経産省所管のNEDO(国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」)から助成金を詐取した容疑で東京地検特捜部に逮捕されたスパコンベンチャー起業「ペジーコンピューティング」(以下ペジー社)の事件。同社の齊藤元章社長と官邸御用ジャーナリストで準強姦疑惑の渦中にある山口敬之氏 の関係をめぐって新たな事実が明らかになった。

 すでに山口氏が生活の拠点にしていた永田町ザ・キャピトルホテル東急内の高級事務所が齊藤社長から提供されていたこと、そして両者が一緒に財団法人を設立していたことが報じられていたが、この財団の正体が判明したのだ。

齋藤社長と山口氏が設立したのは、一般財団法人「日本シンギュラリティ財団」。法人登記をみると、設立年月日は昨年の3月9日で。山口氏が代表理事、齊藤社長が理事に名を連ねていた。

 しかし、昨年3月といえば、山口氏がTBSを退社する同年5月よりも前のこと。山口氏はTBS在職中の時点ですでに財団の代表に就任していたことになる。

 だが、さらに注目すべきは、この財団の中身だ。日本シンギュラリティ財団は検索しても公式HPすらないが、法人登記の設立目的には、シンギュラリティに関する研究、人材育成など、シンギュラリティという言葉がズラリと並ぶ。「シンギュラリティ」とは、人工知能の発達が急激な技術の成長を引き起こし、人間文明に計り知れない変化をもたらすという仮説のこと。つまり、人工知能による社会の変化、新しいビジネスを研究・支援する財団ということらしい。

 ところが、この財団の実体は、とても人工知能関連の研究団体とは思えないものだった。まず、謄本に記載されている財団の所在地は、恵比寿の高級住宅地の一角で、普通の住宅としか思えない一戸建て。そして、今週発売の『週刊ポスト』(小学館)12月22日号によると、同財団を直撃したところ、なんと山口氏の母親が応対に出たのだという。

〈財団法人の住所を訪れると、山口氏の母親を名乗る女性が、「ここは(山口氏の)実家です。財団? 私は何も知らないんです」と話すだけだった〉(同誌記事より)

 そう、この財団は山口氏の実家だったのだ。しかも、財団の評議員には弁護士だという山口氏の父親と思われる人物が名前を連ねていた。これは、よくあるペーパー団体の典型的なパターンではないか。

財団の真の目的は? 住所は山口氏の実家、評議員に山口氏の親族の名が…

 それにしても人工知能とはまったく関係のない政治記者の山口氏がなぜ、齊藤社長とこんな財団を設立していたのか。しかも、『ポスト』の記事を読む限り、実体はまったくないように見える。今回の事件を取材している全国紙の検察担当記者はこう推察する

「齊藤社長はスパコンだけでなくAIの開発、人工知能ビジネスに取り組んでいた。おそらく、官邸に食い込んでいる山口氏を代表にして、この財団をAI関連の助成金、投資の受け皿にしようと考えていたんじゃないでしょうか」

 実際、今回の詐欺事件の舞台となったNEDOにも、AI関連の助成金制度がある。同財団はこうした助成金を狙って設立したということなのだろうか。

 いずれにしても、この事件にはまだまだ裏がありそうだが、問題は東京地検特捜部の捜査だ。検察ははたして山口氏や安倍政権との関係にまで踏み込むのだろうか。

 しかし、前出の司法記者は「その可能性はきわめて低い」と悲観的な見方をする。

「最大の理由は森本宏東京地検特捜部長です。森本氏は法務省刑事局総務課長、内閣官房副長官秘書官の経験もあり、政権寄りの人物と言われている。特捜部でも、福島県知事汚職事件や村上ファンド事件など、“国策捜査”と呼ばれた事件ばかりやってきた。特に福島県知事汚職事件では当時、国の原発政策に異を唱えた佐藤栄佐久福島県知事を標的にし、共謀者とされた実弟に「知事は日本にとってよろしくない、いずれは抹殺する」と言ったエピソードもあるほどですから。こんな人物が安倍政権に切り込むとは思えない」

 特捜部が頼りにならない以上、事件を齋藤社長とペジー社幹部2人の逮捕だけで終わらせないためにも、メディアの徹底追及を望みたい。





にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
AD
11日、「希望の党」の松原仁氏と中山恭子氏の2人が、安倍首相に拉致被害者救出に向けた申し入れを行った。2人は拉致問題担当相経験者だ。安倍首相は「協力してやっていきたい」と返したが、関係者からは「ふざけるな」と怒りの声が噴出している。横田早紀江さん(81)が、安倍首相に出した手紙を、2年以上無視していることが発覚したからだ。

 安倍首相が早紀江さんからの手紙を無視していることは、拉致問題に取り組んでいる有田芳生参院議員のツイッターで明らかになった。12月2日のツイッターにこう書いた。

<早紀江さんが思いを綴った手紙を安倍首相に書いても梨のつぶてです>

 早紀江さんは、やむにやまれぬ気持ちで安倍首相に手紙を書いたはずだ。なのに、安倍首相は「拉致の安倍」を自称しながら返事も出していないという。有田議員は早紀江さんが可哀想になりツイッターに手紙の件を投稿したようだ。改めて有田議員に聞いた。
「手紙の詳細は分かりませんが、早紀江さんは2年以上前に、長文の手紙を安倍首相に出しています。でもこれまで返事や電話はありません。家族会との面会などで早紀江さんと顔を合わせても、手紙の件は何も言わないそうです。完全無視です。安倍首相は、全力でやると言って何もやらないのだから、詐欺ですよ」

■「乗り込んででも解決すべき問題」

 安倍首相が全く動かない状況にシビレを切らしたのだろう、最近、早紀江さんは政府の姿勢に疑問を投げかけるようになった。

 めぐみさんが拉致されてちょうど40年の11月15日の会見で、解決の糸口が見いだせない政府について「信じていてよかったのかという思いを、家族会だけでなく国民も持っていると思う」と語り、3日後の新潟市の集会では「金正恩とケンカじゃなく話し合いをして欲しい」と語った。
さらに、12月7日付の神奈川新聞のインタビューでは「政府の本気度が見えないことが北朝鮮には伝わる。本来なら首相が乗り込んででも解決すべき問題なのに。北朝鮮に行けと言われたら、最後の力を振り絞ってでも行きたい」と、苦しい胸の内を明かした。

 有田議員が続ける。

「早紀江さんはお願いする立場だと心得ているようで、安倍首相に直接要求することは控えてきました。でも最近の一連の発言は、もう待てないということなのでしょう。早紀江さんは今年も『安倍さんに長い手紙を出そうと思う』と親しい人に語っていたそうです」

 早紀江さんは、神奈川新聞のインタビューで「今年中に明かりが見えてほしい」と言っている。安倍首相は早紀江さんに電話の一本でも入れるべきではないか。完全無視とは冷たすぎる。

 今月21日に開かれる衆参両院の拉致問題閉会中審査は、早紀江さんも出席する。もうゴマカシは許されない。
今回、安倍首相の北朝鮮拉致被害者家族に対しての不誠実極まりない態度が、明らかになった。
拉致被害者家族の横田早紀江さんが安倍首相に送った手紙を2年間無視されていることが、拉致問題に長年取り組んでいる有田芳生議員のTwitterから明らかになった。
有田議員によると「家族会で横田さんと顔を合わせても、安倍首相は手紙のことを口に出さない」という。
今まで横田さんは、こちらはお願いする立場だからという遠慮があり、安倍首相に対して声高にお願いすることを避けていた。
だが先日ジェンキンスさんが亡くなるなど、家族会の高年齢化が進み、横田さんたち家族会の「自分たちが生きている内に拉致被害者を取り戻したい」という切実な思いがある。
11月15日、横田早紀江さんは会見で「解決の糸口がつかめない政府を信じていていいのかという思いは、家族会だけでなく国民も持っている。北朝鮮とはケンカじゃなく話し合いをして欲しい」と語った。
このような家族会の思いすら安倍首相は、北朝鮮に対して圧力を強めているが、蓮池透さんや横田早紀江さんのように安倍首相のやり方に対しての不満を払拭すべくちゃんと家族会の気持ちに対して向き合ってもらいたい。
12月21日に開かれる拉致問題に関する閉会中審査には、横田早紀江さんが参加する。
野党議員には、安倍首相の横田早紀江さんに対しての仕打ちも含めて安倍首相に対して容赦ない追及をお願いしたい。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
AD
最近映画ファン特にアクション映画好きな男性だけでなく女性のハートをがっちり掴んでいるのが、「トリプルX再起動」で凄腕スナイパー・アデル役で大活躍し「ジョン・ウィック・チャプター2」で聾唖の殺し屋アレス役でキアヌ・リーブスと互角の勝負を繰り広げたルビー・ローズである。
少女漫画から抜け出してきたような鋭角的な美貌と180センチ近い長身、そして映画顔負けの戦う女性として生きてきた生きざまは、男性だけでなく女性の憧れになっている。
ルビー・ローズは、世界バンタム級チャンピオンのライオネル・ローズが名付け親で、第1次世界大戦屈指の激戦ガリポリ半島の戦いの生き残りの血筋を引いている。
ルビーは、12歳で同性愛者であることを両親にカミングアウトしたが、自分のセクシャリティに悩み一時は性適合手術を受けようか悩んだこともあり、学生時代は壮絶ないじめに遭い双極性障害を抱えるほどだった。
ルビーは、モデルやDJをやる中でアメリカで女優を目指して故郷オーストラリアを離れ渡米する。2年ほどはエージェント無しでオーディションを受けるなどしたが、なかなか芽が出ないルビーは、自らを表現するために制作、脚本、主演、主題歌の作詞も手掛けた短編映画「Break・Free」を制作した。内容は、女性らしい女性を演じてきた女性が、髪を切り落とし、タトゥーを隠した化粧を落として、ハイヒールを止めレザーブーツを履き、クールなファッションに身を包み、自分らしく生きようとする自伝的な内容だった。
この映像がキャスティングディレクターの目に留まり、Netflixドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の中性的でクールな女囚ステラ・カーリン役に結びつきルビーの人気に火がついた。
その後、ルビーは「トリプルX再起動」での凄腕スナイパー・アデル役でドSでクールな魅力だけでなくクールなスナイパーぶりと華麗なガンアクション、「ジョン・ウィック・チャプター2」での聾唖の殺し屋アレス役でのタイトなスーツを着こなしながらボクシングで鍛えた格闘センスを生かした華麗なアクションで人気となり、「ピッチ・パーフェクト3」などオファーが殺到している。
ルビーは、インスタグラムやTwitterからジェンダー・フリーを訴え、LGTBQのアイコンとして今も戦っている。









にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
AD