真空管のアナログ世界に魅せられて

「温故知新」と言う言葉が有りますが、真空管は将にそんな存在だと思います。真空管を今では知る人も少なくなりましたが、デジタル全盛の今でも、真空管のアナログ技術を学び、真空管ラジオを楽しむ人は沢山います。私もその中の一人です。真空管を愛しむ想いで・・・・。


テーマ:

[徳川家康] ブログ村キーワード


甲州の武田氏は清和源氏。新羅三郎義光(源義家の弟)の子、義清を祖とします。戦国期に武田信虎、信玄と続き、3代目の勝頼が長篠の合戦で、織田・徳川連合軍に破れ、勝頼は天目山(山梨県大和村)の麓で自刃(1582年)します。


武田氏の秘宝伝説が多く語り継がれています。


真空管のアナログ世界に魅せられて-金鉱石
 キラキラ光る!もしや金鉱石?


例えば、信玄が遠江三方原で、1572年、徳川家康・信長の連合軍を破りましたが、翌年、三河の陣中で病に倒れ、甲斐へ帰還の途中、信濃駒場(こまんば)で病没しました。


信玄の遺言により、その喪は3年間封印され、

信玄の遺体は、莫大な黄金とともに、

諏訪湖の底深く沈められたとか・・・。


武田氏の軍資金は、黒川金山(山梨県塩山市)から産出の

黄金で賄われましたが、織田・徳川連合軍に敗れた勝頼は、その金抗が発見されることを恐れ、坑道を塞ぎその存在を

隠しました。


その金抗周辺は、昭和60年代に学術調査が実施され、武田の金鉱山の存在が確認されています。現代では黒川金抗跡として国定史跡になっています。


私も、この金抗にある種のロマンを感じ、その周辺を探索したことがあります。


この金抗跡は、塩山市を流れる丹波川(丹波篠山では有りませんよ!)沿いに有ります。私はこの川で、キラキラ光る鉱石を発見して、もしや! 金鉱石ではなかろうかと、胸をときめかしました。


ところが、


このキラキラした鉱石は、黄銅鉱という銅を含む鉱石でした。


この鉱石は電波の検波作用が有るので、鉱石ラジオの検波器として活躍してくれます。少々感度は鈍いですが、現在のダイオードと同じ働きをします。


ハートアメーバううっ
にほんブログ村 コレクションブログ その他珍しいコレクションへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Radioのま~chanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。