キマグレ GOOD LIFE!

音楽、ゲーム、漫画、常に楽しい日々を。


テーマ:
もう新年になってますが(汗)、2012年の私的ベストアルバムを発表したいと思います。

10.[Champagne]「Schwarzenegger」
2012年の彼らは大きく躍進した。それはこのアルバムを聴けば分かると思う。
音楽性そのものに劇的な変化はないけど、とにかく熱量やメロディーの良さ、サウンドのエッジさが半端じゃない。
マシンガンのようにまくしたてながら、自身の想いを直球にぶつけまくる洋平の姿に、新たなロックスターの可能性を感じた。今年はさらにバカ売れして欲しい!

09.Plastic Tree「インク」
以前のレビューでも書いたけど、彼らの持つ「歪な美しさ」の極みがまさにこのアルバム。
15年間の間に吸収した様々なもんが、全部ごっちゃに混ざって、すっごい歪な形をしていながらも、そこに美しさすら感じさせる傑作。
ビジュアル系だと偏見を持ってる人達にこそ、是非このアルバムをおススメしたい。

08.SiM「LiFE and DEATH」
パンク・ラウド勢で現在最も勢いがあるバンドと言っても決して過言じゃないだろう。
レゲエパンクのみならず、様々な音楽性を吸収して、自身のサウンドへと昇華させてしまう潔さと、世間に噛み付き、傷を残せてしまえるだけの強い説得力を兼ね備えている。
今年は更に躍進しそうな予感。

07.ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」
タイトル通りに、今この時代を刻んだ「ランドマーク」であり、未来への新たな出発点のようなアルバム。
メッセージ性の強い歌詞からは、「今を見据えた上で、それでも前に進む」という覚悟を強く感じさせた。

06.くるり「坩堝の電圧」
新体制となったくるりの、喜びに溢れた名盤。
過去最高にやりたい放題やっているアルバムながら、どの曲もくるりとして全くブレていない。岸田さんが、バンド本来の楽しさと向き合った結果、これまでで最も開放的なエネルギーで溢れるようになったのだと思う。
今のくるりは間違いなく何度目かの黄金期。ここからが楽しみ!

05.The Birthday「VITION」
とにかく「生身」のロックンロールがひたすらになったアルバム。
フジイケンジ加入後のバースデイはとにかく遠慮がない。剥き出しのグルーヴと歌だけで勝負でき、そして勝利できる。そんな確固たる自信に満ち溢れている。

04.サンボマスター「ロックンロール イズ ノットデッド」
震災が起きて以降のサンボの活動の活動がここに集約されている。
「あなたの闇をぶっ潰したい」彼らが活動当初から鳴らしてきた「希望の光としてのロックンロール」は決して死ぬことがないということを証明してくれた。サンボ史上最もパワフルで、キラキラとした輝きに溢れた、間違いなく最高傑作だと思う。

03. Ken Yokoyama「Best Wishes」
いちパンクロッカーとして、ギタリストとして、社長として、父親として、人間として、自問自答し抜いた結果、生まれた最高傑作。
何を叫べば、何を訴えればいいのか、どう行動し、どう決めたらいいのか。その答えは全てここにあるように思う。

02.10-FEET「thread」
「いつかは終わりがくる人生を精一杯生きようや」というメッセージがひたすらに詰まった傑作。
ハードでありながらも優しさやぬくもりがある。サウンドやメロもより一層研ぎ澄まされ、いつも以上にスッと心に染み込んでくる作品が多かった。特に”シガードッグ”は名曲。

01.THE BACK HORN「リヴスコール」
冗談抜きで、この作品に限らず、一番良く聴いてたバンドはバクホンだと思う。
彼らのデビュー当時からの命題である「命」という部分を、彼ら自身がもう一度見つめ直し、そしてより広く、より研ぎ澄ませた結果、このアルバムは傑作となりえたのであろう。
リアルで切実な命の叫びが、スコールのように降り注ぐ。まさに、「Live's Call(命の叫び)」であり、「Live Squall(命のスコール)」なのであろう。

<次点>
Acid Black Cherry「2012」
L'Arc~en~Ciel「BUTTERFLY」
東京事変「color bars」
Mr.Children「[(an imitation) blood orange]」
MUCC「シャングリラ」

チャットモンチー「変身」
SEKAI NO OWARI「ENTERTAINMENT」
エレファントカシマシ「MASTERPIECE」
怒髪天「Tabbey Road」
TK from 凛として時雨「flowering」



以上です。気付けば2012年は男性アーティストばかり聴いてましたね(汗)反面あまり女性アーティストは聴いてなかった気がする。ちょっと反省。

よくよく見てみると、メッセージ性の強いアルバムばかり並んでます。ただ、どれも重すぎる内容とかそんなんでは決してなく、娯楽として聴く分にも素晴らしいものばかりです。やっぱり音楽は楽しめるものでないと♪


次回は私的ベストソング2012です♪
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ミツさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。