※これは私の中の「発達障害あるある話・学生時代編」です。

 

・怒られるのが嫌だからごまかしてしまう。

 

※当事者の皆さんはマネしないように。

 

成長するにつれて、失敗をすれば「怒られる。」

「あんな事言われそう。」と分かるので、

ごまかす悪いクセがつきました。

 

一見片付いていそうに見えれば親は文句を言わないと

学習をしてしまったのです。

 

持ち物は1か所に押し込む。

ウチではこうすればごまかせる!

 

どこに何を置いたらいいか分からないし、

片付けられたとしても数日で散らかるし。

 

片付け方や整理整頓の仕方は分からないし、

教えて貰えない。

 

学校では何かミスをしたら周りにバレないように

こっそり訂正。

 

ミスしても慌てないで冷静に。

 

宿題を忘れたら休み時間にやる。

 

これで何とか切り抜けました。

 

私は悪い子供?いや、これは普通ですか?

 

 

AD

今年の頭に ある高校で講演に呼ばれて講演をした事がありました。

 

高校で講演をした時に生徒さんの聴く態度にビックリしました。

 

居眠りしている人、ずっとオシャベリをしている人。

こっそりスマホをいじっている人。

明らかに聞いていない顔をしている人ばかり。

 

先生達は生徒の態度に気付いていないの?

なんで注意しないの?

 

私の高校時代の先生達ならその場で生徒を叱っていたよ。

 

愕然として話す気が失せそうでした。

いやいや、依頼された仕事だからちゃんと話さねば!

 

きっとバイトや部活や予備校や学校の勉強で疲れているのだろう、

最近の学生さんは忙しいし。

 

今回の高校での講演は授業の一環と聞いたし、

生徒さんの中には聴きたくない人もいるかもしれない。

 

聴きたくない講演を仕方無しに聴かされている生徒さんもいるだろう

と思い込む事で講演に集中しました。

 

講演後に学校の先生に生徒たちの態度について

お伝えをしておきました。

 

すると先生は、

 

「ウチは進学校なので勉強をして大学に進学をしてくれれば

いいという考えなんです。

 

偏差値を上げて進学する生徒を増やす事が優先されて

発達障害の生徒の支援は追い付いていないのです。

 

進学校の先生は進学校に発達障害の子は居ない、支援は要らないと

言う人や、発達障害自体認めていない先生もいます。

発達障害の子は進学校に行けないだろうし、進学も無理だろう、って。

 

(私の意見:いやいや。進学校出身の当事者さんはいますし、

東大に行く当事者さんもいますよ。)

 

(私の意見2:どの進学校も同じか分からないです。

たまたま、その学校の先生方がそういうお考えなのかもしれません。)

 

中には進学校でも発達障害の生徒は居る、と思っている

先生もいます。

 

真理子さんは高校生の時に興味の無い

話や学校の授業を聞いていない時だってあったんじゃないですか?」

 

確かに興味が無い話を聞くこともありました。

 

でも、興味が無いからと下を向いたり、おしゃべりは

しませんでしたよ。(とは言いませんでしたが)

 

私は進学校出身ではないので

進学校の実態は分からないですが、返す言葉を失いました。

 

勉強や進学も大事な事だと思いますが、

他にも大切な事はあると思います。

 

 

 

 

 

 

AD

※飲食中の方は

飲食を終えてから読むといいかもしれません。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

男子の場合は、個室で用を足していると、

大きいほうをしているとからかわれたり、

いじめの対象になる場合があると聞いた事があります。

 

だから、朝に出すようにしたり、放課後、自宅に

急いで帰って自宅のトイレですると聞いた事があります。

 

それは女子も似ていて、トイレで大をするのはからかいや

いじめにつながりました。

 

トイレにいる時間が長いから大だと決めつけられたり、

悪い子が上から覗いたり、個室のドアに耳をすまして大か小か確認を

している事があります。(私はやられた事があり)

 

私が小学生の時のトイレに音姫は無かったのです。

(いや、今も無いかな?)

 

最近の小学校のトイレは上から覗けないように個室化している所があると

聞いたので良い事だと思います。

 

飲食店のトイレみたいに、トイレは個室でお手洗いも個室にあれば

いいのにと思います。(無理かもしれないけど)

 

もしくは生徒と職員のトイレを一緒にしてしまうとか。

 

生徒専用のトイレは学校の中で特に密室になるので生徒の悪事や

イジメの温床になりがちだからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「発達障害者は迷惑だ。」

 

「支援が欲しいとかアレしてとか自分がされる事ばかり

望んでいる。」 「発達障害の人は文句ばっかり。」

(イヤ、それは誤解です。当事者の努力だけでは限度があって

社会の理解や支援が追い付いていないから。)

 

発達障害の人を排除する言葉は現実やネットで

溢れています。

 

こういう事は書いても言ってはいけないので、誰かが正直に言えば

称賛されたり、イイネが付いたりします。

 

偏見や差別的思想を称賛するゆがんだ達が残念ながらいるのです。

 

表面上は「差別は良くない。」「発達障害の理解が必要。」と

言いながら口と心は別な人もいます。

 

このような厳しい社会で生きていかないといけないのか。

 

社会や人が変わるのを期待するだけでなく、

当事者がたくましくならないといけないのだろうか。

●発達障害者より健常者の方が偉い。

 

●当事者より支援者の方が偉い。

 

●特性が軽い当事者の方が偉い。

 

●発達障害者は可愛そう。不幸だ。

 

●発達障害者は迷惑だ。

 

●発達障害者は周りを不幸にする。

 

どれも、幼稚でゆがんでいて、身勝手で利己的な思想だと思います。

間違った考えです。

それが社会や発達障害の世界にて無言で蔓延しているというか。

 

人は上記の事すべてそう思っているとは限らないけど、

多くの人はどれか1つ以上は心の中でそう思っていませんか?

 

又は思っているという自覚が無いのではないでしょうか。

 

そういうゆがんだ考えを持っていたら(ネットや口や態度に示さなくても)

いつか自分に跳ね返ってくると思います。

(当事者自身が自分が不幸だと思ってしまうお気持ちは分かります。)

 

日本は障害者が軽んじられているなと思います。

科学や医学は進歩しているけど、人の心が退化しているというか・・・。

 

障害者が障害じゃなくて、社会に蔓延している

偏見、心の退化こそが障害だと思います。

 

健常者や支援者が偉いとは限らないのに。

 

障害の有無や重さで人が偉いかどうか決まらないのに。

不幸かどうか本人が決める事なのに。

 

私は発達障害がある人達と関わる事が多いですが、

当事者の方達と接する事で、一生懸命生きる姿を見て

学ぶ事は多いですし、出会えて有難う、教えてくれて

有難うの気持ちで一杯です。

 

障害があるという事実は変えられないですが、

人に喜ばれたり、感謝されたり、感謝の気持ちを伝えたり、

一生懸命生きる姿によって人の心に響かせる事は

障害が有っても無くても可能だと思います。

 

障害者を見下すより、自分を高めていけたら

偏見やゆがんだ思想を持たなくなるんだろうなとは思いますが、

それが出来ない人がいるんでしょうね。

 

自分を高めるより見下したり、他人のせいにする事が楽だし

自分を正当化するのは卑怯です。

 

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから

(by.マザー・テレサ)

 

この言葉凄く共感します。

 

本人に面と向かって言っていなくても他人は態度で分かりますよ。

自覚していなければ怖いですね。

 

 

 

 

 

 

神奈川県相模原市の障害者施設に元職員が夜中に侵入し、

利用者さん19名を殺害、負傷者が40名程出る事件がありました。

 

抵抗が出来ない人達を狙うのは余りにも

酷過ぎて言葉になりません。

 

亡くなられた方達のご冥福をお祈り致します。

負傷された方達が回復しますように。

 

元職員は障害がある方に一方的でゆがんだ憎悪を

持っていたとの事。

 

世の中には理解しがたい人が居るので怖いですね。

 

元職員であれば障害がある人達と関わる事で

障害について理解をするとは限らないのは

分かっていますが、逆に異常な偏見を生むとは・・・。

 

障害者を支援している人が障害や利用者さんに対して嫌悪感を

持つ人はいますし、暴力を振るう人はいますし、

障害を理解をしていない人は居るので、

ある意味あまり驚きませんでした。

 

ネットでは発達障害の人に対して一方的に

ゆがんだ憎悪を持つ人たちがいるので

他人事では無いと思いました。

 

仮にそういう感情があったとしても

隠す人が大半だと思いますが、ネットや口で表現する程

極度にゆがんだ人はわずかだと思いますが。

 

余計なお世話ですが、自分の名前を名乗るかのように

発達障害であるのをあちこちオープンにしている人は

大丈夫だろうかと思ってしまいました。

(カミングアウトをするかどうか正解は無いし、個人の自由ですが)

 

悪い人が付け狙ってきたり、身の安全を脅かされる

事が無ければ、と思います。

 

脅しでは無いですが、健常者が

発達障害の人を騙したり、お金を巻き上げたリ、

カモにしたり、悪い人に支配されたり、暴力に遭ったり

性被害に遭う話はあちこちで聞いた事があります。

 

障害者をつけ狙う人はどこにでもいます。

当事者が当事者をつけ狙う事もあります。

 

同じ当事者同士が当事者をバカにしたり

危害を加える事もあります。(発達障害の世界でもある)

 

相模原の事件の犯人程では無くても、

当事者に対して恨みや偏見や

ゆがんだ感情を持つ人(健常者でも当事者でも)が

支援者をしていたり、

 

当事者会や発達障害者の団体でスタッフ活動をしていたら怖いですね。

 

「障害者を守りましょう。」と言っても

口先だけの人はいるので、あまりアテにはならないですね。

 

自分の身は自分で守らないといけないと感じています。

 

 

 

 

※発達障害の人は人を困らせようと故意に約束を

破る事はないと思うのですが・・・。

 

・約束を守れない。

 

約束を守らないのは良くないと分かっていても、

頭や体がついていかなかったり、メンタルや体調に波があって

守りたくても守れなかったり。

 

健常者にとって簡単に守れる事でも

当事者にとって約束を守るハードルが高かったり、

((例)×日までに部屋を片付ける等)

 

工夫しても何しても約束を忘れてしまったり、

忘れる場合があるので、どうにもならない事もあります。

 

約束を守れない事情は人それぞれだと思います。

 

その時は、

 

「この人はルーズだ。」「だらしが無い。」「裏切った。」

と、決めつけず

 

責めたり感情的にならずに

どうしたら約束を守れるか当事者と一緒に考えたり、

 

考えても思いつかないなら他の人がどうすればいいか

提案したり、

 

約束のハードルを下げたり等

出来る事はあると思いますが、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※副作用が出るか出ないか個人差があります。

 

※私は薬の専門家ではないので、

適当に読み流して下されば幸いです。

 

・2次障害で薬を服用している

(飲んでいない人もいる)

 

・2次障害の薬の副作用で苦しむ

 

副作用を抑える為にまた薬が増えるなんて事は

ありがちですよね。

 

あとは、副作用で体調を崩したり、

 

日常生活がままならなかったり、

 

薬の効果を得る為に副作用と闘わないと

いけない、飲まざるを得ない等。

 

・薬が大量に余り、飲み忘れが出る。

 

お願いをすれば薬の一包化が出来るので薬局で聞いてみると

いいですよ。

 

・外出時に薬を持ってくるのを忘れる

 

・自己判断で薬を飲む

 

自分で判断するのは危険なので

お医者さんと相談をするのをオススメします。

 

・薬を変えたくなる。

 

食生活を変えたり、運動をしたり、生活環境や日ごろの行動を変えるより

薬を変えれば良くなると思っている人がいる。そういう考えに

なるのは自然な事。生活環境や日ごろの行動を変えたくても

変えられない人はいるのだし。

 

食事を変えたり、運動をした事で改善する事もあるので

出来る人は日ごろの行動を変えてみるのも一案だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「発達障害は成長する障害です。」

 

とは、言われていますが、当事者本人が

成長しようとしない限り変わらないと思います。

黙っていれば成長するなんて事はないですから。

 

あとは、周りの理解があれば尚良いと

思います。