未来のお客さまが集まるアメブロのつくり方!サロン・教室ブログ講座

プロフィールや商品の写真、ヘッド画像の加工や編集、アップする方法。文字の入力や設定のやり方。お問い合わせ、お申し込みフォームの作成。あの人のブログように見やすいブログにしたいけど、やり方が分からない方へ。お仕事やお店のブログづくりを基礎からサポートします。

NEW !
テーマ:
● お客さまにお願いしたいことは記事にしておくとラクですよ^^

こんにちは、石川聡です。

たとえば、お客さまにお願いしておきたいことや、注意して欲しいことがあったら記事に書きましょう。

ご予約方法についてお願いしたいことは、そのことを見本の事例をつかって見せれば良いのです。

そうすると、読者さまや未来のお客さまは、その通りのしてくださる人が増えます。

お問い合わせをもらって、お問い合わせに必要なことが書かれていない・・・と毎回のように困るのなら、事前にどうして欲しいのかをお伝えしておきましょうね。

ただし、「注意事項!」なんて書いてはいけません。(笑)

理想的なお客さまの一例をとりあげて、そうすることでスムースに施術ができる、利用できる、ということをお伝えしておくのです。

注意事項やお願いごとも、少し工夫をしておけば、あなたがイライラすることも減るのです。

それに、気まずい雰囲気にならなくて済みますから、イイ感じでお客さまと接することができますよね。

もしあなたが、困ったなぁ、ということがあれば、ブログに書いておくと良いのです。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
● 自分ブランドや自己プロデュースに向く人向かない人

こんにちは、石川聡です。

アメブロを巡回していますと、自分を売り込まれている方がいますよね。

サービス内容よりも、ご自身を前面に出されているケース。

私はアイドル系などと言っていますが、こうした自己ブランディングや自己プロデュースに向く人と向かない人がいるのです。

そもそも、笑顔がだいの苦手な人が、無理矢理ブランディングすると失敗しやすいです。

なぜなら、引きつった顔に、目が笑っていません。そうしたお写真を見ると、ムリをしているなぁって見えてしまいますので逆効果なのです。

また、ブランディングとは、自分をブランド化する必要はありません。

そもそも、あなたのところにやってくるお客さまは、自分の悩みが解消されれば嬉しいわけです。痩せたい人なら痩せられれば嬉しいのです。

なのに、エステティシャンがすごく目立っても違和感があります。

まぁ、大手の会社では、ブランディングするために代表が思いっきり前面に出てくることがよくあります。まるで有名タレントか女優みたいに見せることでブランド化しようとするものです。

お店系、サロンや整体、教室やレッスンをされている人は先にすべきことがあります。

それは、お客さまや生徒さんが、どうなるのか。

あなたのサロンに行けば、どんなふうに変わるのかをはっきり丁寧に、それもたくさん書くのです。実例を感想といっしょにたくさん書けば、お客さまは来てくださいます。

教室などは、受講者さん、生徒さんが楽しそうにしているお写真を毎日載せて、「こんなに楽しいレッスンですよ♪」と見せれば良いのです。

それを見れば、近くだから行ってみよう。

と思うのです。

こうした、本当のするべきことをしなていないから、お客さまが来ない。

すると、アメブロで自分ブランド!自己プロデュース!なんてのを見つけてしまい誤解をするのです。

「やっぱり私もブランディングした方が良いかしら!」

いえいえ、その前にちゃんとお客さまが欲しいサービスをつくって、販売ページを完成させること。それがないので、申し込みができないのです。

こうした基本をご存じないままプロデュースをされてしまいますと、「私キレイでしょう♪」みたいに、一体なんのブログなのか不思議なブログをつくってしまうわけです。

そして、経験もないのに、「あなたをプロデュースしますよ~」なんてサービスを始めてしまうのです。

アイシングクッキー教室をはじめた人が、突然、こうしたことを始めちゃう。

そして、本業のアイシングクッキー教室も自己プロデュースの講座も中途半端に終わり、消えていくわけです。

あなたも気をつけてくださいね。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
● 素材サイトからこんな写真を使ってはいけない!

こんにちは、石川聡です。

アメブロを巡回していると、2~4割くらい、意味不明なイメージ写真を見かけます。

素材を集めたサイトから、イメージ写真をダウンロードして使っている方がおられますよね。

ただし、意味不明なお写真は使わないこと!

たとえば、外国人の子どもの画像を使われている方も多いですよね。

010.jpg

いったい、何のためにこのようなお写真を載せるのでしょう。

お客さまは外国人というのなら、話しは別です。

あるいは、外国人女性の写真を使っているケースもよく見ます。

020.jpg

素材サイトでは、外国人女性の写真がたくさんありますよね。

ポーズも多いので、そうしたお写真を使われるのでしょうか。

お客さまは、外国人女性に限っているのでしょうね。(笑)

また、恋愛や結婚など男女関係については、外国人カップルなどの写真が多いです。

030.jpg

たとえば、結婚相談所で、外国人専用なのでしょうか。

恋愛カウンセラーやヒーラーさんは、外国人だけを対象とされているのでしょうか。

お客さまは、お写真のイメージをそのまま持たれます。

また、イメージ写真を使われるケースも多いですよね。

たとえば、こうしたお写真です。

040.jpg

何を伝えたいのかが分かりません。

でも、非常に多いので、つい真似てしまうのかな。(汗)

では、どのようなお写真が良いのでしょうか。

基本はあなたがお客さまの相談を受けているお写真です。



こうしたお写真を使えば良いのですね。

相談を受けて悩みを解決して差し上げるのは、あなたですよね。

だったら、あなたのお写真を使いましょう。

あるいは、このようなお写真なら、なお良いですね。



お客さまとお話しをされている様子が分かるのが最高です!

基本はあなたのお写真を使うこと!

さらに、お客さまとのツーショットあるいは相談を受けている様子が分かるお写真を使うのが良いのです。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
● ホームページ、ブログ、SNS。窓口を広げると、申し込みの方法も煩雑になります

こんにちは、石川聡です。

お客さまからのお申込みですが、窓口は一つにした方が良いですね。

ホームページやブログ、その他にもいろんなSNSに手を出してしまいますと、それぞれにお問い合わせや申し込みの窓口が増えていきます。

最終的に、申し込みの方法をどれかに決め、そこから申し込むようにつくっておけば良いのですが、たいていバラバラです。

すると、SNSやそのツールでのお問い合わせや申し込みの管理、そして、対応までもが煩雑になっていきます。

物販なら良いのですが、サロンなどは、少し面倒になるはず。

作るときには「ホームページを作ろう!」「ブログが良さそうなので、ブログも始めよう」「LINEならチャットができるから」などと広げすぎると、対応もそれぞれ別のツールを使わなければなりません。

私が申し込みのフォームを専用につくって、そちらを推奨しているのは、管理の面でバラバラにならないためでもあるのです。

まぁ、お客さまの中にも、手を出し過ぎて対応に困っているケースもあります。

たとえば、メニュー記事は、ブログだけにしておく。

他のSNSなどからは、必ずメニューはブログのメニューに飛ばすようにしておく。

そして、申し込みの方法は1つにしておくと、管理がラクです。

申し込みにはフォームメーラーやフォームズだけを使い、申し込みは専用のフォームにしておけば良いのです。

そうすれば、パソコン、スマホ、タブレット、ガラケー、どれを使っていても申し込みができるのです。

そして、1つのフォームだけですから、申し込み時に必要な項目をセットして、自動返信のご案内メールをセットしておけば済むのです。

バラバラでメニューを書いたり、申し込みのサイトや方法がバラバラだと、結局、ご自分が苦しくなるだけなのですね。

結構、申し込み専用のフォームを作らない人が多いのですが、結局、後になって大変な思いをされるのです。

とっちらかってからヘルプを求められても、ホームページは他の業者さんに任せている。

色んなSNSで色んな方法で申し込みができるようにしてあると、そこまでのフォローができません。

物販の場合にはそれでも良いのですが、サロンや教室系は時間や日程などの管理、告知が大変です。

そういうことが起こらないためには、ブログのメニュー記事にどこからでも誘導するようにつくっておくとラクなのですよ。

なので、手広くいろんなものに手を出されている方は、ご注意ください。

ちなみに、アメブロとワードプレスを使ったホームページをされている人は、メニューや予約状況をワードプレスで一元管理しているケースが多いですね。

そうすれば、1つの窓口だけで済みます。

なので、手を出し過ぎて苦労しないようにしましょうね。(笑)


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
● ブログづくりの差は、こうしたところで3倍早くなったり遅くなったりします

こんにちは、石川聡です。

コンサルをしていますと、お客さまによって連絡する人としない人がいます。

たとえば、指示したことが終わったら、すぐに何が終わったのかを報告される人は、ブログの進みが早いです。

メールが来ない=まだやっていない

と思いますので、3~4日くらいすぐに過ぎてしまうのです。

音信不通なのでメールを出すと、「終わってます」とお返事がくるのです。

ときどき、終わったことを連絡されない人がいますので、その分、完成がどんどん遅れてしまうのです。

自分からドンドン連絡をする方は、その分、私のチェックが早いのでブログが進むわけですね。

これはご本人の性格なのでしょうか、「修正したら、必ず連絡してくださいね」何度お伝えしても、連絡されない人は連絡をよこしません。

質問や確認は、自分からドンドンすればそれだけ早く進みますので、お申込みが来るブログの完成が早まります。

いろんなタイプの人がいるので不思議ですね。

ところで、あなたはどのようなタイプでしょうか。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● お客さまから長い感想をいただくコツ!アンケートよりも自由に書ける用紙がベスト!

こんにちは、石川聡です。

ブログでよく見かけるのが、お店を利用されたお客さまへのアンケート結果。

じつは、これを使っても、あんまり効果がないのです。

そもそも、1~2行しか書くスペースがないですよね。(汗)

より大きな効果を得るためには、自由に感想を書いて頂いた方が何倍もよいのです。

あなたもアンケート用紙を書いたことがありますよね。

たいてい、チェックに丸かレ点。あとは、1行で理由などを書いて終わります。

5~6問の設問には、カンタンに答えますよね。

チェックがメインになるので、あんまり文章を書ける雰囲気じゃないわけですよ。

ブログで感想を載せたい場合、これでは短いのですね。

なので、お客さまに自由に書いていただく工夫をすると良いのです。

たとえば、当サロンを利用された感想を自由に好きなだけ書いてもらうのです。

切り口なども少し用意しておくとよいかも。

何が良くなったのか、受けた感じはどうだったのか。サロンの一押しなどがあったら、それも書いてもらいたいですね。

余白は大きくとっておくのが正解です。狭いカッコだと、その中だけで書くのがお客さまだから。

たとえば、お客さまの感想を書いて頂く用紙は、レイアウトで上下左右の余白の部分を狭くしておくのです。

wordなら、カンタンに設定が出来ます。そうすれば、大事な感想を書く蘭が広くとれますよね。

それだけ多くの感想を書けるわけです。

お渡ししながら、聞きたいことをチョットだけ聞いてみるのです。

お客さまがお話しをされ始めたら、ニコニコしながら聞いていて、「それを用紙に書いてくださいね^^」とお伝えすると、たくさんの感想を書いてもらえます。

何を書いて欲しいのか。それがあるのなら、言葉で伝えて「**についても書いて頂けると嬉しいです^^」と言うのです。

アンケート用紙を使うよりも、ずっとブログで使える感想がもらえるのです。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「コンサルから正規料金を書かないようにって言われました」と聞いてびっくり!

こんにちは、石川聡です。

サロン系など、競合がはげしい業界ですと、コンサルさんがこのような指導をするケースもあるようです。

「お試し価格はもっと安くするように!」「正規料金はホームページに書かないように!」

聞いたときに、ビックリしました。

たとえば、正規の料金が16000円だとしますね。それをお試し価格として3000円と書く。

それも、ホームページのトップに目立つバナーで、デデーン!!と。

そして、正規の料金はどこにも書かない。

さて、どのようなお客さまが行くのでしょうか。

・お試し価格目当ての人が集まる
・正規料金を聞いてクレームを言う人が集まる
・1万円を払いたくない人が集まる


などがよくあるパターン。

お試し価格やバーゲン価格では行くけど、正規の料金を払ってまで行くつもりがない人が集まるのですね。とくに、こうした破格のお試し価格にした場合。

そして、9割の人が、そもそも1万円なんて出す気のない人が集まってくるのです。

お試しだけ受けて、あとは来ないって最初から決めている人がやってきます。

エステで4回コースが4万円なんてお店で言われたら、クチをとがらせて文句を言いますからね。

大手やチェーン店のエステなど、こうした手法をやるので利益がでません。

すると、エステティシャンに残業代や手当を払わないで働かせ続けています。

よく、ニュースで裁判になっているケースがありますが、従業員にツケをまわしているだけなのです。

では、2万円とか高額でも来る人がいるのでしょうか。

はい、いますよ。

本気で痩せたい、本気でお肌をキレイにしたい女性は、大勢いるのです。

その方だけに向けて、あなたのサロンに行ったらどうよくなるのか。

痩せるのなら、どのように痩せるのかをコッテリ記事を書けば良いのです。

毎日、お客さまの声を載せて、これだけの結果がでますよ。というのをお写真も使いながら書けばよいのです。

ただしい価値を知ってもらえれば、それが欲しい人が集まってくるのです。

はっきり言って、インチキなコンサルに何十万も払うのはもったいないですね。

「石川さん、ホームページから申し込みが来ません(涙)」

はい、申し込みが来ないつくり方をしているので、当然の結果です。

まず、価値を魅せること。

お客さまが買う理由をはっきり書くこと。

感想やビフォーアフターをたくさん載せること。

そうすれば、「このサロンは本物だわ^^」と思ってもらえるので、隣のサロンより高くても来てくださるのです。

結構、だまされている人っているんですね。ビックリしました。

また、正規料金を見せないと、お店でトラブルになるから絶対にやめたほうが良いです。

「ホームページには書いてなかったじゃない!インチキだ!」

と詰め寄られますよ。(汗)


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● スマホのカメラ設定はどれが最適?

こんにちは、石川聡です。

スマホのカメラ、画質が大きくなっていますね。

私のスマホは、このように5つの設定ができます。



では、どれが最適なのか。

画質は大きい方がキレイに撮れます。細かい部分も微妙な色合いの違いも写し撮ってくれるのでキレイな画像として残せるのです。

ただ、高画質にすると、それだけメモリをたくさん使います。

1枚につき8MBというと、かなり大きいですね。

これをパソコンに移動させたり、誰かにメールで添付して送るときには配慮も必要でしょう。メールを受け取ろうとしたら、サイズが大きすぎて時間がかかってしまうことだってあるから。

では、小さい画質だと容量も少ないので良いのか?というと、使い途によって異なります。

たとえば、スマホで撮った写真をパワーポイントなどで告知用の写真に使うと、荒れたきたない画像になることがあります。

パワーポイントやワードで作られた告知用のチラシを見たら、すごくにじんできたなく見えてしまうケースもあるくらい。

たんに、スナップみたいに撮って、フェイスブックやブログの日記に入れるくらいなら画質が小さくても良いでしょう。

ただし、ヘッダー画像にする場合や告知用のチラシに使いたいのなら、大きい画質の方がキレイです。

大きいサイズは小さくすることが可能です。

が、小さいサイズを大きくするのはできません。

たまに、すごく小さく加工した画像を「ヘッダー画像に大きく引き延ばして使いたいです」と言われる方がいますが、それはムリ。

すごく汚くなりますので、別のお写真にしています。

用途によってサイズを変更しておくと良いですね。

また、部分的に切り取って使う場合も元が小さいと切り取ったら小さくなりすぎることもあります。

正解と言われるとムズカシイのですが、どういった使い方をするのか。

また、スマホの場合は、メモリがどれくらいなのか。メモリが少ないスマホだと、すぐにメモリ不足で撮れなくなります。


iPhoneなどのハイスペック機種ならいいのですが、1~2万円くらいの機種だとメモリが少ないので困ることもあります。

絶対的な正解はないので、あなたの使い方、スマホのメモリ、その写真をどう活用するのかを考慮して設定するとよいでしょう。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「お客さまが知りたいことがわかりません」

こんにちは、石川聡です。

読者さまからご質問をいたがきました。

お客さまが知りたいこととは何か。あなたがブログに書くべきことは何かを伝えしたいと思います。

「石川さん、お客さまが何を知りたいのかが私には分かりません。聞いても、ブログに書けるようなことは話してくれません。どうしたらいいでしょうか」

というものです。

はい、お客さまってふつうの女性がほとんどですよね。

あなたが「何を知りたいですか?」「どのようなサービスがあれば嬉しいですか?」と聞いても、なかなか的を射るよな答えは返ってきません。

でもお客さまって、かならず何か困っているからあなたのサービスを買ってくれます。

思うように痩せないのなら、痩せにくいタイプの人がラクに痩せられるノウハウを書けば良いのです。

もし、間違ったダイエット方法をしていると、全然痩せないのなら、そのことを書けば良いのです。

「よくあるダイエットの誤解!」

みたいに、間違ったダイエットをしている人だっているのです。

相談系なら、精神的に悩んでいる人があなたのブログにやってきます。

なので、その答えやヒントを書くのです。

「私、占いなんです」

という人も同じです。占ってほしいジャンル、それも多いジャンルをもとに記事すれば良いのです。

それだけで、あっと言う間に読者さまが増えますから。

「離婚の相談が多いんです」

というカウンセラーさんなら、離婚で気をつけるべきポイントなどを書けますよね。

それに、ご本人は深刻に悩んでいるので、安心させてあげる記事だって書くと喜ばれます。

お客さまがハッキリと言ってくれないケースもあります。

そこは、専門家のあなたがうまく文章にすること。

そうすれば、お客さまの知りたい話題が書けるようになるのです。

なにを書いたらいいか分からない人は、もっとリサーチをした方がいいですよ。

人気のあるブロガーさんの感想記事、大手小町の悩み相談、雑誌で悩みを調べた記事など。

あなたの周りには、ヒントがいっぱい溢れていますよ。


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 料金はハッキリ書いた方が良いです(書かないと不安で申し込まない)

こんにちは、石川聡です。

「石川さん、料金は個別で違うから申し込みのときに説明しています。だからメニュー記事には書かないんです」

とおっしゃっていた方がいました。

う~む、あなたがレストランに行ったらお値段の欄に時価って書いてあったらどう思いますか。そのお店に行きたいですか。

私なら、怖くて行かないです。(笑)

ブログには、料金をはっきり書いておきましょう。

それが礼儀、それが親切です。

お客さまによってお値段を変えるのは、信用をなくしますのでやめたほうが良いです。リピーターさんや上得意のお客さまへのサービスがあるのなら、個別にすれば良いのです。

サービスメニューには、必ず正規の料金を書いておきましょうね。

相談を受けると、いろんな考え方の人がいて驚いたり、ビックリしたりすることがあります。

でもね、ふつうに考えればお客さまが安心して利用できることが一番!そのようにブログはつくるとふつうに申し込みにつながるのです。

妙におかしなやり方や書き方をされていて、売れているブログって見たことがありません。

基本はしっかり基本通りがベスト!


初心者の方のための、お店やお仕事ブログづくりを基礎からお手伝い。アメブログのプロフィール写真のアップの方法。

記事への画像の入れ方。リンクのつけ方、問合せ申し込みフォームの入れ方、デザイン、カスタマイズをサポートします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)