December 02, 2009 07:28:04

中津観光

テーマ:ブログ

二日目は妹夫婦の案内で中津の観光に行ってきました。

まずは赤壁
大分県中津市にあるお寺の壁が赤く《朱》に塗られています。
そのお寺が合元寺(別名赤壁寺)です。

風に吹かれて 風に吹かれて

風に吹かれて 風に吹かれて

《1587年(天正15)、黒田孝高[よしたか]によって建立。深紅に塗られた壁は城下町・中津の中でもひときわ強烈な印象を与え、別名・赤壁寺とよばれる。豊臣秀吉の時代、豊前の実力者だった宇都宮鎮房[しげふさ]が騙し討ちに遇い、この寺を宿舎にしていた家臣たちも全員討ち死。その時の血潮を浴びた門前の白壁は何度塗り替えても血痕が浮き出るため、ついに赤壁に塗り替えたという。柱には当時の刀傷も残り、家臣たちの無念と悲しみが壁の血痕を何度も浮き出させたと伝えられてい》Yahooトラベルより 

周りのお寺は普通ですが、この合元寺だけが赤く少し異様です。
山門の柱に刀傷も見られました。

風に吹かれて 風に吹かれて

次は福沢諭吉旧邸
《福沢諭吉邸は福澤諭吉が起居した母屋と、自ら改造しテ勉学に励んだ土蔵が残っています。
この二階で勉学にはげんだそうです 窓が一つしかありません


風に吹かれて 風に吹かれて

また隣接する記念館には、諭吉に関する様々な資料が展示され、その一生がつぶさに見られます。》


風に吹かれて 風に吹かれて

風に吹かれて 風に吹かれて

福沢諭吉は大坂中津藩蔵屋敷で生まれましたが、父の死去で中津に戻ってきます。19歳で兄の勧めで蘭学を学ぶため長崎に行くまでここで起居していました。
一万円札でも有名ですが、ここには通し番号一番の一万円札が飾られています


風に吹かれて 風に吹かれて

又福沢諭吉は4男五女の子供に恵まれています。
始めて知り驚きました。

風に吹かれて  風に吹かれて  

風に吹かれて  風に吹かれて

 風に吹かれて  風に吹かれて

次は中津城
ここは以前に売りに出されたことで有名ですが、今まだ問題は解決していないそうです。
《中津城は、豊臣秀吉より豊前6郡を拝領した黒田孝高(如水)が山国川(当時高瀬川)河口の地に築城したのが始まりです。城郭の形が扇の形をしていたことから「扇城」とも呼ばれていました》

風に吹かれて 風に吹かれて

風に吹かれて 風に吹かれて 風に吹かれて

ここからお昼に行き、耶馬渓に紅葉狩りに・・・


風に吹かれて

でも行く途中であまり期待できないよと(見どころがあってその場所がきれいと耶馬渓もいいのだけれどと・・)
やはりその通りで、期待外れでした。

風に吹かれて


風に吹かれて 風に吹かれて
八面山                         青の同門

風に吹かれて 風に吹かれて

でも観光客は多く、駐車場は満杯状態道路片側は人であふれ車も通るのが大変でした。
烏帽子岳                       イノシシ岩

風に吹かれて 風に吹かれて

そこから玖珠の方に回り宇佐を通って帰ってきました。

風に吹かれて 風に吹かれて
山の上からの眺めは最高でした。写真には撮れませんでしたが・・・・

宇佐あたりより

風に吹かれて 風に吹かれて


今日一日楽しい時間を過ごしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。