ハロウィン。

某所に書いちゃったんだけど、ワルプルギス・ナイトは4月30日でした。

ハロウィンと同様、聖人の日前夜ということで勘違いしてました。


さてハロウィン。

まずはケルト民族のお祭。

ケルト民族は、10月31日を年の終わりと定めていて、

太陽の神が、死の王に囚われている日だとしていたようです。

さらには、死者の日、と。

翌日の11月1日は新年。

新しい年のはじまりというのは、再生のイメージなのね。


キリスト教がブリテン諸島に伝わって

(このへん調べたんだけどいまいちピンとこない。

世界史の学習でもずいぶん流していた箇所だと思われる。

今更ながら、ちゃんと勉強しとけばよかったよ、と思うよ。

600年代のようですな)、

もともとの土着のお祭と融合したとも言われています。


で、キリスト教では、万聖節が11月1日。

すべての聖人の日であるわけね。

列聖されるのは、どの聖人もみんな死んでからなので、

死者を悼む日という習慣はそのへんから転じたのかもしれません。


わたしはヨーロッパには行ったことがないのですが、

実際にこの時期の彼の地には、なにがしか「死と再生(シト再生じゃねーぞ)」を

深く思わせるような空気や風が存在しているのかもしれません。


さてさらに、古代ローマのお祭が11月1日にあったんですね。

これは「ポモナ」という果実の実りの女神のお祭であったそうです。

もしかしたら、フランス語で林檎はポムといいますが、ポモナの名前からきたのでしょうか。

かぼちゃだの、ナッツだの林檎だの、豊穣のイメージがハロウィンに加わっているのは

そういう理由からかもしれません。


語源としては、・・・Hallow(神聖な)+een(even=evening)、という説が有力のようです。


で、アメリカには、アイルランド移民あたりから伝わって、

なぜかこうもにぎやかなものになっちまったと。


日本には、もともと収穫祭の意味合いのある村の秋祭りがありましたが、

日本の食糧自給の根幹を成す農業が青息吐息であるところに持ってきて、

そういう地域共同体の習慣が都市化によって薄れ廃れほろびたところに、

西洋カブレが大好きな国民性の表れあるいは商業的意図も多々存在し、

ま、このような状態になってきているというのは、

みなさんのご覧になっている通りの有様でござりまする。


そして、みなさまお馴染みGoogleのトップページのロゴが、

今日はハロウィンバージョンですよ(^-^)



AD

AFCユース選手権インド2006 グループリーグ グループC 第1戦
10/29(日)19:30キックオフ(日本時間)/スリーカンテーラヴァ スタジアム(←あの、犬入ってきたとこでしょ?)


U-19日本代表 2-0 U-19北朝鮮代表



得点者:33' 河原和寿、83' 柏木陽介


ってなことで、昨夜、BS朝日の生中継を楽しく見てましたよ。


足元が滑りやすく、ぼこぼこのピッチ状態だったので、ロングボールを使うシーンも多かったですが、

後半あたり時折、


「うおぉぉおぉぉぉ!」


なんて、うなっちゃうような素敵「つなぐサッカー」を見せてくれたりして、

十分楽しめました。


えーとね、可愛いのはね、新潟の田中亜土夢くん、鹿島の内田篤人くん、柏の柳澤隼くん。

(あくまでも自分の基準で。田中くんの落ち着き払った老け顔好み♪)

それと別格wwwサンフレッチェ広島の柏木陽介くん。甘い、今風の顔立ち。やんちゃな表情。

 い け て ま す 。

プレーの出来も大層よかったですよ。

トラップもパスもミスがなく、広い視界で大胆かつ正確なサイドチェンジ。

サンフレッチェで既にレギュラーをつかんでいるだけのことはあります。(てか、残留してくれよ!)

(絶好の位置でのフリーキック外してたけどwwwご愛嬌ってことにしておいてあげます)

そして、膠着状態になったかとも思われるような時間での貴重な追加点。

これは再三前に抜けていく動きや意識が実ったように思われました。


笑ったのは、得点後、極端にインドのテレビカメラが柏木くんばっかり映すようになったこと。

やっぱ、可愛いからかなぁ?


そりゃ、大喜びですことよわたし♪


そして試合後のインタビュー、インタビュアーがかみかみなのと、

柏木くんの目が宙をさまよってるところは、結構見所です(コラ!)。

あ、再放送ありますから。地上波でもNHKBSでも。


サンフレッチェ広島では、若手の選手に「話し方教室」みたいなのを受講させていたと

記憶しています。柏木くんが受けてるかどうかわかんないですけど、

一生懸命に言葉を選びながらの受け答えは、真面目な感じで好感度大でございました。


AD

想定内

HeyHey!

木曜日の面接んとこ、落っこちたぜぃ!

YeahYeah!!!


ま、こちとらも「こりゃー違うなぁ」と思いながらの面接で、

だもんで本命の話もしちゃったんだもんな。


そんでもって、今日も面接を受けてきました。

こっちは好感触だったんだよな、自分としては。

ふつーの事務じゃないけど、やってみたいと思ったし。

(だから、やっぱり「長期で・・・」と言われたとき、

・・・本命の話はできなかったんだよな。

ま、本命、落ちてるかもだしさwww)


こっち落ちたら、ぷちへこむかもね~。


こんだけ待たせておいて、採用のお返事は今週中なんですって。

ちょっとー、もうー。

じれったいわねぇ。

そんなんじゃ、いい人材っての、逃げられちゃうわよ。

なによ?文句あるの?

なによ?その顔。

わかったわよ。

働いてあげるわよ。

べ、別に、この仕事、どうしてもってわけじゃないわ。

そうよ。

あんたが働いて欲しいって言うから、働いてあげるんじゃない。

ふ、ふんっ。

や、やめろって言ったって、やめてあげないんだからねっ。

ほら、何すればいいのか、教えなさいよ。

ほ、ほらっ。

い、一所懸命、やってあげるわよ。

べ、別に別に、あんたのためなんかじゃ、ないんだからねっ!!!


      ↑

これが今流行wのツンデレ求職者バージョンです。ほんまか。いや、今勝手に作った。

素直クールは、このシチュでは極めて普通になってしまうのでおもしろくないです。



AD

このブログは、2004年11月25日に、勢いで開設しました。

もうすぐ、石の上にも三年。

なんとかかんとか、続いてきました。

読んでくださってコメント下さるみなさまの、お陰。


いろいろシステム上の問題も多発のアメブロですが、

読者交流が盛んなのが特徴的といえば特徴的なのではないかと思います。


たとえば「読者登録」。

それぞれの記事に、コメント入れられなくっても、

「いつも読んでるよ」

の、気持ちの表示。


それは、形骸化しちゃってたり、

場合によってはご自分のところにアクセスを呼び込むためだけのツールに

成り果ててる部分もなきにしも、なく。

(ご多分に漏れず、うちの読者さんも3割はそう。

そのような方のところとはリンクしません。

気持ち悪いから)


それから、3年も経つと、閉鎖しちゃったり、更新停止されたり、

そんな方もおいでです。


だから、

読者数が100人になりましたけど、100人が毎日寄ってくださるようなブログじゃ、ないんです。

だけど、

それ以上の気持ちや、言葉を、わたしはいただいていると思っております(勝手に?)。


そして、100人目になってくださった方は、


「好物記録」の吉乃さん♪


ありがとうございます。

こんな手前勝手なところに迷い込んでくださってご興味いただいて。

生まれたばかりの、ぴっちぴちのブログです。

そして、さすが、長く書いてらっしゃるだけあって

(このへんは実際にご覧になっていただくとして)、

こなれた文章が読みやすく、素直で真摯な気持ちがふんわりと伝わる、

そんなブログとお見受けしました。


いや、実はね、この方101人目でしたのよ。←それもキリとしてはいいナンバーですが♪

100人目さんは、よくある絨毯爆撃系読者登録さん。

だけど、どなたかが登録をお外しになられたので、

見事?繰上げ100人目。

またいつどなたかが登録をお外しになるかわかりませんので、

今、この時にこの記事をアップせねば!と思いました。


すでにサイドバーにはリンクあるのですが、

吉乃さ~ん、勝手に本文にリンク貼っちゃった。

問題あったら、ご連絡くださいねm(_ _)m

惨敗かも~。

うひゃひゃ。


試験の出来、多分非常に悪いです。




回りには新卒とおぼしき方も。


アタマの回転とかさ、数学から遠ざかってる年月とかさ・・・。


読めても書けない漢字たち・・・。




ああ!(←天を仰ぐ!)
















ってなことで、切り替えて次だ、次!




今日の試験が「落とすための試験」なのか「一応判断する材料としての試験」なのかで


結果が決まってくる・・・・・・はずだと思うのだけどね。




いや、淡い期待はやめましょう。


切り替えて、次だ、次!





本命様の、筆記試験なのであります。

慌てて、中学程度の数学や英語なんかおさらいしてみたりしてw

中学校の教科書から出す、ってんですもの。

それから新聞と。

ちょろい、とか思ってたけど、今日になってあせってみたりして。

因数分解なんて、記憶の遥か彼方でしたよ?(で、でないよね・・・)


ああ、これでダメなら、それだけのことよ!


なにかかにかとめじろ押しなのであります。


夫は言うんだな。

「いままで十分(時期を)待ったんだから、そんなに慌てなくっていいんじゃないの?」


「誰のために時期待ってたと思っとんじゃおんどりゃあ。」


・・・・・

・・・・・

と、一瞬思いましたが、まあ、それはそれとしてw


そーかなー。

慌てすぎ?

でも、鉄は熱いうちにって言うじゃん?


今まで、行動起こそうと思っても、なにかピンとこなかった。

明日や明後日の予定が気になって、動き出せなかった。


やっと、今、なんだよな。


なんか今日はまとまんない。

経過報告。

面接、行ってきました。

背中を押してくださった方々、ありがとうございます。

行ってよかったと思っています。


感触も、職場環境も、悪くないです。

ただ、拘束時間がちょっと長めで不安なのですが。

でも、週3日。

なかなかこんな条件ありません。


採用されるかどうかは、わかりませんが。

(てか、昨日の時点で、採用されること前提で話をしていたあたし・・・

 お  こ  が  ま  し  い  わ !!!!www)


採用されたら通知を下さって、翌日打ち合わせ、そのまた翌日から出勤です。


来週最初に、もうひとつの面接があるので、それを済ましてくるまでは

その日の電話には出ないことにします。


もうひとつの方も、見てきます。ちゃんと。


本命さまのことも正直に話しました。

そこが本命だけれども、そこがダメで、こっちに受かってたら、

一生懸命長くお勤めします、ってお話してきました。

それでダメって言われたら、それはしょうがありません。

それでも社長さんは、わたしをもし採用したいと思ったらこのまま採用して、

本命に私が合格したら、また次の募集をかけるとおっしゃいました。


(本命でないもうひとつの候補のことは、言いませんでした。

結果がわかるのが月曜日だそうなので)


てか、時間や曜日のこともあるので、次の面接で見てくるところが良かったら、

そっちの方がいいかな、とも思ってます。


それもこれも、行ってみて感じたこと込みで判断できること。


そして、社長さん、というひとは、みんなバイタリティがある感じの方ですなぁ、って思いました。

悩むなぁ

ふたつ下の記事で、

「さぁ、あした面接にゆくぞ!」

とか言っちゃったけど。


迷ってます。


そこで

「じゃあ、明日から来て下さい」

って言われたら、

月曜日にお約束してるのは、自動的にお断り?


でも、そこも気になる。

条件面はどっちも100%ではないし、

そこは面接の後詰めればいい、とも思ってるけど、

明日の分、詰めてしまって、


「でもちょっと待ってください。」

「それなら結構です。」


ってなってしまわないかな・・・。

そもそも、お待たせするのって、誠実じゃないんでは?


その後、もともとの志望の方も


「う~ん、やっぱりご縁がなかったということで・・・。」


って、虻蜂取らずになっちゃわないかな。



てか、もともとの志望って、あたし本命があったんだった!

でも、そこへいける自信がないから、別のを受けようとしてる。

それって誠実でないのかな。


あー、そういえば、就職応援サイトに、

本命の結果待ちの間に、第二志望から内定もらったどうしよう、

って相談があったな。


それ読んでこよ。


う~、悩む。



やっぱり、明日朝一でお電話して、延期してもらおう!

それでダメなら、縁がなかったってことだ。


翌朝の追記:みなさんからのご意見にしたがって、

やっぱり行ってきます。お断りの電話はしません。

いろいろにょろにょろ揺れていますが、

こんなわたしにいろんなアドバイスありがとうございます。

なにぶん経験がないし、立場がいろいろなので、

周囲にもなかなか話せないものですので。


がんばりますっ!


今日の郵便は届いてしまいましたので、

もしかすると今日の連絡は、もうありません。


なので手元の就職情報誌から、ひとつ選んで電話。

明日面接ということで。

(わーい、スーツが役に立つ~)(←なんだろねこのひとは。結局「お洋服」ですかね)


時間と日にちを、あまり多くなく働きたいのですよ。

そして、立ち仕事はあんまり続かないだろうな、と思うので、

現時点では考えていないのですよ。

なので、応募できるところは限られてくるのです。


そして、いろいろ情報誌や

転職(あたしが見るにはおこがましいくらいの職歴の話がいっぱいw)サイトなど

見ていて、思ったのは、


自分は、10年後もできる仕事、っていうか、10年後には時間的にフルタイム程度働いていたい。

(待遇はもう問いませんよ。たくさんのひとがパートタイマーに甘んじている現状を見て、

なんのたった今スタートラインにならんだばかりのわたしが、正社員とか言えましょうや)

そこへつながるような仕事を、できればチョイスしたい。

出来るかどうかはわからないけど、定年程度の年齢まで続けていける仕事をしてたい。


だけど今はまだ、ある程度子どもと家庭に、心を注げる環境でいたい。


できれば、人と関わっていける部分がある仕事がしたい。


即返事即連絡即面接即採用・・・だったら、

こんな風には考えてなかっただろうな。


わがまま、だけど、ひととして正当なわがままだとあたしは思うんだ。


何ごとも発展途上のあたしの道のり。

がんばれ。39歳のあたし。



なんて書いてたら、履歴書送ったところから面接の通知がきたよ~~~~~っ。

来週月曜日ですって。

どうしたもんでしょうねwwww

仕事の説明もするとか言ってるから、なんか好感触だぞ?(どうよそれ?)(甘くねぇ?おいら?)


こういうことって、必ず悩むようなことになるもんだ、って母が言ってたな。

母の場合、悩んだ問題って、結婚相手だったそうだけど(そ、それって?!)(二股か?ふ、二股なのか?)

(いや、お見合いした相手についてだったそうだ。はははは。最初聞いたときにはびっくりした)。


あしたの面接については、・・・現在の正直なところを話してこよう。

時間などは最初のところの方がいい感じ。

待遇は、???どうだろ。行って見ないとわからない。

それで、もしも「欲しいな」と思ってもらったら、少しは待ってもらえるだろう。


きっと、本命の面接の練習にもなる。

明日は行ってくる。うん。


おうちに、ぱわーぽいんと、っていうそふとがあるって、

うちのだんなさんにききました。

(ひらがなの中に「だんなさん」ってあると、奉公にでも来た

字がようやく書けるようになった田舎出身のおんなのこみたいですw)


おしごとをさがすときに、たくさんこの「ぱわーぽいんと」ということばをきいたので、

どんなものなんだろう、と、さっそくいんすとーるしていじってみました。


わあ。


おもしろーい。


さっそく、じぶんの自己紹介かみしばいみたいのをてんぷれーとつかってつくってみました。

ひとりでできるもん♪


てか、

これかみしばいつくれるお\(゜∇゜)/←違うだろお前。


・・・と、前向きな振りしてやっぱり遊んでるあたしでありました。

これ使わなきゃみたいな職場には、

39歳事務営業未経験者には用はないんじゃないかな、とも

思いましたとさ。


そして、Accessは開いてみたけどわけわかりませんでした(^-^)