気まぐれ日記

気まぐれ日記です


テーマ:

私は柔道の授業が必須の高校に通っていたので
件の映画のワンシーンには熱く共感しました。

 

劇中では、柔道が嫌いで嫌いで仕方のない主人公。

何かと理由をつけて授業をエスケープする行為に

怒る教師、理由はきくまでもないですが、理解されません。

 

私は「柔道が男子がするもの=嫌い」という
意味ではなく、身長が一番チビだった為、いつも
柔道場の端の位置でした。
 

「二人組で練習始め!」となると、必ず一人に
なってしまうのです。

 

一番端で余るのか?と思うでしょうが、クラスの
人数が奇数な為、誰かが休む事がない限り、必ず
一人溢れるのです。
 

柔道が必須故に、まず休む人はいなかった為
柔道授業は本当に本当に本当に!嫌でした。

 

「なんだお前!一人なのか?!」
「よし、来い!先生が相手してやる!」

 

笑いものにされるわ、恥ずかしいわ、痛いわで
病気になって見学していたかったですよ。

 

女子生徒の必須授業はダンスだったかな?
覚えていないです。

 

これま昔からなのですが、球技を始め格闘技や
身体を使う事が本当に嫌いでした。

 

鬼ごっこや、かくれんぼ、遊びの中で身体を
使うことは好きでしたけどね。

 

柔道の授業は嫌いでしたが、今となっては

柔道は嫌いではありませんし、合気道とか

習ってみたい気もします。

気持ちも落ち着きますしね、そういう気持ちの面

の練習等は従業の中でも好きでした。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

を観てきました。

先入観、、というか、この映画は予告編から先入観

を持って観るものかと思いました。

 

ざっくりアメブロ検索したところ、比較的絶賛する

内容の記事がヒットしました。

 

私も観た感想の一つしては、人間ドラマとしては

なかなかの感動ものだと思いました。

 

トランスジェンダーの視点から観たと仮定するなら

この映画の結末は「もうちょっとなんとかならないのか」

と思わせるラストでしたが、現実を考えると仕方ない。

そう思います。

 

受け入れる側(トランスジェンダーの恋人)の心の広さに

惚れましたね。

 

この映画には、LGBTと呼ばれるものに含まれる数々の

問題点のようなものがうまく盛り込まれていると思いました。

さすがにPTSDは違うんじゃねぇの?と思いましたが

ドラマを繋げるためには必要なキーだったのかもしれません。

 

表面だけ観るのも良し、映画に隠された「言いたいこと」

「わかってもらいたい事」などを考えてみるのもいいかも

しれませんね。

 

LGBTって実際なんなのよ?というこの昨今。

道徳の課題として、この映画はアリなんじゃないでしょうか。

 

結局、偏見や差別を生む原因の一つが「当事者」という事が

わかる作品ですね。

 

AD

テーマ:
会社帰りに、初めてタイ古式マッサージを
受けに行ってきました。
リラクゼーション系の整体は通っているのですが
タイ古式マッサージは初めての経験。

ストレッチに指圧を組み合わせたマッサージで
普段自分ではできないストレッチができて
うわあーこんなに伸びるんだあと、感動。

ストレッチなんでやはり痛いわけで、揉み解し
系の爽快感とはちょっと違う感じ。

でも、くせになりそうです。
コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。