雑誌を読みふけっても、

ネットを徘徊しても、

それは、


自分の中の切れ端を再確認しているのにすぎない。


断片をかきあつめて、

それで満足する癖。


それではいけないと思いながら、

簡単に情報のカケラを手にしてなにごとか手に入れた気になっている。


ほんものはどこだ。


ほんものはどこだ。


ほんものは、自分が噛み砕いて、消化して、身につくもの。


それはわかっているはずではないのか。

わかっていても、この、無数の光が点滅を繰り返すモニタの前から

離れられない。


間違っている。


わたしのなかの何かが、ソレは間違っていると忠告しているのに、

わたしの脳神経は、電気刺激に浸って、ただ、疲労していくことを選択する。


これは、自虐的自嘲的告白。



そんなことで、コメントレス少々ご勘弁。

maiさん、了解しました。


それとカラオケでポリリズムを歌った。

すこし振りもつけた。

後悔はしていない。




AD

強くなりたい。

受け止められるように。

聞いてあげられるように。


強くなりたい。


拒絶できるように。

突き放せるように。


強くなりたい。


自分を守ること、

家族を守ること、

正しいことを正しいと言うこと、

間違った関係性から身を引くこと、

自分を傷つけるものから、距離を置くこと。


そういうこと全部、強くなくてはできないね。

AD

携帯ショップ行って、漫喫行って、モスバーガー喰らって、

バーゲンだったスキッパー二枚買って、晩の買い物して帰った。


漫喫ではマッサージチェアに身をゆだね、ソフトクリームをなめながら、

主に雑誌を攻めた。

恥ずかしくて買うことができない日経うーまんとか、

重くて買って帰るのが嫌なヴぇりぃとかすとーりーとか(そのくせあたしの身の丈には合わぬw)

(でも覗いてみたいせれぶのお暮らしおほほほほ)、

日経つながりでエンタティンメントとか、

立ち読みももちろんできない(オトメですもの)週刊現代と週刊ポスト。

あーそれからバガボンド。雑誌じゃないけど。


雑誌ってさ、読みたくなるんだよね。

なにか、あるような気がしてさ。

ここではないどこかへ連れて行ってくれるような気がしてさ。


本当は、本や、漫画の方が、ここではないどこかへ連れて行ってくれるんだけどさ、

あたかも、より手軽に連れてってくれるように見えるのが雑誌なんだな、と思ったり。


ネットをさまようよりも、いいこともあるかもね、とか思った。


実際、なにをしたか、なんだよな。

自分の場所を決定付けるのは。


などと、情報を試食しながら、思ってた。


で、旬もののトップスを探そうと思って入ったカジュアル服屋で、

ふつーのポロ買ってるし○| ̄|_


でも、これだー、ってものが見つかったら、買ったほうがいい、のは本当だと思う。

あたしの場合後から似たような、でもちょっとヘンなものを買ってしまうことが多いからなー。

本当に着たいものだけ着ようと思うのよ。


モスバーガーのえびかつバーガーはわたしにははずれ。

いつもの海鮮かきあげライスバーガーにすればよかった。


あさってから、次の資格取得の勉強が始まる。

たぶん、楽じゃないぜ。

でも乗り越えれば、あたしの行ける場所を広げてくれるんだ。


しあさって、おうた遊びの計画も入ってるんだけどねw




軽めに祝杯。

今日、春から挑戦してきたことの合格発表があった。


合格していた。


履歴書には書けるけれども、まだまだ小粒の資格で、

実はその上位資格まで目指している。

(その先はその先ですな)


だから、どーってことない一段の階段だけど、

氷結果汁ストロングで乾杯した。


うめー。


調子に乗って、トントロを塩で焼いてエリンギ添えて、

鶏肉をにんにくダレで漬け込んだの焼いて新たまねぎのスライス添えて、

新じゃがの大きいのを拍子に切ってゆでてフライドにして、

スナップエンドウゆでて、

蒸しベビーホタテにわさび醤油、

笹かまにプランターからのシソ添えてやっぱりわさび醤油、


・・・とすっかり酒のあてみたいな夕食にしちまったよ。


息子たちはうまいうまいと食ってくれた。

そこだけみんな、着ているものが違う。

そこだけみんな、歌っている歌が違う。

そこだけみんな、沸きあがる瞬間が違う。

ひとつのゴール、あっちとこっちでは対照的な出来事。



そんな、ビジター席或いはアウェイ側。


仙台に住んでいるのに、普段は自由席南参戦が多いのに、



8月10日は、ビジター席のお客さんです。



紫の誇りに身を包み(背中にHISATO11だぜ)、

見よう見まねのチャントを歌い、

周りに飛び交う広島弁にまみれます。


てか、みんな来てよね。

でも大丈夫よね。

サンクスで夕方に買ったのだけど、「残りわずか」だったわ。

みんな偉い。

牛タン食べて帰ってね。

勝ち点持って帰ってね。


家族とは当然別行動なので、

肉食ってビール飲んで応援だ。


うっかりベガルタのゴールに喜ばないようにせねばw


ト/レ/セ/ン

表題は検索避け。

機能するのか?


さて、下のムスコが、団からの推薦を受けて、セレクションを受けることになった。

昨年までは、推薦を受けたら即ト/レ/セ/ンメンバーだったのだが。


団によってレベルがさまざまだし、ある団にいい子がいっぱいいた場合、

セレクションで絞ってくれるなら推薦だけさせてもらおう、ということもあろうと思うので、

三番手四番手の子にチャンスがめぐってくるのはいいことだと思う。


昨年は、自分の運動能力にあぐらをかいて、

自信たっぷりだったのに、ト/レ/セ/ンの推薦もらえなくて

半べそかいてたムスコだったけど、今年はかろうじてひっかかったらしい。


高学年が少なくて、公式戦でも練習試合でもなかなか勝てない息子たちのチーム。

セレクションに受かって、高いレベルでの練習ができたら、

自分の中でのモチベーションも上がるのではないかと思うのよ。


別に本気でサッカー選手になれるなんてあたしは思ってない。

だけど下のムスコは運動神経だけはいいので、努力しないでストライカーであることが

あたしにはちょっと気になるのだ。


上へ、上へ。


貪欲に伸びて欲しい、と思うのだ。


(ちなみに上の息子は、他の競技をさせるとすぐわかるんだが、運動神経は並程度。

それなのに、サッカーではそこそこでいられるのは、ひとえに「好き」だからなんだろうな。

下息子の運動神経と、上息子のサッカー愛がひとつのからだに宿れば、それはたいしたものなんだろうけど。

しかし、そうはならずに、ふたりはふたりの配られたカードでやっていくのだな。

残念ではないかねw

まあそれは、あたしを含め、みんなおなじことではあるのだが)

色気づいたムスコが、ジーンズを欲しいと言うので、

買い物に出かける。

部活が忙しく、弟もサッカーで忙しいので、なかなか家族で出かけることもないので、

今日は、「なんでも好きなものを食べさせてあげよう」の日にしたら、


にこにこして、


「パスタとー、ケーキとー、アイスクリーム♪」


だそうで。


おまえは「スイーツw」かよ。


は、ともかくとして、そんなに食えるのか?


と思ってましたが、食いました。

イタトマでパスタ、セットでケーキ。

サーティーワンでトリプル。

おまけにミスドがおみやげだよ。


甘いものに関しては食欲旺盛で、まったく太る要素のない彼。

うらやましい限り。


でも、ジーンズがどれもこれもぶかぶかで、

選ぶのに苦労しましたw


痩せすぎなんだよ!

かかと落とし。

これ 読んで、


当時4歳だった下息子が、「かかと落とし、かかと落とし」などと覚えてきて言うので

(当時仮面ライダーアギトをやっていて、

その中に出てくる仮面ライダーギルスの技のひとつが

このかかと落としであった)、


つい出来心で軽くかかと落としを食らわせてしまって、

思いっきり泣かれたことを思い出した。


結構威力あるんだよな。

知らなかったんだ。



その後、仮面ライダーでかかと落としが出てくると、

しばらくの間、涙目でにらまれた。





きた。

ほんとにきたぞ。

飛ばしじゃないぞ。


リンクだぞ。J's Goalだぞ。


よかった。


繰り返すようだけど、あたしは佐藤寿人が一番好きな選手で、

J2に共に沈んでくれて(でも、エースが活躍できなかったからチームが沈んだというのも

否めないことなので、あたりまえっちゃー当たり前。

でも、選手生命短いサッカー選手個人の選択としては

もっとドライな行動こそ当たり前なのだ。駒野を責められないとあたしは思ってるよ。

ま、移籍したからって、そこでフィットするかどうかは未知数なんだけどね)、

それにより、代表から遠ざかることは誰もがわかっていて。


今、思うように点が取れないのは、

J2という場所で、エース級の選手はあまりにもがっちりマークされてしまうことと、

オフサイドをきっちり見てくれない審判の質の問題があるとあたしは思ってて。


まずチームだ。

もちろんチームだよ。

水戸だって今やまったくあなどれない。

寿人抜きでもぜんぜん平気とか思わない。


でも、代表で思いっきりやってきてくれれば、

また、J2の日々も越えていける力になると思うんだ。


ああ、うれしい。

やはり火の無いところに煙は立たないのだな。