茄子おやじ

テーマ:

下北沢を徘徊して新規開拓。

 

茄子おやじ」というカレー屋に入ってみました。


あとから聞いたらシモキタでは老舗の有名なカレー屋らしいです。

 

シモキタ歴長いわりに知りませんでした(汗)。

 

 

「やさいカレー」、「チキンカレー」、「ビーフカレー」、

 

「茄子おやじスペシャル」の中から「茄子おやじスペシャル」を

 

チョイス。 

 

いわゆる全部のせです。

 

 


東京グルメの戯言
 

中盛りはサービスだったので、中盛りで。

 

 

ルーはドロッした欧風な和風(どっちやねん!?)。

 

具が大ぶりなのでかなり食べ応えがあります。

 

フライオニオンもアクセントにいいです。 


下の方にゆで卵が隠れていました。

 

辛さは控えめでした。

 

 

僕的にはスパイシーなチャビっとしたカレーが好みなので、

 

ストライクど真ん中って感じではないけど、ほっこりした

 

普通のおいしさが味わえます。

 


デザートのはちみつヨーグルトがおいしかった。

 

 

 

 

店名  茄子おやじ

住所  世田谷区代沢5-36-8 アルファビル 1F

TEL  03-3411-7035

時間  12:00-21:00

定休日 不定休

AD

スパイスピエロ 銀座店

テーマ:

ラーメンの次に最近よく食べているカレー。

 

銀座中央通り沿いの「スパイスピエロ」に行きました。

 

札幌発のスープカレーのお店ですが、札幌にはもうないらしいです。

 

そんなに混む時間帯ではないと思いましたが、かなり混んでました。


 

「白スープ」と「黒スープ」と「赤スープ」と「緑スープ」があって、

 

どれにするか結構迷ってしまいましたが、「黒スープハンバーグカレー」

 

にしました。

 


東京グルメの戯言

チーズをトッピング。

 

結構な量がありますが、ライスが普通盛りだとかなり少なめ

 

に感じました。 大盛りが無料なので、大盛りにすれば

 

よかったと後悔しました。

 

 

味はコクがあり、ハンバーグも想像していたのよりもよかったです。

 

シャビシャビよりももうちょっとトロみがありました。

 

何店舗かスープカレー屋さんは行きましたが、それぞれまったく


味が違うので、好みが分かれるんでしょうね。

 

ここのルーの味は僕的には可もなく不可もなくでした。

 

まあカレーって大ハズレがないのがいいですよね。

 

他の色も今度挑戦してみたいです。

 

 

 

 

店名  スパイスピエロ 銀座店

住所  中央区銀座2-6-1 中央共同ビル B1

TEL  03-5159-0907

時間  11:30-16:00 17:30-23:00(月~金)

     11:30-22:30(土・日・祝)

定休日 無休

 


AD

般゜若(パンニャ)

テーマ:

最近ムショウにカレーが食べたくなります。

 

「ニューキャッスル」に引き続き、下北沢の「般゜若(パンニャ)」

 

に訪問。 雑誌のカレー特集に載っていたのを見て行って

 

みたいなあと思い、チェックしていました。

 

こちらはタレントの松尾貴史さんが開いたお店。

 

カレー好きが高じてとうとうお店を出してしまったらしい。

 

 

いろいろ悩んだ末、「チキンとキーマのハーフ&ハーフカレー

 

を注文。 半熟カレー煮タマゴをトッピング。

 


東京グルメの戯言
 

ご飯はインドの炊き込みごはん。  

 

ルーはサラサラだけど、いろいろなスパイスが入って

 

いてかなり奥が深い味わいです。

 

さすがいろいろ研究しただけあって、いろいろなカレー

 

のいいとこ取りをしたなあって感じ。

 

このシャビシャビ感がたまらないっす。

 

付け合わせのザワークラウトとトマトのチャトニもイケてます。

 

欲を言えばご飯の量にたいしてもうちょっとルーの量が

 

多かったらよかったなあ。

 

 

でも僕的にはハマりそうな味なので、全メニューをとりあえず

 

制覇するまでは参ります。

 

 

 

 

店名  般゜若(パンニャ)

住所  世田谷区北沢3-23-23 北沢シティハウスⅡ

TEL  03-3485-4548

時間  11:30-20:00

定休日 月曜日

 


 


 


 

 


AD

ニューキャッスル

テーマ:

前々から気なっていたけど、いつも中をのぞくと誰も

 

お客がいないので入りそびれていた「ニューキャッスル」。

 

夕方小腹がすいたので夕飯にと思い勇気を振り絞って

 

入店(おおげさな青スジ)。

 

一人だけお客が入っていたけど、まず気になったのが臭い。

 

なんだかよくわからないけど変な臭いがするので、まず

 

ゲンナリした。

 

 

気を取り直してとりあえず「蒲田」を注文。 ここは京浜東北線

 

の駅名がメニューになっている。大森とか品川とか。

 

一応「蒲田」が大盛りらしい。

 

辛来飯という昔からあるカレーのような食べ物。

 


東京グルメの戯言
 

味はとても複雑な味。甘さと辛さのミックスした何とも

 

言えぬ味わい。 まあ旨いがそれよりの臭いが

 

気になって仕方がない。完全に臭いが味わうことを

 

邪魔していた。

 

大盛りといってもどちらかというと小盛りに近いか。

 

量が少なかったので、5分もかからず食べ終わり

 

店を出た。   


ちょっとビミョーなお店ですね汗 

 

あの臭いは一体何なんだろう??

 

 

近くの「ジャポネ」と同じく、カレーではなく、「辛来飯」と

 

いうジャンルの食べ物ですね。

 

 

 

 

店名  ニューキャッスル

住所  中央区銀座2-3-1

TEL  03-3561-2929

時間  11:00-21:00(平日) 11:00-17:00(土曜)

定休日 日・祝日


 


京橋屋カレー

テーマ:

ひさびさランチネタカレー

 

会社にほど近い「京橋屋カレー」を訪問。

 

2種類のカレーが楽しめる「ツインカレー」を注文。

 

辛口地鶏カレー・スパイスベジカレー・キーマカレー

 

の3種類から辛口地鶏カレーとキーマカレーをチョイス。

 


東京グルメの戯言
 

左がキーマで、右が辛口地鶏。

 

キーマはわりとまろやかだけど、ピリッと辛い辛っ!!!

 

辛口地鶏の方はシャビシャビで結構辛いけど、

 

僕的にはほどよい辛さ辛っ!!!辛っ!!!

 

付け合わせのキャベツの酢漬けがたまりません。

 

どちらも甲乙つけ難い旨さウマー

 

どっちか1つは選べない僕にとってはツインカレー

 

は超ありがたいです。

 

 

たまに食べたくなるだろうなあ~、ここのカレー。

 

難点は営業時間が短いことしょぼん

 

夜も営業してもらいたいものですお願い

 

 

 

 

店名  京橋屋カレー

住所  中央区京橋3-4-3 千成ビル2F

TEL   03-5203-2810

時間  11:30-15:00(平日) 12:00-15:00(土日祝日)

定休日 不定休

 



 


先日仕事で自由が丘に行った帰りに一緒にいた部下のお薦めの

レストラン、中目黒の「ムッシュ・ヨースケ」でランチをした。

中目黒といっても池尻の方が近いかも?と思わせる、山手通り沿い

のお店。

 

 ムッシュヨースケ外観

 

ここはランチはカレーがメインのようだ。

そこで「カツカレー」を頼む。

 

ムッシュ・ヨースケのカツカレー

 

はっきり言ってご飯の量が少ない!!

これでは青年男子の腹は満たされぬ(笑)。カレーのルーは

わりと多いんだけど。

カツも小振りなサイズ。青い野菜はニンニクの芽だ。素揚げの

レンコンも特徴的。 

 

味的には、んーん悪くないんだろうけど、僕の好みのカレーの

味ではないね。ちょっと酸味がある辛さがある。とはいっても

そんなに辛くはなかったが。

 

量的に物足りなさを感じて店をあとにする。

 

欧風料理を銘打ったお店だが、夜はどのような料理を出すのだろう?

それはちょっと興味あるね。 

 

ここへ連れて来てくれた部下は一昨年カレー好きが講じて毎日カレーを

食べ歩いていたら、胃腸を壊して一週間入院したことがあるらしい。  

アホやな。 黄レンジャーじゃあまいし。

 

皆さんもカレーの食べすぎには注意しましょう(笑)。

 

 

 

 

店名  ムッシュ・ヨースケ

住所  目黒区青葉台3-21-13 共立ビル1F

TEL  03-3716-5999

時間  11:30-15:00 18:00-22:00

定休日 火曜日

 


茶豆

テーマ:

火曜の夜、昨晩に引き続きまたもや笹塚へ。

 

連日早く仕事が終わったので、早く閉まるお店にレッツゴー!!

 

ということで、「茶豆」という喫茶店のカレーを食べに行く。

 

ここはM’sCurry と双璧の笹塚では有名なカレー屋さんである。

場所も笹塚の南口の駅からちょっと離れたところにあり、店構えも

完全な喫茶店なので、ちょっと戸惑う。

 

ポークカレーの辛さ普通を頼んだ。

 

茶豆 ポークカレー

  

確かに旨いが、喫茶店のマスターのカレー好きが講じて

カレーを出しているって感じの味である。

ポークが多かったのはうれしかった。でもちょっと物足りない

気がした。辛さを上げた方がいいのかも。

 

「M’s Curry」と両方食べたことがある人だったら賛否両論

だろうな。

 

個人的には「M’s Curry」の方が好きです。

 

カレーにコーヒーが付いて900円。ご馳走様でした。

 

 

 

 

店名  茶豆(ちゃず)

住所  渋谷区笹塚1-44-4

TEL  03-3465-6875

時間  11:30-14:30 18:30-21:00

     11:30-3:00(日曜日)

定休日 土曜・祝日 


カレー食堂 心 下北沢店

テーマ:

水曜の昼、下北沢をブラブラして、ランチを「カレー食堂 心

に入った。

 

ここは「マジックスパイス 」に並ぶ札幌スープカレーの店で、もうすで

に全国展開を始めている勢いのあるお店だ。

 

前に「マジックスパイス 」に行って以来、スープカレーを食べていなかっ

たのでかなり久しぶりだ。

 

カレー食堂 心 ソーセージカレー


 

日替わりのソーセージカレーを食べた。トッピングにチーズを入れて。

ゼロ番なのでまったく辛くない。 カレーというよりカレー風味のミネスト

ローネみたいな感じだね。

 

きっと辛かったらおいしいかも!? これではここのスープカレーの

醍醐味は味わえないなあ。

 

ランチのサラダがスープカップみたいなのに入ってるので食べにくい。

ドリンクのラッシーはおいしかった。

 

「マジックスパイス」のあの刺すような辛さとは対照的に恐らく辛くても

マイルド風味が残るのではないだろうか??

 

今度は辛い、店員おすすめの「オクラ納豆カレー」に挑戦してみよう。

 

 

 

 

店名  カレー食堂 心  下北沢店

住所  世田谷区北沢2-34-8 KMビル1F

TEL  03-5452-3561

時間  11:00-22:00

定休日 なし

 


M's Curry

テーマ:

金曜の夜、長野からの帰りに笹塚の「M's Curry」というカレー屋に

行った。

 

ここは前行った時、時間ギリギリで入れなかったので、今日はリベン

ジだ。

 

M's Curry 外観

 

場所は笹塚10号商店街の路地を入った、10席ほどのカウンターの

こじんまりした店で、立派なひげをたくわえた寡黙なマスターが一人

で切り盛りしていた。

 

「ひき肉カレー(中辛)」を頼む。

 

まずサラダが出てくる。 ドレッシングが激ウマ。

 

カレーは注文してから煮込むので、10分少々かかった。(苦痛って

ほどの長さではないけどカレーにしては長いよね。)店に雑誌ブルー

タスがあったので待ち時間はしのげた。

 

カレーのルーはサラッとしていて、最後に生クリームが大阪のお好み

焼きのマヨネーズみたいにジグザグにかけて、パプリカがまぶして

あった。


最近流行りのスープカレーでもないし、いわゆるカレーでもないが、

強いて言うならタイカレーに似てるかな!?

 

一口、食べる。  う、うまい!!

 

中辛だけど生クリームが入ってるのでそんなに辛くなくマイルドで、

研究に研究を重ねたであろう複雑な味が、硬めのライスによく絡んで

いてよい。

 

カレーはあまり食べないので、そんなに詳しくないし、他の店と比較は

できないけど、これは完全オリジナルな「M's Curry」だね。 

 

メニューにある「幻のカレー」というのも気になる(謎)。

 

笹塚にはもうひとつ、「茶豆」というおいしいカレー屋があるらしいけど、

そこにも今度行ってみよう。

 

驚いたのが、たぶん偶然だと思うけど、僕がいた時間はすべて男性の

一人客で、黙々とカレーを食べてスッと帰っていくという、異様な沈黙が

漂う雰囲気だったのが印象的。(たぶん偶然だと思うけど。)

 

 

 

店名  M's Curry

住所  渋谷区笹塚2-10-6

TEL  03-3378-4744

時間  12:00-14:00  18:00-21:30

定休日 火曜日


 


昨晩は巷でうわさの札幌発の食べ物、スープカレーなるものを食べた。

 

下北沢の「マジックスパイス 」に行ってみた。

場所はスズナリ劇場の横の坂を登ったところ。

 

なぜかスープカレーは東京では下北沢に初出店。(札幌の人には

そんなに下北沢がメジャーなのかな?) とても不思議だ!?

 


 

マジックスパイス3

 

入り口には仏像の絵があった。(上の写真)

店内は暗く、照明は赤でかなり怪しい感じ。

 

もう既にだいぶ売り切れていて、ももカレーベジカレーのみしかない

との事。仕方ないので、ももカレーとビールとピクルスをオーダー。

 

辛さを選べる。その辛さの名前がユニークで、

 

マジックスパイス2


 

覚醒(かくせい)→瞑想(めいそう)→悶絶(もんぜつ) ここまでは入門編

らしい。

 

次に涅槃(ねはん)→極楽(ごくらく) この二つが中級編。

 

次に天空(てんくう)→虚空(こくう)  この二つが上級編。

 

以上の7つ選べる。すべて仏教用語だね。

 

「何がおすすめですか?」と店員の方に聞くと、

 

「辛いの大丈夫であれば涅槃あたりが良いかと。」と即答。

 

それを頼む。  それにしても涅槃って!!

沖雅也が彼氏へ宛てた遺言の「涅槃で待ってる」以来久しぶりに聞く

単語だな(笑)。(みんな知らないか?それとも沖雅也を覚えてい

ないか?)

 

マジックスパイス

 

上の写真のスープカレーと白いご飯が来る。(サフランライスではな

かった。)

 

うわっ辛!!!!

 

なんだこの辛さは!!いままでに味わったことのない種類の辛さだ!!

タイ料理ともインドネシア料理とも違う辛さに感じた。

具はトマトから香草類からワンタンみたいのからいろいろ入っていた。

 

涙がちょちょぎれる(マジで)。 鼻水まで出てきた。

 

食べている間、ずっと涙と鼻水が出っぱなし(笑)。あまり女の子には

見せられない顔だろうな。でも周りはカップルが多い!!

僕だったらデートでは来たくないな。でもネタにはいいかも(爆)。

 

カレーという感覚で食べると全然違う感じがするが、「スープカレー」という

新しいジャンルの食べ物だと思えばこれはたまに食べたくなる味になるかも!?

しかし涅槃でこんなに辛かったら、虚空はどんだけ辛いねん!!

札幌の冬の夜に食べたらさぞかしおいしく感じるんだろうな。でも東京では

定着するかな??微妙なところ。

 

今度は悶絶くらいにしておきます。

 

 

 

 

店名  マジックスパイス 下北沢店

住所  世田谷区北沢1-40-15

TEL   03-5454-8801

時間  11:30-23:00

定休日 水曜日