馬鹿から始める

思いがここに爆発!


テーマ:










先日、最近はかなり慣れつつある

休日家にいる 大会を行った

朝から「疲れた」を合言葉に

家でだらだら過ごす、そんな大会だ

裕福でないから元々あっちこっち行けるわけではないのだが…

不思議なことにこれを実践すると

いざというとき、動けなくなりそうな

予感もセットでついてくる、。

そんな大会の最中にちょっとした怪奇

現象が起こった。




ガダガダガダガダ





家の部屋の間仕切りの引き戸が動き出したのだ

「窓も開けていないのになぜ?」


長い間の揺れ?だったので最初は地震かと


思い警戒したのだが、どうやら戸が

一ヶ所だけ揺れ続けただけのようだった




そのまま特にオチもなく

気のせい、って事にして昼飯を食べるために

外出した。

食事中.あの揺れは何かのお告げ?

って事にして帰りに宝くじ売り場に

立ち寄った


スクラッチとロト6を買った

スクラッチは20枚で4000円

ロト6は20枚で2000円だ

帰ってすぐに削ったところ

なんとスクラッチは5400円当たっていた

その後のロト6ではなんと





8700円当たっていた

なんと8100円勝ち

それはそれですごいことだが

なんだかチンケだな~てことで

初のBIG六億円に挑戦することにした

今回はいい気になっていることもあり

30口9000円も買ってしまった

そして当せん日


なんと!!

9600円当たった

微妙~だがある意味すげーと思ったので

次のお告げを待つことにする
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





ヨーロッパではライオンの口から

出る水。

日本や中国はどーする?

やっぱ水の神っちゅーたら

竜だっぺ?

じゃあ一般の水道は小さいから

その小型だからヘビで

いいっぺや

てなわけで蛇口。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:







今回は鹿島神宮にに行ってきた

まずビックリしたのは広大な敷地で

その広さはなんと……(自分で調べてくれ)

まぁでかいことにはかわりない。

鹿島神宮と言えば平安時代の神宮の称号

があった3つの神宮の一つである

(伊勢神宮、香取神宮、鹿島神宮)

そのうちの二つが関東にあるのがまずビックリ

元のいわれは 武甕槌大神 (たけみかづ ちのおおかみ)さんが

降り立った地、このたけみづちさんは

地球がごちゃごちゃしてた時 高天原からやってきて

武神となって 地球?日本?を平定した?(あたた訳)
のちに天孫降臨するための下準備みたいなものかな?

とあるが、まぁその辺は気が向いたらあたた訳することにしよう

そこでスゲーものをみた

それが御手洗!だ

便所じゃなかった!(上写真参考)

ここもやはり特に立派な社があるわけで

はなく、広大な自然が古代森林として

祭られてる感バリバリだ!

そうそう御手洗だが昔はここで身を清めてから

参拝していたらしいってことは

やはりここも神聖な地って事だ

確かにかなりきれいで癒され感はある

森林も基本進入禁止になっていて、

大昔から大切に守られているようだ




そしてこの森を思い出すだけで何かしら

ご利益があるらしい

今後、御手洗いに行くときは身を清める

精神で挑もう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
















Android携帯からの投稿

以外と近くに古事記にまつわる場所が

あったことに、まずビックリした

それが橘神社だ。

どうやら日本武尊(やまとたける)さんが東征の

為に船旅に出ている最中、荒波でヤバイことになり

奥さん?(弟橘姫)が海に身投げすることにより

海が穏やかになり日本武尊を助けたとの事

その遠征中、弟橘姫を思い千葉の茂原市本納の地に

海岸に流れ着いた櫛と共に祭ったとの話。




いや、違うだろ!「荒波で妻が海に落ちた!」

このほうがしっくりくるかな?

いやいやまてまて!

これって神話でしょ?







橘神社の鳥居をくぐると左に社務所

正面に神社さらにその裏にさらに古い

神社、そこはかなり古く入れないが

横から見ると匠な彫り物もあり

かなり格式高そうな雰囲気が漂う

が、さらにその裏は小さな山がある

その小さな山を登ると橘の木が祭って

ある「写真参考」

どうやら昔の人々はこの格式高そうな

神社ができる前から小山を祭っていたらしい

さらにこの山は古墳でなんかしらでてきた

らしい。

本物か?

いやいやまてまて、だから、

だから!

神話でしょ!!?

うーん、調べてみた。


どうやら古事記は天皇が神々からの

末裔である事を日本人に知らしめる為

の文書らしい。で、日本書紀は海外、

おもに中国?に向けた文書らしい。

って事はそんな人類創世記前の話だから

うそ!ってことで!

そんなうそに我々は踊らされてた?

ってな事になる。


うーん、なんか引っかかる

ってな訳でオカルト方面からさらに調べてみた

独自調査ですが

震災を予言したチャネラーおばちゃんの

話で弟橘姫は茂原市みたいな事を言っていて

さらに竹内文書は本物。と言っている


竹内?どうやら古事記よりも前に沢山の文献があり

そのほとんどが偽りものとされているらしい。

そのひとつが竹内文書らしい。

さらにその竹内文書は古事記と内容が

かなり似ているがスケールが世界を舞台に

書かれている為行き過ぎと判断されたらしい

だか、古事記もそうだがこの比喩したような

表現はいただけない。


竹内文書の訳詞かたにもよるのだか

一説によると


高天原は宇宙でそこから日本に最初に降り立ち

空とぶ船で(UFO?)世界を統治していたらしい。

てな話。

あとは独自で調べてねドキドキ








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





Android携帯からの投稿





ちょいとオカルトだが

先日、印旛郡にある麻賀多神社にいきました

推古天皇の頃植えたらしき杉の木が

一番印象的でしたが、

この地では参拝に来た岡本天明

と言う人がいきなり何かを書きたい衝動

にかられ、自動書記により

日月神示なる予言書を書いたようです

注意!日進月歩ではありません

(俺だけか?勘違いしたの)

軽く調べただけだが 日本では知るひとぞ

知る予言書のようで、書いた本人も含め

解読にはかなり時間がかかったようです

その内容は恐るべきものかもしれないので

まぁ各自で調べてくれ。(本当に軽く調べただけ)

でもまぁこの麻賀多神社は個人的には

好きな方で杉の木含め神聖な自然あふれる

森!といったイメージであり神社仏閣が

すごいわけでなく、その地が神聖である

雰囲気バリバリ感が、いとをかし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





Android携帯からの投稿

スマホから投稿してみた。

反映されっかな?

ってことで!久々の更新

先日、知人の結婚式に招待された

回りはほとんど結婚済みの為

かなり久々だった

なんかいいよね、ひとの幸せってドキドキ恋の矢

と、いつもどおり偽善ぶるつもりだったが

式の中盤で新婦の職場(保育園)の子供たち

のメッセージビデオを見ているとき

それは、突然やって来た!

そう目頭が熱くなってきたのだ

ヤバい ヤバイぞ

と回りを見ると、同席しているおっさん

達も目をうるうるさせていた

その現象はおもにおっさん達にみられた

そう言う俺もおっさんだ

恐るべき涙もろくなるお年頃ガーン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。