学習状況080430

テーマ:

そう乗り越えられるんだ~♪

そうとでも思わなくっちゃ。

9時まで町内会役員会と班長会、その関係で電話電話。
なんて働き者のあたし。
お金になんないけど。
ばかやろーっ。


本日、午前中に1時間半、
午後に2時間の学習。
午前中の出足が悪かったのが悔やまれる。


もう無駄にする時間はない。


もちろん、11月を考えているからだ。常に。常に。


対策答案練習に入る。
実戦っぽい問題がでるんだと。

学習の最初のあたりの復習なのでたくさん忘れてる。
まずい。
あたしは確実にバカになってる。
加齢は脳にじわじわと。


あたまいいはずだったんだが。 ←ここ笑うとこ。嘲笑も可。


理想回答時間を5割くらい超過しないと解けない。
それもあんまりだ。


これから5月。
追い込めるか?いや、追い込まなくっちゃ。


仕事してるひとと比べればこんなことなんでもないはず。

AD

こつこつこつこつ。

テーマ:

本日精算表のオンライン講義受講。
後は財務諸表を残して、次回は試験対策講座の一回目を受ける。
こつこつ復習が必要だ。苦手だなぁ、こつこつw



返す返す思うのは、どうして若くて理解力も物覚えも
ぴっかりぴーの時に、こつこつこういう努力をしてこなかったか
ということなんだけど、

精神科に通院しながら、明日死ぬの生きるの考えていては、
こんなちゃんとした努力をするのはやはり無理だったと思うな。



結論として、回復万歳。

生きてりゃなんとかなるもんだ。
自殺未遂失敗万歳。

AD

更新頻度が落ちているのであります。

それは、相変わらず、いろいろやってるからであります。

6月にいっこ資格試験受けます。

しょっぼいの。

でも、いままで触れたことない方面の。

電卓叩いてます。

そう、たぶんご想像通り。←2008.7に公開開始しました『簿記3級学習記録』に詳しく。


サッカーのお世話で、土日はぶっつぶれる。

そこに持ってきて、水曜日も平日に練習が入った。

お世話役の相方は、ひとつも仕事をしてくんない。

就労?無理無理無理。

子どもの参観日もやっぱ行ってやりたいんだよ。


でも、このまま一年を子どもとサッカーのお世話にまみれてただ暮らしたら、

あたしはきっと、このスポーツ少年団を憎んでしまう。

自分がただただアンラッキーだった、と、

割を食ったと、

そう呪詛しながら一年暮らし、

一年を経た後一年余計に年取った自分を見つめて

ため息をつくだろう。


だから、忙しいのはもちろんだから、それだけでなくそうと思った。

自分がうまく使われている口惜しさをかみ締めながら、

その分勉強するのさ。


11月にそのまた上位資格を取るところまでは計画中。


あがいてあがいて、気がついたらレベルがあがってる、そんな人生希望。

AD

クレしん。

クレヨンしんちゃんの映画の宣伝で、


「おバカブームの原点」


なんて言ってたのを聞いたんだけど、


クレしんは、

あんな、昨日今日始まったようなブームに乗っかる必要なんかないんじゃないかと思った。


おバカブームがあろうがなかろうが、クレしんはクレしんでいいんじゃないかなぁ。

おバカブームが去っても、きっとクレしんはクレしんだと思うし。



それにしても、


クレしんにせよ、

サザエさんにせよ、

ドラえもんにせよ、


登場人物が成長しない物語は、

あたしにはとても切なく思える。


明日の扉を開いても、そこにあるのはまた今日だ。

永遠の子ども時代を、それと知らず生きるものたち。


残酷だと思うんだ、あたしは。


(ドラえもんは、その未来が呈示されているから、

必ずしも成長しないというわけではないのだろうが、

やつら、あたしの子どものころから延々と子どもだぜ?)


んまあ、考えすぎなんすけどね。

わたしの大事なお友達の真木柾鷹さんの主催するESTOの

仙台でのイベントを宣伝したいと思います。


☆★☆ 一般公開 第7回仙台講演会 ☆★☆
「性同一性障害を越えて-強くしなやかな私になる-」

日時:2008年5月24日(土) 13:30~16:30
講師:上川あやさん(世田谷区議議員)
一般公開講演会 14:00~16:30(13:30開場)
参加対象:一般、ESTO・協賛団体会員
参加費:一般 \1,000 会員 ¥500

会場:仙台市市民活動サポートセンター 6F 
セミナーホール(定員90名)
地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ
市営バス「商工会議所前」徒歩3分

<内容>
「本当に困っている人こそ、声を上げることが難しい。」
性同一性障害を公表し、小さな声の代弁者として議員に
立候補し、2期目の当選を果たした上川あやさん。
27歳まで「男性」として暮らし、30代に入り「女性」として
生きるようになるまで、たくさんの苦しいことや不安なこと
を乗り越え、前向きに、ひたむきに歩いてきたから、
今の上川あやさんが居ます。
「どうしたら勇気を持って生きられるんだろう?」
悩みに押し潰されそうになる心を抱えて生きていくのは、
本当に辛いことです。
でも、小さな声を上げる勇気があれば、一歩だけ前に進めたら、
たくさんの新しい可能性を見つけることが出来ると思いませんか?

<講師のご紹介> 
1968年東京生まれ。1990年法政大学経営学部卒業
1998年「性同一性障害」であるとの診断を受ける
2003年4月「性同一性障害」であることを公表の上、
世田谷区議会議員選挙に立候補し当選。同年5月より
世田谷区議会議員
2005年4月「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」
に基づき、性別の変更が認められる
2007年4月世田谷区議会議員に立候補し、再選を果たす
2000年1月から性同一性障害を持つ人向けの勉強会や交流会、
一般向けのシンポジウム開催など、性同一性障害を持つ人々
の自助・支援活動に携わる。現在では、性の問題に限らず、
多様な少数者の環境改善に関心を寄せている

<著書紹介>
『変えてゆく勇気~「性同一性障害」の私から』岩波新書
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/4/4310640.html

主催:ESTO
協賛:東北HIVコミュニケーションズ



・・・・・・(引用終わり)


ずーーーーーっと前に、虎井まさ衛さんの講演についての話をアップしたことが

あったと思います。

あたし自身も、性志向の問題で悩んでたこともありました。


多様でさまざまで、だけどたったひとつのあたしの性。

最近あたしはあたしのことでかまけがちで、この会のお手伝いはなんにも

できてないけど、

それでも、誰一人としてそういうことで苦しまずに生きていける世の中であってほしい、と

願い続けているのは確かなことなのです。


最近、下息子(小5)がしきりと、


「よそのおかあさんはそんなこと言わないよ。」

「うちのおかあさんは、変わっている。」


と言いたがる。


一体ナニが言いたいんじゃ、あたしより世間のおかあさんらしいお母さんのほうが良いと言いたいのか、

でも世間のおかあさんはおかあさんの役を好演してるだけだぜ対外的には。

だいたい「○○らしい○○」なんて胡散臭いだろう?

君も「子どもらしい子ども」って言われると変な気がしないか?


なぞと、反射的に喧嘩を売りたくなったが、

そういえば3年前、上の息子がそんなことを言い出したのも、

左様、小学校5年生の時分ではなかったか、と。


じぶんちと、よそんちの、相対化ができるようになってきたのか、

はたまた、一般的なお父さんやお母さんの社会イメージが学習できてきたのか。

そういうことができるようになるのが、小学校高学年ってやつなのか。


と、しみじみと思ってしまいましたよ。


え?あたしが「変わったおかあさん」かどうか?

そんなん自分でわかるか。

あたしはあたしのやれるようにやってるだけだ。

若干ロールモデルに乏しいところはあるけれども。



ちなみに、下息子、5年生になってやけに頑張る君なのである。

体育委員会の、副委員長を引き受けてきたり、

毎朝基礎英語を聞いたり(いつまで続くのだろうか?続いてくれればいいが)、

連絡帳も丁寧に書いていて、びっくりした。

いままでの連絡帳?あれは破壊的絵日記だったね。

上の子がたまたま中間試験で一番を取ってきたことがあって、

その時はずみで

「君も中学では一番を目指そうじゃないか。

なに、同じ遺伝子だ。

今から頑張ればなんにも大変なことはないぜ」

と、そそのかしたのだけれども、

どうも激しく本気にしたらしい。

春からのスタートなのだろうか。

もともと負けず嫌いと、兄貴への敬慕の情があるのである。



うれしいことはうれしいが、あんまり過熱せずに見守ろう。

先は長いわけだから。

冷え。

あったかい広島で過ごして、

こうして「冷帯」の仙台に戻ってくると、

ここ数年のカラダの不調は、冷えのせいではないかと思えてきた。


あっちでは、ここ数ヶ月あたしを悩ませてきた、毎月の腹痛がなかった。

思い立って、おなかをカイロであっためる。具合いい。


これからは、冷えを取ることを真剣に考えよう。

冬はもとより、夏でさえこっちは、夕方冷えるのだ。


コーヒーを減らし(きびちい)、カラダを冷やすと言われる野菜の生食は減らし、

生姜やにんにくを多食し(これは好きだから楽)、

冷え?と思ったら保温だ。

ストレッチ?そんなのぬるい。ヨガだ。

・・・・と思っていたけど、できるときにすぐできるストレッチからはじめよう。

できることからはじめるんだ。

気がついたら足首も回すんだ。ぐるぐる。




年を重ねてくると(と、あたしが言うのはまだまだだとも思うのだけど)、

不調も増える。無理もきかなくなる。

だけど、好きなものは増えて、やりたいこともあって、

それであきらめたくないなら、

今以上の元気が必要にならないかい?