October 23, 2009 06:00:06

御神楽

テーマ:ブログ

法事のあった夜御神楽があると言うので、みんな何年ぶり、何十年ぶりに見る神楽にわいわいがやがやと、言いながら京都貴船神社の分社の貴船神社に・・・。
この中津市には神社160余社があり、その中に貴船神社がいくつもある中の一つです。

鳥居をくぐるともうすでに始まっていて境内にはたき火がたかれ、御神楽の雰囲気を一層醸し出していました。


風に吹かれて  風に吹かれて


まだ人も少なく写真を撮るのに前に行き撮りはじました。ほかにも数人撮っておられました。
御神楽の演目には御先、乱御先、穀舞、五大神、大蛇退治などがありました。


風に吹かれて  風に吹かれて



風に吹かれて  風に吹かれて





風に吹かれて  風に吹かれて



風に吹かれて  風に吹かれて

風に吹かれて

御神楽が進むに従って人もだんだん増えていきました。

氏子さんたちの奉納によっていろいろな御神楽が舞われます
豊作、子供たちの健康などを祈念して、舞われています。


風に吹かれて  風に吹かれて


奉納されたお米やお菓子は御神楽の後みんなに配られたり、
子供たちに撒かれます。
風に吹かれて

一番前で撮っていたので紙が配られたのをもらいお米を頂き、お菓子は手渡しでいただきました~~笑
又大蛇退治の後は大蛇の頭で頭まで噛んでもらいました~~笑

ご利益があることと思っています。
姪っ子たちは大蛇退治の老夫婦の肩をもんであげたり、
揉まれたりしていました。

又写真を撮っているとこちらを向いてピースまでしてくれましたよ


風に吹かれて

≪八岐大蛇退治≫
ヤマタノオロチタイジ

≪登場する神:素盞鳴尊、櫛名田姫神  
 高天原を追放された素盞鳴尊は根の国へと下り、故郷である出雲の国へと戻った。出雲の国の簸川(ヒノカワ=島根県の斐伊川)の上流へとさしかかったときに、とある小屋の中からすすり泣く声が聞こえてきた。何事かと中を覗いてみると、年老いた夫婦と美しい娘が手を取り合って泣いていた。 素盞鳴尊はわけを聞いてみることにした。
 老夫婦の話によると、このあたりには首が8個もあるという八岐大蛇という魔性の蛇が住み着いているそうだ。夫婦の名は手名椎(テナヅチ)、足名椎(アシナヅチ)といい、娘は櫛名田姫といった。 櫛名田姫は、夫婦の8番目の子であった。八岐大蛇はたびたび人身御供を要求し、上の7人の娘はいずれも生贄となっていて、今度は櫛名田姫の番だという。
 なぜ引っ越さないのか疑問の残るところではあったが、櫛名田姫は美人、素盞鳴尊もやる気を出した。だが相手は八岐大蛇である。いくら暴れ者の素盞鳴尊でもまともにやったのではまず勝ち目はない。そこで、彼はある策を用いた。名だたる銘酒をかめに8つ分用意して、大蛇の住みかへと運んだのだ。大蛇には生贄を喰らう前祝いとでも言っておいたのだろう。さて、夜も更けてきた頃、素盞鳴尊は父伊邪那岐命から譲り受けた(持ち出した?)名刀十握剣を握りしめ、櫛に化身した櫛名田姫をお守りとして髪に差して、大蛇の住む洞穴へと向かった。思った通り、大蛇の8つの首はどれもこれも酒をたらふく飲み、酔いつぶれて眠っていた。もう勝ったも同然である。 素盞鳴尊は眠りこけている大蛇の首を片っ端から切り落とした。さすがに酔っているとはいえ、これは痛い。途中で目覚めた大蛇も必死の反撃を試みるが、素盞鳴尊とて並の男ではない。日本神話上最大の凶事である天岩戸事件を引き起こした張本人である。ぐでんぐでんに酔っぱらった蛇の敵ではなかった。

 こうして八岐大蛇はすべての首を切り落とされ、地響きを立てて大地へと転がった。 素盞鳴尊の完全勝利である。ほっと胸をなで下ろし、その場を立ち去りかけた素盞鳴尊は、大蛇の尾からただならぬ気を感じて振り返った。いぶかしみながら大蛇の尾に剣を振り下ろしてみると、剣は大蛇の肉を切り裂き、尾の中程で硬い衝撃と共に止まった。その硬い何かを引っぱり出してみると、それは剣であった。どこをどう眺め回してみても立派な名刀である。これこそが後に天皇家の三種の神器として伝わる天叢雲剣であった。
 素盞鳴尊はその剣を姉の天照大神に送り、和解した。さらにこの事件で助けた櫛名田姫と出雲の地で結婚し、宮を建ててそこに暮らしたという。このときに素盞鳴尊が詠んだ歌が、「八雲立つ 出雲八重垣 妻篭みに 八重垣作る その八重垣を」というもので、立派な新居に妻を迎えて新しい生活を始めよう、といった新婚バリバリの気分を表している。この歌に由来するのが島根県松江市の八重垣神社で、今日でも良縁の守護神として有名である。≫ ネットより引用

八岐大蛇退治は本当に迫力があり、長い時間舞われるのには体力がいりますね。この御神楽を踊られる方たちは耶馬渓の方に代々伝わっている家の方たちだそうです。
この方々はあちらこちらの神社に行かれるようです。
八岐大蛇退治の櫛名田姫神はいつも氏子さんが
なっておられるようです。


風に吹かれて  風に吹かれて

風に吹かれて  風に吹かれて


風に吹かれて  風に吹かれて

風に吹かれて 風に吹かれて


風に吹かれて  風に吹かれて


風に吹かれて  風に吹かれて

風に吹かれて  風に吹かれて  


結構何時間も見て撮って御神楽を堪能いたしました。
氏子である義弟は来年は一日神社に詰めて
お役目をしないといけません。
氏子さんたちの支えがあってこのような行事が続いていくのですよね。
ほんと御苦労様です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
October 12, 2009 13:23:33

求愛?

テーマ:ブログ

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき


牡鹿が牝鹿を求めて鳴く声が十月初めのころまでまでよく聞こえていたのですが、

最近は聞かなくなりました。


聞かなくなった時期は滅多に見ない牡鹿を5,6頭の姿を見た後です。

10年近く住んでいますが、牡鹿を見たのは数回それも一頭を見るのが希でした

それが大きな角を持った牡鹿が何頭も姿を見せたのですからびっくりしました。


それまでは雌鹿や、小鹿は毎日のように現れていたのですが、最近は本当に少なくなりました。


イノシシも夜半に来ているらしく、大きな穴があちらこちらに掘ってあります。

自然がいっぱいで野生動物や野鳥がよく来るのがとても楽しみですが、

お猿さんだけは御免蒙りたいですね。


それも一匹家の前を歩いていたとお隣さんが言っておられました。


風に吹かれて  風に吹かれて



風に吹かれて  風に吹かれて



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。