講師、コンサルタント、先生業のためのブログ・SNS集客実践講座

セミナーや講座に集客したい。自分の価格を3倍にしたい方へ。ブログ、SNSを使って無理なくあなたの価値をあげる方法、教えます。

NEW !
テーマ:

売れるようになるためにはまず何からやったらいいのですか?
( カウンセラー Fさん )



青山華子


こんにちは。

売れるきっかけを作るコンサルタント 青山華子です。


「駆け出しカウンセラー華子が教えるトラウマ解消カウンセリング」

「初心者コンサルタント青山華子が教えるビジネス成功の秘密」



あなたは、このようなブログを運営している人からサービスを受けたいでしょうか?


たぶん、「駆け出しの人や素人に近い初心者に習いたくない」と思ったはずです。


ところが、この当たり前と思われることを、あまり意識できていない人が多く存在しています。


ブログや言動などから「初心者臭」が漂っていることに気づいていないのです。あせる


自信がないからなのかもしれませんが、プロフィールや肩書にわざわざ「駆け出しカウンセラーの・・・」と書いている方もよくお見かけします。



もちろん、まだ駆け出しなのに、実績豊富なプロですという表現は、絶対にやらないでください。


何故かというと、間違いなくその嘘がバレ、信頼を失うからです。



では、駆け出しの場合、何をすべきかというと、


スタートダッシュをして駆け出しレベルから早めに抜け出す」こと。


初心者っぽく見えないように、最低限のところは整えておくこと。

(名刺やブログ、ホームページ、メールアドレス身だしなみ、など)


自信があろうがなかろうがプロとして堂々と振る舞うこと



それから、うっかりやってしまいがちなのがこれ。


「週末」起業、「ママ」起業、「プチ起業」であることをわざわざ言いふらさない!

起業「女子」という言い方もあまりオススメできません。


週末だけの起業であろうが、ママ起業だろうが、サロネーゼだろうが、お客様から1円でもお金をもらったらあなたはプロです。


わざと初心者臭を漂わせる戦略をとっているなら別ですが、そうでなければ、わざわざ自分が不利になる冠をつける必要はないですよね。


このことをしっかり意識してくださいね。


ことば


画像は以下の本の1ページから引用

わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。/アルファポリス
¥1,512
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

奇跡の一枚は、どこまで許されるのか?先日、知人たちと面白い話をしました。


講師の集客 ブランディング 講師・コンサル・先生業のための集客力パワーアップ講座-青山華子 イラスト



ちょっと古いデータですが、こんな数字があります。


「ネットコミュニティにおける、嘘のつかれやすさ」

 (※「何に関する嘘か」について、それぞれ調査)


・年 齢 …… (ネットコミュニティ)23%、(現実空間)5%
・経 歴 …… (ネットコミュニティ)18%、(現実空間)10%
・肉体的特徴…… (ネットコミュニティ)28%、(現実空間)13%
・趣 味 …… (ネットコミュニティ)15%、(現実空間)20%
・その他 …… (ネットコミュニティ)15%、(現実空間)5%


出典はこちら
(ネットコミュニティ白書2010(株式会社メディアクリエイト著)



ネットでは「言ったもの勝ち」ってことなのか、アメブロでも「これって本当?」と思うような記述を時々見かけますね。


リアルの場に一切出てこないのなら多少のはったりも通用するのかもしれませんが、


「経歴詐称」や「本人と似ても似つかない盛りすぎ写真」は、かえって逆ブランディングになるから、やめた方がいいと思うんです。


※盛る、とは、
見た目を実物以上にきれいに、またはかっこ良く見せるために化粧を濃くしたり、ファッションを奇抜にしたり、写真を加工したり、実際の収入より多めに書いたりすること



そういえば、少し前に話題になった〇〇ー○Kさんの詐称疑惑なんて事件もありましたが、やりすぎるとヒートアップしていくから危険ですね。



人って、私も含めて、できるだけ最大限に素敵な自分を見てもらいたいって思うもの。


その気持ちはわかるけど、やりすぎはオススメしないです。


誰かが言ってたのだけれど、実力や「素の姿」を0-10で表すとして、


0→10 は完全な詐欺
2→10 は「妄想癖」を疑われる
5→10 は金返せ!レベル


せいぜい許せるのは、8→10 くらいだとのこと。


これは、たとえば普段着→スーツやドレス姿でいつもよりステキ!くらいのレベルまでがOKとの認識です。



先生や講師をしているなら、いつかどこかであなたという実物に出会う機会があるはず。


その時に、写真とはあまりにも別人だったら?

あれっ?誰だっけ?と思われてしまうような人だったら?


がっかりされてしまうこと間違いなしです。

それは、かえってマイナスになると思うんですよね~。


プロフィール写真の「盛りすぎ」厳禁!


facebookで素敵な自分を見せようと気合を入れすぎるのも、ほどほどに。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

起業して16年、いろんな方の相談にのってきましたが、うまくいかない方の例が見事に3パターンにわかれるなあと最近、実感しています。

 

1、やりたくないことが多すぎる(一番うまくいかないパターン)

2、素直にアドバイスを受け入れるが行動が遅い(成果がでるのがゆっくりになる)

3、素直に実践。即、行動!変化を楽しむ(何をやってもたいていうまくいく)

 

青山華子カップ

 

一番困るのが「やりたい」「変えたい」といいながら、何を言っても、言い訳ばっかり。

でもでもだって・・・は、実現を遠ざける残念なセリフです。

 

本当になんとかしたいなら、「でもでもだって」ばかり言うような人にはならないようにしないとね!

 

「やりたくないならやらなくてもいいけれど、それじゃかわりに何するの?」

 

文句をいうなら、代替案を出しましょう。

 


今日は、あらゆる視点で解決策を考えてみる日に!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ある人が「システムA」を開発するのが夢だと言っていました。
どうして、すぐ作らないの?と聞くと「仕事が忙しいので時間がない」と。

そんな彼がある時、仕事をやめました。念願の自由な時間ができました。なのに、全然「A」を作っている気配がない。だからまた聞きました。
   
「時間があるのになぜ「A」の開発をしないのか?」と。
    
すると彼はまた言いました。
     
「一人で開発できるボリュームじゃない。これを作るにはお金が足りない」と。
   
じゃいくらあったらいいの?と聞いたら「1千万くらいかな」というので、お金を用意しました。そしたらしぶしぶ開発にとりかかった様子。
  
なのに、数日したらシステム開発をやめてしまったんです。

 

 


  

時間も、お金も、環境もそろったのに、彼はやはりシステム開発はしませんでした。

やってみてはじめて気がついたんだそうです。

自分がやりたかったのは、これではなかったと。
取り組んでみたら、自分がやりたいのは、もっと違う何かだとわかったというのです。
  
それから何年か過ぎ、今、毎日多忙なのに、本来の仕事の他に、彼は新しいものを作り始めました。
  
時間は、平日の夜か土日しかありません。忙しい時には、土日も空いていないこともある。それなのに、誰に言われるでもなくいつもPCに向かって楽しそうに、熱心に取り組んでいます。
  
珍しく遊びの誘いも断って、夢中になってやっている様子です。
    
彼は試行錯誤した結果、やっと真のやりたいことに気がついたといいます。
     
それを目の前にしたら、時間がないとか、お金がないとかは、全部言い訳だったと腑に落ちたんだそうです。
     
思い込んでいた「夢」は、実はやりたいことではなかったんだと気づくのに随分と時間がかかってしまいました。
     
   
あの頃、あんなに暇な時間があったのに、無駄に時間を過ごした。
あの時、お金もあったのに、結局、何もしなかった。
    
でも、今の状況になってはじめて、心に火がついて、猛烈に何かに向かいたくなったんだと言います。
     
    
「○○がないからできない」と言いわけしている時にはきっと、「本気スイッチ」が入っていないのでしょう。
       
「本当にやりたいこと」に出会った時、人は、はじめて本領を発揮できる。
     
私は心からそう思っています。
  
    
あなたの本気スイッチはどこにありますか?
  
  
書いているうちにやりたいことに心が動いたら、その時が「何かを始める最適なとき」。

ぜひその気持ちがアツいうちに、小さな一歩を踏み出してください。
     
やってみたら違和感があるかもしれません。
そうしたら、その違和感に向き合ってみるといいです。
   
そうやっていろいろ試行錯誤してみないと、真にやりたいことは見つからないような気がします。
     
あなたが、あなたらしく輝くために、自分にぴったりの道を見つけられるといいなと心から願っています。
    
    
※ちなみに、この「彼」というのは、私の夫のことです。
昔はこれでよく喧嘩をしましたが、今は真にやりたいことが見つかってよかったなと思っています。

 

 

※毎日のちょっとしたことは、Facebookで発信しています。

 

青山華子のフェイスブックはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

面白いブログ記事が書けないと悩むあなたへ


こんにちは。


売れるきっかけを作るコンサルタント 青山華子です。


青山華子









時々される質問に「面白いブログが書けません」というものがあります。


なぜか「記事は面白くないと読まれない」と思い込んでいるんですね。

結論から言うと「面白いブログは無理に書かなくても大丈夫」です。


面白いには、実は2つあります。


1・興味深い
2・笑える、楽しい


「2」の笑える、楽しい記事を書きたい!とがんばる人が多いのですが、もともとあまり面白くない人が狙ってやってもたいていすべります。


ヘタをすると痛いブログになるのであまりおススメしません。


それよりもあなたが書くべきなのは「1」のお客様にとって興味がある記事なのです。


できれば、みんなと同じ内容でなく、「あなたならではの視点、切り口」があるとさらにいいです。


集客に「笑い」はそんなに必要とされていません。


がんばるところ、力を入れるところを間違えないようにしたいですね。


 

面白いかどうかよりこちらのほうが大事です!

ブログを書く時、何もない時から私が心がけていた3つのこと

 


いいね!した人  |  リブログ(0)