びっくり。

いままで毎年、バレンタインの日には「両手」に手作りのチョコレートをぶらさげて

おうちに帰っていた、ムスコの同級生が、今年もらったチョコレートは、ゼロ!


おかあさまから聞いた話だから間違いない。


え?え?え?


そのボウヤが、いきなり悪ガキに変貌して、女の子たちが愛想をつかした・・・・

ってことじゃ、もちろん、ない。


で、ざらりと周囲の話を総合すると、どうやら今年は

女の子の行動の向かった先は、


男の子へのチョコレート<友チョコ


ではなかったのか、と。


お返しもこないこともある男の子へのチョコレート、

しかもたいして嬉しそうな顔もしないやつへのチョコレートより、

手作りの大変さをお互いわかってる、しかも手をかけたところや洒落たところもちゃんとわかってくれる、

そのうえ翌日にはお返しをくれたりする友達へのチョコレート。


ふふふ、小学生女子なら、まだそんなところでしょう。


だけど、やっぱりムスコのクラスに、数年前に転校してきた

おっそろしく顔のきれいな男の子がいるんだけど、

その子はバレンタインの前日からたーーーんともらってたそうな。

去年4年生だった時に、6年の女子からもらったという逸話を持ってるんだよな、その子。

まじキレイな顔。

まじ5,6年後が楽しみ。めちゃめちゃ楽しみ。

え?食いませんよ。眺めるだけ。当たり前でしょ!



AD

春の服

今日はまだ2月だというのに、

街のショウウインドウにはもうパステルカラーの春の服だ。


流行がひらひらフェミニンの流れのままなので、

襟元にフリル、胸元にレース。


あんなのを着たら、あたしも蝶々になれるかしら、ってうっかり思いそうになる。

季節ごとに、いままでの服をぜんぶ捨てて、ひらひらふわふわと、街で見つけた

キレイな色とはだざわりを全部身にまといたくなる。


昼食に入った、パスタとケーキを出すチェーンのセルフカフェは、

ちょっと若さに翳りが見えるおんなたちもいっぱいいた。

あたしはあっちなの?それともこっちなの?

そのうち「あ、これキレイ」と手に取った服を鏡の前で胸に当てて、

その華やぎに、その服の華やぎに、ふと気後れを感じる日がくるのかしら。



AD

色彩のブルース

銀恋。。 で、恥ずかしながら初めて聞いたEGO-WRAPPIN'。

濃厚な音と、クールなヴォーカルに、やられた・・・。


買ってきました、『色彩のブルース』。


帰宅してからずっと流してる。

おかげで昼下がりからもう真夜中だ。



銀ちゃん 、これからもいろんな曲を聞かせてね♪


AD

腐った耳は、耳朶のかたちもゆがみ、リンパ液がぬらぬらと糸をひくまま、

そのうちどろりと融けて落ちたのであります。


残った穴は、暗ぐらとして茫漠として、粘液に覆われて、

とめどもなく、しとどな液体をとろとろ、とろとろと吐き出し続けます。


見ると、その双眸は、これもまたどろりとしたにごりをたたえて、

その目の持ち主が、もはや正気ではないことをはっきりとつたえています。

くちびるははんぶんひらいて、そしてその冥い赤い色が、つながっている粘膜が

すべてすべて炎症を熾していることをしめしています。

ぶくぶくと膨らんだ舌が、そこだけやけに白々と光った歯に囚われて、

ちろり、とだけ見えました。


もう片方の耳は、腐って落ちこそはしていませんが、やはりとろりとした液体を垂らして、

それがみみたぶの下の部分から、ぼたり、ぼたり、と落ちているのです。


突然、それまでなんでもなかった鼻の穴からも、どろどろ、どろどろと

最初はうす黄色の、そしてついには桃色がかった灰色に見える

豆腐をつぶしたかのようなものが、どろどろ、どろどろと流れ落ちはじめたでは

ありませんか。


そのどろどろしたものには、たまに赤い塊り状のものが混ざり、

そんなものを実際に見たことのあるものは殆どいないというのに、

その様子をみたものはみな、「あああ、これは脳髄が腐って溶け出しているのだな」と

納得せざるを得ないのでした。


いつのまにか、とろとろと流れていた耳からの液体も、

どろりどろりとした灰色のものにかわり、

どんよりと濁っていたその瞳はもはや、

この世ではない灰色の砂漠を映し出しているのでした。

いやもう、ふつかおうちを空けると、おうちが荒れきってる、ってどうよ?

やっぱ子どもがサカーやってるうちは、オシゴトとかあたしの体力じゃ無理なのかなぁ、って

思ってみたり。いやいや、決め付けるな。知恵と努力でなんとかしてやる。


コメレス、非常に滞っております。

今日のうちになんとか完了したく思っております。

耳のピアス穴の腐敗が、耳全体にひろがり、鼓膜も冒されました。


なのでもう、

「君は天使のようだ。」

「愛してるよ。」

「荒川静香のイナバウアーのように優雅だ。」

などという賛辞以外は聞き取れない耳になりました。


みなさま、今後はそれでよろしく。

あああ、脳の一部も腐っていく・・・。


(この記事はフィクションです)

(真面目な心配コメント禁止!!)

(え?別の意味で真面目に心配してるって?・・・それはそれでちょっと・・・自分がかわいそうになる)

一生懸命頑張っているオリンピックの選手を

おちょくるような記事を書いたむくいでしょうか。


ピアスの穴が腐りました。ぐじぐじ。


因果応報。ごめんなさいごめんなさい。(でも削除しないもん)


あしたのために早く寝ます。

早起きしてテレビ見るんだもん。

腸内だ!キレイにするぞ!この際だ!


なんていい始めてから、かれこれひとつき経ちましたよ。


で、どうだって?


あれから、たかむらさんからのご助言で、食事のメニューにかさのあるものを組み込んでみました。

うまいです。おから、きんぴら、切干大根♪・・・そーじゃなくって!

薄味にして(そしてやはりたかむらさんの書いたものに影響を受けて、だしこそ引かぬが

だしの素のかわりにかつおぶしを放り込んだりして)、思い切ってわしわし食べてみたら・・・。


順調順調。


相変わらずバナナだのヨーグルトだのはよく摂っていますが、

食物繊維を多く摂ると、どうも砂糖の甘さをあんまり口が欲しがらない気がします。

お菓子をあんまり口にしないひとつきでした。


順調順調。


で、ハラ回りがすっきりしてます。

ほんとです。

うれしい副産物です。

あたしは胸がナイので、胴体はなんとかくびれてないと、非常に見栄えが悪いです。

この冬の時期はどうしても出不精になるので、おなかはぽこん、になりがちなんですが、

なんとまあ。

下腹の醜さがあんまりないです。

やれうれしや。


思えば吹き出物もないぞ。普段もあんまりないけど。


というわけで、もうすこし続けます。


本来は、毎食後に自然なお通じがあるのが人間としてはいいらしいのだそうですけどね。

そこまでは無理としても。

元気な子どもを5人も6人も産みそう・・・安藤さん


難産で命を落としそう・・・村主さん


分裂して殖えそう・・・荒川さん



・・・・・明日未明のフリーの演技、期待しております。(←またまたとってつけたように)

                             (いや、でも、マジで楽しみなんだって)

佐~~~~~~藤~~~~~~~寿~~~~~~人~~~~~~~!!!


代表初ゴ~~~~~ル!!!!


正直、前半は、今年のJリーグ選手名鑑眺めながら、携帯いじりながら、

ぬる~く見てました。TV。


100ゴール?小野?あ、そう。

そんな感じ。


後半。

なに?選手交代ナシ?

おどりゃ、わしらを舐めよるんか。

え?じーこのおっさん。

ええかげんにせんと、痛い目みることになるけーの。

おぼえとりんさいよ。

(広島の人はいつでもこんな風にしゃべっているわけではありません念のため)


でも、ハーフタイムの前にアップする寿人の姿がテレビにうつっていたので

大人しく待ちます。

「えーっ、なんで茂庭を先に入れるん?」「えーっ、遠藤も先に入れるん?」

なぞと咆えながら待つことしばし。


佐藤寿人投入。


いやったー。

テレビの前に居住まいを正すわたし。

ここからが代表戦よ。わたしにとっての(何か違)。


1アシストそして1ゴール。

短い出場時間の中で、必死に走っていい動きをみせて、アピールした寿人。

アシストもよかったし、ゴールも、ボールをキープした時点で、

「これは入る!」

と、思いましたからね。


あああ、でも、やっぱり短すぎる時間。

合わない連携。まだまだ代表では新人の寿人。まだプレーを熟知してもらってないわけです。きっと。


代表ゴールはわたし嬉しくって、うちのなかでハラヒロミジャンプしてましたけど、

でも、あの試合では点とって当然っちゃー当然。

できれば二点三点取ってはじめてニューヒーローになれたでしょう。


そう考えると、まだまだ代表定着は微妙ですが、できる限りの努力を今時点で

寿人はしたんじゃないか、と思います。


正直、寿人しかみてない代表戦でした。

それから、巻のハラw