道しるべ

風に吹かれて流されて・・・ユラリユラリと行く先は?・・・


テーマ:


80531


[にあわぬそうのうでたて]



[意味] その人に似合わぬ言動をすることのたとえ。


   ⇒ 「腕立て」は腕力をふるって争うの意。
     僧が腕力に訴えることは、仏に仕える身としてふさわしくない
     ことからいう。


[類義] いらざる僧の腕立て

     法師の軍話(いくさばなし)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80530


[にんげんいたるところせいざんあり]



【意味】 志を成し遂げるためには、故郷を出て大いに活躍すべきだという
     こと。


   ⇒ 「人間」は、世の中、世間。
     「青山」は骨を埋める場所、墓地。
     骨を埋める場所はどこにでもあるから、故郷にしがみつくことは
     ないという意から。
     幕末の僧、月性(げっしょう)の詩より。


【類義】 青山骨を埋(うず)むべし

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80529


[みるはめのどく]



[意味] 見なければ知らずに終わったものが、見てしまったばかりに
     欲望が生まれて心を悩ますこと。
     不要な物は見ないに越したことはない、という意。


   ⇒ あとに、「聞くは気の毒」とも続ける。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80528



  
           [かんたんのゆめ]



【意味】 人の一生の栄枯盛衰の、まことにはかないこと。


    中国の趙(ちょう)の都邯鄲で、盧生(ろせい)という青年が、栄華を
     意のままにできるという枕を仙人から借りて寝たところ、立身出世
     をして富貴を極める夢を見た。
     しかし目覚めてみると、寝る前に炊きかけだった粟(あわ)がまだ煮
     え切らないほどのごく短い夢だったという故事から。
     『枕中記(ちんちゅうき)』より。


【類義】 一炊(いっすい)の夢
   
     邯鄲の枕

     邯鄲夢の枕

     黄梁(こうりょう)一炊の夢
   
     南柯(なんか)の夢
  
     盧生の夢


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80526


[たきぼうよう]



[意味] 学問の道があまりに多方面に分かれすぎると、真理にいたるのが
     難しいこと。
     転じて、方法・方針などがたくさんありすぎて迷うこと。


   ⇒ 道がいくつにも分かれているせいで、逃げた羊をついに捕まえら
     れなかったという話から。
     『列子(れっし)』より。


[類義] 亡羊の嘆(たん)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80522


[にんじんのんでくびくくる]



【意味】 身のほどをわきまえ、結果を考えて行動しないと、わが身を
     滅ぼすことになるということ。


   ⇒ 朝鮮人参を飲んで病気は治したが、その代金が払えずに自殺
     するというところから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80520


          ―じんこうにかいしゃする―



【意味】 世の中に広く知られ、評判になること。


   ⇒ 本来は詩文などが多くの人々の口に上ること。
     「膾」は、なます(さしみ)。
     「炙」は、焼肉。
     どちらもだれにも好まれるごちそう。
     林嵩(りんすう)『周朴詩集序(しゅうぼくししゅうじょ)』より。
 
   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。