その店には、おとなの落ち着きがあって、たった一杯のアペリティフでたやすく酔っ払ってしまったようなわたしのはしゃいだ声は、明らかにちょっと浮いていたと思う。だけど、わたしのちょっと弾んだしぐさや振る舞いは、多分、その空間で許容してもらっていたのだとも思う。若いのにきちんとした物腰のウェイターは丁寧だったし、なぜだかわたしには注文されていないデザートがひとさら余計にサーブされたのだった。


 目の前のひとは、微笑っていた。こんなふうに正面からこのひとの顔を見るのは何週間ぶりだろう、とわたしは考える。思い出そうとする。思い出せない。

わたしがこのひとの姿を見つめるのは、わたしがななめ後ろにいるときだけだ。それかまったくの後姿を眺めるしか、ない。


「何を見ているの?」

唐突に問われて、わたしはなんだか核心をつかれたような気になる。わたしはこのひとの顔が好きだ。整っていて、ちょっと昔の美男子っぽい。イケメン、という言葉はちょっと似合わない。だけど、このひとにはファンを公言している女性も少なくないと言う。・・・わたしも「ファンです」なんて言葉を話しかけるきっかけにしたのだけれども。


「顔・・・顔を見てたの。」

頬が、赤らむのが自分でわかる。いいえ、昼下がりのティオ・ぺぺが急に回ったのだわ。背伸びして・・・背伸びというには十分歳は行っていると思うのだけれども・・・しっかりしたアルコールをオーダーしてしまったことを少しだけ恥ずかしく思う。正午より幾分遅れて始まったお昼のハーフコースはもうほとんど終わって、わたしたちの前にはソルべの空いたグラスと、半分ほどに減っているデミタスコーヒー、わたしの前にだけ、「シェフからのプレゼントです」とウェイターの青年が運んできたチーズケーキのお皿があるきりだ。


「いつもと同じだろ?」

「ち、違うわ!」

反射的に声を上げてしまって、わたしは肩をすくめる。幸い、眉をひそめられたようなこともなさそうだ。

「・・・・違うわ・・・。」

視線が、半分になったチーズケーキに落ちる。

「・・・でようか?」

「うん・・・あ、待って。」

「何?」

「チーズケーキ。おいしいの。せっかくだから全部食べていく。」


「ああいうところ、好きだな。」

運転席で正面を向いたまま、いきなりあなたは言う。車は走り出してからもう15分は経っているだろうか。日常から遠ざからないと、一緒にはいられない・・・そんな現実を直視することを、わたしはこころの中で避けた。
「どういうところ?」
「ものを大事にして、相手の気持ちを大事にするところ。」
「そ、そうかな?」
「そう。それが普通になってるところが、俺は好き。」
照れているのだろうか?あなたはこっちを向かない。だからわたしもどきどきしながら、ただ前を見ている。


ああ、こんな、ふたりして前を見ている空間なんかにいたくない!
ううん、ふたりっきりでこんなに近くにいられるこの時間、終わって欲しくない!

わたしはこのひとが好きなんだ。


 目指すホテルの駐車場にあなたは車をすべりこませる。

エンジンを止めると、

「あ・・・俺も食前酒欲しかったな。」

「え?駄目でしょ?運転するからってあなた言ったじゃない?」

「ここに素敵な食前酒があった。」

あなたはわたしの耳の後ろから手をまわしてわたしを引き寄せると、長く、甘く、酩酊するキスを、した。


そして、わたしはそれだけで、はしたなく濡れてしまっていたのだ。



(続く・・・かも?)



AD

えろてぃっくな果実たち


わたくしの電子書籍本が一冊売れたそうであります。

お買い上げくださったのがどちら様かは存じ上げませんが、

その方に今日一日いいことが(ついでにエロなことも)起こりますように。


あ、この本はエロ本ですw


そして、一冊売れたのをわざわざ記事にあげるくらいなほどに売れてません♪


ね・・・・・・買ってって・・・?


AD

その、痛み。

※これはフィクションです。刺激的な表現が苦手な方は読まずに通り過ぎてください。



それ、をはじめたとき、わたしは少し後悔した。


い、痛い・・・・・


「え~、マダ、なの~?」

「やだ~、もうとっくにだと思ってた~。」


そんな級友の声に、半ばムキになって、


「するわよ。済ませればいいんでしょ!」

なんて、売り言葉に買い言葉みたいに。


「そんなこと、さっさと済ませちゃうものよ。

処理よ、処理。いつまでもそんなだと野暮ったいわ。

終わってしまえば、こんなものか、って拍子抜けするわよ。」


って、クラスでも一番くらいに大人っぽい雰囲気のR子は、ふふっ、と笑いながら、言った。


・・・・・・・


それにしても、痛すぎる。

その、部分が、ひきつるような、痛み。


だんだん慣れてくるなんて、誰が言ったのよ・・・。


上、下への動きにつれて、痛みも脈を打つみたいに。


あ、・・・太すぎるんだ・・・。


わたしは、ふと、気がついてしまう。


ほかの子たちが、一体どんなふうに「処理」したのかは知る由もないけれども、

わたしの向き合ってるものは、太くて、そしてとてもたくましい・・・。


それは、その他の場面や場所でなら、逆に賞賛されるようなものなのかもしれないけれども。

今、たった今は、わたし自身を苦しめている。


その、やり方については、ずいぶん吟味したはずなのに。


あれこれ見て、選んで、それで決めて、今ここに、わたしと一緒の密室で行為している。

痛くなく終わらせるやり方、それでいて、はじめての自分が楽であるようなやり方を

選んだつもりだったのに。


あ・・・


痛みは増しもしないけど、引きもしないで、わたしはただ唇をかみしめる。


どうして、どうしてこんなこと、しなきゃなんないんだろう。


眉をゆがめながら、わたしは考える。

考えてはみたが、その答えは、「女であるから」としか見つからない。

おんなであるから。

おんな、でありつづけるために。


それ、をしないことで・・・それ、は端的な象徴でしかないのかもしれないけれども・・・

急速に年老いて見える中年以降のおんなたちのことを考える。

確かに、加齢によって、そんな必要がなくなる、とも言うけれども。


とにかく。

はじめての、それ、が、とにかく終わってくれることを、わたしはただ考えていた。

望んでいた。



痛いいたい痛いいたいいたい・・・。


・・・・・・・・



それ、が、終わって、


わたしは放心したように、コンセントを抜いた。


「痛みのない脱毛、すべすべの夏肌!」とパッケージに文字が躍っている脱毛器


嘘だ、こんなのうそっぱちじゃん、・・・そう思いながら、

太くてたくましいすね毛を全部抜きさって処理したわたしには、

きっと、それだけのごほうびのある夏がやってくるんじゃないだろうか。

そうじゃなくちゃやってらんないわよ!!!!



(一部ノンフィクション?)(そして一部反転させると真実があなたの前へ!)

AD

筆を、瓶の口でやや強くしごくと、とろり、とした液体が・・・。


これは、わたしの、ひとり遊びにも似た、愉悦の時間かもしれない。


独特の溶剤のニオイが、空間を浸食していく。


筆、を、指先でつまんでみたり、支えてみたり。


筆、との相性に、わたしはこだわってしまう。


固さだとか、具合のよさだとか、いろいろ条件はあるし、


きっと、はっきりと意識していなくっても、誰だって好みはあるのだと思う。


其れ、の仕事具合が、わたしの満足を決定していく。


そんなことは、包装や、他に買ってきたものあれもこれも


・・・開いてしまってからはじめてわかるものだから、


思いがけず、イイ、筆、に出会ってしまうと、とってもいい。


毎晩のように、夢中になって・・・繰り返してしまう。


爪が荒れちゃうんだけどね。睡眠不足にもなるし。


濡れてる間は、だって、眠れないじゃない?



だから、その一本に夢中になってしまって、


その、液体が、わたしのおんなの部分を十分に彩ってくれていると、


朝も、昼も、昼下がりも夕方も、


すべてがその色で染められているような気にすらなるの。



だけど、終わりは、来る。


そんなとき、同じようなモノをまたわたしは求めるのだろうか。


もしかしたら、またもっと、具合のいいものを捜して、


浮気心をひらめかせていくのだろうか。


だって、液体も、全部、違う。


ほんとうはいくつもいくつも揃えたいのだろうと思う、自分の心理。


違う、筆と、違う、色とに、たっぷりまみれていたい。


あ・・・・・、今夜も。


乾いて、色あせて、剥げかかってしまう前に。










・・・・・・・・・・これは、マニキュアの話ですけどね。

なにが「オトナの世界」やねんw嘘つくな自分w


さて、爪にはキューティクルオイルを塗ってつやつやさせていますが、

本体の手の方のくたびれ方が、ちょっと自分でも情けないので、

ハンドクリーム塗って手袋して寝ます。

この季節は寝入っちゃうと自分ではずしちゃうんだよね・・・。

水仕事はできるだけゴム手してやろうと思うんだけど、

ついめんどくさくなっちゃうんだよね。

でも、失った肌の若さを取り戻す方が大変なのだ、と言い聞かせて。

セックスが、上手になりたい。


今、小説を読んでて、それに触発された部分もたくさんあって思いついたのだけど、

ものすごくセックスを上手にできるようになりたい。


わたしのパートナーを、快楽の淵に落としこんであげたい。




だって、ふたりとも、人生は中盤。

死ぬまでいたせるわけもなし、

お互いに、感じるところは全部感じて、感じさせて、

愛し合って生きてゆきたいものではありませんか?



リフレクソロジーとか、整体とか、マッサージとか、はたまた看護士とか、

人体を扱う技術にはいろいろあって、学校もある。

だけど、セックスには、ない。実地研修あるいはOJTだけだ。

個人的な性癖の部分が否定できないから、一般的な技術では通用しないこともあるのだろうけど、

一般的な技術もあるはず。


一昨年前くらいに、ちょっと事情があって、与える快楽の追求をしようと、

いわゆるプロの方のHPやブログなどをさまよったことがあった。

そこでは何人かの方の語り口などにはまって、よく読む場所になったのだけれども、

上手に遊べる人は少ない、とか、中には実にいい「お客様」もいるのだなぁ、とか、

プロフェッショナルなひとは全く「プロ」であるのだなぁ、

或いは、「プロ」でも人の子、みたいなお仕事の裏話を知識として知ることになったくらいで、

それでなにがしかの技術の知識を得るなんてうまいお話はなかった。

いや、もっと技術的な話題に特化したページは捜せばあったはずなのだけど。

(いつだったかビビ姐さんのところで 見たと記憶する)


セックスは、味わいあうものなので、わたし自身も上等な人間にならなくてはならないのは

言うまでもないことで、でも、高潔で上品な人間であると同時に、清濁併せ呑む深みも

なくってはなるまい。これ色気のお話とちょっとかぶるわね。

まさかお下品一辺倒では間違いなくパートナーに飽きられてしまうから論外として。

もちろん、視覚触覚味覚嗅覚にうったえる生き物でなくっちゃならないし。

まあ、それは、「綺麗への道」として日々追求しているつもりだけれども。



あー、うまくなりたい。

あー、どういうのが、うまいのか。

自分がよくなっちゃってるだけじゃ、だめなんだろうな。

よくなっちゃってるところを包み隠さず、或いは包み隠そうとしながらも包み隠せず、

こころゆくまで表現してると、喜ばれているようなんだけど、それはセックスがうまいのとは

また別なことなのではないか、とも思うのだよな。


あー、こうしてみると、「はげんでる?」というとくさん のおコトバももしかしてもっとも?

励まなくっちゃなんないのかもー。


学校があったら、紹介してください。

一生懸命、勉強しますw

11月11日

もう、翌日になっているので、ネタとしてはどうかと思うのだけれども、

一年寝かしているときっと忘れ果てるので、記事にします。

(一年後に予約公開?書いたことも忘れてるかもね)


世の中、語呂合わせで、「○○の日」というの、よくありますよね。


3月3日が「み み の日」とか、

       3  3


11月22日が「い い ふう ふ の日」とか。

         1 1  2   2


そこで、わたくし、提案します。


11月11日を、「い い、い い」で、

          1  1 1 1


    「絶 頂 の 日」。

早速、わたくしどもカップルでは、採用することにいたしました。

記念行事は、たいそう、いいものでございました。

みなさまも、ぜひ。

フェティッシュ。


それは切片愛好症。


たとえば、異性の「ひとそのもの」ではなくって、そのひとの手袋とか、靴とか、髪とか、

部分部分を偏愛してしまい、あげくには異性そのものよりも、その断片=切片(といっても、

手や指をちぎりとるとかいう話ではなくって、そこまでいくとまた別の変態性欲症の話に

なってしまう)に欲情してしまう、変態性欲のひとつ。


外見ではない、性格がいいことが恋愛には重要、とよくいうけれども、そういうことばが存在すること自体が、

われわれが見た目やなにがしかのポイントに心奪われてしまって、どうかすると人格そのものは

どうでもいいという瞬間がかならずある、ということの裏返してある、とわたしは思っているのだ。


そう。ひとはすべからく、なにがしかのフェティストである。

その略がフェチってことね。ハイヒール・フェチ、っていえば、女性そのものより、女性のハイヒールに

欲情するフェティストということ。

・・・でも、ここにまわってきた「フェチ・バトン」というのは、そんなディープな世界の話ではないようだ。

フェティッシュというコトバが、フェチ、と略されて、意味内容がライトになってくる、というのは、

セクシャルハラスメントがセクハラになって、日常的に使われるコトバになっちまったのと

似てるかも知れない。それはいいことでもあり、わるいことでもあり。


だから、忌憚なく語ろうではないか。いざ、フェチ・バトン


Q1 あなたは何フェチ?

とはいうものの、わたしは、猫が家に付き、犬が人に付く、と言われるならば、はっきりくっきり犬派で

あって、もう、気に入ったひとにはわんわんきゃんきゃん、尻尾振ってすりよって、顔舐めてお手しちゃう

くらいだから、あんまりフェティッシュじゃないのですよ。


あえていうなら、響きのいい声。そして匂い。


匂いがいい男は、汗に雑菌が繁殖しにくいはずだから、おそらく感染症には強いはず。

わたしは「生き腐れ 」体質なので、無意識に遺伝子的にこれを補完する相手をさがしているにちがいない。

Q2 異性を見る時、まず何処を見る?


体型。そして顔。細身が好き。

Q3 最近プッシュ出来る部位


ひざから下のライン。くびれ。

部位ではないけど、笑顔と毒舌。

Q4 異性の好きな部位5つ


なぜ「異性」とくくるのだ。世の中異性愛ばかりではないぞ。

一応答えると

首。ひじから手首まで。目。大胸筋。上腕二頭筋。

Q5 フェチを感じる衣装は?


スーツにネクタイ。

くたばれクールビズ。

(嘘です。地球温暖化に抵抗しよう)

Q6 バトンを渡す5人


今考え中。あしたまでに指名するかもしれない、できないかもしれない。

ひとになにか頼むの苦手。


佐紀ちゃん、あたしなんかにまわしてくだすって、どうもありがとうね。

回答以前の部分で語ってしまいました。

楽しんでいただけましたでしょうか。

さっき別の話の中で、バイセクシュアルの話をちらっとしました。

わたしは、男性と結婚していて、子どももいるので、怖いものなし、

とばかりに自分がバイセクであることを茶飲み話のなかですることがあります。

「セクシュアリティの多様性の認識推進委員会・仙台支部支部長」ですから(嘘です。今考えました)。

するとたまに、
「や~ん、あたしのこと襲わないでね~。」
と言う女性がいます。


じゃ、なんですかい、

あんたは性的対象になる(多分)男性が目の前にいたら、襲うんですかい?

と聞いてみたくなるのをぐっと我慢して、

あんたなんか襲わねーよ

と言うのもぐっと我慢して、
「あのね、あなたが男性をいきなり襲ったりしないように、

わたしももし気に入った女性や男性がいても、いきなり襲ったりはしないわよ。」
と、優雅な微笑と共に答えるようにしています。

性的なことに自覚があるのと、性的な欲望が大きいのと、性的に抑制がきかないのは、

それぞれ別のことなんです、ここ試験にでるからチェックね。

ちなみに、先日、上のムスコ(小4)に、なにかの話のついでだったと思うのだけれど、
「おかあさんの初恋のひとはおんなのひとだったのよ。」
と言ったら、絵に描いたように口をあんぐり開けていました。

特に愛だ恋だ恋愛だ結婚だ、という話もせず、

恋愛ドラマも見ない家庭の子どもであるムスコでも、

恋愛の対象=異性、という基礎認識はあったようです。

「そういうひともいるのよ。」「ふーん。」

あんたは同性愛者への差別なんてするんじゃないぜ、と思いながら、

とりあえずその話はそこまでで。

聞く耳があるときを狙って、きちんと話していきたいものです。