ブログ 走攻 (SoCo blog)

ラジオDJ・TV音楽番組司会・イベントMC・ゲレンデDJ etc...をしている SoCo(ソーコー)と申します!

主に、音楽に纏わる事を綴るつもりです。
何を食べただ、景色が・・・とかなblogではありません。
(とかいって”お花がキレイ~!”とかUPしてたらゴメンナサイ)

NEW !
テーマ:
2016.12.7 @TOWER RECORDS オンライン
{CD21A2D4-FBAD-44AA-8730-CE4C845E3F4F}

{BEB2639C-C40E-4F52-8251-BE6FFD7A3746}

昨年リリースされた1stの「THE INTERRUPTERS」
{3FD6E87D-A6BB-469B-9D6B-B691DA9D73FC}

で激どハマりしたというのに、2ndアルバムがリリースされていたという事実をノーチェッキン、超絶不覚の大バカ間抜けクソ野郎的に逃してしまっていて、6ヶ月遅れでようやくその大失態に気づき慌てて注文して届いてすぐさま聴いて

「こいつらやっぱ本物や!!」

と断定決定。

マジカッコいい!あの1stは伊達でもフロックでもなんでもなく、紛れもない才能の出現であったのだ。

 流石ティムの肝いり!

もちろん、1stに引き続きRANCIDのティムがプロデュース。
ティム色、ティムインフルエンスもちろん随所に効きまくり、感じるも、RANCIDよりはOPERATION IVYからの流れ、スカパンク万歳!って感じで、シンプルでストレートでいて、エッジも効いてて、かなりご機嫌になれる。

そして、やっぱこの女性版ティムとも言えるであろう、Vo.エイミーのしゃがれた歌声のクールなこと。

てか、1stリリース時は紅一点エイミー・インタラプター、そして男性陣のメンバー3人は兄弟という触れ込みだったのが、ビヴォナ3兄弟とケヴィンの妻エイミーってなってるやん、帯のバンド紹介。
結婚したの?してたの?ま、どっちでもいいけど、文字通りファミリーバンドとしてさらに結束が深まって、もちろん血縁だけじゃない、ハート、絆としてのファミリーを今作でもfeaturingの参加もしているティム、そしてエピタフ、ヘルキャットということからも結束力ビンビン感じます。


さて、こうなったら俄然LIVEが楽しみ過ぎることになるじゃないか〜。

日本でのTHE INTERRUPTERSとしてのLIVEは初めてってことになるのかな?
ケヴィンはRANCIDのサポート、オルガンとかで帯同してて、去年のPUNKSPRINGにもRANCIDのステージに立っていたけど。

マジで早よ来てくれへんかなぁ。

これは、LIVE、来日情報に関しては見過ごしてしまうというような失態を犯すことは決してならんので、アンテナ張り巡らせとかないとなと思ってる次第です。


…って、もうそのノーマークやった6ヶ月の間に来日してもうてたなんてことないやろうなと慌てて調べて、まだ来てなかったようでホッとした次第でもあります。


RANCIDと一緒やったりしたら激熱、ヤバすぎんねやけどな〜!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
2016.12.6(Tue) @TOWER RECORDS 梅田大阪丸ビル店
{F47E0591-2F58-44E6-8A6B-81935C68347F}

ごきげんです!!!

マジ最高です!!

楽曲のチョイス、カバーセンス、さすがのHi-STANDARDクオリティです。

Hi-STANDARDと言えば、今まで数多くの良質極まりないカバー曲を世に送り出してきたわけですが、どの曲も期待を裏切られたことがないというか、下手すれば原曲以上のアレンジに仕上がってるんじゃないかと思わされる、しかしオリジナルの良さは決してそこなわれていない、という本当にセンスの塊、究極のバランス感覚の才能を発揮、的なカバーソングばかりで、今作ではそんな変わらないその珠玉の洋楽カバーソングが4曲、新旧2曲ずつ収録されているわけですが、まずNew、新曲2曲、そしてVintage、既発曲2曲の順に収められていて、幕開けは僕も大好きなバンドTHE BEACH BOYSのカバー「I Get Around」

Hi-STANDARDの楽曲を聴けばそのTHE BEACH BOYSからの影響、好きさ度合いなども感じ取れ、また、Kenさんに至っては特にソロでもカバーしていますし、雑誌の特集の中でもTHE BEACH BOYS好きを公言していることもあり、今回はどんな感じでカバーしているのかと期待に胸を膨らませ、ワクワクしながら再生したんですが、これがもうのっけからあのTHE BEACH BOYS特有のファルセットな高音ボーカルをオリジナルに近く再現したかと思えば、ハーモニー、コーラスワーク(終盤あたりで聴こえる低音もまたいいアクセントに!ツネさんかな?)がこれまた本家よろしくに冴えまくり、わざとレトロな音の雰囲気にしてるのかな?と思うこだわりからの、あの次の瞬間が楽しみでしょうがなくなる一瞬のため、爆発寸前の火薬のような…なんてTHE BLUE HEARTSも唄っていましたが、導火線に火が点いていき…そして一気に爆発!早くなり、またテンポを落とし、なんていうあの緩急のつけ方がもうHi-STANDARDならではのアレンジで、たまりません!
短めのギターソロも今のKenさんの箱ものギター志向 と曲のレトロなテイストがめちゃくちゃハマっててシビれます。

そして、The Supremesの「You Can't Hurry Love」この名曲をハイスタ流に見事に昇華して、とにかく聞いてて楽しくて、1番はヴォーカルの掛け合いのファニーさ、2番はコーラスワークの軽妙な感じ、そしてザクザクしたギターの力強さ、疾走感が見事にマッチ、絶妙にブレンドされた、またまた名カバーソングの誕生です。

個人的に初めて聴けた「Money Changes Everything」は当時の荒削りさも良い意味で垣間見え(聴け)てこれもまたより勢いを感じて良くて、最後は名クリスマスソングカバー「Happy Xmas(War Is Over)」ドイツでしかCD化されていなかったんですが、輸入盤も扱うマニア御用達のレンタルショップで入手できていたので馴染みはあったんですが、改めてこれは正式に日本でもCDとして音源化されてくれなきゃ!な、やはり秀逸なカバーで、まさにハイスタからのクリスマスプレゼント的な楽曲だと思います。

ジャケットもまた『ANOTHER STARTING LINE』とは趣を違えた、ポップでアメリカンな、そうアメリカングラフィティの世界観にも通じるようなあたりもTHE BEACH BOYSや古いPOPS好きにはツボだったりもします。
{2D875E07-3B1B-49D2-8B62-706D74763145}

そして、盤のデザイン、ちょっと日の丸も連想させられる赤にこの市松模様的なデザイン、それを引き立てるブラックのケースがとてもクールで、細部へのこだわりも感じ、Kenさんの言う「有形物が持つ色気」というのをこの2作のシングルからとても感じ、飾りたいとなりました。
{6A07F726-A162-4569-822C-3B86775B088B}

現在行われている東北・北陸を回るショートツアー、そしてAIR JAM 2016に行ける人たちか本当に羨ましくてしょうがなくなる「嗚呼LIVEでこの2作品の楽曲を浴びたい!!」となるそんなシングルです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.12.4 @エディオンアリーナ大阪
{98F92891-65DF-4EE4-8DBE-1D381826B0AD}

初めて見せてもらったんですが、いやぁ本当に色んなタイプ、バラエティーに富んだ選手、試合があっておもしろかったですね〜。

船木選手や高山選手といった僕のようなプロレスにあまり詳しくない人間でも知っているような有名選手から、勢いある若手選手、そして色物と言われるタイプの個性的な選手、さらに女子プロレスからはアジャコング、LiLiCoといった変わり種なレスラーや、極めつけには小学校3年生のちびっこレスラーに至るまで、あ、そして豚まん?までもが、とめちゃくちゃ幅広い、という一言のみで片付けていいものかと思えるほどの選手たちがそれぞれの見せ方、持ち味を発揮し、見せる、引き込む、笑わせる、興奮させる、とエンタテインメントの限りを尽くした熱戦、中には笑戦とでも言おうかななんでもありの戦いを繰り広げ、存分に楽しませてもらいました。

もちろん、白熱した肉体のぶつかり合い、あのドスン、バシンといった生々しい殴打の音、ファイトに魅了され、そしてお決まりの何か、決めセリフであったり、お約束的な結末、時には寸劇要素も含まれるようなことをお客さんも承知の上で一緒になって楽しむ、これぞプロレスという興行が持つ従来からの魅力というのもたっぷり味わせてもらいました。

そして、会場を後にする最後の最後まで、映像でのオチもあったりして、続きが楽しみになる、そんなDDTプロレスの惹きつけてやまない必殺技の応酬にフォールされたのでありました〜。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.12.3 @府民共済 SUPER アリーナ
{97ABD3F1-5ACF-464B-9787-DDF16A9E01A5}

6月1日地元大阪梅田クラブクアトロから始まった[STOP THE WAR TOUR] 全国47都道府県を回る6ヶ月に及ぶツアーを経てのファイナルは、やはり地元大阪での、それも10周年を記念してのバンド史上初となるワンマンLIVE、それをどでかいアリーナで行うという、さすがHEY-SMITHというバンドはやることが違い、そして、だけどもあくまで自分達のスタイルを貫き通して来て辿り着いた1つの場所、ステージという感じで、いつもと少し違った特別な空間ではあるが、そのLIVEに挑む姿勢やスタンスそのものはこの10年一貫して変わらないものであり、そのインディーズ、そしてパンクスとしての誇りを胸に挑んだ初のワンマンLIVEをアリーナでやってのけるというところに、HEY-SMITHというバンドがいかにぶれずにカッコいい生き様をバンドとして体現してしてきたかを証明した、そんなツアーファイナルにして初ワンマンLIVEではなかったかと思います。

…と、いささか固め?で真面目な文章になってしまった節がありますが、そこはもちろん大阪のバンドということもあり、初ワンマンならではのやりたいこと(を全部やってみるという試み)、企画、映像を含め、めちゃくちゃ楽しませてくれました!

衣装をバッチリきめてのあんな曲、チャレンジ的エクストリームな映像にはあの曲…なんて、そのあたりはDVDとなってまた見れるようなので、LIVEに行けなかった人たちは是非その目で見て楽しむことをおすすめします。

そして、仲間のバンド、ファミリー的存在と言っていいスタッフへの愛を感じる演出も初ワンマンならではのとてもいい光景だなぁと思いました!


トリプルアンコール+α(とても微笑ましいヘイちゃん!)、時間にして2時間20分あまり、たっぷりと、濃密で激熱、そして夢を、そうKenさんの曲にもありますが、まさにPunk Rockで掴み取ってきた華々しい夢をアリーナでの初ワンマンという形で示してみせたインディーズバンドHEY-SMITHからのバトン、意思は彼らがまたHi-STANDARDなどから受け継いできたように、次の世代のバンド、若者へと受け継がれてゆき、そして猪狩君のMCにもあったように、「俺たちはもっともっとカッコよくなって現れるから勝負しようぜ」という言葉通りに彼らはこの先も自分達の信じた道をRock、音楽とともに突っ走っていき、そしてそんな彼らから僕たちはまた刺激、楽曲から活力をもらい、この先もHEY-SMITHの音楽とともに人生を過ごしてゆきたい、そう心から思った、いつもより少し特別な空間でのいつも以上に愛と信念を感じた、そんなHEY-SMITHの初ワンマン、ツアーファイナルLIVEでした!!
{0A2C9DD5-03AF-488A-B731-DC1BAE2B68C2}


追伸
初めて打ち上げにも参加させてもらい、そこでも数多くの仲間を大事に思う…あまりになかなかカオスで、D.I.Y.な感じもある、そんなちょっと特別な?打ち上げでもありました〜。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016.11.15 @なんばHatch
{7E186950-25F8-47AE-83C2-363BA2219D57}

爆音、轟音、やっぱLIVEハウスはええなぁ、滾るなぁと心躍らされ、魂揺さぶられたRIZEの20周年、そして2000年にメジャーデビューしたEPIC RECORDSにまた戻って活動するRIZE IS BACKなLIVEは、開演前のSEで311が流れたりもして、1人 ニタッとなりながら、そう2000年当時のROOKEYな頃を思い出し、それと同時に今、現在までロックし続け、その当時をリアルタイムで知らないであろう若い層のオーディエンスが大半を占める中(もちろん僕の様な初期からのライザー達の姿も!)、そんな若い連中がめちゃくちゃラウドに騒いで楽しんでいる姿を見て、RIZEというバンドの凄さ、結成から20年経てなおアグレッシブなそのバンドとしての生き様、破壊力といったものを目の当たりにした、そんな凄まじいLIVEでした。

今や、RIZEのみならず多方面でそれぞれ活躍、活動もしている3人ですが、RIZE IS BACKを何よりも1番楽しんでいるのは、他ならぬその当の本人たちだと、そんな風にLIVE中の笑顔、その活き活きとし、ハツラツさ溢れるパフォーマンスからそう感じました。

新曲も3、いや4曲だったかな聞けたんですが、アッパーな曲からミドル的な曲など、どの曲もとてもカッコ良くて、そう、これぞ、これがRIZE IS BACKだ!といわんやでした。
個人的に大好きな1stの1曲目、MUSICはやはり今回も聞けずで残念でありましたが。


終演後挨拶させてもらえ、金子さんから「番組終わっちゃったんでしよ?もう〜」と、ちょっと何やってんの(もっと続けなきゃ)的なニュアンス(僕にはそう感じた)で残念がってもらえて、向こうから話しかけて頂き、そして、「また次の番組でも呼んでください」と言ってもらえた時、このRIZE IS BACKのタイミングでゲストインタビューできないことの悔しさ、無念さが込み上げると共に、オレも、というか、RIZEはもちろんずっとロックシーンの中心で活躍してきましたが、敢えてメジャーデビューを果たしたレーベルで再び勝負ということでのBACK、という意味合いでの言葉として借りるとするならば、SoCo IS BACK しなければいけない、そう本気で思わせてもらった、そんな夜でもありました。

この頃の情熱を忘れずに。
{E08B6434-6F06-4B56-8BF7-2ACF48291030}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。