3のつく数と3の倍数でアホになり、

5の倍数でエドはるみになる



・・・・というネタを風呂場で練習してるんですけど、

披露する場所がどこにもありません。

AD

我那覇選手のドーピング疑惑が晴れたことについての

Jリーグ側のコメントを新聞で読んで、


おかしいでしょ!


と思った。


いろいろおかしいところはあるんだろうけど、

あたしが「???」と思ったのは、

川崎への制裁金を返す必要がない、とかいう話だ。


勘違いで罰しておいて、

それが罰するようなことじゃなかったのに、

罰したことについては訂正なし?


非常に身近な話に置き換えちゃうと、

息子がテストで酷い点を取ってきたので、

お小遣いを取り上げた。

だけどよく聞いてみれば、それは習ってない範囲のテストでできなくて当然。

それを知ったにもかかわらず、親はお小遣いを返さない。


あるいは、

浮気を疑ってダンナからお小遣いを取り上げた。

でもそれはまったくの誤解。

誤解解けても妻はお小遣いを返さない。←うちではこんなことはなくってよ。上の話ならありうるけどw



おかしくないかー?

おかしいだろー?


CASの裁定の解釈については、原文がないからわかんないけど、

これもなんかへんな気がするね。


我那覇選手への募金、金曜までらしい。Jリーグ選手協会特設ページ

あーっ、それって明日じゃんか。

間に合うかなぁ。


あ、こんなのもみつけた。ちんすこう だって。

買いたいなぁ。


どうでもいいけど、はじめて「我那覇」って打った。

すごいかっこいい名前だなぁ。





AD

修学旅行生。

昼前のクリスロード商店街の交差点で、

牛タンの利休に行こうとして迷っている

修学旅行の小学生の一団に遭遇。

山形県から来たそうな。


「あのー、すみません、牛タンの利休ってどこですか?」


牛タンの利休は、確かあっちこっちに店舗があるはず。

一体、どこの利休に行きたいのかがわからないので、

地図を出させて確認する。

あー、ここ、位置的に通り過ぎてるじゃないか。

逆方向にしばらく歩いて左側を良く見るように指示してさようなら。


昼飯を簡単にしたためようと立ち寄ったKFCにて、

今度は福島県から来た小学生の一群に遭遇。

今時の修学旅行生は、首からケータイをぶら下げていて、

他のグループと位置確認だ。現代的だね。


・・・と思ってたら、


「うん、ケンタッキーにいる。」


と、連絡係らしい子が言ったとたんに周りから


「ダメ!ケンタッキーなんて言ったらダメ!」


と突っ込み。


「ケンタッキーなんか入ったってばれたら怒られちゃうよ。」

「ケンタッキーの近くにいる、っていいなよ。」


等々、ごちゃごちゃがやがや。


思わず笑っちゃったら、子どもたちと目が合った。


「修学旅行?」


「はい。」


「ケンタッキー、ダメなんだ?」


「はいー。」「ダメなんですー。」「ホントは牛タン行こうと思ってたんだけど・・・。」

「この、こっちのグループは最初ラーメン行くつもりでー。」

「でも途中で会っちゃってー。」

「時間なくなってー。」


そういえば、地下鉄の時間がどうのこうのと言ってたなー。

「大丈夫だよ。地下鉄すぐ次のがくるから、慌てないで。」


「はーい。」


どうやら台原の仙台市科学館に行くらしい。


「急げよー。」


と、今度は別テーブルの男子。

気がつけば禁煙席界隈は、なんだか小学生席みたいになってる。


「待ってよー。」「食べきれないから食べてよー。」


わっさわさポテトを渡された男子たち、目の色が変わるw

「おー、いいのか。」「ホントに喰うぞ。」

「おい、俺にもよこせ。」


時間大丈夫なんすか?


外に出て歩いてたら、その子たちが、わらわらと走って追い抜いてく。

飛び込んでいくのは・・・JR仙台駅の駅舎?


「おーい、きみたちー。そっちはJRですよー。」


「え?だって、地下鉄・・・。」


「地下鉄乗り場はあっちですー。」


あたしの中の人は、やはりお節介なおばちゃんらしい←中の人などいな(ry


で、自分の乗りたいバスの乗り場にいたら、

今度は動物園に行きたい小学生が、


「このバスで動物園に行けますか?」


と話しかけてくる。

そんなにあたしの顔には

『わたしにも小学生と中学生の子どもがいます。困ったときにはなんでも聞いてね♪』

と書いてあるんだろうか。

あー、半分以上はあたしから話しかけてるのか。

やはり中の人が(ry


「隣のバス停からのも行けるよ。時間早い方に乗ったらいいよ。」


と言ったら、丁度隣のバス停にバスが入ったので、その子達そっちにわらわらと。

で、ふりかえると、どう見ても修学旅行生の中学生の一団。


「あなたたちも動物園?」←もう、毒喰らわば皿までw

「いえ、高等裁判所です。」

「じゃ、今の、このバスが早いよ。」

と、たった今の小学生が乗ったバスを示す。


あれだね、仙台市は確かに東北各県からの修学旅行にはとてもいいかもしれないけど、

駅前はほんとにわかりづらいね。バスもそうだし、地下鉄乗り場もね。

仙台駅まで行けばなんとかなる・・・・ってのが通用しないものね。


でも、それを経験するのも修学旅行なんだろなー。


どの子もどの子も、おとうさんやおかあさんの大事な息子さんに娘さん。

今日は雨降っちゃってあいにくだけど、楽しい時間をたくさんすごして、

いい経験をたくさんして、おいしいものをたくさん食べて帰って欲しいね。




AD

腐母。

二泊三日の自然体験学習から帰宅した息子が、


「Kが、寝てたら布団の中で手をつないできた。」


と、しょぼーん、な顔で言うのである。


一瞬、


「アッーーーー」


と、当然あたしは思ったのであったよ。ネタとしてだけど。

Kはもちろん男の子。


いやいやいやいや。

その子は恋多き少年で、小学校!の頃からもうすでに彼女を3回とっかえひっかえ。

今はフリーだけれども、好きな人はいるんだそうだ。

「Kの好きな子って、もしかして君かい?」

「え?俺じゃねーし。ちゃんと女だし。」

と、息子は言うのであった。


まあ、この時期は性的対象は揺らぐし、

多少の同性間接触は、その先への前哨戦であるからして、

そういうのも当然あるだろう。


せいぜい無防備に外でじゃれあって、

余所のお嬢さんに、

「あ、ほも」

とつぶやかれてください。←そういうスレッドが大きな掲示板にある。


と、思うあたしは立派な腐母ですね。

そういう母親同士で語り合ってみたい。

これがほんとの腐母の会。早野乙。


久しぶりの更新がこれかいw



それにしても、小学生のうちから「付き合う」だなんて、何すんだよ?

このへんの田舎の中学生的には、部活の帰りに待ち合わせて一緒に帰る、のが

「付き合う」のだそうだが。

ほんとか?おかーさん向けにライトな部分だけ拾い上げて語ってないかw

(ま、学校のほのぼのっぷりからみれば、7割がたほんとだろう)


あたしは女子校で、べったらくったらのスキンシップを経験して育ったから、

男子同士のいちゃいちゃは新鮮だなぁ。

ほほえましすぎて、禿萌。

ほほえましいといえば、自然体験学習に、ちゃんと誰かがエロ本を持ってきて、

お約束のまわし読みをしたそうですよ。

おかあさんに報告するあたり、うちの息子はそういうところ何にも育ってないと見た。


一日なにもしなかった日をはさんで、
お昼はフレッシュネスバーガー!!!←んまいっ!


午前中に総合問題答案練習の5回目受講。
はじめて「う?これはわからん」という問題があった。


でも「わからん」と「間違えた」は、結果としては一緒なので、
ミスをなくさなくちゃ。


午後、子どもに頼まれたものを捜し歩いて
帰宅したら結構な頭痛。


結局、復習用問題一覧を作成して、
間違った仕訳のノートの作成を進めた。


仕訳は基本。仕訳がさくさくいくかどうかで、
最終的に見直す時間が決まる。


試験というプレッシャーのある状態で、
いつも以上に計算はミスをしやすいと思った方が無難。


それにしても、復習問題一覧を作ってみると、
自分がどこでミスをしやすいかわかっていい感じだ。


どうしてこれを学生時代、主に高校時代にやんなかったのか。
数学でこれやってたら、もっと志望校のレベルが上がったぜ?
首都圏いけたぜ?関西だっていけたぜ?とんぺーだって志望できたぜ?


それはさておき。


返却された宿題テスト、3回目は96点。4回目が65点。
まだ、ボーダーだ。
へんなところに「はまって」しまうと、たちまち失点スパイラル。


ディフェンス崩壊しちゃだめよね。


昨日は午前2時間、午後1時間。

気分転換、と「猫まみれゲーム」に手を染めたら・・・


はまったっ!


だめじゃん自分。



さて。

合計試算表と
残高試算表。

それをごっちゃにしちゃだめね。

それと、やはり最後の計算が合わない・・・・。

あわてちゃだめだけど、たくさんこなさなくちゃ早く正確に
ならないね。


そして、ひさしぶりに、「受取手形」と「支払手形」を
取り違えて仕訳してしまいました。


そりゃ最後合わないさ。


ひとつの勘違いが最後まで響くおそろしい精算表。試算表。



負けるもんかー。

午前中に問題を2題。


決算整理仕訳は問題なく、時間もかからなくなってきたけれども、
些細な計算間違いが全体にひびくことがあるのがまずい。


この試験は、70点取れたら合格なので、
できればひねったへんてこな問題がでなければいいと思う。


ただ、ここ数年やけに難しくなってきてるようなので、
そんな甘い考えは捨てておかねばならない。


正確でしっかりとした理解。


設問の連動性。


そういったところが問われる。そう心得よ。

午後に2時間。


夜はエロ神さまご降臨でコラムの原稿かいてたら夜中になっちまいました。
何本ストック溜める気だ。


精算表の穴埋めは楽しい問題で、
早くできてはまる時にはばっちりなんだけど、
桁間違いとかやっちゃうと目も当てられない。


貸借一致を忘れてなきゃ基本的に楽勝なんだけど。


応用問題に、決算処理仕訳難題集があって、これが半分しかできなかった。
忘れている部分も多々あったんだけど。


売掛金の額が変わった場合の貸倒引当金の額に要注意。
精算表は一個間違うと合計が合わないからな。


当期純利益は、P/Lでは借り方、B/Sでは貸し方に来る。
ここも結局貸借一致だと理解しよう。


週末は、夜にどんだけできるかだなぁ。


午前中に試算表の答案練習。
試算表は、数こなして電卓扱いの精度とスピードをあげることが肝要。


午後早く帰ったのになかなかエンジンがかからず、1時間くらいしか
問題を解けなかった。


しかし、決算処理の総勘定元帳の締めがぼんやりわかってきたり、
資産負債資本、期首資本期末資本当期純利益の関係がはっきりわかってきたり、
あいまいだった箇所がはっきりしてきたのは収穫。


総勘定元帳の締め、実は復習テストが散々な出来だったので、
ちょっとがっくしきていたのだよ。


本当に簿記3級は、手を動かして学習するものであることだよ。


数字は苦手、なんて思わなくなったなw毎日毎日電卓電卓。

あと3週間。


なんとかなるのかするのか。してやる。


これをやすやす取るひとはすげぇ。

総合答案練習のための課題は午前中で終了。
いいペースだけれども、初見で???な問題もあった。


現金過不足と誤謬訂正がカップルでくるとこんがらがって、
時間を食ってしまう。これは要復習。


決算振替仕訳がようやく腑に落ちてくる。忘れなきゃいいけど。


貸倒引当金勘定は覚えてるんだけれども貸倒損失勘定を忘れてた。
決算処理の中の消耗品処理がうろ。
5伝票制がまだうろ。


課題がくっきりするのはいいことだ。
まだ25日ある。


結局4時間学習できた。
はやく、目鼻つけて、優位的に学習をすすめたい。