道しるべ

風に吹かれて流されて・・・ユラリユラリと行く先は?・・・


テーマ:

砂糖は使いやすいように調味料ケースやビンなどに入れておくとカチカチになる時があります。
そんな時には「食パン」を1/4ちぎって、一晩置いておくだけで砂糖が
サラサラになります。

食パンの水分が砂糖をやわらかくします。


道しるべ-90830



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バナナを一本づつポリ袋に入れて、口をしばり、冷蔵庫に入れる。
ただし、しっかり袋の口をしばらないと、一緒に冷蔵庫に入れていたほかのものの腐食を早めてしまいます。


道しるべ-90827



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

冷蔵より室温のほうがいい。10~30℃のときが乳化成分が安定している。



道しるべ-90826



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



賀の祝い、賀寿の祝いとも言います。

もともと中国の風習だったのですが、 奈良時代に日本に伝わり、平安時代には貴族たちの間に広く行われるようになりました。
数え61歳の「還暦」、71歳の「古希」、77歳の「喜寿」などの祝いは 室町時代に始まり、江戸時代に一般庶民の間に広がったものです。

還暦という言葉の意味は、「本卦還り」といって十干十二支が60年で一回りし、 生まれた年の干支に戻ることからつけられたもので、「赤ちゃんに還る」という意味と 「赤は魔よけの色」ということから、「赤いずきん・赤いちゃんちゃんこ・赤い座布団」等を贈り、 生まれ変わった気持ちでますますお元気にという願いを込めて祝いました。


お祝いメモ
【還暦】数え年 61歳
【古寿】数え年 70歳
【喜寿】数え年 77歳
【傘寿】数え年 80歳
【米寿】数え年 88歳
【卒寿】数え年 90歳
【白寿】数え年 99歳


道しるべ-90822
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アツアツのご飯に生卵をかける卵かけご飯。
ご飯だけでは糖の代謝がスムーズに行かず、卵だけ食べてもアミノ酸の代謝、或いはビタミンは活発に働きません。ご飯に卵をかけると温められた卵は消化が速くなり、タンパク質がスムーズに分解され、それぞれの栄養素が相乗的に働くとか。
結果、神経伝達物質の材料となるアミノ酸の量が増え脳が活性化して、記憶力向上や脳血流の増加に繋がるそうです。


道しるべ-90821

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


道しるべ-908162


いくつかの小花が明るい日陰の石組の中で咲いていたら、ダイモンジソウの可能性大です。

花を良く見ると「大」の字のように5枚の花びらがあることから、大文字草と名づけられました。
ダイモンジソウは山野草の中では交配しやすいために、最近では鮮やかな桃色の品種や八重咲きの品種、覆輪の品種など、品種改良が盛んに行われています。


ダイモンジソウの育て方
ダイモンジソウを始めるには、秋に花を確認して開花株を購入するのが良いでしょう。

春に園芸店からダイモンジソウの株を購入することもできます。

どちらも、山野草鉢に山野草専用の用土で植えつけるのが良いでしょう。
鉢は必ず明るい日陰に置いてください。直射日光に当たると葉焼けします。

ダイモンジソウは水切れに弱いので水遣りは欠かさないようにしましょう。

ただし、過湿にも弱いので、風通しにも注意してください。

特に高温時に蒸れると病気になりやすいです。

花が全部咲き終わる前に花茎を根元から切り取ってください。

種子を取るときは、花茎を残します。

ダイモンジソウは種子がつきやすく、種をとりまきすると、簡単に発芽します。

順調に生育すれば、翌秋には花が咲きます。

花後には緩効性の化成肥料をお礼肥として置肥しておくと良いでしょう。

冬は完全に乾燥しない程度に水やりします。置き場は棚の下などの北風が直接当たらない場所が良いでしょう。

ダイモンジソウの鉢は必ず毎年、植え替えてください。植え替えないと根詰まりし、水はけが悪くなって枯れることが多いようです。

この時に4芽ずつ程度に株分けすることができます。

鉢栽培に慣れてきたら、路地植えにも挑戦しましょう。

半日陰の石畳の端に石組などをして、まわりよりも少し高植えにするのがコツです。植え付け場所の土は堀リ出して山野草専用の用土で植えつけると安心です。

環境が良ければ庭植えのダイモンジソウは4,5年植え替えなくても大丈夫でしょう。



道しるべ-90816

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


道しるべ-90815


むくみには、湧泉(ゆうせん)のツボを集中して刺激します。
湧泉は、足全体を3等分した、上から1/3の位置で左右のちょうど真ん中にあたる部分。

ここを両手の親指を重ねて3秒押したら、3秒休むを繰り返し左右の足を30秒ずつ、合わせて1分間刺激します。

朝晩1回ずつが効果的。湧泉は腎臓と密接な関係があり、腎臓の機能を高めて全身の水分バランスを整え、むくみを取り除きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。