ここ数週間で、綺麗のために買ったもの。


フィーノ ヘアパック(ヘアトリートメント)

セシェ ヴィート(ネイル トップコート)

茶のストッキング 4足

ベージュのタンガ

詰め替え用メタル容器(ヴァセリンを小分けにして持ち歩くため)

詰め替え用鶴首容器(お水をゆっくり少しずつ、顔にたっぷりかけると、リラックスしてスキンケアにも

                          なるらしい by佐伯チズ もちろんお風呂の中でする)


新しい服とか、今はいらない。

新しい色のコスメも、今はいらない。

新しいアクセサリー・・・はそそられちゃうけど、買わない。

(でも、素敵なお店を見つけちゃったよ!)


今あるものを、大事に素敵に使いたい。

モノがたくさんあるきらきらした街の中をひらひらと歩いて、

あたしはそう思った。


ヘアトリートメントって、こないだ初めてしたのよ。

そう言ったら、一緒に歩いてくれたふぅちゃんに笑われちゃった。

@コスメで調べて買った入魂の一品!だったわけだけど。


今悩ましいのは、ファンデーション。

チープコスメで通すか、

イイのも揃えて(資生堂マキアージュが気になる!)使い分けるか、

普段からイイのを使うか。


チープコスメと言っても、石澤研究所のははぎく水おしろいだ。

使用感が非常に軽いのであります。正真正銘の薄化粧。肌への負担も軽いわけ。

しかし、マキアージュ、非常にさらっさらですべっすべである、と資生堂関係者が

掛け値なしで言うわけ。

両方使い分け・・・といっても、正直、片方でも何シーズンも持つありさまの現状、

使い切れないコスメを使い分ける・・・片方は安くもないのに!ああ、そんなことできますかいな!

でも、普段からキレイになれたら、ああん、いいよね。


悩む悩む。悩みまくり。


悩むと言えば、お昼はホテルの「ベジタブルブッフェ」という

野菜料理のバイキングに行ったのだけれど、

体のなかからキレイに~とか思ってでかけたのだけれども、

なんか高脂質のものたくさんいただいてきちゃったかも~。

(ほうれんそうのニョッキ!うますぎ!パッションフルーツのムース!とろけるフレッシュ!)


おいしかったから、いいことにしましょう♪


今週は、おでかけウィークだったなぁ。




AD

現在あたまのなかを東京事変の『遭難』がかけめぐっている。


口をひらくと『林檎の唄』がこぼれでる。


鼻歌は『群青日和』だ。


そう。『教育』の聞きすぎ。


あ・・・・。誰かあたしをカラオケに連れてって。

そしてこの脳内で化膿したようにうごめく東京事変を、ノドを切開するがごとく

音でもって中身をだしてしまってすっきりしたいわ。ああ、したいわ。


『夢のあと』も泣けるんだな。


あ・・・「ひとりでいけ」って、おっしゃるのね。おっしゃるのね。

ああ、いいわ。ひとりでいくわ。

AD

佐紀ちゃん♪

会って来たよ~~~~ん♪

佐紀ちゃ~~~~ん♪


キュートで楽しいさっぱりした素敵なお嬢さん。

アクティブと落ち着きが同居した、自立したお嬢さん。

お話を聞いていると、自律にはちょいと欠けているあたりが、たまらなく魅力的なお嬢さん。


話の内容は、昼間っから、初対面(なんですよあたしたち)の女性が交わすような

内容ではなかったことだけは、まあ暴露してもいいかな。(いいよね?)

いや~~~、いっぱい笑った。

めちゃめちゃ元気もらっちゃったよ。

若さもちょっぴり吸い取った!えへへへへへへへ。


わたしが日中のわずかな時間しか空いてない日だったので、

そのお時間だけお相手してもらいました。

ほんとは、夕刻まで一緒にいたかったよ。佐紀ちゃん。


んで、佐紀ちゃん似顔絵。

書いといてなんだけど、似てないかも。

もっと、すっきり、佐藤藍子を混ぜるといいかも。

佐紀ちゃん似顔?

似顔絵の主さま、お気に召しませんでしたら、ダメ出ししてください。

かっぱに差し替えます(かえって迷惑!)。

AD

いとしのサザン

あるところでサザンの話で盛り上がりまSHOW!!!という企画をしているので、

(記事名は違うよん)そこにトラックバーック!アターック!カマタマーレ讃岐!!!(なんのこっちゃ!)


全曲知っているわけではありませんが、

サザンのデビューを知っているくらいのライトなオールドファンとして、

(これ、そこ、トシを数えるでない)

好きな曲をつらつらあげていきませう。


サザンの曲って、恋の気持ちによりそっている。


恋のはじまりの、こころざわざわした感じには

『恋のジャックナイフ』

が似合う。

しかも、タバコと夜が似合う恋。


そしてフィジカルな情熱の時期には、

『MY FOREPLAY MUSIC』

『ボディスペシャルⅡ』

なんてのもいいね。


まだだれにも付き合ってること言ってなくって、だけど関係だけあるときに、

めくばせしながら『匂艶THE NIGHT CLUB』なんて、スリリングでいい。


だけど『朝方ムーンライト』。ほんとうに欲しいもののことを、考えてみる。

この曲では「♪吐息の合間に 雨の音がする」っていうフレーズが好き。


惹かれていく、誘惑してしまいたい、わたしもあなたもアクマ。

そんな時期には『エロティカ☆セブン』。

実は忘れられないのが常盤貴子のきれいなバスト・・・。


かなしみの気持ちには、『私はピアノ』。

唇を少しかみながら、一緒にくちづさみましょか。

「おいらをイヤになったんとちゃう ん~ん そんなことないわいな」って

笑わせてくれるとこもよいね。

(どうでもいいけど、ここでマラソンのワイナイナ選手を思い出すのはあたしだけ?)


泣きのメロディーなら、

『さよならベイビー』

『真夏の果実』

『NEVER FALL IN LOVE AGAIN』

さよならベイビーは、最初聞いたとき、ちょっと鳥肌が立った部分があった。

「♪泣いたりしないで オトナになれない」のところ。

なぜかしら。


普通にメロディアスでおしゃれで好きなのは

『BYEBYE MY LOVE』

『ミス・ブランニューデイ』

『愛の言霊』

かな。

特に思いいれなく聞けます。

でも、好きな曲よ。


逆に、なんか物思っちゃうのは

『メロディ』

『シャ・ラ・ラ』

『Oh! クラウディア』

特にクラウディアは過ぎた恋を思い出す・・・。

それから、ふと化粧中に歌いだしたりするのは「アイライン」という歌詞のせい。


『夏をあきらめて』はカラオケでも歌ったりする。

『恋のジャックナイフ』もよく歌う。

桑田さんのとは別のものになっちゃうけど、結構好評なのよ。


さて、一番好きなのは、『EMANON』。

イントロから、泣けてきちゃう。

恋は無常。


そして別格!

『タバコロードにセクシーばぁちゃん』

あたしゃ、こんなセクシーばぁちゃんになって死んでいきたいわいな。





朝から、東京事変をかけながらうちのことをしていた。

それから、ちょっと買い物に出かけて、

その間中『群青日和』と『りんごのうた』が頭の中を疾走していて、

帰ってからは椎名林檎をかけていた。


家族も生活も、なんにもかんにもあたしからはぎとって、

都会にぽい、とあたしをほおりなげたら、

あたしはもしかしたらこんな気持ちを感じながら

生きていくのかしら。


なんて、不思議なファンタジーに耽る。


恋、なんてものは、配偶者があらわれるずっとずっと前、

まだあたしが初潮もみない子どもだった頃から、


あたしとあなた


じっと見据えれば、結局それしかない、そういうものだったということを

当然でしかないそういうことを、思い起こしている。


あなたがおとこなら、あたしは強烈におんなであるしかなくて。

あなたがおんなでも、よりあたしがおんななら、

おんなの部分がやはりあたしの中で強調されてゆく。

そういう役割を引き受けることが多かった。

無意識的なら、なおさらそうなるね。


あたしは今、ものすごく性的だ。



さて、椎名林檎と東京事変といえば、ひとり、思い出すブロガーさんがいる。

前に読者登録させてもらっていたのだけど、その方は未成年で、わたしのブログには

たまに性的描写がはいったり、当時はがっつり内容の詰まった「ルビー」の方とリンクもしていたので、

ちょっとまずいな、と思って登録を解除した。

それでもお気に入りに入れて、時々読みに行っていたのだけれども、

その方の環境や状況がちょっと厳しく、とても心配していた。

残念なことに、つくコメントも、玉石混合で、心配していても的外れだったり、

コメント欄でコメントしたひと同士でちょっと角付き合うような展開になったり。

わたしもコメントしようと思ったのだけど、一体なにを言えばその方のためになるのか

わからなくってコメントもメールもしないままだった。

このあいだ、久しぶりに読みに行ったら、そのブログはもうなくって。

ちょっと、気持ちにひっかかった、ままだ。

武田久美子と、海原純子読んだ。

以前なら、武田久美子?あのケバイおねーさん?そんなひとの本?

って、手にも取らなかっただろう。

海原純子さん(なんか敬称つけちゃうね)も、「タレントなんか医者なんかはっきりせぇ!」と

どこかで思っていて、本ももしかしてやっつけ本?とか思って読まなかったかも。

年取っていいことは、柔軟性が身につくことだ。(どうやらそれもひとによるらしいけど)


Dr.海原の本は、なかなかよかった。女性誌のキレイ特集にも、栄養学や心理学から

アプローチしているものは今時少なくないけど、もっと踏み込んで医学からの提言は

真理に裏打ちされてて、おもしろい。そして実行にも移しやすい。

根拠を示してくれると、応用が利くのだ。

そして、Dr.海原の好奇心も感じられるのが本として魅力。


武田久美子は・・・。なんにしてもトップを張るひとには、ドラマがあるんだな、と思いにけり。

小技でいただけるのがいくつか。

考え方でいただけるのがいくつか。

そんで、自信は必要なんだな。

ヌードの写真も載っていたけど、あんなコワイ顔してヌード、というのが魅力的でよく売れたの

だろうか?ああいうのが挑発的なのだろうか?たまたまコワイ顔のが載っていただけなのだろうか?


コーヒーのカフェインがよくないもの、というのを読んで、早速黒糖しょうが湯を飲むわたし。

しょうがしょうが。おんなにはしょうが。黒砂糖でミネラル。ゼラチンでコラーゲン。

(あの大発生しているエチゼンクラゲとか、コラーゲンとかたくさん含まれてないのかね?

コラーゲンになっちゃったクラゲさんなら、日本の漁業とわたしの美肌のために消費するのも

摂取するのもやぶさかでないぞ)

末端まで血行のいい、血の巡りのいいおんなでいましょう。


ご無体な!

テーマ:

今朝、出勤前のだーりんにふざけてじゃれついていたら、

ベッドにどさーん、とひっくり返って上からむぎゅう、とつぶされて、

「ぎゃーっ、いやーっ、だめーっ、やめてーっ」

って言ってるのに、

乳さんざんもまれた。

(ほお、もまれるくらいの大きさはあったんだ、と冷静に突っ込んだヤツ、手を上げなさい)


普段そんなことしないひとなのに~。

いや~ん、もお。

(いや、実はかなりうれしい)


////////////////////////////


追記:PM7:37

帰ってきただーりんとなんだかんだお話していたら、嬉し恥ずかし、ちょっぴり今朝の話になった。

「でも、揉み甲斐なかったな。」

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。」


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (号泣)。


佐伯チズ『佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方』

ヴィクトリア・モラン『体の中から「キレイ」になれる50の習慣』

エンサイクロネット・レディス+小山祐子『美人の裏ワザ400~一分間ビューティー術』

海原純子『「きれい」への医学』

山咲千里『美肌』

武田久美子『くみこの掟』


ブックオフに、漫画の本とか売ってきて(どうもここのところの吉野朔実の作品は合わない・・・)、

それ以上の量の本を担いで帰ってきてしまいました。あたしバカぁ?


しかも、美人になるぞ本、ばかりです。

ええ、笑ってください。よろしくってよ。自分でも笑えるぜ。あたしほんとにバカぁ?


昔は、「こうでなくては」という縛りが自分でも厳しかったから、

なんか本買ったら、その通りにしなくちゃいけない!ってまなじりつりあげて大変だったけど、

今回は、できそーなこと、よさそーなこと、のいいとこ取りをしようと思っております。

本から知識を得て、それを応用して自己管理に役立てる、それはわたしの得意技。

ココロの問題は、それで克服寸前まできました。

だから、次は。

野望を燃やすわたし。めらめら。余計な脂肪も燃焼してください。めらめら。


キミジマトワコの本も欲しかったなぁ。

別に彼女には(山咲千里にも武田久美子にも)そんなに個人的に惹かれるものはないのだけど、

気合と工夫はなにがしか参考になるものがあるはずだと思うのです。

部分パックをしながら家事をする、という有名なアイディア?はもういただいてますし。


死ぬまであげてみせます、おんなっぷり。宇野千代さん素敵♪