最近見つけたお気に入りのイタリアンです。

 


東京グルメの戯言
 

リストランテ フィオレンツァ」。 場所は京橋です。

 

といってもほぼ銀座ですね。 

 

 

3回目の訪問になりますが、前回、前々回とも季節を

 

かなり意識した僕好みのイタリアンでしたので、今回も

 

楽しみに来ました。

 

 

いつもの「シェフのおまかせコース(9000円)」を。

 

 

根セロリのスープ」は滋味深いけど、トリュフの香りが

  

食欲をそそりますね。

 

 

アイナメのカルパッチョ」、早速初夏を感じさせますねぇ~。

 

 

ホワイトアスパとカラスミ」、これも季節ものですが、イタリア産

 

のホワイトアスパラガスだからなのか、カラスミもイタリア産だから

 

なのか、ちょっと味わいが違います。 ボーノですウマー

 

 

サマートリュフのパスタ」もシンプルながらプロの味です。

 

パスタ料理だけは自信のある僕もマネできませんね(当り前かうーん。)。

 

 

最後は「蝦夷鹿のパイ包み」。 フレンチの古典な感じの料理だけど、

 

これまたいいっ!!  僕にはど真ん中ストライクな料理でした。

 

  

職場の近くにこんなリストランテがあるのはかなり幸せものです。

 

 

ワインも値付けも含め、かなりお値打ち感もありますし、お料理も素材の質も

 

考えてもかなりCPがよいと思います。

 

 

また来ます。

 

 

 

 

店名  リストランテ フィオレンツァ

住所  中央区京橋3-3-11 京橋サウス 1F

TEL   03-6425-7208

時間  11:30-14:30 18:00-23:00

定休日 日曜日

 


AD

魚〇

テーマ:

昨年5月にオープンした「恵比寿横丁」。

 

その前はたしか八百屋とか魚屋とかの商店街だったような

 

気がしたけど、13店舗がひしめく屋台村に変身しました。

 

 

博多の中州の屋台を凝縮したような風情です。

 

僕も結構好きで、2軒目にこの横丁に来たりしてます。

 

 

今回も広尾で1軒行って、2軒目に横丁の中の「魚〇」という

 

お店に入りました。

 


東京グルメの戯言
 

もう11時近いというのに活気があります。

 

 

ここは浜焼きを主体としているお店で、コンロでいろいろ

 

焼き焼きします。

 

ホッピーとか電気ブランとかあおりつつ、エイヒレとか

 

イカとかを焼き焼きして食べました。

 

このザワザワした感じがいいねえ~。1軒目でちゃんと

 

食べたのに、まだまだ入ります(笑)。

 

焼き物に飽きたので、つまみ系を。

 


東京グルメの戯言
 

うにといくらの板盛り。 味は値段相応ですね。 

 

 

ビールケースを逆さにして座布団をしいている

 

とこに座るので、結構おしりが痛くなるから、

 

あまり長居はできないけど、ここの横丁は楽しいです。


 

でもなんだかんだ言って2時間以上いましたけど・・・ポリポリ

 

 

 

 

店名  魚〇

住所  渋谷区恵比寿1-7-4 恵比寿横丁内

TEL   03-3447-6677

時間  17:00-5:00  17:00-24:00(日曜日)

定休日 無休



AD

黒牛

テーマ:

新しい焼肉屋を開拓。

 

その名は「黒牛」。

 


東京グルメの戯言
 

場所的には代々木駅から西参道に向かう道沿いにあり、

 

なかなかビミョーなところです。 どの駅からも歩くとやや


遠いので、 皆さんどうやって来るのでしょう?? 

 

 

店の雰囲気は黒を基調としたモノトーンでシックな感じ。

 

おされな焼肉屋さんです。

 

 

メニューを見ると、「希少部位」と呼ばれる価格が高い。 

 

他の焼肉屋よりも高く感じるなあ~ぐしゃぐしゃ 

 

ということで普通のお肉からいきました。

 

 


東京グルメの戯言
 

上の写真は「タンと上タンの盛り合わせ」。 ある意味わかり

 

やすい組み合わせの盛り合わせですね(笑)。

 

十分値段の差はわかりました。 

 

希少部位もザブトンとかイチボとか食べましたが、

 

やはり値段の差の旨さの差は実感できました。

 

 

〆はやっぱり冷麺

 


東京グルメの戯言
 

こちらの冷麺はネギが多めですね。

 

さっぱりとしておいしいかった。

 

 

お酒も飲んで一人10000円くらいでした。

 


隠れ家的な焼肉屋として、新宿からタクシーを

 

飛ばしてくる価値はあると思います。

 

白金辺りの焼肉屋さんは今や当日では入れないので、

 

困った時の代替案にもなるのではないでしょうか!!

 

ちょっといいすぎかも・・・

 

 

 

 

店名  黒牛(こくぎゅう)

住所  渋谷区代々木3-1-11 パシフィックススクエアB1

TEL  03-6803-1129

時間  17:00-2:00

定休日 年中無休



 



AD

コリドー街をフラフラと歩いていると、いろんなお店が

 

あるんですねぇ~。 あまりこの辺りは銀座でも来なかった

 

エリアなので、興味深く見ていました。

 

 

その中で入ったのが、「バル・デ・オジャリア」。

 


東京グルメの戯言
 

 

スペイン風おじやがウリの店らしいです。

 

そもそも「オジャ」自体が日本の「おじや」の原型らしいです。

 

白ワインをあおりつつ、生ハムなどタパスを軽くつまむ。

 

そして、「オジャ」をオーダー。

 


東京グルメの戯言
 

鶏肉のオジャ」。めちゃめちゃアツアツグラタンです。

 


東京グルメの戯言
 

レンズ豆みたにのも入っています。

 

思った以上に出汁が濃厚でおいしいです。

 

 

これからのスペインバルは雰囲気だけでは勝負できませんね。

 

なにか名物というか特長を出していかないと、タケノコの

 

様にニョキニョキ増えた「スペインバル戦争」では勝ち残って

 

いけないでしょう。

 

 

今回は飲まなかったけど、シェリー酒もたくさんあって楽しい

 

お店ですね。 また行きたいお店です。

 

 

※恵比寿店もあるそうです。

 

 

 

 

店名  バル・デオジャリア 銀座店

住所  中央区銀座7-2先 コリドー街1F

TEL  03-5568-8228

時間  11:30-15:00 18:00-23:00(月・水・木)

     11:30-15:00 18:00-深夜(金)

     15:00-22:00 (土・日)

定休日 火曜・祝日


 



鮨 太一

テーマ:

銀座って本当にお寿司屋さんが多いですね。

 

「こんなにお店があって商売としてやっていけるのかなあ?」

 

などと考えながら今日も寿司屋に出向く。

 

 

食べログとかいろんなサイトで評判が高い「鮨 太一」へ行きました。

 

昨年オープンした9席のこじんまりとしたお店。

 

33歳と若手の方の中でもかなり若い大将。

 

おまかせで。 つまみから。

 

甘エビの昆布〆がおいしかったな。

 


東京グルメの戯言
 

握りはシャリが赤酢で塩気の多い感じ。

 

僕は好きですね、シャリの感じが。

 

〆ものがよかったです。

 

大将は若いけど、相当落ち着いていて、とても

 

33歳には見えない。 真摯に仕事に向き合って


いる感じがすごく出ていて、修行僧のようでした。

 

 

お勘定も銀座ではかなり満足感が高く(15000円くらい)、

 

再訪必至のお店ですね。

 

でも人気高いんだろうなあ~。 今日は当日予約できて


ラッキーラッキーでした。

 

 

 

 

店名  鮨 太一

住所  中央区銀座6-4-13

TEL  03-3573-7222

時間  11:30-13:30 18:00-22:30(平日)

     11:30-14:30 17:00-21:00(土日・祝日)

定休日 月曜不定休


 

  


銀座って韓国料理ないよね、って印象あるけど、近場でなんとか

 

いいお店を探したくて、「はいやく」へ初訪してみました。

 

 

内装がおしゃれな感じで、女性を意識しているように思いました。

 

メニューを見ても女性が好みそうな美容とか痩身とか、そういう


キーワードが随所に見られ、完璧女性狙いだなあと確信しました。

 

 

参鶏湯コース」(6000円)をチョイス。

 

季節の粥に、前菜3種、中肴4種が続く。 



東京グルメの戯言

写真は中肴4種の中の小さなパジョン。 こんな小さな

 

パジョンは初めて見たので、思わずパチリカメラと。

 

 

メインの参鶏湯はハーフサイズで、ちょうどよい大きさだね。

 

お味も今まで食べたものよりマイルドな味わい。 薬膳薬膳

 

していないところが気に入りました。

 

 

あと面白かったのが、黒豆マッコリ。 初めて飲んだけど、

 

ウエハース(その中でも昔よく食べたビックリマンチョコのヤツ)の

 

ような味がして、何だか懐かしい味だなあと思ってしまいました。

 

 

おしゃれに韓国料理、しかも美容に興味がある方を誘うには

 

なかなか面白いお店ですね。

 

むさ苦しい男だけで大挙して来るお店ではありません(笑)。

 

 

 

 

店名  韓国薬膳料理 はいやく

住所  中央区銀座4-10-10 銀座山王ビル B1

TEL  03-3547-3526

時間  11:30-15:00 17:30-23:00

定休日 日曜日

 

 

二代目 けいすけ

テーマ:

久し振りに高田馬場に参上。

 

すっかりラーメン激戦区になりましたねえ、馬場は。

 


 

二代目 けいすけ」に行く。

 

正午過ぎに行ったけど、意外とすんなり入れた。


東京グルメの戯言

「海老そば」を注文。
 

何と言ってもこの器がユニーク。 

 

球体をななめにカットしたようなこの形状は海老の香りを

 

逃さないためというちゃんと理由があるらいしい。

 

海老の頭で出汁を取ったのもユニーク。 スープも

 

香ばしくて僕的に好きな味。

 

麺は平たい麺で、チャーシューの変わりにスモークされた

 

鶏肉と海老ワンタンが入っていた。 これもいい感じ。

 

糸状の唐辛子は麺にからんでいいけど、柑橘系の皮(ゆず?

 

オレンジ?)はいらないな↓

 

 

なかなか個性的な味わいで、スープの味は病みつきになるかも!? 

 

他にも行ってみたい店が結構あるので、馬場に来る機会は増えるね。

 

 

 

 

店名  二代目 けいすけ

住所  新宿区高田馬場2-14-3 三桂ビル 1F

TEL  03-3207-9997

時間  11:00-24:00

定休日 無休

 


レストラン ナルカミ

テーマ:

ちょっと気張って行って来ました!! 

 

 

レストラン ナルカミ」。

 


東京グルメの戯言
 

 

場所はちょっと寂しい昭和通りの1本中央通り側の道沿いの

 

ビルの地下のお店。

 

 

13650円のコースを事前に頼んでおいたので、スムーズに。

 

8品出てきました。 小さめなポーションでこれくらい品数が

 

多いと僕的にはとてもうれしいです。

 

最近シェフがハマっているという富山産の魚貝の食材が多く、

 

素材にこだわっているなあとお口の中で実感しました。

 

 

その中でもおいしかったのが、

 


東京グルメの戯言
 

蝦夷アワビのシャンパーニュ煮。

 

 

暗くてよくわからないと思いますが、肝のソースが

 

絶品で、パンにつけて一滴残らず食べてしまいました。

 

メインは牛フィレだったけど、これだけ普通にうまいと感じました。

 

ただどれも僕好みの味付けもふまえて、感動の連続で、大変満足

 

しました。

 

 

難をあえて言えば、ワインの値付けですかねぇ~。

 

また調子こいてしまったけど、もう少し安いワインのラインナップが

 

あればよいなと思いました。

 

 

いろいろ賛否両論あるみたいですが、僕と同年代の鳴神シェフには

 

同じ銀座で働く者としても是非頑張ってもらいたいものです。

 

 

また来ます。

 

 

 

 

店名  レストラン ナルカミ

住所  中央区銀座6-13-7 新保ビルB1

TEL   03-6226-2225

時間  11:30-14:00 18:00-21:00

定休日 日曜日

 




鮨 一心

テーマ:

最近よく出没する上野。

 

1件目は大勢で居酒屋に行って、

 

2軒目は少人数で「鮨 一心」へ。 飛び込みで。

 

上野の寿司屋に行くのは初めてだね。

 

つまみから。

 


東京グルメの戯言
 

タコにヒラメにマグロにイカを。

 

2軒目なのに、握りも一通り食べてしまった反省

 

サバとかコハダとか〆たものがおいしかったなあ~。

 

 

入った時は我々しかお客はいなかったけど、1時間ほど

 

して気が付くと、4組くらいのお客さんがいた(11時過ぎてたけど)。


客層も明らかに銀座とか西麻布とかにはいない感じが、

 

やっぱり上野にいるんだなあと再認識してしまった。(特に女性が) 


何とも雰囲気が異質な感じはするけど、これまたこの店の

 

味なんだなあと理解して、再訪を誓いました。

 

お勘定もネタを考えたら安めかなあ(一人8000円くらい)。

 

 

 

 

店名  鮨 一心

住所  文京区湯島3-43-12 太田ビル 1F

TEL   03-3835-4922

時間  17:00-2:00

定休日 日曜・祝日


 



翡翠宮

テーマ:

雨が相当降っていたので汗、濡れずにお店に入りたい。

 

そう思った時に考え付いたホテルの飲食店。

 

久しぶりに新宿のハイアットリージェンシーに行った。

 

 

名前が変わってからの初めて来るなあ。 


だいぶホテル自体リニューアルしていて、高級感が

 

出ている。 「翡翠宮」に行ったけど、隣にフレンチの

 

ミッシェル・トログロワ」もできたんだ。 行きたいなあ

 

と思っていたけど、忘れてました汗 

 

今度機会があったら行ってみよう。

 

 

今回はアラカルトで。

 


東京グルメの戯言
 

写真はフカヒレのスープ蟹肉入り。

 

ちょっと味が薄いかな!? 濃い味に慣れて

 

しまいすぎてるのか・・・・

 

 

他もいろいろ食べたけど、全体的に味が落ちたような・・・・

 

前の方がどの料理も安定感を感じていたので、ちょっとガッカリがっかり

 

 

デザートは洋食みたいにすべてのサンプルから直接選べるのは

 

いいなあと思ったし、サービスもいいいんだけど・・・

 

満足感を得られず帰りました。

 

 

 

 

店名  翡翠宮

住所  新宿区西新宿2-7-2 ハイアットリージェンシー東京 1F

TEL   03-3348-1234

時間  11:30-14:30 17:30-21:30

定休日 無休