明日は大学で学生と一緒に


いじめの傍観者問題を集中的に考えます!!

いじめの歴史的変化なども振り返り


いじめの本質を浮き彫りにする予定です…


傍観者の学生のリポート
熟読しながら


・いじめを見て見ぬふりして止められなかった無力感と罪の意識

・怖くて動けなかった自分への嫌悪感

・担任に訴えたのに勘違いだと取り合ってくれず、傍観者にならざるを得なかった虚無感と教師不信に悩む姿


等々


痛く傷付いています…


いじめは被害者は言うまでもなく


すべての人々を傷付け


自己肯定感の低い
対人関係不全の大人たちを大量に生み出しかねませんビックリマーク

学生と一緒に
必ず
いじめ解決のいくつかの
方法


きちんと確立させたいと思います!!
AD

実家では断捨離が出来ない

テーマ:

私が独身で実家住まいの時は自分の持ち物の整理を

して断捨離すれば母がゴミから漁るので

断捨離が出来ませんでした。

 

私のすり切れた服をいつの間にかゴミ袋から

拾っていたのです。

 

私「お母さん、それ、擦り切れているから捨てたんだよ。」

母「え?どこが?(擦り切れているの)見えないじゃない。」

 

捨てたはずの物がいつの間にか家にあった!なんて事が

ありました。

 

ゴミ袋に入れたものは触らないでと言っても聞かない。

捨てた物を漁られるのはあまりいい気分がしません。

 

子供と自分との境界線が引けないんですよね。

 

自分の家のゴミをゴミ捨て場に持っていったのに

知らない人に漁られたらイヤじゃないのかな。

 

家族ならいいと思っているのかな。

 

捨てるなら貰ってもいいじゃないという母。

 

持っていても荷物が増えて家が狭くなるからという私。

 

今は実家を出ているので捨てる必要があるものが捨てられるので

幸せです。

 

今、実家はモノで溢れています。

親は物が無い時代に育ったので捨てられないのもあるのですが。

 

 

 

 

 

 

AD

このブログをご覧の皆さまへ

 

このブログをご覧いただき有難うございます。

イイネを頂く皆さん、有難うございます。

 

コメントやメッセージが見られる余裕が少し出たのもあり、

一時的にメッセージ&コメントが書き込めるようにしました。

 

私の都合で今までコメント&メッセージが出来ない設定にしていて

すみませんでした。

 

コメント反映やコメント返し、メッセージのお返事は勝手ながらすみませんが、

私が選ばせていただくことにしました。

 

宜しくお願いいたします。

 

AD

今まで色々くれて有難う。

テーマ:

実家の親は田舎から野菜や果物が送られる

私におすそ分けをしてくれます。

 

連絡が来て取りに行くことが年に2~4回はあります。

沢山いただいても食べきれないだろうし、と

貰いに行っていました。

 

行けない時は家に来て届けてくれる時もあります。

 

先日、田舎から果物が送られてきて取りにおいで、と電話が来たのですが、

 

私「ウチに食べるモノが一杯あるから要らないよ(ウソ)。有難う。

そっちで食べてね。」

 

母「最近どう?」

 

私「元気だよ。今忙しいから切るね。じゃあね。」

(毒親に情報を与えないのが吉と学んだから)

 

今後は実家から送られてきても貰わない事にしました。

今まで色々くれて有難う。今後は食べたいものは

自分で買って食べます。

 

 

 

 

 

自分の問題か、親の問題か段々切り離せるように

なったのはいいのですが思い出すと怒りが沸くことがあります。

 

怒りが沸いても、自分に必要なのは何が分かってくるし、

問題解決に近づくし、と割り切っています。

 

小学生の頃いじめられると両親が一斉攻撃。

両親の場合、どちらかが怒っていたら片方がフォローするという

概念はありません。

 

どのように一斉攻撃されたかと言うと・・・。

 

「勉強が出来ないのが悪い。」

「運動が出来ないのが悪い。」

 

「アンタがオドオドしているから悪い。」

「アンタが弱いからだ。」

 

と、攻撃。当時は私が悪いんだと思いました。

 

私の問題とするなら勉強や運動を頑張ればいいだけ。

いじめとは別問題。

 

弱くてオドオドしているのは事実だけど、

弱くてオドオドしているのはいけないというのは

大人や周りのゆがんだ刷り込み。

 

今思えば子供の気持ちや悩みに向き合えない親の

未熟さを子になすりつけているだけじゃないか。

 

子供を守れない自分の弱さや未熟さに気づいて

いないんだね。

 

自分が親として未熟で弱くて無力なのを子供のせいにしないでよ。

運動や勉強が出来ない等落ち度がある子をいじめていい、

と思うアナタの品性は貧しいよ。

 

と、思いますね。

 

言葉が悪くてすみません。心の声なので

親に言う事は無いですね。

 

言って話が分かる親じゃないし。言ってもムダだし。

言えば私が同じ土俵に立つだけだし。

 

私が親なら子供の話をとことん聴いて、

「それは辛かったね。」「悲しかったね。」

 

と、共感の言葉を言ったり、

 

本人が学校に行きたくないと言うなら

行かない事を許していますね。

 

必要であればどうすればいいか

アドバイスをすると思います。

 

私が必要であれば介入したり、

学校に相談にも行くでしょう。

 

夫にも相談をして対策を練るでしょう。

 

いじめらている子の落ち度を言って

更に追い詰めるなんて事は私には出来ないですね。

 

 

 

 

※これは「発達障害あるある」兼「私の中の発達障害あるある」に

なります。

 

※特性は人それぞれなので、当てはまらない人もいます。

 

・あなた好みの人間になれないの。

 

”あなたと会ったその日から~♪ 恋の奴隷になりました♪”

”あなた好みの、あなた好みの、女になるわ~♪”

 

みたいになれない私。

 

よく言えば自分を持っている。

悪く言えばゴーイングマイウェイ。

(発達障害者全員じゃなくて、私の事です)

 

発達障害であっても人に合わせないと健常者と

やっていけないのが現実。

 

どっちかが合わせるだけだと、どちらかが負担を強いてしまう。

 

派手な人、気が強い人、言葉が荒い人、怒鳴る人、

 

短気、感情の起伏が激しい人(怒っていると私が悪いの?と思ってしまうし、

相手の顔色伺って付き合うことになるので)

 

悪気が無いけど言い方がキツい人、意地悪な人とはどうしても

合わせるのが苦手ですね。(私の場合)

 

こういう人たちと仲良くなれても結局続かない。

相手は私にイライラ。

 

合わせられなくても距離を置いて関わればいい。

離れてもいい。

 

その真逆の人と合わせる事が出来れば

それでいいのかもしれないと私は思っています。

 

 

親に情報を与えないのが吉

テーマ:

結婚して実家を離れて数年してやっと分かったのですが、

親に情報を与えると毒攻撃のネタになるので

(特に自分の困りごと、弱っている事やグチは攻撃のネタ。)

教えても私に害が及ばない必要最低限の情報のみ与えるように

しています。

 

全く教えないとモメそうなので程ほどに情報を与える程度です。

 

某日に参加をした毒親被害者のオフ会 で参加者さんも

同じような事をおっしゃっていました。

 

中には親が兄弟を使って情報を仕入れようとする人もいるので

親と縁を切りたいから兄弟や親せきと縁を切った人もいました。

 

出産予定日を伝えたら毒親が勝手に来て、

困った人もいました。妊娠報告するなら出産予定日は

ずらして教えるといい、妊娠報告はしないほうがいいと

言う人もいました。流産、死産は毒親の攻撃のネタになる

そうで出産後に報告をしたという人もいました。

 

流産したのはお前が悪い、みたいに。

 

私より壮絶な境遇の人もいるので驚愕しました。

 

親と縁を切る事で親戚に会えなくなるし

会いにくいし、親戚には会いたいので

絶縁は今の所考えていないです。

・「親になれば分かる」

 

発達障害の講演会で講演をすると

講演を聞いていた親御さんたちから言われる事がよくあります。

 

「真理子さんの親の気持ちが分かる。」です。

 

親が発達障害が理解出来ないだけならいいのですが、

 

暴力をふるったり、親の機嫌に振り回されたり、

親の問題で気に入らない事があれば八つ当たりされたり、

(1度や2度ならいいけど、頻度が多い)

 

兄弟間の差別や比較、私の言動に否定ばかりするのは

私が親になっても分からないし、親になったら親と同じ事はしたくないですね。

 

おっしゃる通り、親になれば分かる部分があると思いますが、

全て分からないだろうと思います。

 

「親になったら分かる」と言われると「親は偉い」「産んだから、育てたから偉い」

「真理子さんの親がしてきた事に対して同意」

みたいに聞こえてしまいますね。ひねくれた事を書いてすみません。

 

・「親を許してあげて」

 

いや、親から謝られていないし、許しようが無いのですが・・・。

許す許さない、私はどっちでもいいので。

 

恨んでやる、という気持ちは微塵も無いし。

そんなエネルギーはありません(苦笑)

 

今は親と離れて暮らしてハッピーな事が増えたし、

物理的&心理的に距離を置いた関係が丁度良いし。