そろそろほとぼりも冷めたでしょうから、
例の、クイズ番組の顛末&後日譚等書きましょうか。

あのお衣装で出たものだから、
2chでプチ実況が始まってしまって、
「はずかしい、やめろ」みたいな反応もあったけど
(でも収録は済んでるのでやめられないw)
概ね好意的に応援してくれててありがたかったな。

それだけに、勝ちたかった…。

自分が勝ったからって、チームが勝つわけじゃないけどサ。

おまけに、2ch系サッカーまとめサイトにまとめ記事が載ってしまったw
キャプ画とかなくてよかった。
あったら一生さらしものだよw
(ビデオ取ったりした人もいたようだけど、流出が無かったのはホントにありがたい…)

で、一時は、チーム名と番組名で検索かけると
ほとんど自分の話題でw
(2chには番組そのものの実況スレッドもあったのだ)
(今検索掛けても、半分以上自分の話だw)
(検索禁止w)

その中に、実況の過去ログとかではなく、
普通のクイズファン、というか、その番組の複数回出場者の方のブログがあって、
そこで、あの、白の方と再会してしまいましたwwwww

そこでわたしは、負けたくせになぜか「赤の女王」と呼ばれていました…。

みなさん本気であの番組に向かっていらして、
片手間で臨んだ自分申し訳なかったわ。

次、5年後にまた挑戦できるようになったら、まためざそうとは思ってます。

目立ちたい?

ううん。

出てみてその思いを強くしたんですけど、
あれは「天下一武道会」なのね。

「強い奴らに会いに行く」なのね。

自分を、試す感じ。


もちろん、わたしの頭の良さはたいしたことないし、
学歴とかそんなのもたいしたことない。

だけど、あの場所には、いろんな要素で自分を試せるものがあったんだよね。

問題文を聞いて一瞬で理解して、頭の中の知識を検索して取りだす。
その一瞬の中に、「何を聞かれてるのか」という判断が必要になる。

例えば、「怪談レストラン」という回答の問題で、
これはわたしは取れたんだけど、
ぎりぎりまで作品タイトルを聞かれているのか、
作者を聞かれているのか迷ったもの。

攻めに行く選択も、たまには必要。
わからなければ黙っとく自制心も必要。

番組ではカットされていたんだけど、
赤、青、緑が連続で順番に立ちまくるという、
「君たち40代の落ち着きはどっかに忘れてきたんですかw」
みたいな展開の時間帯もあったのですよ。

白の方は立ってないんですよ。
そこに勝機があったのかな。
まるでヤマカンみたいに思えた正解、
彼女ちゃんと計算して答えてたんですよね。
やっぱり、あの場所はちげーよ。
すげーヤツらが集まるんだよ。

うっかり回答で回答権を逸して、
わたし内心
「うはー、ちょっと待った、てか、やりなおし、とか無いの?」
とか思ったけど、あるわきゃないわな。

人生、一度きり、を痛感したわけ。

こんなところでw笑うわ。

あと、誤答してしまうと、身も心も固くなってしまって、
次わかっていても答えられない、
一瞬で押し負ける、ということもあったんですよね。
瞬間的に自分に懐疑的になるわけ。

そういうのを感じられたのも、なんかいい経験でした。
自分の中の自覚してない部分をスキャンした感じ。


そうそう、ネットの実況でびっくりしたのは、
わたし、逆転勝利が無理なパネル数になった時に、
「あ、これは仕方ない。負けたな。でも最善を尽くそう」
と瞬間的に思ったんだけど、
そのシーンで実況に誰かが
「赤、潔いな」
って書きこんだんだよね。

見てわかるものかな。
すごいよね。

同時に負けず嫌いと性格の悪さ、とかも見て取れたようでwwwww


もひとつちょっと嬉しかったのが、
「赤、可愛いじゃん」
とかいう書き込みがあったこと。

うふー♪

他に、「赤、脱いだら凄そう」ってのもありましたが、
はっきり言ってそんなことない。残念でした(・∀・)


わたし見た目のコンプレックスを引きずってるんですよねー。
なので、何もお世辞言う必要のない人たちがそんなこと言うのは
新鮮でしたー。
いやー、お礼言いたいわ。


後、客観的に見た自分が相当落ち着き払って見えたので、
この見え方で社会を渡っていけるかな、なんてことも思いました。
「頼りない箱入り奥さん」というセルフイメージは、ちょっと違うな、とも。

あ、それからそのネット実況wで
「いい声してるなー。相当腹筋鍛えてある」
なんてのもありました。
ふーん。
そうなのか。
腹筋は少ししか鍛えてないけど、恐らく人よりはよく響く声ではあります。

自分のストロングポイントとウィークポイントを
如実に映し出してくれたみたいだよね。
この経験は、なかなか他にはなかろうて。


そして、今更でしたけど、応援にきてくださった方の存在はありがたかったです。
あの頃、ちょっとネットトラブルみたいなこともあったんで、
すごく心強かったのです。
それだけじゃなく、会いたかったひとに会えたわけでもあるし。


面白かったのが、放送の翌週息子の学校の文化祭だったんですけど、
クイズ研究会があったのね。
それを覗いてきたら、そこの子たちがまじまじとわたしの顔を見るわけ。

んで
「あの、出てらっしゃいませんでしたか?」

まさかの顔バレでした。
見てるんだなあ、やっぱ。

で、早押しクイズの体験とかしてきたんだけど、
そんなのバレたら負けられないじゃん?
渾身の力を持って、なぎ倒してきたわよ。

男子高校生が集まってきて拍手の嵐。
大変に気持ちよかったことは記録しておこう。


それと、リハーサルがおもしろかったです。
リハーサルの方がわたし絶好調だったんだよねー。
これもまた人生のひとつなのサ。
AD
10年満期のお金を考えるということは、
10年先の自分を考えることだ。

10年先の自分への贈り物であり、
それを十二分に楽しむ自分を信じている、ということだ。


もともとは、ただ増やす、損しないように運用、などとは考えたわけではあるけれども、
10年という時間を提示されて、その先のことを、思った。

42歳の今。
52歳のその頃。
その先は?62歳の自分。

そこにも自分はいるのだ、と。

軽い感動だね。


ってなことで、勉強することはたくさんあるぞっと。

お金にだけ頑張ってもらって、自分が進歩なかったら意味ない。
AD
お久しぶりでございます。

小生、元気にやっております。
一病息災。
いや、あっちもこっちも、頭も性格も悪いぞ。

それはさておき。

数年前から、少ーしでも自分で稼いじゃってる自分、
お金との付き合いをそろそろ本気だして考えてみようか、と
マネーセミナーに行ってきましたよ。

住宅総合コンサルタント
リビングコンシェルジェ
専任FPの伊藤夕子さんによる、

「夢をかなえるマネー学」
・お金が増える仕組み
・初めての資産運用
の2項目を、二日間で聞いてきました。

お金については、簿記の学習で、結構考え方見方が変わってきています。
でも、それを自分の家計や自分の資産に応用して考えるには、
まだまだ知識の距離があるのです。

ちょっと難しかったらどうしよう、なんて思いながら受講しましたが、
十分理解できました。

簿記1級の学習内容を思いだすことも多々ありましたし、
その分、ちょっと親しみやすくお話が聞けたかな、と。

親しみやすいと言えば、講師の伊藤先生が、非常に親しみやすい方で、
長身でおキレイなんですけどざっくばらんで、
なんとも楽しい講義でした。

わたしも、少し前までは、貯蓄預金の方が普通預金より利率が…なんて
こまめに預け替えしたりしてたんですけど、
だんだん金利が下がったせいで、そのへん無頓着になってたんですよね。
だけど、お金はそのまま寝かせておかずに働かせなくちゃね。

…ってことを思い出しました。

ライフプランに合わせたお金の準備、というのも、
結婚当初は考えたりしたのですが、
あの頃は子どももいないし、何を考えたらいいのかわからなかったんですよね。

ああ、5年くらい前から考えておけばよかった、こういう話。

知らない分野に目が開かれましたし、
まだまだ勉強することはたくさんあるなあ、と思いました。

安心で、豊かで、サンフレッチェを気兼ねなく応援に日本全国どこまでも行けるような(←そこかよ)、
ゆとりのマネーライフ、お勉強して手に入れたいものです。

伊藤夕子さんのブログはこちらです。


AD

おいら、いったいどこ目指してるんだ・・・・?


そも、「パートとか派遣とかで、少しでもいい条件でもぐりこみたい」という動機と、

「たった今就労するのは、時間的にも気持ち的にも体力的にも無理っぽい」という状況で、

簿記3級くらい、勉強してみっか、ということにしたはず。


ところが、思いのほか簿記って奴がおもしろくって、

学び始めた一ヵ月後には2級講座を前倒しで申し込み。


それは、「だって、この上をめざしてるんだもん!」という気概と目的意識を構築する要因となり、

結果、簿記3級余裕の高得点合格と相成る。

いや、何点でもいいんだよ。受かれば。


さて。

そんでもって、

早期申し込みはお安いですよ、という言葉と、

どこかしら功名心と、やっぱり知識欲が、


今回の1級受講申し込みへと繋がったわけであるので。



教科書と、問題集の一部、見た。

3級2級と違って、なんか「大学の教科書」テイスト。

これ見せたら、びびっちゃうんじゃない?みたいに簿記の先生が思ってるのが

感じられたけど、こんなもんでびびるもんか。・・・・・・・いや、いや、ちょっとびびった。

げー、こんなの理解して頭に叩き込めるのー??????


でも、でもですよ。


それが成せたら、あたしには専門知識がつくのだ。

なにもないあたしに。(ワードとエクセルの資格と大卒って肩書きはあるがwしょぼっ)

なにもないことが、コンプレックスであるあたしに。


実は、何になりたいわけでもない。

何がしたいわけでもない。

オフィスワーカーになりたい、という希望はあるけれども、

「この仕事ならできる」「この仕事がしたい」

そんなものは、ない。てか、知らない。

むしろ、やらせられれば、たぶん飲み込み早く、だいたい何でもこなすタイプのはず。

つくづく中途就業向きじゃないね・・・。


そんなあたしに、目的もなく、それ自身が目的の簿記1級挑戦は、もしかしてぴったりかもね。


なんて思った。

公認会計士を目指すわけでも、税理士になりたいわけでもないのよ。


でも、あたしの資質、やる気と、吸収力と、本気加減をわかってもらうには、

これが取れたら、なによりじゃないかしら?

実際、正確がずさんだから、経理とかできるかどうかは自信ないのよ。

でも、適性なければ、合格しないはずよ・・・ね?(ああ、だれかそうだと言って!)



でも、とりあえず勉強だ。

勉強だ。


子どもも、勉強する母の姿を見て、きっと自分たちも勉強してくれるはず・・・・・。


でも、子どもに勉強させるために、自分の勉強に投資する母親、ってのもつくづくヘンだわね。





まずは、11月の2級で合格します。

宣言よ。ふふっ。



右手のサイドバーの、テーマリストのまんなからへんに、

『簿記3級学習記録』

というテーマが加わったのを、気がついた方はおいでだろうか?


自己満足で加えたので、別にそれはいいのだけれども、

わたしは春から3級の学習を始めて、6月に取得、

今は2級の学習に突入している。あさま山荘突入せよ。←それ違う。

(そうそう、更新されているのにトップ記事は変わってない、という場合、

過去記事の簿記3級学習記録を加えていることが多々あります、今のところ)


で、11月に2級取得のため、日々学習しているのだけれども。


その先。


1級の学習を続けるかどうかで、考えている。


3級はほぼ満点で合格していて(一問4点落とした・・・くやしー)、

2級も楽しく学習しているわたしを見て、担当講師の方が、


「どうですか?早期割引もありますし、1級勉強申し込みませんか?」


と、誘惑する。


学ぶか学ばないか、といえば、そりゃ学びたいさ。


おもしれーもん。


お金は若干かかるけどさ。


でも、学び続けるということは、

就業の時期を遅らせるということになる。


ハローワークで春に相談したときには、

「資格もいいけど、まず早く、短時間就労でいいから、就職なさい」

というお話だった。

それは、わたしの「40越え、経験乏しい」という条件からのアドバイスだった。


それを振り切って?簿記3級の勉強をはじめて、

順調に進み、2級まで取得する気になっているわけなんだけど。


それはもちろん、3級より2級の方が、履歴書アピールできるからでもあり。

そして、同時に、簿記がおもしろいからでもある。


簿記の習得は、間を空けないのがベストだ。

2年も空けてしまったら、もし2級取得後でも1級の学習はそのまま開始できないほど

忘却しているという。

2級学習している今が、チャンスだという。

それは、3級学習して2級やってる今、なんとなくわかる。

学習機関の講師の営業トークではないと思う。

(営業ではないが、あの講師さんは実際簿記が好きなんだろうと思う)


1級勉強しようかなぁ・・・・。


12月に簿記2級を取得した41歳2ヶ月のあたしと、

翌年7月に、簿記1級を取得/学習済み(受かるとは断言できないなw)の41歳10ヶ月のあたし。


会社はどっちを採用したいと思うだろうか。


いずれにせよ、就職はまずパートからなんだけど、

じぶん42歳、下の子どもが中学に入ったら、いずれいずれ正社員を念頭に置いて

就職を考えるつもりなのだ。


そんなときに。


6ヶ月ブランクを長くしてまで、取得するような有力資格か?と言うと、

そうでもないような気もしないでもないが、

継続しているメリットで6ヶ月で取得できたら、そりゃありがたい。

そして、興味もある。

面白いんだよ会計って。まだ端っこかじっただけだけど。


自分の特筆すべき長所をあえて言うならば、

やはり知識の多さと幅はあるだろうな、と思う。

就職でも、そこを評価してくれる場所にいけたら、

それは就職させてくれたところにも自分にも、

いい仕事で報いることができる場所なんだろうと思う。


そんな時、そんなに誰でも持ってない知識を資格で証明できたら、

そういうアピールになるよねぇ。ならないかなぁ。


担当講師のひとは、

「せっかくなら、言われたことをただやるだけじゃなく、

中身も意義も理解して、場合によっては軌道修正できるだけの

実力を発揮できる仕事したいじゃないですか?」

なんて言ったんだけど、

それって、40歳就職経験乏しい既婚女子のあたしが望んでいいことなんだろうか。



でも、もう、早期割引申し込みに向けて、

頭の中で残高勘定しているあたしもいるんだわ。


どうしよう・・・・・。


悩むわぁ。

先日合格証が送られてきた。

宮城マスター検定2級。


1月に取得(笑)した3級は、ぺらぺらの紙カードだったけど、

今回のはちゃんとプラスチックのカード。


筆記は持ち込み限りなく可らしいし、

わたしの受けたWeb検定は、全問回答制限時間はあるものの、

検索可なので、


はっきり言って、ぬるい検定である。

これでどうやって落ちるのだ?特にWebの方、と思うくらいぬるい。


それでも50問中、1問間違えた。

降雪量の問題か、漁獲量の問題だろう。


観光地や歴史、特産物の問題は、

はっきり言って、県でもアピールしたい事柄なので、

きっぱりWebで見つかる。

問題中のキーワードをスペース区切って検索。

或いは4択の答えをそのままひとつずつ検索。

さくさくひっかかる。

名称などはイメージ検索で一発だ。


それでも、その問題を解く作業にて、

県内のさまざまな事項に触れ、

問題ではじめて知ったことがそのまま知識の蓄積になる

(ex.志津川湾のタコ)ことは、もしかして、この検定の企画者の

意図なのかもな、などと思った。


仙台市内、県内宿泊施設やレストランの割引が

このカードで受けられるという特典もあるし、

Web検定は全国どこででも受けられるという利点もあるので、

興味のある方は挑戦なさっても一興。

ふるさとに思いをよする宮城県出身者の方や、

ベガルタ仙台を愛する遠方サポの方などいかがかと。


自分、ひろしま通検定にも興味あったんですが、

あっちの方がうんと難しいわ。




軽めに祝杯。

今日、春から挑戦してきたことの合格発表があった。


合格していた。


履歴書には書けるけれども、まだまだ小粒の資格で、

実はその上位資格まで目指している。

(その先はその先ですな)


だから、どーってことない一段の階段だけど、

氷結果汁ストロングで乾杯した。


うめー。


調子に乗って、トントロを塩で焼いてエリンギ添えて、

鶏肉をにんにくダレで漬け込んだの焼いて新たまねぎのスライス添えて、

新じゃがの大きいのを拍子に切ってゆでてフライドにして、

スナップエンドウゆでて、

蒸しベビーホタテにわさび醤油、

笹かまにプランターからのシソ添えてやっぱりわさび醤油、


・・・とすっかり酒のあてみたいな夕食にしちまったよ。


息子たちはうまいうまいと食ってくれた。

更新頻度が落ちているのであります。

それは、相変わらず、いろいろやってるからであります。

6月にいっこ資格試験受けます。

しょっぼいの。

でも、いままで触れたことない方面の。

電卓叩いてます。

そう、たぶんご想像通り。←2008.7に公開開始しました『簿記3級学習記録』に詳しく。


サッカーのお世話で、土日はぶっつぶれる。

そこに持ってきて、水曜日も平日に練習が入った。

お世話役の相方は、ひとつも仕事をしてくんない。

就労?無理無理無理。

子どもの参観日もやっぱ行ってやりたいんだよ。


でも、このまま一年を子どもとサッカーのお世話にまみれてただ暮らしたら、

あたしはきっと、このスポーツ少年団を憎んでしまう。

自分がただただアンラッキーだった、と、

割を食ったと、

そう呪詛しながら一年暮らし、

一年を経た後一年余計に年取った自分を見つめて

ため息をつくだろう。


だから、忙しいのはもちろんだから、それだけでなくそうと思った。

自分がうまく使われている口惜しさをかみ締めながら、

その分勉強するのさ。


11月にそのまた上位資格を取るところまでは計画中。


あがいてあがいて、気がついたらレベルがあがってる、そんな人生希望。

受けてきました!


わたしにとって、この講座は正確には二回目。

同じ講座を受けてどうするの?という気持ちもあったけれども、


受けてよかった・・・・。




これは、とりあえずのアップです。

感じたこと、思ったこと、いろいろたくさん、書きたいことは山ほど。

でも、ここで書くには、アサーティブの説明からしなければなりませんね。

なので、のちほどゆっくり補完します。


たくさんのひととの出会い。

名残惜しかった。

だけど、きっと、つながるひととはまたどこかでつながっていく・・・


そう思って、とくに連絡先などの交換はせずに帰りました。

いや、自分から働きかけるのが苦手だからかな?

ううむ、これが今のわたし。


前の講座を受けたときの、7年前の自分から考えると、

ものすごく成長した自分を見つけることができました。

だから、今はこれでもいいと思えるのです。


MOS Word 2003

取りました取れました。

わははははははは。


間違ったと思われるのは一問だけ。

どこが間違ったかは、自分でもわかってる。

この問題文、どこまで指示してると考えるべき?って迷って、

そんで選択したほうが間違ってたんだな。


久しぶりの試験で、しかも相手は機械様。

こっちが汗でマウス滑らせたって、情状酌量は効かない。

それだけに、緊張した。


だけど、こんなところで緊張したり満足してちゃ、だめよん、って思うの。

もっといろいろできるひとにならなきゃね、てか、なりたいの。


あさってからは、OAオペレータな日々です。

資本貯めて、また勉強したいの。

次はExcelね。