朝練。

6年生最後になる公式戦。
なんと、勝ち進んでおります。

週末4試合、2勝1敗1引き分けで辛うじて二次リーグ突破しました。

「決勝リーグ行けるわけなくね?」なんて、日曜日に親達、打ち上げ焼肉会まで企画したのに(笑)。壮行会になっちまいました(笑)

で、その席であるお父さんから
「朝練やりましょう。指導しますよ。朝6時半から7時まで火曜から金曜。」
ってなんともありがたいお申し出があり、子ども達、今朝から朝練でしたよ。寒いのに。

聞くと10人ばかり集まったらしく。

なんか最後に来て、がんばっちゃってますよ?

明日は飲み物でも差し入れに行こうかな。起きられるかなあたし(笑)
AD

今更気がついた

思春期のオトコノコって、母親にたいしてツンデレなんだなあ、と回りのボウヤ達を見て思った。
うち?うちは素直クールだね(笑)

ま、タームが周回遅れの感が否めないのは、あたしが疲れてるからよきっと。
AD

ここのとこ忙しくって、今日もばたばたしていて、

さっき化粧水のかわりにコンタクトの保存液で

パッティングをしようとしていました。おつ。(←こんちきちゃんぱくってごめん)

そういえば、上ムスコ。

もうすぐ卒業式。

だのに、おっそろしい長髪(←死語)だったのだよ今日まで。


なんだか、


「伸ばしていたい気がする。」


などと申しまして。


ちょっとかっこつけたい気分が、生まれたのよ生まれたのだわ生まれたに違いない。


にもかかわらず、寝癖はそのままでがっこ行くのよ。

色気づいた自分が照れくさく、ちょっと無頼を気取りたいようなそんなような。

・・・・すっごい、無精者にしか見えないんですけどね。


で、とうとう、サッカーの試合中に目に髪が入って邪魔、と言う域に達し

(まさか宮本みたいにゴムで止めるとか、、小学生ではあまりにもアレすぎるぜ)、

床屋に行くことにしたのだけれども。


一昨日かな、


「オレさぁ、女の子に、『髪切らないほうがいい』って言われたんだよな。」

「おかあさん、どうしよう。」


などと言う訳さ。


おっかしくってwwww


二言目に「おかあさん、どうしよう」だぜ?

可愛いじゃないかwwwww


「まあ、女の子は、キミの目に髪が入って試合で困る、ということは知らずに

ただ、見た目の好みで言ってるんだよ。」

「でも、キミだって、どうでもいい女の子には見た目のこと言わないだろ?」

「ということはキミって女の子にはまあまあイケてると思われてるのかもしれないねぇ。よかったよかった。」

「というわけで、好きにしろ。ピンで前髪止めてやろうか?」


と言ったら、「やだやだやだ!」と申しまして、

今日さっぱりと散髪に。


ふふ、明日女の子がっかりするかしら?

いや、もっと自分にあった眼福を追いかけると思うわw

おんなのこって、そんなもんじゃない?

AD

下ムスコGJ!

テーマ:

えー、同居なんですが、ほとんど没交渉でw、トラブル以前の状態で、

それでもやっぱ、義母としては「受け入れられている事実」が好ましいらしく、

かなり平穏に暮らしております。ありがたや。


そこに大きなキーパーソンとして関わっているのが、下ムスコ。


彼は、同居前からまったく空気を読まずに、

「おじいちゃんとおばあちゃんが来る。うれしーなー♪」

などと言っていましたが、いらしたらいらしたで大喜び。

気分次第で気ままにおじいちゃんおばあちゃんの居室にお邪魔しては、

たいそう可愛がられている様子。

今夜も、おじいちゃんの隣で寝ているのだ!ぐうぐう。


彼にとっては、おばあちゃんのとんちんかんなセリフも、おおらかに受け流せるものなのだ!


すごい。

すごいぞ下ムスコ。


「おじいちゃんの布団は、うまい棒のサラミのにおいがする。」

と、嬉しそうに教えてくれた下ムスコ。

「くさい」という否定的なニュアンスなしで、なんとわかりやすく表現するのでしょうw

彼はおじいちゃん好きなのだよ。好きだからくさくないのだよ。



それでいいのだ!


・・・とあたしは思う。

おばあちゃんというか義母とは、あたしはあまり仲良くなれそうにないけど、

こういう関係は、あたしには喜ばしい。

あたしはおばあちゃんにもおじいちゃんにもなれないわけだからね。

そして、家族内での多様な人間関係は好ましいことじゃないか?


ま、あたしが介護地獄に落ちなきゃ、さしあたってそれでいいや。

とまぁ、そんな感じ。

夫は外道だから、両親世帯がサカナじゅうじゅう焼いて臭いと、

容赦なく空気清浄機なんかつけてるw

だけど、それも身内だからできることだよな。

あたしがやったら戦争だwいや内戦かw





もう、Jが開幕しちゃうじゃありませんか!

日常ばたばたしてたら、すっかり失念してましたよ。

Jリーグ選手名鑑を雑誌売り場で見かけて、

あーそうだったそうだった、と思った次第。


ところが、今季は、NHKBSでは極端にJリーグの放送をやんない。

BS-iもさびしいものだ。

スカパー入るしかないのか?


これは自分の話であるけれども、

なんとかしてスキルアップの努力をしなければ、いつまでたっても

まともに仕事をするひと、にはなれない気がひしひしとしていて、

ならば、なにかを犠牲にしてその時間を捻出すべきだなぁ、と

思っていて・・・・・今季のJリーグは、あんまり見ないことにしようかなぁ・・・・。


でも、自分から楽しみを奪ってしまってもあれだよなぁ・・・・(´・ω・`)

今季はユアスタにできればたくさんいきたいよなぁ、自分で稼いだオカネもあることだし、とも

思ってるのだけど、矛盾してるよなぁ。


GOOOOOOOOAL!!!!

・・・・・・ってやつが、あたしの心身を一瞬にして解放するのだよぉっ!!!


それはともかく、Jリーグ名鑑の選手アンケートの「好きな言葉」ってところ、

「前向き!克己心!成功へ向かうぞ!」

って感じの言葉のオンパレードでなんか影響されて前向きw

(なかには好きな言葉が「くのいち」だったり「万馬券」だったりする、

何を考えてるんでしょうか?っていう選手もいたけどウケ狙いなんだろなw

そういうふざけた選手、減ってきたような気がするわ。若者はみんな前向きで真面目よ)


職場でその名鑑を眺めていたら、職場のひとが、

「な~んだ、何のカタログ見てるのかと思った。」

なんていいました。

カタログだったら・・・いいよねw

好みの選手を注文すると、一週間くらいでお手元に届きますw

ジェフの佐藤勇人選手注文しちゃうからw

あ、サンフの柏木くんなんかもw

あ、青山くんもw

あ、徳島の西河くんもw

あ、もちろんわれらのベガルタの15番、大久保剛志選手も素敵♪


って、やっぱり顔ばっかりみてるから、へタレサッカーファンなのねあたし。

うちの上ムスコはこの春中学校に入る。

そして学習内容に、英語、が加わる。


どんなんだろう・・・と心配してる様子。

どんなんだろう・・・と期待もしている様子。


小学校の総合学習の時間に英語の学習もやってるんだけど、

数字だの色の名前だの、そんなことをぱらぱらっとやったくらいらしくて、


そんなん英語の学習と違いますがな!



というわけで、えー、ここ10日間くらいですが、毎日英語教室を開催しております。

夕食後、15分間w

小学校3年生の下ムスコも、当然同席です。

アルファベットからはじめて、文法を中心に、夫が進めていきます。

わたし?アシスタントティーチャーとして、発音の補助をw

(↑中学高校と、ネイティブスピーカーの英語教師に伊達にいたぶられてきたわけではないw

ただし文法その他、使ってないものは蒸発してしまっているw)

単語カードとかを夜中にこつこつ作ってる夫かわゆす。


今日はやっとHow are you?までまいりました。

昨日、heとsheがはじめてでてきたからねぇ。

続くのかねぇ?続かせなきゃねぇ?


興味津々の上ムスコにはもちろんのことなんだけど、

えー?オレもするのー?と不満顔の下ムスコへの教育的意図も大きいわけ。

あたしたち親としたらば。

いっぱいほめて、学習の喜びを与えてやりたいわけ。

学校の勉強は、割合簡単に出来ちゃってるから、こやつは学習を舐めているのだ。

そのせいか詰めが甘くて仕上げが雑だ。あああ、それってあたしの姿の鏡じゃない!



それにしても、まだまだ簡単なところをやってるのだけど、

あらためて学習する、文法中心の英語は発見がたくさんあっておもしろい。

てか、なんでも、進んでする学習は楽しいものなんだね。

25年前のあたしに教えてやりたいわwwww


てなことで、基礎英語なんかも聞いてるよwww

どこの中学生だ、あたしゃ。

言っても詮無いこと。

テーマ:

今朝、義父に


「あんた」


と呼ばれた。


いやだからなんなんだと言われたら返すことばもございませんが、

確実にわたしはちょっとやな気持ちになったのよそれはどうしてなのか。

自分の親ですらあんたとは言わないほとんど言わない。

夫も言わないわたしのことあんたとは言わない。


そんな自分だけ高いところに居たってどうしようもないんだよ、という正論は

もちろんその通りの正論で、その正論は自分のなかですら鳴り響いているのだけれども、

確実にここにある不愉快を。


この不愉快をいかんせん。



たとえこれが「自分は大事には思われていない、扱われていないのだな」

という邪推であったとしても、

そう感じる感じ方は間違いなく自分の中にあって、

それはたとえ思い過ごしであったとしても、

そう思わせる原因はどこかにあるのですよ。


どっちかだけが邪推してこじれるわけではないのよ。

原因は、あるのよ。


一緒にさえ住まなければ、そういう部分は見えないまま見ないままで

やっていけたであろうに、という正直なところ恨みに似た感情はありつつも、

7年前にひどい齟齬をきたした事実が現在食事を共に取らずともいい状態の布石に

なってしまっていることは救いではあるような。


しかし、それが吉とでるか凶とでるかはいまのところわからないわけで。


とりあえず、重荷だ。

今の時点で精神的に重荷。

そのうち物理的にも重荷に感じるようになるのかしら。


今日、脱毛♪行ってきた♪

ぞろぞろ毛が抜けてくるのはもちょっと先のことらしいので、レポはまた今度。

フレンドリーなエステのおねえさんに

「なんだか、すごくいろんなことをガマンしているみたいに見えますよ」

と言われたのがショックであり、あーそうだろうなぁ、とも思ったり。

そういうことが外側に滲み出してきちゃたら、極めて魅力的でないよね。


ああ。


自分を解放させるのは、恐らく自分しかいないのだろうけどさ。

そうするしかないのよ。



例え物理的に囚われたとしても、こころは大空へ。


えー、もう土曜日のことになっちゃうんですが、

県サッカー場に行ってきました。


ムスコたちのチームが、宮城県ウィンターリーグ、っていう社会人の地域リーグの最終戦の

前座試合に呼ばれたんです。


相手は県北の強豪クラブチーム・・・!


ぼろぼろに・・・されちゃう?


なんてびびりながら行きまして、案の定前半で4失点。

しかもその失点のうち3点の起点は我が最愛のムスコだよ_| ̄|○


あー、終わった・・・終了。

後半は虐殺かしら?

なんて思ってたけど、なんのなんの!

後半盛り返して、2点返したよ(・∀・)


いい経験になりましたw

やっぱ先々週の、「ぜってー無理だって」っていう試合を勝ち抜いた経験が、

確実に力になってんだな、って思いましたよ。



その後、リフティングのパフォーマンスコンボの方たちのパフォーマンスを見学すると、

子どもたちは嬉々として空けてもらったグランドでリフティングの練習に興じていました。



さて、その間、我々オトナたちは、ウィンターリーグ最終戦の第一試合、

マリソル松島VSヴィーゼ塩釜の試合を見たのだけど、


おもしろかった!


県サッカー場はピッチが近くて、そしてとても見やすい席でもあったし、

全体が見渡せてとてもよかった!


自分は子どものチーム同士の試合以外は、ベガルタなどのJの試合と、あと高校サッカーしか

見たことなかったのだけど、社会人の試合、おもしろかった!


試合を見る目がないので、どこがどうおもしろかったかうまく表現できないのだけど。


プロや高校生には絶対いない、「え?このひとサッカー選手?」みたいな体型のひとが

なかなかどうして俊敏なプレーをなさったり、

さすが社会人、オトナなわけだから、プレイにも迫力があった!


マリソルの方は、うちの子どもたちの宿敵wのチームとユニフォームが似ていたので

あんまり応援する気になれなくって、

それと、前座試合の相手がヴィーゼの下部組織だったこともあって、

ヴィーゼを中心に見ていたのだけど、


18番さんと26番さんが印象的だった。

特に18番さんはどうやら下部組織のコーチでらっしゃるようで、

点も決められたのだけど、その時も子どもたちの声援すごいこと。

そして、あたしたちシロウト目にも「うわぁうまい!」と思うようなプレイを連発で、

あんなプレーを見て、そんで指導してもらえる子どもたちは幸せだなぁ、と思った。


で、あたしには、センターバックの30番さんがとっても印象深く、

それはそれは熱いコーチングで、

考えてみれば、試合中の指示って命令口調も多く、

やっぱ、そのへんで反応しちゃうのは、

あたしがドMだからなのかなぁ・・・って思ったりしながら、

なんでもかんでも自分の性癖と結びつけるのは一体どこのフロイトだよとか

思っちゃったりするわけなのよ。



また機会があったらヴィーゼ塩釜応援しに行きたいわ。

なんつって。

で、公式HPがなんか情報遅くって、ちぇきら♪の選手さんたちがどんなお名前やらどんな方なのやらが

まったくわかんないのが、もどかしいのであるよ。

脱毛。

お金で。自分の稼いだお金で。


まぎれもなく自分の稼いだお金で。



脱毛に行きます♪らららららん♪あ、来週の話ですけど。


これが正しいお金の使い方・・・とかいったりして。


だってだって、悩んでたんですもの。

すっごいbowbowで。

いやだからあたしのHNの由来はこれじゃないって。

信じてください本当です断じてbowbowだからではない。

いやともかく。

剃ればカミソリ負け、剃りあとはぶつぶつ、

抜けば流血の惨事だったんだから、こういう方向へ向かうのは遅すぎるくらいだ。

で、スカートでオシゴトに向かうような職につくささやかな準備でもあり。

(あまりにあれなので、あっちのブログには書きませんよw)


まーずーはー、カウンセリングからだぁ。

ばいばい無駄毛さん♪


日常は普通に日常なので、


(てか、今のところ恐れていることはなにも起こっていない。

ま、まだ一週間も経ってないけど。

夫は今のところは守ってくれてるよ。

外堀は埋められてるけど_| ̄|○)


日常の話をしようと思う。


今行ってる職場は、空調がキツイ。

パソコンやプリンタががしょがしょいってるからなんだけど

(なのにわたしはパソコンの前に座る仕事ではないw)、

この冬の時期に、ケアナの角栓が気になるわけだ。

(どうでもいいけど、そこには加湿器があるせいか、

この時期にいつも起こす部分的な肌荒れが起きていない。

加湿器すごい。いや、暖冬のせいかしら?)


先だって佐伯チズさんの本を読んで、

「えっ?オイルクレンジングいけないの?!」と

オイルクレンジングをここのところいっさいしていなかったのだけど、

たまたまサンプルでもらっていたオイルクレンジングを使ったら・・・・


ぽろぽろぽろぽろ。


ガスールでもやっつけられなかった毛穴の角栓が、ぽろぽろ。


ひゃあ。

これだよこれだったのよ。


で、本品を買うことにしましたが、そのクレンジングはコスメデコルテのもので、

到底手が出ない、てか、出さない価格帯。


で、なににしようかな、と思って、つい手が出たのが雪肌粋。

化粧水の名品、コーセーの雪肌精のラインだと思っていいのでしょうね。

いいぞいいぞと言われているDHCの隣にあったもので、

へそ曲がりなあたしは、ついついそれを手にしてしまいました。


最初は結構香りが個性的なので、引きましたが、慣れました。

手と顔を濡らしたら使えない、というめんどうくささも、

オイルって本来そんなものだと思うので気になりません。

(逆に手を濡らしても使えるクレンジングオイルって、

どんだけ界面活性剤はいってんだよ?と思うのです)

100mlしか入ってないのですが、ま、コンビニで買えるので、特に問題なく、

クレンジング関係のものでは、ちふれのクレンジングクリームに続いてリピしそーです。

(てか、ちふれのクリーム、最近使ってない。腐ったらどうしましょうw)


毎日毎日、ぽろぽろしてるので、

自分どんだけ毎日皮脂だしてるんだよ、と思いますけど。


ツラの皮だけは、若く見えるはずなんだけどな!