仙台でこんだけ暑いんだから、京都はいかほどか。


今日もスカパーでテレビ観戦です。


さて。


おもしろきこともない試合をおもしろく。


…書ける気がしねぇや。


・兄弟で両方キャプテンなんて、キャプテン兄弟の親御さんは
立派なんだろうなあ、と思う。
わたしはキャプテン萌えなんだ。
ひっぱってってほしいの♪


・現地は風もなく、暑そう。
そのせいなのか?すべてが後手後手の印象。
パスがつながっても、決定的なシュートにいかない。


・むしろパス交換とはそんなに関係ないところから
決定的なシュートが打ててるんだけど、
そいつは相手GK水谷がことごとくいいセーブを。


・かたやうちの中林は…。
いいキャッチもあった。
けど、一点目はどうしようもないとしても、
二点目のポジショニングは残念だ。


・前半のミキッチはよかった。
でも、余計なカードもらうのやめてー。
そして、クロアチアの気候は知らぬが、
この気温で最後までそれ続くの…?←続きませんでした


・後半直前、中林選手が先輩に挨拶しに行きましたね。
市船の絆でしょうか。


・後半から、なんとかいい回し方もできてきた矢先に、
二点目の失点。
あれは、本当に気持ちをくじくが如く。


・「ボールをもたされてる」って何度も解説や実況が言ってて、
そんなハズないもん、このまま攻めるんだぜー、って思ってたけど、
終わってみたら、そういうことだったのかもしれない、などと。


・中島が何気に飄々とよかった。
今日みたいな日はいっそのこと、ああいう見た目涼やかな選手ばかり使ってみるのはどうか。中島、高萩、服部、篠原…あ、選手足りない。


・暑さに弱いとか言ってたら、この先どうするんだよう。
でも、ナイトゲームになるもんね。早くナイトゲームにしておくれよう。
でも、確実に判断のスピードは落ちてた。
相手を舐めてたとか、気持がなかったとか、そんなことはないと思うし
思いたいし。
でも、確実に、一瞬一瞬遅れてて、ボールの精度も落ちてたと思うの。


槙野が足でボール挟んで持ってこうとしたヤツ、あれ、ダメなの?危険なの?


てなことで、0-2.

テレビからの情報だと、柏木陽介は脛を蹴られたとのこと。
盛田剛平は、ふとももの裏に、ぴりっとした痛みが走るとのこと。
陽介はともかく、剛平さんは心配です。


AD

映像がある喜び!
試合がある喜び!
長文になるだろうご容赦賜わりたく候。

てなことで、本日もスカパー観戦です。


スタンドのあちらこちらでうちわぱたぱた。蒸し暑そうね


実況がやけに初々しい気がする。


1分。高萩→服部 服部のクロス気味のボールが相手DF北本に当たってOG。
(服部の得点に訂正されました)


冴え冴えとしたサンフレッチェのパス回し。
これですよこれ。これが見たかったの。


ミキッチ→服部→アオ→高萩シュート!
ミキッチ→槙野シュート!
どっちもよかったけど相手GK榎本好セーブ。


ミカが持つと、PA付近に紫の選手がうわーーーっと入ってくる。


大久保は、早い。


高萩が切れまくり。冴えてる。
寿人より前目にいたりする。
狙ってる。


その寿人には、前でボールがおさまらない。


寿人こそが広島のストロングポイントであるわけで、
「ストロングポイントをつぶす」と公言していた神戸が
寿人をケアするのは当然の話。


しかし、中盤でのボール奪回力はさすが。
寿人は前だけの選手ではないよ。
動きのうまさとボディバランスのよさに目を奪われる。


相手GK榎本頑張りすぎ。


サンフレッチェのパス回しの凄さは、
瞬間の判断の速さだな、と思う。
パスを受けるときには既に、どこに出すかのイメージができてるんじゃないかと思う。


榎本頑張りすぎ。


茂木もいい。前へ前へと突き進む感じ。
怖いね。


柏木くんの根性のボールキープもいい。

前半終了間際の高萩→槙野シュート!決まる。

2-0.

ここで試合は決まったと思ったんだが。



後半の始まる前に、円になってずっと話をしている選手たち。
意志の疎通いいねえ。
イメージの共有。コミュニケーション大事だよ。
このチーム、強いんじゃないか?


などと思いつつの後半開始直後。
攻め込まれてるから嫌な予感がしたんだけど、
フリーキックから、ミキッチのPAエリア内での不幸なハンド。


PK。大久保嘉人。決める。


イヤな予感継続のまま、そのまま攻められて、


う。石櫃。同点に詰め寄られる。


ポゼッションできん。
跳ね返されるもどかしさと、つなげないもどかしさ。
さりとてロングボールも収まるわけじゃなし、
ちょっと落ち着いてほしい感じ。
そこを落ち着き払ってプレス掛けてくる神戸。
老獪?平均年齢いくつよ?


ままならぬミカの険しい表情。


なんとか動きがらしくなった後半半分あたりで、
これもアンラッキーに、水を含んだピッチで盛田が足を取られ、
そこに茂木が落ち着いてGKとの一対一を決める。


勝ちこされちまったぜ。


さてそこで、盛田→高柳、とDFのコマを減らして、
攻撃的選手を入れる…と。
これは、「行きますよ~~~」ということなんだけど、
「守れませんよ~~~~」とある意味同義で、
おもしろいけどちと怖い。


一対一のコンタクトが激しく、カードも出る。
神戸に4枚目が数名。次節の浦和のアシストしてどうするよ。


ミカ→平繁。


さて。ここで一身上の理由でわたくし試合に集中できなくなることをご容赦つかまつれい。

とかなんとか言ううちに、

よーすけ、よっしゃ!

そこで勢いづくのが我らのサンフレッチェですよ。


高萩のクロスよっしゃ!


そして、そこに居た寿人よっしゃ!


やっぱり前で、いいところにおるんよ寿人は。


後は時間をつかうばかり。
恐ろしい位置でフリーキックを取られちゃったり、
ハラハラしたけど、きっちりこなしてタイムアップ。


4-3.勝利。


4-3は燃えるね。
もうね、馬鹿みたいだよね。
どんだけ何の気なしに点取られてるんだよ、ってね。


点取られてしょぼーん。
点取ってイケイケ。
君たちは小学生ですか、って思っちゃうこの可愛らしいサンフレッチェっていうチーム。


あー、勝ててよかった。
ひやひやするわ。


そして、毒舌冴えるよーすけの
「誰が決めたかわからんようなゴール」。
これ。キャプテンの99点目になんということを!!!



AD

次は負けない。

テーマ:

ナビスコ敗退したサンフレッチェですが。

いや、タイトルはその話ではなく。

簿記1級試験受けてきました。

完膚なきまでの轟沈。

次回123回試験。必ず取ります。

勉強してないのは明白だけど、

やけに悔しいのであります。

AD