September 26, 2008 16:49:44

フラワーランド 富良野

テーマ:旅行

美瑛の見晴台から上富良野【フラーわーランド】へも綺麗な風景が広がります、
途中トイレ休憩の場所からも素晴らしい眺めでした


 

               

そこからは数十分の道のりです。

フラワーランドは花が一杯、アートガーデンや、園内一望できる展望台もあり、レストラン、色んな売店、体験コーナー、温室もあるようでしたが、何しろ時間に制限があります。


 


お花が見える場所に移動・・・でも虹色のパノラマ大空間は色が余りありません。
唯一サルビヤノ、赤、紫の花が色を添えています。


 



ダリヤ、エキナケアの花も咲いてはいますが、少し終わりのような感じです。
こちらでは見られない蝶(クジャクチョウ)も見られました。


 

 
 



でも十勝岳連峰を背にした大パノラマは素晴らしいものでした。





トラクターで園内を見てまわれることも出来ます。




少しここでもお土産を、そしてラベンダーのソフトをいただきました。

ここから今日のお宿まで約3時間余りのバス旅です。
またまた札幌を通過します。
札幌に着いたころには夕陽が綺麗に窓の外を染めています。




またまたドームです




小樽の高島岬も夕陽に染まり始めて、夕闇が迫ってきて、山に登っていく道から眼下に時々小樽の夜景が見えています。




ここ赤井川温泉【キロロリゾートピアノ】は名前のように、雰囲気のあるお洒落なリゾートホテルです。




ホテルの横には洒落たかわいい教会がライトアップされていました



夕食は6つのレストランから選べます。
又1000円プラスでワンランク上のお食事に・・・・




今日は疲れました。朝から12時間ほどのバス旅行です。
明日も強行軍です。
 
                      続く・・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
September 24, 2008 23:14:33

美瑛の丘に

テーマ:旅行

パッチワークの丘めぐり
旭川から美瑛までまたまた北の大地をかけめぐります。
パッチワークの丘は牧歌的なきれいな広がりを見せています。
まさにパッチワークが見事に広がっています。


 



 


CMやポスターから有名になったところや木が点在しています。
親子の木(親子の木は 両側に大きく、真ん中に小さな木が挟まれている姿が親子が手をつないでいる感じから呼ばれている。かしわの木)


マイルドセブンの木(昭和51年にタバコ『セブンスター』のパッケージに採用されたことから名前がついた かしわの木)
マイルドセブンの丘の上にマイルドセブンの木がずらっと並んでたっています。

ケンとメリーン木(昭和47年の日産自動車『愛のスカイライン』ケンとメリーのCMに採用され、以来 ケンとメリーの木と呼ばれているポプラで、人気のスポットの1つ)など・・・ガイドさんのお話
写真はこの木だけしか撮れませんでした・・・残念!!




展望台からの眺めは最高でした。十勝岳(旭岳、前富良野岳、富良野岳、上ホロカメットク山、十勝岳、美瑛岳、美瑛富士などを総称して)が全貌を現わし、その裾野をきれいな牧歌的風景が広がっています。
お天気が最高!!


 

 

 




次は富良野に・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 19, 2008 13:51:28

二日目

テーマ:ブログ

今日は12時間の長旅です。
旭山動物園に札幌から旭川まで3時間半ほど・・・途中砂川ハイウエーオアシス館に立ち寄り、一路旭川に
札幌を後に


何処まで行ってもまっすぐな道広い見渡す限りの綺麗な風景が続きます。


 


 

ガイドさんのお話は延々と続きそれを子守唄にバスに乗ったときから寝ておられる方たちが・・・・

旭川に11時過ぎ到着12時20分出発・・・ゆっくりしている間はありません
昼食も、オプションにてバスの中でのお弁当です(見学の後バスにて)

旭山動物園は見下ろすような場所にありそれほど大きな動物園ではありません


 

 

でも1時間20分では見るところは限られます。

まずもぐもぐタイムを確認して、いると赤とんぼが手の甲に止まる写真を撮ろうとした時男の人が障りとんでしまうが、戻り動物園のしおりに止まる


 

ここのトンボ(北海道)余り逃げない感じ土地柄おっとりとしているのかな??~~笑
アザラシ館へ
筒状の中を降りたり上がったりするのが有名・・・タイミングが悪く撮れない。

もぐもぐタイムが近づき上(外から見る)にあがってしまった。
館内も多いが外も黒山の人だかり。


 


 

それにしても暑い次はペンギン館・・・ここは外から。
この子はずっとトンボを追い掛け回していた。
トンボが見えるかな?




次に猛獣館といってもトラのみとなりのオオカミの森は一番の人気とかだが、

並んでいて時間的に余裕が無く入れず。




北極熊を見に行こうと歩いていると沢山の人が、見るとレッサーパンダが橋を渡っている・・・とても可愛い
暫し写真を撮り見入ってしまう。


 



北極熊は暑いのか寝そべっている

あきらめてもと来たところを入り口まで今度は階段を上がっていかなくてはならない・・・大して見られない割には暑く疲れた。
バスの中でおにぎりを食べながらの動物園を後にする。
次は美瑛の丘に。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 18, 2008 19:35:18

小樽から積丹半島へそして札幌へ

テーマ:旅行

小樽から余市を通り積丹半島(神威岬・島武意海岸)へ約70kmの道のりです。
余市を過ぎてすぐに海の中に車窓から蝋燭岩が見えます



綺麗に晴れた青空と石狩湾の碧さがとても素晴らしく目に焼きついています。積丹半島の海岸は奇岩が沢山見られました。
 

恵比寿岩と大黒岩




 


島武意海岸には真っ暗なトンネルを抜けると目の前にパッと広がる真っ青な海がめに飛び込んできて一斉に歓声が上がりました。


 



看板のところから海岸までは急な坂が・・・・とても時間内には戻って来れそうも無く上からの撮影
海は青というよりエメラルドグリーンで澄んでいて、大小さまざま、形もいろいろの荒波に洗われた奇岩、断崖の数々が連なっています


 



ここからは宿泊地の札幌へ約100kmの道のりを帰ります。
海に沈む夕陽が見たかったのですが、残念ながら空が薄く色づいたころには海岸とはお別れでした




ホテルはアパ 夕食をいただいて(オプション 


 

シャトルバス(札幌市内まで約20分)にのり、大通公園テレビ塔、時計台を見てきました。
札幌地下鉄車内




テレビ塔


 

時計台



ススキの辺り



温泉に入り明日の支度をして就寝したのが12時ごろでした・・・おやすみなさい 眠い(睡眠)
明日は6時起床です。
               一日目終わり二日目に続く

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 15, 2008 08:48:20

小樽観光

テーマ:ブログ

北海道に降り立ちました。
これから小樽観光です
新千歳空港から小樽まで2時間あまりのバス移動が始まります。

小樽までの道のりです

車窓からの写真です。


 

札幌ドーム

白い恋人                       高島岬
 

小樽観光 (バスを降りての観光)


時間が少なく石原裕次郎館、オルゴール館等には入れませんでした。

北一ヴェネツィア美術館
 ヴェネチェア美術館

小樽運河(約750mになったそうです)


 

            小樽運河

ここで昼食

この後北一ガラス館でお買い物タイムでした。
最初なので小さいものをお土産に・・・

                   続く・・・

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
September 15, 2008 07:36:00

北海道ツアー

テーマ:旅行

急に友人との北海道ツアーが決まり、行って来ました。
北海道はでっかいどうほっかいどうで、
とても体力がいる旅行でした(笑)
移動時間が長く、見学時間が短い、ゆっくり写真を撮っている時間はありません。

ほとんどが車窓からの写真が多いです。

こればっかりは仕方が無いのですが、でもいいお天気が続き、素晴らしい風景で盛り沢山の旅行でした。

一日目
神戸空港~新千歳空港~小樽観光~積丹半島(神威岬。島武意海岸など)~札幌
神戸空港を飛び立ち飛行機(窓際の席)からの神戸空港~新千歳空港までの写真です
眼下は神戸
神戸上空

明石大橋
明石大橋

機内から遠く富士の山               ズームで撮ったので少し画像が粗いです 
富士山  富士山

鳥海山

秋田県子吉川
子吉川  子吉川

十和田湖
十和田湖

陸奥湾
陸奥湾

下北半島

下北半島  下北半島

新千歳空港手前の上空
新千歳空港上空
新千歳空港
新千歳空港

新千歳空港 に降り立ちました。


一日目の始まりです(続く)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。