名古屋場所千秋楽。その4では、この日に決まった幕下優勝についてお伝えします。

(敬称略。インタビューはテレビから採録しています)


<幕下優勝決定戦>

幕下は、13日目に、ただ一人全勝だった松谷が敗れたことにより(13日目その3 参照)、1敗で8人が並ぶ展開となりました。

優勝決定戦に出るのは、双大竜・華王錦・深尾・松谷・中西・竜電・玉皇・南海力。全員がまだ十両に上がったことのない力士で、楽しみな顔ぶれとなりました。


【一回戦】

○双大竜-竜電●

双大竜がまず左から攻めて、突きはなそうとします。右のまわしが欲しい竜電と、突きはなしたい双大竜。双差しになりかけた竜電ですが、双大竜がうまくまきかえて左四つに。右上手の双大竜ですが、竜電も左下手、右上手の体勢で、胸を合わせて竜電が寄ります。しかし双大竜が右上手から引きずるような投げで、上手投げを決めました。


竜電も健闘しましたが、双大竜がさすがの地力を見せました。来場所の新十両が確実な双大竜、まず一つ勝ちあがりました。


○深尾-松谷●

右からイナシ気味に立った松谷。深尾が突きはなしてどんどん攻めます。深尾の左おっつけに、腰が入りかかった松谷ですが、よく残して、今度は松谷が逆襲、左が入って右はおっつけから上手を取って寄りましたが、土俵際、深尾の右突き落としが来ました。軍配は松谷にあがりましたが、松谷が落ちるのと、深尾が左手を着くのが同時と見て、取り直しとなります。


取り直しの一番は、今度は松谷が頭からいい当たりで、右前まわしから出し投げ、出し投げで横から攻めた後、双差しになって一気に寄りましたが、最後のツメで一瞬体が伸びたところを、深尾の右突き落とし。今度の突き落としは決まりました。


*二番とも、激しい相撲となり、館内は大いに盛り上がりました。180キロを超す深尾の体は、波打つように躍動しながら、土俵際もしぶとく残します。好勝負となった一番は、深尾に軍配です。


○中西-玉皇●

中西が当たってすぐに左上手、深めですが、これでも中西には十分に力の出る上手です。上手投げから引きつけて寄る中西、右からすくって残す玉皇。一呼吸おいて、また上手から寄る中西、上手投げを打ちつつ寄りますが、玉皇はよく残します。上手を切りたい玉皇、腰を動かしてなんとかしようとしますが、中西は上手を離さず、腰を寄せて、寄り切りました。


30秒を超す相撲は、終始中西が攻勢でしたが、玉皇もよく粘りました。ただ、体勢はやはり中西にあり、玉皇は上手を切ろうとしたことで、かえって中西の力が出る形となりました。今場所は攻めに勢いのある中西が、この相撲もぐんぐん前に出て、勝ちあがりました。


○華王錦-南海力●

華王錦が左おっつけから、右を封じられた南海力が苦しくなって引いてきたところを、華王錦が一気に押し出しました。


*今場所、幕下で初めて勝ち越した南海力と、幕下上位の経験も豊富な華王錦の対戦は、華王錦が力の違いを見せたような一番となりました。花道では、新しい東関親方である、元・潮丸の姿もあり、弟子の華王錦の相撲を見ていました。


【準決勝】

改めてクジが引かれた結果、次のような顔合わせとなりました。


○中西-華王錦●

先に両こぶしを下ろして待っていた中西が、立ち合いやや左に動き、左上手には届きませんが、右の下手を引きます。華王錦が左小手に振ってくるのは、軽く振り払った中西。ここで華王錦の右が入って、華王錦が出ましたが、中西も左上手に届いており、中西が下がりながらその上手を離し、右からすくい投げを打ちました。


*最後は逆転勝ちの形になりましたが、序盤から流れは中西にあり、前へ前へと出る姿勢も見られました。今場所の好調ぶりがわかるような、堂々とした相撲で、中西が決勝進出を決めました。


○深尾-双大竜●

両者体当たりでぶつかり合って、深尾の突きはなし。右にまわりこもうとする双大竜ですが、まわりこめず、最後も左前まわしで出し投げを打とうとしましたが、深尾がかまわず押し出しました。


*味のある実力者どうしといった顔合わせで、楽しみな一番は、深尾が圧倒する展開となりました。70キロ近い体重差がある両者ですが、重い深尾の速さとパワーが炸裂。機敏なはずの双大竜の動きも間に合わないほどで、こうなると双大竜はどうしようもありませんでした。

先ほどの松谷との相撲では、柔らかい粘りで突き落としで勝った深尾ですが、今度は前へ前へと出る相撲。持ち味を存分に発揮し、決勝進出です。


【決勝】

○深尾-中西●

次々と取組が進んでいく、優勝決定戦。両者とも汗をかいていますが、特に深尾のほうは、呼出しに汗を拭いてもらうほどの汗のかきようで、息も上がり、咳込みつつ土俵に上がりました。

息を整えるためもあって、時間をかけて仕切る深尾。蹲踞の姿勢から立ち上がろうとして後ろにバランスを崩しかけ、さらには「待ったなし」の声がかかってからも、いつもの斜めに構えた姿勢から時間を稼ぐような格好で、館内にはどよめきが起きてきます。


そんな中で迎えた決勝の相撲では、頭から当たって右を差しにいった深尾。深尾が左からおっつけて左も差しにいったところ、中西もまきかえて左を差します。左四つ、右上手になった深尾の寄り、右で外掛けにいきつつ寄りますが、こうした外掛けは自分の腰が浮きやすくなるものでどうかと思ったところ、やはり少し無理があり、中西が左下手投げから体をあずけてきます。しかし土俵際、深尾が右からの上手投げ。松谷戦に続き、またしても土俵際の柔らかさが出た深尾、幕下優勝です。


精一杯取り切ったという表情の深尾は、相撲を取った西方から土俵を下り、直後に行われる表彰式に向かうため、東の花道へ移動。途中、向正面の二人の審判に「おめでとう」などと声をかけられていました。


*幕下優勝:深尾さん(木瀬部屋)

【今場所の相撲:2日目その25日目その413日目その3

8人による優勝決定戦を制したのは、深尾。取り直しも含め、4番取った末の優勝でした。本場所で一日に4番取ったのは初めてですし、「取り直しも初めてだった」そうですが、集中力を切らさないように、一番一番しっかり取っていきました。


優勝決定戦では、一回戦から熱戦で館内を沸かせ、優勝に一番近そうなオーラを感じさせました。内容的には、突き押しの攻めと土俵際の粘りが光った松谷戦、突き押しで圧倒した双大竜戦、そして、決勝の中西戦では最初から四つに組んでの相撲、攻めに粘りと、深尾らしさが全部出たような決定戦となりました。


埼玉栄高から日大を経て、昨年初場所初土俵各段優勝は、序ノ口の場所以来08年春場所13日目その4 参照)で、序二段のときには優勝決定戦に出たこともありました(同年夏場所千秋楽その4 参照)。


昨年秋場所に幕下に上がって、今場所が幕下6場所目先場所、幕下東7枚目に上がり、入門以来初の負け越となりましたが、そこから考えることも多かったようで(13日目その3 参照)、幕下西16枚目の今場所は、見事優勝を果たしました。


愛知県春日井市出身で、今場所はご当所深尾頑張れ、と声援が聞こえてくるので、嬉しい」と語ります。


木瀬部屋からは、朝日大学出身で一年兄弟子の徳真鵬が、来場所の新十両を確実としており、深尾も続いていきたいところ。また稽古しなおして、悪いところを徹底的になおして、頑張りたい」と、課題も見すえつつ、意欲を見せます。


今の課題は「引いてしまうことが多い。土俵の中で勝負をつけるのではなく、土俵の外までもっていけるような力士になりたい」と深尾。ときおり笑顔で目を細めながらのインタビューでした。


三段目優勝は宝富士さん千秋楽その3 に記事を掲載。

序二段優勝は栃飛龍さん、序ノ口優勝は相坂さんで、13日目その4 に掲載しました。

AD

名古屋場所千秋楽。その3では、この日に決まった三段目優勝についてお伝えします。

(敬称略。インタビューはテレビから採録しています)


<三段目優勝決定戦>

○宝富士-福の花●

宝富士が左からおっつけて、出ながら左を差してカイナを返し、右は上手で寄り切りました。


*三段目優勝:宝富士さん(伊勢ヶ濱部屋)

【今場所の相撲:13日目その1

宝富士は、五所川原商業高校、近畿大学を経て、今年初場所初土俵序ノ口、序二段と6勝、6勝と勝ち進み、今場所が初めての7戦全勝で、優勝決定戦も制しました。

今場所は立ち合いから攻めたのがよかった」と宝富士。待望の各段優勝には「まだ実感がないが、嬉しい」と話します。


伊勢ヶ濱部屋には関取が3人おり、稽古環境も十分。日馬富士関のようなスピードと立ち合いの低さを勉強し、頑張っている」と話します。


「相撲より緊張する」と、硬さも見られたインタビューでしたが、目標は「関取。早ければ早いほどいい」と、しっかり上を見すえています。184センチ、149キロの堂々たる体で、来場所は新幕下昇進です。


☆幕下優勝決定戦については、次の記事でお伝えします。

AD

名古屋場所千秋楽。その2です。(敬称略)


宮本-武甲●

宮本が低い当たりから押し込みますが、武甲も突き返します。武甲の腕がよく伸びますが、宮本は頭を上げずにしのいでおいて、うまくタイミングを見て引き落としました。


埼玉栄高から日体大へと進んで、先場所、幕下15枚目格付出でデビューした宮本が、今場所は幕下西7枚目で5勝2敗。先場所と同様、5つの白星をあげました。今場所は、2連敗のスタートで、序盤は精彩を欠いているように感じましたが、その後は5連勝。今日の相撲は、激しく突かれましたが下半身は安定しており、引くタイミングをはかっていた感じだったかもしれません。武甲は突いてはいたものの、足が出ませんでした。

武甲も、宮本の四股名で長く取っており、しかも同じ日体大出身。宮本といえば武甲の顔も思い浮かべます。今日は「宮本」どうしの対戦となりましたが敗れ、4勝3敗で取り終えました。


○力龍-黒澤●

右から張ったものの、右上手には届かなかった力龍。黒澤が双差しですが、懐の深い力龍に対し攻めきれず、左から小手に振られて体が離れると、捨て身の右蹴返しにいった黒澤。これで体が完全に入れかわって、力龍が押し出しれました。


*今場所の千秋楽、幕下上位五番の最後の取組は、ともに自己最高位で、今場所は星のあがらなかった両者の一番。幕下東5枚目に上がっていた力龍が、2勝目をあげ、2勝5敗で取り終えました。

黒澤は、初めての幕下15枚目以内で、幕下東14枚目。今日の相撲は、相手が懐の深い力龍とはいえ、双差しになったところでもっとうまく攻められたら、と思いましたが、そうはいきませんでした。豊田市出身でご当所の今場所は、挑戦の場所でしたが1勝6敗。三段目の頃から、初めての番付に上がると一度は壁にぶつかり、しかしまたすぐに番付を戻して上へと上がっていく、という感じで番付を上げてきたので、これから先の奮起に期待です。


<十両>

○蒼国来(幕下)-琴禮(十両)

琴禮が突っかけて、2度目。左おっつけ右上手で出る琴禮ですが、蒼国来も左の下手で力が出る体勢か。そして蒼国来も右上手を取り、両まわしの引きつけ、これは蒼国来の力強い攻めが出る形です。土俵際、琴禮が左からすくってくるところを、体を寄せて振り払うような形で出しました。決まり手は右からの上手投げをとりました。


*十両西14枚目で7勝7敗、後がない琴禮と、幕下西4枚目で3勝3敗の蒼国来という、厳しい一番は、久しぶりに大銀杏を結って土俵に上がった蒼国来が、4勝3敗、勝ち越し決めました。全体に琴禮は腰高で、最後は引きつけられて、ますます腰が浮きました。蒼国来は、まわしを取って前に出るときの引きつけには独特の強烈さがあり、下半身の強さを感じます。今日もその強さが出た相撲でした。


蒼国来は、07年九州場所には幕下東2枚目に上がるなど、もうひとつ力をつければ新十両も見えてくるのでは、というところまで来た時期もありましたが、この1年ほどは、十両が見えるところまでなかなか上がれずにいました。そんな中、今場所は幕下西4枚目に上がって4勝3敗。来場所の新十両には届きませんでしたが、来場所につながる大きな1勝をつかみ取りました。琴禮は7勝8敗。新十両で健闘したものの、勝ち越しにはあと一歩及びませんでした。


○大翔湖(十両)-福岡(幕下)

低い当たりは大翔湖、左前まわしには届きませんが、左を差していって左下手、右も上手を取ります。起こしていこうとする福岡、しかし大翔湖は頭を上げずに攻め、大翔湖のまわしはかなり伸びていますが右から出し投げ、そして左から捻って崩して、最後は左のヒジを突きつけるようにして、寄り切りました。


大翔湖は、4連勝スタートの今場所でしたが、徐々に負けがこみ、今日の一番に敗れると幕下陥落もあり得るという状況になっていました。この一番に勝って十両西12枚目で7勝8敗、十両の座を守りました。福岡は、幕下東4枚目で、4連勝の後3連敗。後半戦は力を出し切れませんでしたが、来場所の再十両が決まり、再び隠岐の海の四股名で十両の土俵に上がります。


○豊桜(十両)-磋牙司(幕下)

豊桜がモロ手を出しながら左に動いて先手をとり、そこから一気に押し倒しました。


豊桜は十両東12枚目で7勝8敗。この一番に敗れれば十両の座が危ういかもしれないという状況でしたが、今日の相撲は気迫で圧倒。立ち合いでうまく崩して、そこからはどんどん攻めました。磋牙司幕下東筆頭で4勝3敗、来場所は十両に戻ります。

AD

名古屋場所千秋楽。その1です。(敬称略)


<三段目>

○山下-男佑●

男佑が突っかけて、2度目。男佑は左に変わったものの左上手に届かず、相手に正面におかれてしまいます。山下が突きはなしから少し叩いて崩し、押し込んでおいて、男佑の足がそろって前のめりになったところを叩き込みました。


山下が6勝1敗来場所は3度目の幕下昇進で、自己最高位を更新して幕下30枚目台に上がりそうです。

男佑は、9日目の琴勇輝戦では、左変化で上手を取って、そのまま勝負を決めましたが、今日の変化は失敗。5連勝スタートの後2連敗となってしまいましたが、07年名古屋場所以来2度目の幕下昇進は確実です。


○天緑-旭秀鵬●

旭秀鵬が左から張って、右が入りますが、天緑が左からおっつけて出て、左が上手になってもどんどん出ました。最後は旭秀鵬が右からすくおうとしたものの、天緑は体を寄せてそれを許さず、寄り倒しました。


先場所、復活の序二段優勝を遂げた天緑が、今場所は三段目西10枚目で5勝2敗。3度目の幕下昇進を決めました。

今場所の相撲を見ると、勝っても負けても前に出る姿勢が見られたのはよかったと思います。ただ、攻め切れないと下半身がついていかずに苦しくなるので、やはり本人が先場所のインタビュー(夏場所千秋楽 参照)で言っていたように、「新幹線のような」出足・馬力で勝負を決めたいところです。今日は、左が深い上手になりましたが、止まらずに攻めていたのがよかったと思います。


旭秀鵬は、先場所は右眼窩底骨折で休場があり、今場所は三段目。4勝3敗で、幕下復帰を決めましたが、今日のようにあっさりと負ける相撲もあり、まだまだこれからといったところです。今日は、右が入りましたが、入っただけという感じで、天緑の強烈な左からの攻めに阻まれ、後退一方となってしまいました。今場所は、休場明けということで、不完全な部分もあったかもしれませんが、これからもっともっと相撲に成長がほしい旭秀鵬です。


<幕下>

○米村-北はり磨●

北はり磨が突っかけて、2度目。細身の両者のしぶとい押し合いから、北はり磨が腕を伸ばそうとしますが、米村が密着して右上手。これで北はり磨は身動きが取れないといった感じとなり、米村が右上手のほうに体を寄せて、寄り切りました。


米村は、今場所2連勝スタートで、内容から見ても今場所は好調だと見ていましたが、6日目の藤本戦で、珍しく大きな変化をして失敗(6日目その1 参照)。それで相撲のバランスが崩れたのか、中日の城ノ龍戦も、どこかかみ合わないような相撲となってしまいました。序盤がよかっただけに残念な崩れ方でしたが、9日目の天壱戦では徹底した攻めが見られ、ここからまた3連勝。結局、2連勝、2連敗、3連勝で、5勝2敗で場所を終えました。北はり磨4勝3敗、こちらも勝ち越して場所を終えています。


○矢鋪-藤本●

矢鋪が踏み込んで、左がのぞきます。そこを藤本が左ノド輪で起こして、体が離れますが、藤本がここからイナシで左にまわろうとして、バランスを崩しました。矢鋪はそれをよく見て、押し倒しました。


藤本は、立ち合いから相手にいい当たりをされ、先手を取られたために、焦りが生じたのでしょうか、自滅したような相撲となってしまいました。藤本は4勝3敗で取り終えました。

矢鋪は、今年春場所に新幕下でしたが、3勝4敗、入門以来初の負け越を経験しました。先場所は三段目で勝ち越して、今場所は2度目の幕下。5勝2敗と勝ち越して、来場所は自己最高位を更新です。


○飛翔富士-川成●

飛翔富士の低い当たり、下からすくい上げるようにして左を差して出ます。がっぷり四つの体勢、川成も重い腰で残しますが、攻める体勢は飛翔富士で、なおも寄ります。最後は横に寄るような形で、寄り切りました。


*今場所中に20歳になった飛翔富士と、場所前に18歳になった川成飛翔富士は、幕下3場所目だった先場所、幕下で初の勝ち越を決め、今場所は自己最高位の幕下西39枚目。一方の川成は、3場所連続で自己最高を更新中で、今場所は幕下2場所目で西47枚目と、ともに伸び盛りの若手です。


体格は、飛翔富士は192センチ、184キロで、川成は183センチ、1793キロと、両者とも非常に恵まれた体をしていますが、今日の相撲は飛翔富士が圧倒。立ち合いの踏み込みに低さ、攻めの姿勢、腰の位置と、すべて飛翔富士がまさっていました。


幕下には、平成生まれの力士が数多くいますが、この二人ももちろん平成生まれ。平成生まれの中では年上になる飛翔富士は、「年下には負けられない」という気持ちが強いようで、舛ノ山や竜電、川成といった年下の力士たちについては、携帯電話の相撲協会のサイトで勝敗をチェックしていそうです。今日の川成とは、本場所では初対戦でしたが、巡業では何度か稽古したことがあっとのこと。相手は前への圧力があるので、立ち合い負けしてはダメ」と話していましたが、いい相撲が取れました。


飛翔富士が5勝2敗、来場所は幕下20枚目台へと上がります。川成4勝3敗。川成は「ヒザと足首が硬いので、立ち合いにしっかりと腰を下ろせないのが課題」と話しています。川成の今後の成長も楽しみです。

名古屋場所14日目。その3です。(敬称略)


○大雷童-鏡桜●

大雷童が勢いよく当たっていきましたが、不成立で、2度目。また大雷童が思い切り当たっていくのを見て、左に変わった鏡桜、その後も左へ左へとまわろうとしましたが、大雷童にしっかりとついてこられ、鏡桜の右足が途中で土俵を割り、軍配があがりました。大雷童が押し出しで、5勝目です。


鏡桜は、先場所は幕下4場所目で、幕下で初めて勝ち越して5勝をあげ、今場所は自己最高位の幕下西29枚目「周囲から、ここで勝てないとダメだと言われていたので、内容よりも勝つことにこだわった」と話します。前に出ろ、と言われているが、本場所ではなかなか出来ない。それをなんとかしていくのが今後の課題」とも話していますが、今日は大雷童の当たりと気迫に圧倒されたか、まわりこんでなんとかしようという相撲となり、敗れました。今年春場所に三段目に落ちた頃から、人から言われる前に自分から稽古する、人より一番でも多く稽古しようという意識に変わった」と、鏡桜。4勝3敗と勝ち越して今場所を終えました。

大雷童は、今場所は3連勝スタートで、序盤から好調ぶりが感じられました。5勝2敗で取り終えました。


○翔傑-勢●

翔傑の当たり、その当たりをまともに受けた勢は、左にまわりこもうとしましたが、左によけながらバランスを崩し、滑り落ちるような格好となりました。翔傑のほうを見ながら落ちた勢ですが、翔傑は土俵の内側で残っており、翔傑の押し倒しの勝ちです。


*3勝3敗どうしの対戦は、翔傑が4勝3敗、勝ち越を決めました。翔傑は、2日目の李戦2日目その2 )や、中日の隆小山戦でも、立ち合いからの当たりで圧倒していますが、今日もその当たりが出ました。顔にまともにそれを受けたは、吹っ飛ばされるような形になってしまいました。

は、2場所連続の自己最高位で、今場所は幕下東18枚目。取組前には「よく3つも勝てたなぁ」と、三番勝ったことを自信にしつつ、勝ち越しに向けて「今日も気合いが入る」と話していましたが、3勝4敗、負け越となりました。引かれたときにまだ下半身がついていかないので、下半身強化のため、四股やすり足の量を増やしている」とも話しています。そろそろ化けて、上に上がっていきたい勢ですが、徐々に力はついてきていると思います。


○薩摩響-中野●

薩摩響が潜り込んで、右前まわしから、巻くような形。左腕のカイナをとっており、決まり手は腕捻りです。


*ときおり、腕捻りを見せる薩摩響。いかにも狙っているという感じの古市とは違い、流れの中で自然に決まる感じになるのが、薩摩響の腕捻りです。薩摩響が幕下西20枚目で5勝2敗これまでの自己最高位は、06年九州場所の幕下西16枚目ですが、来場所はそれを更新しそうです。中野4勝3敗で取り終えました。


<十両>

○琴禮(十両)-徳真鵬(幕下)

琴禮が突っかけて、2度目。踏み込みは琴禮、徳真鵬は突きはなそうとしますが、琴禮の右が入って左は前まわし。しかし胸があってきて、琴禮は苦しくなってきます。徳真鵬が左上手を取り、徳真鵬の寄り。向正面で寄り倒しかと思いましたが、軍配は琴禮。琴禮の土俵際の突き落としに、徳真鵬の左手が着いていました。物言いがついたのは確認のためで、すぐに協議が終わりました。


新十両琴禮は、十両西14枚目で6勝7敗と後がない状況。今日の相撲は、大きな徳真鵬に寄られて絶体絶命、と思ったところで、突き落としが決まりました。どうしても胸を合わせて相撲を取ってしまう琴禮ですが、最後の粘りもまた琴禮らしいところでした。琴禮は7勝7敗で、千秋楽に臨みます。


徳真鵬は、春場所に6勝1敗で幕下優勝し春場所千秋楽その2 参照)、先場所は幕下東4枚目で4勝3敗幕下西2枚目に上がった今場所も4勝3敗と勝ち越し、来場所の新十両昇進が見えてきました(場所後、新十両が正式に決定)。

07年春場所初土俵。朝日大学からは、福の花、碧天に次ぐ3人目の入門で、大学初の関取誕生となります。木瀬部屋の25歳。192センチ、215キロの立派な体で、幕下に上がってきた頃と比べて積極的な攻めが出るようになりました。さらに攻めの厳しさが増せば、よりいっそう怖い存在となりそうです。

名古屋場所14日目。その2です。(敬称略)


○天壱-魁●

天壱が踏み込んで突っ張り、魁の足が流れたところを叩き込みました。


*今場所、天一の四股名から、一の字を「壱」と変えた天壱が、4勝3敗、勝ち越しを決めました。は、今年春場所が新幕下で、今場所が2度目の幕下でしたが、3勝4敗。今日は相撲の速さが違うといった感じで、相撲が取れずに敗れてしまい、幕下で初の勝ち越しはなりませんでした。


○萬華-乾王●

1度目は乾王が早く、萬華城の手つき不十分で、不成立。2度目は萬華城が突っかけ、3度目は乾王がまた早く立ってしまい、4度目。萬華城が体当たりから、突きはなして一気に押し出しました。


萬華城は、今年初場所が新幕下で、今場所は通算3場所目の幕下4勝3敗、幕下で初の勝ち越を決めました。今日は、立ち合いがなかなか合いませんでしたが、立った後は、200キロを超す体で圧倒しました。花道の奥では、秀の富士にこぶしでエール。顔の表情は見えませんでしたが、嬉しそうな様子が感じられました。乾王は3勝4敗、負け越です。


○髙安-旭日松●

髙安の細かい突っ張り、それをよく見て応戦する旭日松。髙安は途中で右の上手を探る動きも見せながら、また突っ張り合いになります。旭日松もよく攻め返しましたが、髙安が左四つ右上手で止めると、こうなると髙安の体勢かというところ。右から捻る髙安、しかし髙安のほうも、ここからなかなか攻められないような感じです。髙安の右上手は一枚でしたが、右の上手をしっかりと引きなおし、左の下手も引くと力が出る格好になってきます。そして、髙安が右の上手を引きつけたのと、旭日松が左からすくおうとしたタイミングが合うような形となり、旭日松は腰が入るようにして、仰向けに倒れました。土俵中央での浴びせ倒しのようでしたが、決まり手は寄り倒しの発表です。


*勝ち越しのかかる一番は、両者の持ち味が出ましたが、最初からペースは髙安のほうにあったような感じで、動きが止まってからは、これはもう髙安の形でした。しかし、髙安も、やはりそこからもっと速く攻められれば、と思います。最後は旭日松が激しい倒れ方をし、声も出たようだったので、またヒザをやったかと思いましたが、大丈夫だったようです。

髙安が4勝3敗、勝ち越し旭日松自己最高位の幕下東45枚目で、3連敗の後3連勝で盛り返していましたが、3勝4敗、負け越となりました。


○佐々木-水口●

当たって引いた水口。それを残した佐々木が今度は引いて、水口が攻めていきましたが、土俵際、佐々木が残りました。引き足の速かった佐々木、引き落としの勝ちです。


*最初は水口が引いて、その後は佐々木のほうが引く展開となりました。最後は足にしがみついた水口、押し出した感触があったようで、軍配を見つめ、物言いはないのかといった表情でしたが、物言いはつかず。俵の上で、佐々木の足は残っていました。

佐々木が4勝3敗、勝ち越し水口は3勝4敗、負け越しです。

名古屋場所14日目。その1です。(敬称略)


<三段目>

○武玄大-氣魄力●

武玄大が当たって左にまわって、引き落としました。


先場所、新幕下だった武玄大が、今場所は三段目東21枚目で5勝2敗。1場所での幕下復帰を決めました。花道奥では右肩上りに声をかけられ、笑顔が見えました。

幕下では「立ち合いの重さを感じた」と武玄大。今場所から「立ち合いの踏み込む足を、右から左に変えた」そうで、もともと重心を左にして当たっていたが、踏み込む足が右だったので、バランスが悪かった。それを左足に変えたところ、まわしが取れるようになった」と話しています。5日目には、元・武双山の藤島親方にいろいろ教えてもらっている、とも話しており(5日目その1 参照)、試行錯誤し、日々成長しているといった感じです。

今場所の相撲を見ると、中日の朝縄戦は、肩越しの右上手からの、やや強引な上手投げ。10日目の豊後錦戦は、一気に出られたのを土俵際でかわしての白星で、12日目の出羽疾風戦も、左に変わってまわりこんで勝ったものでした。幕下で勝つためには、まだどこか足りないような感じがするので、さらに力をつけてほしいように思います。


氣魄力は、新幕下から2場所幕下を経験しましたが、今場所は三段目。この一番に敗れたことで4勝3敗となり、来場所の幕下復帰はなくなりました。また来場所、幕下に向けて挑戦です。


○嵐潮-浜栄光●

嵐潮が突っかけて、2度目。立ち合い左に変わった浜栄光。互いに低い体勢から、嵐潮がうまく右のカイナを引っ掛けて後ろについて、そのまま寄り切りました。


*勝ったほうが来場所は幕下という一番で、特に浜栄光には初めての幕下がかかる取組でしたが、立ち合い、変化でした。立った瞬間、浜栄光としては、これはまずいのではと思ったところ、やはりという感じで、その後は嵐潮がうまく取りました。

嵐潮は、先場所が新幕下で、2勝5敗久保田から改名した今場所は、三段目に下がって4勝3敗、1場所での幕下復帰を決めました。勝った後、気合いの乗った表情で勝ち名乗りへと向かう様子を見て、この一番にかけていたものの大きさを感じました。

浜栄光は、3勝4敗。先場所に続いて、あと一番というところで新幕下を逃してしまいました。


<幕下>

○大鷹浪-右肩上り(三段目)

左が入った大鷹浪、左の下手。右肩上りは右の上手ですが、攻められません。左足を飛ばして牽制する大鷹浪、そして今度は左からの下手投げで牽制します。この体勢から攻めていくことができないのが、右肩上りのもどかしいところ。右から絞って出ようとする大鷹浪、そして出ておいての左下手投げ、下に押さえつけるようにして投げました。


*今場所は四股名が注目を浴び、今日もその呼び上げに大きな拍手をもらっていた、吉野改め右肩上りでしたが、3勝4敗と負け越し、来場所の幕下復帰はなりませんでした。上手を取ったものの、攻めることができず。相手の投げを警戒するとはいっても、もう少し何かしないと、といった感じで、逆に相手に攻められ、結局、最後は投げられてしまいました。ここをもう一工夫して、攻めることができればと思うのですが、難しいところです。

大鷹浪は4勝3敗、勝ち越て幕下を守りました。


○城ノ龍-魁将龍(三段目)

魁将龍が突っかけて、2度目。城ノ龍が出ながら左を差して、右の前まわしでいい体勢、しかしここから出るのは苦しそうで、長引くと苦しくなるがどうするか、といった形です。さぁどうするかと思ったところで、魁将龍が右上手を取って、引っ張り込んでくる瞬間、城ノ龍が左下手を取って、下手投げ。タイミングがピッタリ合った投げでした。


城ノ龍は、先場所は左目の網膜剥離を発症し、途中休場(3日目その1 参照)。今場所前も土俵での稽古はまったく出来なかったそうですが、師匠の境川親方に「四股、すり足をやれ」と言われて、いつもより多めにやったとのこと。その甲斐もあって、今場所は「相撲カンは戻っていないが、下半身が動いていた」と振り返ります。目を痛めたとあって「頭からいけずに胸からいく立ち合いしか出来なかった」と、もどかしさもあったと思いますが、負けないぞ、という気持ちで取った」と話しています。

同じモンゴル出身で、鳥取城北高校でもチームメートだった星風が、12日目に勝ち越しを決め、来場所の新十両が見えてきています(場所後、正式に新十両が決定)。城ノ龍にも当然、刺激になっており、自分も、という気持ちで頑張る5勝2敗で、また番付を戻していきます。

魁将龍4勝3敗、来場所は幕下復帰です。

名古屋場所13日目。その4では、この日に決まった各段優勝についてお伝えします。

(敬称略。インタビューはテレビから採録しています。採録にあたっては、一部、T様の御協力をいただきました)


<序二段優勝>

○栃飛龍-坂口●

序二段では、もう一人、鬼怒ノ浪も6戦全勝でしたが、鬼怒ノ浪は星違いで当たった永井戦で取り直しの末敗れて優勝争いから脱落。その結果、この一番で序二段優勝が決まることとなりました。

栃飛龍の踏み込み、下から押していきます。引いて左にまわりこんだ坂口、栃飛龍は左手から落ちていきました。軍配は栃飛龍、物言いがつきましたが、軍配通り、栃飛龍の押し出しの勝ちで、栃飛龍が序二段優勝です。


*序二段優勝:栃飛龍さん(春日野部屋)

栃飛龍は、06年春場所初土俵。入門前にも首を痛め、頭から当たれないといったこともありましたが、今年2月に首を骨折。2場所連続休場して、今場所は序二段に下がっていました。

「今場所も出られるか危ういところだった」と言いますが、白星を積み重ねるに吊れて「出来れば優勝したい」と意欲が沸き、今日は今年春場所初土俵を踏んだばかりの、東洋大出身の坂口と対戦。相手は僕より新弟子なので、負けられないという気持ちで」臨み、前に出る相撲で白星を手にしました。物言いがつく相撲でしたが、勝った感触はあったようです。


四股名は、母校の飛龍高校からとったものですが、飛龍高校時代の恩師の板垣監督が今場所中に亡くなり、「先生に1つでも多くの勝ち星を報告できればいいな、と」臨んだ場所でもありました。


序二段優勝は2度目07年春場所千秋楽その4 参照)。前回の優勝時は、入門丸一年という時期で、まだ初々しさがありましたが、あれから2年あまり。部屋では、李や矢鋪といった高校相撲出身の後輩が幕下に上がっています。


栃飛龍は、08年夏・名古屋の2場所、幕下を経験していますが、まず来場所は三段目に復帰幕下にいる後輩に置いていかれないように、抜かすような勢いで、勝っていきたい」と抱負を語りました。


<序ノ口優勝>

○相坂-若三浦●

相坂が双差しから起こしていって、寄り切りました。


*序ノ口優勝:相坂さん(阿武松部屋)

相坂は、青森の三本木農業高校から専修大学を経て、阿武松部屋に入門。初めて番付に載った今場所、見事優勝を果たしました。


右ヒザにはサポーターがありますが、これは大学4年のときに痛めたもので、前十字靱帯断裂という大怪我でした。その影響で入門が遅れたそうで、その分、今場所の優勝は嬉しい、と話します。


阿武松部屋からは、毎場所のように、各段優勝力士や、優勝決定戦に進む力士が出ており、優勝をかける一番にあたっては、そうした兄弟子からも声をかけられました。春場所に全勝した阿武山さん(春場所千秋楽その1 参照)や、先場所序二段優勝した天緑さん(夏場所千秋楽 参照)から、『緊張しないでいけ』と言われ、それを心がけて」今日の一番に臨んだそうです。


ヒザの怪我を抱えての入門ですが、「(同部屋の)若駿河さん、乾王さんも、ヒザの怪我をしながら幕下に上がった」と、自信を与えてくれる兄弟子もいます。


憧れの力士は「師匠です」と、元関脇・益荒雄の阿武松親方の名を挙げた相坂さん。今後が楽しみです。

名古屋場所13日目。その3です。(敬称略)


○深尾-阿夢露●

深尾が左を差して、胸を合わせてどんどん出ながら、右上手も取って寄り切りました。途中で右上手を切られた阿夢露は、左から下手投げを打とうとしたときには足が大きく土俵外に出ていました。


深尾は、先場所は自己最高位の幕下東7枚目に上がりましたが、角界入りして初の負け越しを経験。分の相撲をよく研究しろ、と師匠に言われ」、「引いてしまってはダメ、土俵の中で勝負を決めるのではなく土俵の外までもっていかないと」と分析したそうです。

愛知県の春日井市出身で、「声援が聞こえると燃える」と話しているご当所の今場所は、最初の相撲に敗れた後6連勝で、6勝1敗。今場所は、前に前に出る相撲もある一方で、攻められても柔らかい体で器用に残す一面も見られました。特に、7日目の勢戦で、片足一本で逆転勝ちした相撲は印象的。この日は24歳の誕生日で、入門2年目の深尾にとって、初めて誕生日に相撲を取ったという日でもありました。

突き押しの相撲も多かった今場所ですが、今日は最初から組み止めて、圧倒。来場所は再び幕下一ケタです。


○中西-碧天●

中西が左上手を上から取りにいったのは届きませんが、押し込んでいって、碧天の上体が反ってバランスを崩したところを叩き込みました。


中西が、アゴの骨折で休場明けから2場所目の今場所、6勝1敗の好成績。今場所は、中日の魁聖戦では得意の左上手からの投げ、11日目の大翔山戦では、左上手を引きつけての寄りと、左上手からの攻めが出ていました。今日は、上手には届きませんでしたが、星があがっていることもあってか、自信をもって取っていたような印象で、大きな体で圧力をかけていって、振りほどこうとした碧天がバランスを崩したところを叩き落としました。

碧天自己最高位の幕下東16枚目5勝2敗。碧天らしく思い切りよく取って、健闘した場所だったと思います。


○隆の山-宇映●

宇映が立ち合い突っ込んでくるところを、隆の山が左足を飛ばしてけたぐり。一瞬の勝負でした。


*変化もある宇映ですが、今日はまっすぐに当たっていったところ、足技を食いました。結果的には宇映も突っ込みすぎたような感じでしたが、隆の山の作戦成功という相撲でした。

11日目の春日国戦では、取り直しの相撲で勝ち越しを決めた隆の山が、今日も勝って、幕下西11枚目で5勝2敗。最近は幕下上に定着しており、今年初場所には自己最高位の幕下西9枚目に上がりましたが、来場所はそれを更新しそうです。宇映は、下田から改名した今年初場所から4場所連続の勝ち越しで番付を戻しており、今場所は幕下西19枚目で、4勝3敗で取り終えました。


○華王錦-上林●

上林が細かく突っ張りますが、華王錦はよく見てあてがって、上林の左が入るとその肩のあたりを極めるようにして右から引っ張りこんで、土俵際で逆方向に捻るようにして、左からの突き落とし。上林はヒザから崩れて裏返しになりました。確認の物言いがつきましたが、軍配通り。こうした相撲がうまい華王錦です。


*幕下西14枚目の華王錦が6勝1敗。今場所は、9日目の武甲戦では相手が攻めてくるところを、左上手を取って上手投げ。11日目の福岡戦も、出てくるところを左突き落としと、下がっての技が絶妙、という印象でした。上林は、幕下東7枚目で、5連勝の後2連敗で取り終えました。


○双大竜-松谷●

幕下では、松谷がただ一人6戦全勝で来ており、この一番で松谷が勝てば幕下優勝が決定、双大竜が勝てば6勝1敗で8人が並び、千秋楽の優勝決定戦となるという取組となりました。

松谷の踏み込み、突きはなしますが、双大竜も突き返して、右からイナシて崩します。松谷もイナしますが、両者ともイナされても残しています。そして双大竜が突きはなしから、引いて崩し、さらに右にまわりこんでの右上手投げを決めました。


*互いに今場所は体がよく動いており、楽しみな取組でしたが、期待に沿ういい相撲が見られました。互いによく攻め、イナされても落ちず、動きにキレがありましたが、体の動きに柔軟性があったのは双大竜。最後までどちらが勝つかわからないような展開でしたが、振り返ってみると、イナシ合いの後の突きはなしからは、流れが双大竜にあったように思います。


双大竜は、昨年秋場所から6場所連続勝ち越し中で、そのうち最近3場所は自己最高位を更新し続けてきました。今場所は、ここまで磋牙司、琴国(十両)、福岡、蒼国来、星風、徳真鵬と対戦3日目その25日目その4 参照)。新十両や再十両を目指す力士と総当たりといった感じでしたが、序盤から、これは新十両も近そう、という雰囲気を出していました。5日目に福岡に敗れましたが、その惜敗を引きずらず、9日目の星風戦で勝ち越し。「ホッとしないように」との言葉通り、その後も白星を積み重ね、新十両を確実なものとしていきました。

05年夏場所初土俵で、新幕下は06年初場所(当時の四股名は髙橋。情報箱① に古い記事があります)。同部屋の幕内・土佐豊は、東農大の2年後輩にあたります。179センチ、1142キロと大きいほうではありませんが、腕をよく伸ばす突っ張りや、差してもうまい相撲を取ります。最近、稽古場の力が出せるようになってきた」とも話している双大竜。ハツラツとした相撲を十両でも見せてほしいと思います。


この相撲で松谷に土がつき、6勝1敗。千秋楽に、双大竜・華王錦・深尾・松谷・中西・竜電・玉皇・南海力の8人により、幕下優勝決定戦が行われます。

名古屋場所13日目。その2です。(敬称略)


<幕下>

○南海力-若乃島(三段目)

低い当たりは若乃島でしたが、若乃島がすぐに引き、南海力が出ました。若乃島がバランスを崩したところを右から突き落とし、険しい顔で気合いの入った表情の南海力でした。


南海力が6勝1敗3度目の幕下で初の勝ち越が大勝ちとなり、来場所は自己最高位を更新、幕下20枚目台に上がりそうです。今日は、立ち合いは受けましたが、力強い相撲でした。若乃島5勝2敗で、来場所は幕下復帰です。


○玉皇-濵錦●

濵錦が右下手、頭をつけて左の前まわしは取れるかというところ、その左を取りましたが、今度は右が切れます。そして右下手、左は上手になってヒジが開いた状態の濵錦、右の下手から捻ります。右からすくって濵錦の左を切った玉皇。右から捻る濵錦、また右から捻りますが、頭ばかり中に入ってしまったような状態で苦しく、玉皇が手前につぶすようにして引き、決まり手は右の下手からの出し投げをとりました。


濵錦は、中に入って得意の下手捻りといきたいところでしたが、左が使えず、頭ばかり入ってしまうような体勢でした。勝ってこぶしを握りしめた玉皇が6勝1敗です。今場所、髙濵から四股名を戻した濵錦は(5日目その3 参照)、5勝2敗で終えました。


○竜電-鳰の湖●

竜電、鳰の湖と1度ずつ突っかけて、3度目で立ち合い成立。中に入ろうという鳰の湖でしたが、竜電の左が入って、右からはおっつけて出ます。体を開いて右上手投げの鳰の湖でしたが、投げを打ったときに左足が俵を踏み出していました。両者同時に土俵下に転落しましたが、すでに審判の手と行司の軍配はあがっており、竜電の寄り切りの勝ちです。


竜電が6勝1敗。今年初場所にも幕下下位で6勝の好成績があり、春場所には自己最高位の幕下西25枚目に上がりましたが、来場所はそれを更新し、幕下20枚目前後に上がりそうです。今場所の相撲を見ていると、まだ腰の使い方など、相撲に心もとなさも感じますが、前に出る気持ちは出ていました。

18歳。負けたくない力士として、同い年の舛ノ山の名を挙げ、「平成生まれ最初の関取に」とも口にしています。名古屋場所後には、千田川親方(元関脇・安芸乃島)が高田川部屋を継承することになっており、新師匠のもとでさらに上を目指すことになります。


鳰の湖は、先場所は自己最高位の幕下東16枚目で1勝6敗で、今場所は幕下西42枚目に番付を下げ、5勝2敗。このくらいの番付なら、これくらいは勝てるといった感じで、安定した地力を見せた場所でした。7日目の暁司戦など、前に出る相撲もあった一方で、12日目の飛翔富士戦のように、思い切った右上手投げで勝つ相撲も。今日も、その右からの投げにいきましたが、今日は捨て身で決まりませんでした。やはり、投げるよりは前に出たい鳰の湖です。


○吐合-山崎●

吐合が左にイナシ気味の立ち合いから、一気に攻め込んで、押し倒し。イナされて足が止まってしまった山崎は、突き飛ばされるようになって、ヒザから落ちました。


吐合が幕下西48枚目で5勝2敗。番付が下がって地力の違いもあったと思いますが、調子もよかったようで、いい相撲が目立ったように思います。山崎4勝3敗で取り終えました。


○青狼-大河●

青狼がやや左に動いて左上手、頭をつけます。左をまきかえたい大河でしたが、青狼が右からおっつけて絞りながら出て、寄り切りました。


*先場所は三段目優勝し(夏場所13日目その3 参照)、今場所は2度目の幕下で、自己最高位の幕下東37枚目に上がった青狼。3連敗スタートで、さすがに今場所は厳しいと思いましたが、その後は健闘し3勝4敗、負け越しを最小限とどめました。大河自己最高位で、幕下西38枚目でしたが、2勝5敗で取り終えました。


○古市-佐田の海●

古市が当たって左のカイナをとって、腕捻り。なんとかついていこうとした佐田の海でしたが、腰が引けて、腕だけ引っ張られる体勢で振り回されたので、いったん踏ん張って古市を押し出そうとしたものの、バランスを崩して土俵外に飛び出しました。古市は頭を抜いて体を起こしながら、回転しながら軽くジャンプして着地。最後は腕が離れて振り落とすような格好になったので、決まり手は引き落としです。


*今場所は、おなじみの腕捻りのほか、足取りでも館内を沸かせてきた古市2日目その23日目その2 )。こうした技にはうまく対応されてしまう場合もあり、五分の星で7番目となりましたが、今場所最後の相撲も腕捻りにこだわって、古市らしい相撲で勝ち越しを決めました。佐田の海は3勝4敗、負け越し。腕をとられるのは十分にわかっていて、対応しようとしていましたが、もっと密着して、体を寄せていきたいところでした。