新聞の勧誘

新聞の勧誘さんが玄関先に来た。

下の息子が、あんまり確認しないままドアを開けてしまった(←あぶねー!)。

ありがちに、洗剤を置いていこうとする。

「いらないよ」と断ると、「置いていけって、所長さんに怒られるんです」とのこと。

かーいそうだな?とか思ってると、

自分は新聞奨学生なんだ、と話し出す。

実はうちの夫も新聞奨学生だったので(←苦労人なんです)、

ふむふむ、と聞いていると、ずるずるとそこから営業トークへ。

最初のつかみが、玄人ぽくって、変やな、とも思ってたんだけど、

そのへん研究したのかもしれないし、奨学生のニセモノとも判断できないけど。

「今すぐ新聞変えるってワケにもいかないでしょうから」

「半年後、いや、一年後に3ヶ月ほど取ってくれませんかね、うちの新聞」

頭を下げる下げる。

「サービスしますから」などと言う。

うちで今取っている地方紙は、もちろんいち早くベガルタの情報が載ることと、

スポンサードしてくれてることへのお礼ということもあって選んでいる。

そして、中途転入者で住み着こうという者にとっては、

地方紙はいい情報源だ。変える気はない。

しかも、半年先一年先に、きみのところの新聞が、どんな方向性の新聞であるかなんて、

今わからないし、説明しようともしてないじゃないか。

と、思ったところで、はた、と気が付いた。

あ、もしかして多くの方はすでに、新聞なんか読まないんだ。

わたしは、長くここを読んでくださってるひとならご存知かもしれないけれども、

新聞大好きだ。

こんなにコストパフォーマンスのいい活字媒体はほかにない。

朝早起きして、舐めるように見る。

欄外の書籍や雑誌の広告まで見る。

もしも、「新聞を読む人」への勧誘だったら、

勧誘員が持ってくるのは新聞の見本紙面とか、サンプル紙だろ?普通。

お菓子でも化粧品でも、まずサンプルでよさをわかってもらおうとするじゃないか。

ところが、持ってくるのは洗剤だ。

もし、勧誘員が、サンプル紙を持ってきたとしよう。

「これ、サンプルです。一度読んでみてください。」

「えー、読まないわよ。うちテレビ欄しか読まないもの。帰ってね。」

ってやりとり、容易に想像できる。

それを新聞社はもうわかってる。

だからこういう勧誘しかできない。

洗剤なら、「タダ大好き」な乞食連中は喜んで手を出すだろう、と思ってるんだ。

どれを読んでも一緒だ、ってものを作って売って、新聞社はそれでいいのかね。

読者層を、タダ大好きな乞食連中、と設定して、新聞はそれでシアワセなのか。

読まれているわけがないじゃないか、と思いながら営業するのか?

それは新聞の自虐的ありようだ。

それは新聞の精神的自殺だ。

そして、「タダ大好きな乞食」「どうせあなたも読んでるわけじゃないでしょ」と

みなされた勧誘を受けたことに、

あたしは少なからず立腹している。


・・・・・・・・・

ホントはどっかの「シンブン」に投書でもしてやりたいけど、

載るわけないやねwwwwなのでバカらしいのでしない。

AD

自分の個人的なスキル、という部分だけどね。


Excel2003のExpert取得目指しております。


5月にWord2003Specialist取って、

「うむ、これは勉強すれば取れる資格やな」

と思ったので、

「今度は一気にExcel2003Expert行こうじゃないか」

と思ったわけね。

仕事のためなにかひとつ取るならExcelのExpertだ、と

よく言われますしね。


ところが、


勉強する範囲が広いよ!!!


進まぬ問題集解きながら、残りページ数えては・・・_| ̄|○



いずれにせよ、克己心ですね。

やらなきゃ終わらないし、

やるなら一気に済ませたほうが、

時間のロスが多分ない。


気を散らさないように、

真面目に取り組みます。


11月中に取れたら褒めて♪


AD

昨日は、厳しいゲームを勝ちきった我がベガルタ。

3位をキープ!


それはいいんだよ。


ま、次節お休みなので、京都に抜かれるだろうけどさ。

上位との直接対決が多いのも、

他力本願でなく自分たちで道を切り開くためのシナリオと考えようじゃないか。

今年は行くでぇー。



で、あたしのもうひとつの大事なチーム、広島。

おととい、残留争いの相手のひとつである大宮と直接対決して、



負けた_| ̄|○



やばい。やばいよ。

この先勝てそうな相手との対戦がないよ。

というか、ここのところ勝てそうな相手との試合を全部落としてるのは

一体どこのチームですかサンフレッチェですかそうですか。



やめてやめてやめて。


入れ替え戦にこないで。

いや、さくっと降格もやめて。

J2に行ったら、まったく別のチームになってしまう。

ダイヤモンドも狂犬もエースもゴエモンもみんないなくなってしまう(かもしれない)。

いやだよいやだよ。

(J1に上がってもある意味別のチームになっちまうんですけどね)

(それは悲しみとともに未来への萌芽であるからして・・・)



サンフレッチェに踏みとどまってもらって、

ベガルタに自動昇格の二位以内に入ってもらえれば、

あたしは祝杯だ。


うっかりすっかり入れ替え戦で両者合間見えることになっちまったら、

あたしはその間、ふとんをかぶって見ざる聞かざる。

どっちかを応援するなんて、あたしにはできない。


あたしの大好きな広島の選手は、かつて仙台で

あたしたちに夢を見せてくれた真面目で可愛いやつ。

どうかその不振から這い上がって、

いつかベガルタが金沢でガンバを破った時の様に

(ああそれは遠いJ1の頃の話ね)、

広島のサポーターを歓喜に叩き込んで、

もみくちゃにされてしまうといいのよ。




噛み合わないって、怖いことね。


ああ。泣けちゃうわ。

なんとかして。



AD

再生志願。

原因不明の腹痛が5日続いて、さすがに病院に飛び込みました。

不正出血もあって、大ピンチだ・・・と本人思ってたわけであります。

夏からの食欲不振から、3キロは痩せてしまい、おっぱいなんか更に大ピンチなのであります。



治り切っていなかった膀胱炎(←かっこ悪い。・゚・(ノД`)・゚・。)が発見されただけで、

子宮がん検診の結果は後日として、



            ま る っ き し 全 然 健 康 。



いやいいんすよ。健康で。


しかし、血液検査もエコーも取って、

初めてのCTまで取った割には、



見事な健康体。

血液の数値なんか見事なもんだ。

貧血も肝機能も腎機能もぴかぴかだ。


いや、子宮筋腫様は着々とお育ちでしたがw

この件に関しては手術は嫌なので、

ぼちぼちと共存していきたいと思っているのだがどうなることやら。



そうするとここのところの食欲不振気力の減退はこれはどうだ。

サンフレッチェが降格ラインぎりぎりにいることや、

ベガルタがどうにもきちんと勝ちきってくれないことや、

そんなことともどうも無関係そうだし。←関係あったらどんな虚弱体質やw



まあ、多分、一見よぼよぼの見た目で、

口を開けばダークなトーンでしか話をしない

夫のオヤ特に母親の存在が、

あたしをげんなりさせていることはほぼ間違いないと思うけど。


そして、その存在を避けまくって生活していることが

あたしの良心をひどく刺激していて。


どうにもいい子ちゃんでいたいんだな、あたしって。

それにしてもどーしてあんないい夫に、

あんな親がセットになってくるのかわたしには不思議でしかたがない。

てーのもあたしの勝手な言い草ではないか。

ああ。



おなかが痛いので一番心配したのも、つらつら考えると、

このまま入院とかなっちゃったら、義両親に恩を受けることになるだろう、という気兼ねと、

このまま持病持ちになってしまったら、義両親の面倒をみるだろうときにきっと

嫌な人間になってしまうくらい大変になるんじゃないか、という

なんだか自分勝手なんだかどうなんだかわからない理由であった。



人は必ず老いるし、それをだれかが支えていかねばならぬことは

重々承知なのだが。

そして、遠くにいるわたしの親は、肉親を頼れない分、

よそ様にお世話になるわけだから、

わたしがよそのだれかにすることは、つまりキリストにすることと同じこと・・・

日本的に脚色すればそれは自分の親にするのと同じことなのであるのだろうが。



とりあえず自分、

元気になれよ自分。

来るかもしれない重圧にいまから泣いていたって、

状況は好転するはずも無い。

重圧を軽減するための手段(今の日本ではそれはお金ということが多いようだが)を

いかに手に出来るか、

それらの手段の可能性をどう広げられるか、

それを考える力があるのは自分だけしかないじゃないか。


泣いていたら誰かがなんとかしてくれる。

どこかでそう思っていないか?

どこかでそう思ってるんだろう。


そんな自分からは、遅ればせながらおさらばしなくちゃ。


(ひとりで喰っていけない状況の人間が、

本当の意味で自立できるわけがない、ということも真実で、

そういう可能性を(夫が?親が?)剥奪してしまうのは

結局のところ、ぴーぴー泣いて誰かに頼る人間を産出するだけだ、

と、あらためて思うんだけどね。

そしてそこには誰かに頼らざるを得ないゆえに

誰かの言いなりになるしかない人間がいるわけだ)

(だから、今の時点で「しっかりする」というのもややもすると

自己矛盾なんだけど)

(だけど、教科書どうりにことは進まない)



とりあえず食って寝る。

養生して明日に向かうのだ。


どうにもコミュニケーション能力が不足してるひとが、

同僚にいた。


それだけじゃなくって、シゴトも遅くて、なんかとんちんかんなことをしてたらしい。

(らしい、というのは、あたしはそういう陰口の輪には入らない入れない或いは入れてもらえないから)


先月のシゴト期間に、やけにそのひとが他の同僚から無視されてるのが気になった。

だけど、普段からおっそろしく会話が成立しない人だったので、

それもしかたない?とも思ったが、でも同僚たち大人気ないねぇ、と思ってた。


その後しばらくして、その彼女にお茶に誘われて、

「辞めようと思って」

と、言われて、

「ああ、そうなんだ・・・」

とも思った。


いや、その前に、

「わたし何か悪いことしてるんでしょうか?」

「どうしてみんなわたしが話をしても返事しなかったり、

顔を背けたりするんでしょう」

「なんだかひそひそ話されて、わたしのことなのかどうかわからないんですけど・・・」

と相談されたのだけれども。


わたしはその「悪口組」には所属してなかったから。


あたしはどうすればよかったのだろう。


確かに、その人の会話はいつもとんちんかんで、

あたし自身もちょっといらっときたりしたけど。

だからって、それを指摘したって、その人には多分わからないことくらいは

わたしにはわかった。

ただ、「変な会話だったもの」をあげつらって一体どうなるのだ。

ちょっとは、「こういうことあったじゃない?ああいうのがきっと気に障ったのよ」とかは言ったけど。

・・・そして、根本的な原因がわかるほど、わたしは彼女とは親しくは無かった。


かつて彼女は、話し方教室とかにも通ったのだそうだ。

「浮いてる自分」をなんとかしたくて。

それでもだめだった・・・ってことなのだろうか。


ううん、話し方じゃなく、彼女自身が、相手の言葉をきちんとキャッチできてなかったのだと

思い返せばわかるんだけど、だからってそれを言っても彼女にそれこそそれがキャッチできたのか。


気持ちの優しい、健気な女性だったけれども。



あたしはちょっとやさしくなかったと思う。

だけど、無理してつきあってあげても、お互い楽しいわけもないだろうし。

わたしを「物静かな奥様」と勝手なキャラ設定して話しかけられるのに

くたびれてもいたし・・・・。


10月に職場に行ったら、彼女はいなかった。


みんなそのひとのことは、ひとことも口にせず、

休憩時間の会話も和やかで楽しそうだ。

あたしも言葉少なに会話にまざる。

・・・あたしは聞かれないことはしゃべらない、という原則で過ごしているので。


だけど、ちょっと、あたしには何ができたんだろう、と

軽い後悔みたいなものは残っていて、

だけど、だけど、それは自己憐憫みたいな自己弁護にすぎないものだともわかっている。



派遣社員として、なんとか4ヶ月あまり。

毎日じゃないからなんとかつとまっておりますが、

小学生持ちに9時5時はきついわ。

あたしの住んでるとこ郊外なんでね。

それも、「子どもは適度に田舎なところで育てたい」と

強くあたしが望んだせいもあるので、致し方ないのだけど、

通勤時間が、アレだねぇ。


おかげで通勤時間の読書量が増える増える。


使われる、ということは、やはり使われやすい自分であるべきだな、とか、

さまざまな発見と共に、

あたしの知らないオフィスワークの世界を垣間見ております。


おんなじ派遣さんで、「うわあ、プロフェッショナル~」と思えるひととか

そういうひとの存在を知ったのは喜び。

派遣間いじめでおひとり職場を去られたのは、怒り。

どこにでも嫌なお方はいるもんやな、と思ったのは悲しみ。

OLスタイル(少々老けてますが_| ̄|○)で出勤するのは楽しみ。毎日お化粧~♪


給料と自分の労働力&時間を引き換えにするのとはまた別に。