Jヴィレッジまで行ってきましたよ。

なにそれそのマニアックぶり。

そのためタイトな時間割で、先週末のF東京戦の話ができませんでした。


サンフレッチェ広島ユースvs横浜Fマリノスユース。

予選リーグ3日目で、勝たないことには決勝トーナメントへは進めません。


ユニ着て、声出しやってきましたよ。


風はあるけど、蒸しているピッチ。
建物の一番近くのピッチでした。
そしてそのへんにいるわいるわ、さまざまなチームのユニの方。
湘南、セレッソ、鹿島にジュビロ。楽天、じゃない神戸、京都。
見慣れないエンブレムだなあ、と思ったら横河武蔵野(これは関係者かな)。
平日でこれだったら、土曜日曜はもっとすごかったんでしょうね。
みーんなマニアックだなあ。
…もはやひとのことは言えないな。


試合の内容は…、
攻め込んでる時間帯に決め切れなかった、それにつきます。
シュート数も3倍近く打たれていたけど枠行かないものも多かったし、
失点するまではよく耐えて、狙ってもいたと思います。


マリノスユースはうまかったと思います。
いやらしいところにパスが出るし、足はえーし。


こちらは宮本くんがよかったように思いました
(ってのは、攻め込まれていたことを如実にあらわしていますね)。
ま、わたしの場合は、「えーと、この子は誰だ?」から始まるんですけどw


結果は0-2での敗戦。

だんだん陽が翳って、低い雲がたちこめてきましたけど、
なんとか雨に合わずに済みました。

試合後、GKの大森くんが泣いていました。
ひたむきなプレーを見てた後だから、こっちもぎゅん、としてしまいます。

帰る前に、森山監督にお会いできました。
陽に焼けた顔に深い笑いじわかっこよす。


ひたむきなユースの選手のプレーは、見てるひとに感動を与えてくれます。

いやこれほんと。

嘘だと思ったら一度みてごらんなさい。

応援してよかったって、ものすごく思ったよ。

AD
お互いのチームのよさを出しつつ、
集中力を持って跳ね返し続けた試合と、
がつんがつんごいんごいんと点の入る馬鹿風味試合とが
90分間に同居してるゲームだったように思う。

例によって例のごとくスカパー観戦。

ミキッチ戻る。
ベンチに高萩、盛田、そして下田。

ミキッチがいるとCKが取れるなあ、とあらためて。

相手は巻がベンチスタート。
それからCKのキッカーが深井だったのでちょっと驚いた。
前からそうだったっけ。

福元って黄色似合わなくない?

千葉に柏から新加入の太田が、がしがし右サイドを駆け上がっていく。
森脇がケアしきれてないんだ。
ここ抑えないと、なんかイヤな感じ。

槙野のイエローはひやっとした。
ちょっと審判の基準がわかんない感じだったから、
赤でも出されたらおおごとだと思って。
でも次節出停。

シュートは打ててないことないけど、
ストヤノフのロングボールも悪くはないけど、
きちんと守られてる。

いいところはあれど、 欲 求 不 満  。

そんな前半だったのだけど、
後半早々、自慢の波状攻撃から寿人先制!

アドバンテージをふいにされつつ手にしたFKを、
ストヤノフが決めて2点目。

ストヤノフのおつむをかいぐりかいぐりする槙野。

オレもやるぜ!みたいな表情の柏木。いいね。

深井にボールが渡らないのはいいこと。
そして、前半結構怖かった太田にもボールが回らなくなる。

交代 高柳→高萩。
高柳は担架でピッチをでる。心配。
そして千葉も太田→益山。
後半は存在感が薄れたとはいえ、怖かった太田が下がって
わたしはほっとする。

さらに交代 ミキッチ→盛田。

80分あたりから、千葉に押し込まれていく時間も増えるけど、
盛田さんの堅実な守備が相手の好機をつぶしてゆく。
そして中林の好セーブ。

ロスタイム直前、柏木→リ ハンジェの交代。
これは、次節出停のミキッチのかわりにハンジェが出るとして、
試合慣れさせとこう、という余裕の交代かしら、と思ったのは
ほんの一瞬のことで、

クライマックスはそれから訪れたわけ。

ロスタイム。
相手DFがクロスの扱いをぞんざいにしたところを、
ハンジェが、するりと、なにげないように思えるほど
しなやかに体を入れ替えて、落ち着いてシュート。
綺麗に決まって3点目。

おおお、完勝、とおもいきや、
千葉の工藤のシュートが青山に当たって、おもしろくないコースに
いってしまったことからの失点。
バーに当たったのが、見事にゴールに跳ね返りこんでしまった。

あらー。3点差くらいでないと、完勝とは言えないわねー、なんて
思ってたら、今度は青山が、ひとり波状攻撃で見事なゴール。
GKのセーブの跳ね返りを再度シュートなんて、ふかしてしまうシーンは
良く見るけれども、ほんとにこういうシュート、青山はうまいと思う。

てなことで、4-1。
負けたら残留争いへの参加すら危惧されたゲームを
しっかり勝ち切って、サンフレッチェ広島堂々の6位浮上。

さーて、次は、ミキッチと槙野が出停でのF東京戦。

6位浮上とはいうものの、今節勝利した山形が降格争い圏内から
11位まで上がってきているし、やはり全体的にカオス。
ひとつひとつ取れる勝ち点を確実に取っていきたい。
そして最終的に笑いたい。
それが、できないことはないクラブだと、そう思った今日の試合だった。
AD
前半 スカパー観戦。

出だしはレッズが優勢だった。

しかし、前半6分
左からの柏木のクロス、体勢を崩しながらの寿人のシュート。
J1J2通算100ゴール目が決まる。

そこから一気に広島のペース。

寿人がカンペキに裏を取ったシュートはポスト。
アオの素敵パス→寿人シュート→GKセーブ→こぼれを槙野→トゥーリオクリア、の流れは
決まってたら、ほれぼれするようだったと思う。

最初はレッズの応援しか聞こえなかったのが、
20分くらいだったろうか、ヒロシマナイトがはっきりと聞こえて。

前半も終盤には、怒涛の攻撃。
ここで一点決めていれば、というのはもはや繰り言。

後半 NHKBS観戦。録画はスカパーでしたので、
見るのははじめからBSにしておけばよかった。画がきれい。

柏木くんの、どフリーなのに当たりそこない。
あれがもしかして、この試合の象徴的なシーンだったのかなあ、と。

追加点が、遠い…。

今日の中林くんは素敵。

交代 楽山→橋内

某所を見ていてついた先入観のせいか、
楽さんっておっかない、と勝手に思ってたけど、
原口に抜かれたところくらいしか怖いところはなかったと思う。
でも、相手にとっても、怖いところはなかったと思う。

その橋内は、右サイドで攻撃の起点になろうとはしていた。
対人プレイがちょっと荒くないかしら?

さて。
エジミウソンに一点返されたら、レッズに勢いが戻ってきてしまった。

攻守ががしがし切り替わる、展開の早いサッカー…
だったんだけど、その理由は、中盤がスカスカだったから。
気がつけば柏木→丸谷の交代があって、中盤でボールがまったく
納まらなくなってた。

PKがポストだった時には、ツキはまだあるかな、と思ったし、
これは走り勝った方が勝つな、と思ったから、
うちにもまだ分があると思ってた。

交代 丸谷→平繁

機能していなかった丸谷を下げて、点を取りに行く采配。
しかし、右サイドが原口をケアしきれなかったことから
ファールをとられて、そこからのセットプレーで失点。
またもやエジミウソン。

セットプレー弱い気がするのは、気のせい?

ロスタイムは5分。

平繁のファールは、ちょっと納得いかなかったけど、
平繁自身が、もっと力み過ぎずに、ゴールをあげてジャッジを見返す、っていうのが
シナリオとしては一番いいように思ったんだけどそうもいかず。

1-2 

悔しい逆転負けでした。
走り切れなかったわけじゃなかった。
どっちもスタミナは同じように切れてきてた。
ただ、苦しい時間を耐えきれなかった。
辛抱できたレッズが勝った。
そういうこと。

どうして柏木を下げたのかな。
どこか故障?それだと困るな。

これで、「上位に食い込んでいこう」となかなか口にしがたい順位に
なってしまったような気がする。
だけどまだ、リーグ戦前半が終わっただけじゃないか。

ああ、惜しいシーンがひとつでも決まっていたら。
「たら」とか「れば」とか、無意味とはわかりつつ言いたいような、
そんな試合でありました。

それから、レッズの勝利後の歌をはじめて聞いたんだけど、
壮観だねえ。
それも悔しさに拍車をかけてる。

勝つこと以上の薬はない。
勝ったらすべてがOKではないけれども。

内容はよかった…時間帯もあったことは否定しないけどね。
ううんむしろああいうのすらなかったら。
だけど、完敗だった京都戦より悔しさは大きいな。
なんでだろ。そういうものなのかな。
相手が浦和だから?あの歌聴いたから?


現地の皆々様、お疲れ様でした。
PKが外れたのは、絶対皆々様の中林コールのおかげだと思っております。


そして、山形勝ったわー。
残留してほしいけど、広島からは勝ち点はあげられないな。
西河くん先制点上げてる。


あ、磐田戦のこと書いてないのは、
まだ見てないからです。
スカパーを家人と取り合って、じゃんけんで負けたんで、
先週見られなかったんですよ。録画したっきり。


それと、コメントのレスが滞っててすみません。

実はピグ。

実はピグなどはじめまして。


アバターくらいつくっちゃおうか、とか思ったら、

意外と面白くもあり。

ま、金銭かける気は

さらさらないんすけどね。




でも、最も自分が気にいってる行為は・・・








自分のお部屋で、「かなしい」の動作をさせて、

ぽろぽろと泣かせてみること。













実はかなしいねん。

実はさみしいねん。





ナイショやで。





って、こんなところでナイショいうたかてwwwwww

って、なんで関西人になってんねん。

だれか突っ込んだれや。