2006 総括

ペンタブいじりで始まった今年、

恋の残り火はくすぶって消え、

そうこうしつつ精神科通院からの解放\(゜∇゜)/

蒸し暑い夏に義務的地域奉仕、

それでもちょっとでもキレイでいたいよね、といろいろ工夫♪

誕生日あたりで腹痛に仰天してたら緊急入院、

一念発起で就職活動、

念願かなってなんとか就職、

働いてる喜びと慌しさを実感することと相成り、

しかし、まだだ、まだ終わらんぞ、と、

まなじりきりりの矢先に同居話再燃_| ̄|○、

それでもあたしの人生はあたしの人生なんだからね!

なーんちゃって、

前よりちょっとは生き易くなった気がする。


今年はたくさんの方とブログを通じてお会いできました。

これも収穫のひとつでございます。


今年は本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m



AD

すっごくたくさんの服を処分した!


今の自分が着たい服、今の自分に似合う服。


それ以外全部、ビニール袋にまとめちゃいました!


もちろん、夏服から冬服まで、みんな試着しましたよ。

お部屋締め切って、暖房かけて。でなきゃ凍えちゃうwww

それで、スカートの長さ、色物の顔映り、襟の形、袖の形、

ボディラインにそったカッティング・・・などなどチェックチェック。


過去に福袋で手に入れたものは、殆どこれでさようなら、になったかな。

やっぱり、自分が気に入って手に入れたもの以外は着ない・・・。


先日、妹が、衝動買いの後の後悔とともに、山ほどの服をあたしんちに送ってきて、

最初はドびっくりして、困惑したんだけど

(タンスに入らない!それくらいのすごい量!買い物依存症の女だっ!)、

やっぱり姉妹、色柄はあたしにも映えるものが多くて、

なおかつわたしではきっと買わないようなデザインで

結構おもしろかった。


そういう臨時の洋服長者になっちゃったせいもあって、

今回の大処分大会になったのだけど、

もう、これでいいような気がするのね。

自分のしたい服装して、気分良く暮らしていきたい、って思ったのよ。


今まで?

なんか、「あ、安い!」で買っちゃったりとか。

馬鹿ね。


もうそんなことしないの。


その代わり、

ああ、この色好きだな、ああ、この手触りいいな、あ、この柄素敵だ・・・

なんて思えたら、躊躇しないで買うの。

今までの購買行動を考えたら、それで暴走するあたしじゃないもの。


もう福袋は買わないの。

でもバーゲンは行くけどねw


だけど、好きな色とか、5,6年前とは変わってきてることを感じる。

似合う色もね。


AD

年賀状

今日といってももう昨日だけど、わたしは一足先に仕事納め。

なので、いままで放ってあった年賀状を今まで書いていた。


幼稚園の役員をやっていた時には、

結構役員同士の接触が密だったこともあって年賀状は多かった。

その前の、フェミだの情報誌だのやってた時も多かった。


ここ数年は、減少の一途であった。


なぜか。


それは自分が嫌いだったからである。

てか、凹むともれなく「自分なんか存在しないほうがいいのではないか」と

思いつめるような人間が、


「今年もよろしくお願いしまーす」


なんてこと賀状に書けるか?

書けないだろ?

書けても欺瞞だろ?

自分も相手も騙してる、そんな気持ちで、

年賀状書きは、結構潜在的憂鬱な作業であったことなのだよ。


なので、


自分から出すのは控えめに。

来たのも、返事は気が向かなきゃ出さない。


みたいな。


そして、自分が嫌い、といったことと同時に、

自分がみっともない、とも思っていたんだよね。


美醜、ではない。

いや、ないといったら嘘になるけれども、

この場合媒体はハガキだからね、そこまでその部分で思い詰めやしない。


要するに自分の身をおいて居る場所が、

わたしにとって不本意で不本意で。


専業主婦、という立場が。


だから、近況、書けやしないですよ。

むりやりひねりだすと、子どものことばっかりだったりして。

「ああ、これは、もう子どものことしか脳内にない状況なのか」

と、自分でもがっかりしたりして。


昨年は、それでも、次の年もきっと生きてる、と思えたので

結構平静に年賀状がかけました。ブラボー。


そして、今年。


「しがないパート勤めのおばちゃんです」


なんて近況報告をしながら、

それでも、卑屈じゃない自分がいるのよ。

フルタイムのひと、専業主婦のひと、

そしていろんなわけがあってパートのひと。

ううん、フルタイムのひとにも、専業主婦のひとにも、それぞれ理由がある。

あたしは一生懸命やってる。

あたしは、自分に、これっくらいの努力くらいは課したかったんだ。


そんなことを、年賀状書きながら、気づいてみたりする、深夜。


大丈夫。

明日もちゃんと起きられるよ。

あたしはそんなにやわじゃないもの。

やってみて気がつく自信なのよ。



AD

占い。

この一個前の記事の占いを、子どものデータでやってみたら、

上のムスコがあたしと同じだったです。


通りで気が合うわけだよ_| ̄|○


それだけじゃない、コメントくださったみなさまの結果にも

笑わせていただいたり、納得しちまったり。

みなさんこれからも仲良くしてね♪類友、でw


上昇宮というのは、「他者から見た自分の姿」の象徴だったりするんで、

きっと、まわりの方がその結果をお知りになったら、

おそらく激しくうなずかれるのではないかと思うわけです。



ちなみに、子どもの星占いでは、太陽の入ってる星座、

いわゆる「わたしは○○座」みたいに言う生まれた日でみる星座より、

出生時に月が入っている星座の特徴の方が顕著にでます。

月星座というのは、メンタリティの部分をあらわすので、

子どもの様に、感情をストレートに出せたり、感情を制御する要素が少ない場合、

性格形成の大きなウェイトを占めてくるのですね。


月星座の求め方はこちら

ホロスコープもでますぜ。



で、わたしは月が牡羊座なので、荒削りで真っ正直、燃え上がる純粋魂、なのね。いいように言うと。

上昇宮は、水瓶座。よって、頑固なる変わり者にして、ヒューマニティーの自由人。やはりいいように言うと。

太陽は、乙女座。緻密にして繊細なる批判精神の持ち主。しかし中身は永遠の少女。ええ、いいように言うと。


まあ、こうしてあげてみると、まったくその通りでございますな、としか申せませんが。いいトコだけ見ると。


星はいくつもあって、星座もいくつもあって、それらが多数多様な組み合わせで現れてくるわけで、

そこんところがおもしろくってたまらないですね。



さて。

ずいぶんと昔、まだ結婚したての頃なんだけど、

里帰りしてかつての友人と遊んでいた時、ふと街頭に立つ手相見さんに見てもらったことがあります。

何を言われたか細かいことは忘れてしまったけど、ひとつだけ強烈に覚えているのが、


「あなたは42歳で、しがらみから自由になれますね。」


というコトバ。


どーゆー意味なんでしょうね?

いろんな意味が考えられてしまいますが、少なくとも「いい自由」を想像しときましょう。

ほら、肉体から自由になる、とかもあるじゃん?あたし早死には嫌よ。

まだまだ可愛いムスコを可愛がって生きるんだもの。


そうそう、小学校6年生の時だかに雑誌の全員プレゼントで鑑定してもらったホロスコープによると、

あたしは「晩年の方がしあわせになれる」のだそうでした。

当時は、「えー?若いときダメなのー?やだー」とか思いましたが、

今思い出してみると、なかなかこの先も希望が持てそうでいい鑑定結果だと言えるかしらね?


旭日少年遊撃手 さんのところで紹介されていた「真実の性格占い 」。

ま、あたしはホロスコープくらい自分で書くので、上昇宮水瓶座とは前々から当然知っていましたが。

旭さんところの結果の口調がとってもおもしろかったのでやってみました。


以下、あたしの結果どす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ホントに変わり者だよなー、おまえって!!
なんつーか、個性的?
オリジナリティ、ありすぎって感じ?
一見、普通のように見えても、どこか「人と違う」ところがあるんだよ、おまえには!!
だいたい、なんでそんな「人があまりやらないようなこと」が好きなんだ?
まあ、個人の自由だから、別にいいけどさ。
自分の意見をガッチリ持っているのも悪くないと思うけど、

どうもすぐに説教くさくなったり、自論を人に押しつけたりしようとするのは、

ハッキリ言って、うざいと思うぜ?
って言っても、おまえは自己主張が強すぎるからな。
だからいつも一匹狼なんだろうな~。
ひとりでいるほうが気楽なんだろうけどよ。
そのくせ、類は友を呼ぶから、変人の友達も多いしな!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そーなのか?

あたしはずいぶん見た目普通になったと思っているんだけど。

それに伴って、行動も相当普通に・・・・・・・・・。


いやしかし、うなずけてしまう。


ホットイテクレ。・゚・(ノД`)・゚・。


でも、こんな自分も、・・・・・・・スキさ_| ̄|○

あたしの友だちは変人認定www。

だけど友だち少ない_| ̄|○


ちなみに、本来の太陽星座は乙女座です。

言葉にすればするほど意味のない小宇宙ですw


旭さん、バトンほっといてこっちTBしてすんません。



何日仕事したら、新しい靴買えるかな?

もっと行ったらエステジェンヌ買えるかな、

と、日々出勤してるんだけど、

大きくお金の入り用なことがあって、

そんな楽しい妄想してられなくなった。

(いやさ、実に単調な仕事してるんでね、お楽しみの資金だ、とでも思わないと

つ・ら・い・・・わけなんだよな)

やってらんねー!

ともちょっと思ったけど、

あたしはこれはディフェンスなんだと思うことにした。
献身的で、華麗なプレイなんかじゃないけど、

崩されないためには不可欠。

華麗に稼いだりしてないけど、何もしてないわけじゃない。

今できる大事な働き。

そりゃ上がってくチャンスがあれば、狙ってくさ、いつだって。

あたしはディフェンダー。

ともかく試合には出てる、と思えてる。