任期を終えた現職の会長は、次期会長に席を譲り渡す掟があった。現会長ロク(サイモン・ヤム)の義理の息子ジミー(ルイス・クー)、武闘派のフェイ(ニック・チョン)、ロクの右腕で出所したトンクン(ラム・カートン)が次期会長と囁かれていた。しかし現職ロクは、組織トップの魅力に取り憑かれ掟に背いて会長の座を明け渡そうとせず、会長候補筆頭のジミーの命を狙う。商売に専念したいジミーは最初立候補するつもりはなかったが、警察と「会長になったら、商売を見逃す」という取引をし、ロクと仁義なき会長選挙に挑む。
前作から2年後の会長選挙を描く「エレクション」第2作。
表の商売に専念したいけど様々なしがらみで裏社会に踏み込んでいくジミー、権力に取り憑かれ破滅していくロク、会長を目指しながら殺し屋として使い捨てられるフェイなど裏社会で生きる男たちの悲哀、自分に寝返らない奴らを四肢をぶったぎりミンチにして犬に食わせるなど過激なバイオレンス描写、野望やファミリーを守りたかった裏社会の男たちの悲惨な運命を描くクライマックス、裏社会に生きる男たちの悲哀に力を入れて描く「エレクション」完結編。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
香港で最大の組織<和連勝会>では上級幹部によって新しい会長を選ぶ選挙が行われていた。今回の候補は二人。ロク(サイモン・ヤム)とディー(レオン・カーファイ)だ。選挙の裏ではさまざまな策略がめぐらされていた。そして選挙の結果、選ばれたのはロクだった。ディーは、この知らせを耳にするとすぐさま報復に出た。現会長のチョイガイに向かって、会長に選ばれたものだけが手にできる<竜頭棍>をロクに渡すな、と脅したのだ。言うなりになったチョイガイだったが、混乱を怖れ、<竜頭棍>を中国本土・広州に運ばせてしまう。その頃、香港警察のホイ警視は組織犯罪の名目で、<和連勝会>の幹部を片っ端から逮捕していく。幹部たちは塀の中でもおとなしくしているわけがなかった。ロクは部下のアウを使って密かに<竜頭棍>を探させ、ディー側も塀の外の妻が捜索に動き出していた。広州ではそれぞれのボスの命令で部下が<竜頭棍>を追いかけたが、お互いが敵なのか味方なのかさえ、わからない。ようやく<竜頭棍>は広州から香港まで到着する。そして怒り狂ったディーは、「自分の力で何とかしてみせる! “新和連勝会”だ!」と宣戦布告。そんな中、前会長のチョイガイが万策尽きてついに自殺してしまう。ロク会長時代の幕開けは目前となった。様々な謀略の結果<竜頭棍>はロクに渡った。そしてロクは最後に釈放されたディーの説得にあたることになった。ディーに協力を求めるロク。そして言った「次の会長選でお前を支持する」と。こうして、新生・<和連勝会>が誕生した。かつての対立を忘れたかのように、ディーもロクとがっちり手を組んで、縄張りを拡大するために協力を惜しまない。内部が安泰したことで、組織の基盤はゆるぎないものになったかに見えた。しかし運命の悲劇は、さらなる幕を開けようとしていた……。
香港を中心としたアジアに根を張る三合会をモデルにした香港マフィアの仁義なき会長選挙を描くバイオレンス映画2部作の第1部。
やり手で自分の権力を保持するためなら恩ある前会長チョイガイさえ利用し始末するロク、相手が誰だろうと噛みつく狂犬ヤクザだが金の匂いには敏感なディー、経済を勉強するインテリだが仁義に縛られてもいるジミー、ロクに忠義を尽くすフェイなど、多数のキャラクターを行動を通じてくっきりと描く手際が冴え渡っている。
買収工作に失敗した手下を箱詰めにして何度も崖から落としたり、青龍刀で膾斬りにしたり、スコップや石で撲殺したり、生々しいバイオレンス描写が、非情なヤクザ社会を際立てている。
会長選挙にケリがついた後の驚愕のオチは、「アウトレイジ」も裸足で逃げ出す冷酷非情さがある。
マフィアを題材にした衝撃のバイオレンス映画。
サイモン・ヤム、レオン・カーフェイ、ニック・チョン、ルイス・クーなど、イイ顔の男たちの競演が、観福。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村