紋屋 立川店

テーマ:

先日、久しぶりに会う元部下と立川で会った。

 

そして前から気になっていた居酒屋「紋屋 立川店 」へ行った。

 

ここは富山の魚直送がウリのお店。 

 

駅の繁華街から離れているのに、店内は活気があり、結構混んでいる。

店に入ると、魚のディスプレイがすぐ目に入る。 どの魚もおいしそうに

並んでいるね

 

刺し身の盛り合わせ

 

紋屋 刺し盛り

 

メジマグロ、ヤリイカ、ホウボウ、ヒラメなど。 どれも旨い!!

 

白子ポン酢

 

紋屋 白子ポン酢

これも鮮度が違う!! 最近食べた白子ポン酢と比較にならない

くらいおいしいなあ。 感激

 

 

山菜のてんぷら

 

紋屋 山菜のてんぷら

 

ふきのとう、たらの芽、こごみなど。

苦味があってお酒がすすむ。 お酒は富山の「立山」。

 

なめた鰈の煮付け

 

なめた鰈の煮付け

 

子持ちです。この部分も旨し。

 

ズワイ蟹シュウマイ

 

紋屋 ズワイ蟹シュウマイ

 

これはプリプリ。蟹もぎっしり詰まっていて豪華なシュウマイだね。


今日は写真満載

 

なかなかよい居酒屋だね。 府中が本店で、六本木にも支店があるらしい。

 

また再訪したいお店です。

 

 

 

 

店名  紋屋 立川店

住所  立川市柴崎町3-9-7

TEL  042-548-8222

時間  17:00-23:30(平日) 16:30-22:30(日・祝日)

定休日 無休 


 


AD

先日仕事で自由が丘に行った帰りに一緒にいた部下のお薦めの

レストラン、中目黒の「ムッシュ・ヨースケ」でランチをした。

中目黒といっても池尻の方が近いかも?と思わせる、山手通り沿い

のお店。

 

 ムッシュヨースケ外観

 

ここはランチはカレーがメインのようだ。

そこで「カツカレー」を頼む。

 

ムッシュ・ヨースケのカツカレー

 

はっきり言ってご飯の量が少ない!!

これでは青年男子の腹は満たされぬ(笑)。カレーのルーは

わりと多いんだけど。

カツも小振りなサイズ。青い野菜はニンニクの芽だ。素揚げの

レンコンも特徴的。 

 

味的には、んーん悪くないんだろうけど、僕の好みのカレーの

味ではないね。ちょっと酸味がある辛さがある。とはいっても

そんなに辛くはなかったが。

 

量的に物足りなさを感じて店をあとにする。

 

欧風料理を銘打ったお店だが、夜はどのような料理を出すのだろう?

それはちょっと興味あるね。 

 

ここへ連れて来てくれた部下は一昨年カレー好きが講じて毎日カレーを

食べ歩いていたら、胃腸を壊して一週間入院したことがあるらしい。  

アホやな。 黄レンジャーじゃあまいし。

 

皆さんもカレーの食べすぎには注意しましょう(笑)。

 

 

 

 

店名  ムッシュ・ヨースケ

住所  目黒区青葉台3-21-13 共立ビル1F

TEL  03-3716-5999

時間  11:30-15:00 18:00-22:00

定休日 火曜日

 


AD

やまとみ

テーマ:

夜に定食を食べれる店がないか?

 

僕にとっては永遠の命題である(って大袈裟か)。

ご飯が食べたいけど、一人だし、かといってお酒を飲みたい気分でも

ないし、今日は安くあげたいし・・・・んーん・・・・・

 

皆さんもそんな気分の日ってありませんか?

 

 

定食屋って総じて閉店時間が早い。 8時とかに終わられてもとても

行けましぇん(泣)。

 

いつもそういうアンテナを張ってウロウロしたりもしているがなかなか

僕の活動範囲エリアにそういうお店が見つからない。

 

そんな時に見つけたお店が代々木上原の「「やまとみ」。

基本的には居酒屋だけど、夜も定食がOKなのである。

  

ここは麦とろがウリのお店で、山芋でも珍しい「伊勢芋」が食べれる貴重な

お店である。

 

麦とろと刺身定食」を頼む。

 

やまとみ やまいも定食

 

ご飯も五穀米である。 夜遅い時間でもこういうのが食べれるお店を

探してたんだよ!! 

 

伊勢いもをご飯にかけて食べる。 うん、うん、いいねぇ~。

千円以下で済むのもうれしいね。

 

でもちょっといただけないのが、なぜかが店内にいること。

衛生的にこれは勘弁願いたいなあ。

 

 

  

 

店名  やまとみ

住所  渋谷区西原3-22-5

TEL  03-3465-0600

時間  12:00-14:00(平日のみ) 17:30-23:00

定休日 日曜日


AD

韓の華

テーマ:

先日、東北沢の「韓の華」というお店のランチを食べた。

 

「韓の華」ってどういう意味かな?と思ったが、確かに読んで字の

如く、「韓国風中華料理」のお店だそうだ。

 

以前「チャイニーズ・ベジ」というやはり中華料理屋だったが、

いつの間にやらこの店に変わっていた。

 

ランチメニューは限られるが夜はつまみ系から鍋など色んな

メニューがある。

 

僕は「坦々麺」を選択。

 

韓ノ華 坦々麺

 

なんとなくテグタンに麺が入っているような感じか。

普通の坦々麺とはちょっと違うかも。なるほど韓国風!?

麺もコシがあっておいしかった。

全体的に予想よりGOOD。

 

夜も一度訪れてみたいお店だね。

 

 

 

 

店名  韓ノ華

住所  世田谷区北沢3-2-19

TEL  03-3481-4653

時間  11:45-14:00 17:30-23:00

定休日 不定休



Chez Taikai

テーマ:

Chez Taikai 」、なんとも仰々しい名前だが、ちゃんこ鍋のお店である。

 

実はまたもや「ちゃんこダイニング 若」にフラれ、こっちに来た。

これだけ予約が取れないと意地でも行ってみたくなる(笑)。

 

こちらはラ・ポルト青山の地下にある。

店内はモダンなおしゃれな感じ。 

 

牛レバ刺しとか栃尾の油揚げとか鴨とフォアグラのつくねを最初につまむ。

鴨とフォアグラのつくねはおいしいけど、フォアグラの味はどこ!?

つくねというより鴨のハンバーグだよ、これ(笑)。

  

そしてちゃんこは味噌味とかカレー味とかいくつかあったが、普通の醤油味

のものを選択。

  

シェ 大海 ちゃんこ鍋

 

具は鶏肉やつくね、野菜とか椎茸など。 思った以上に普通の

ちゃんこ鍋だ。

シェ 大海

 

味はこれまた意外にもすごくあっさりとしている。醤油味というよりも、

塩味のちゃんこに近い。

なんとなく女性を意識した味にしているような気がした。

確かに女性客が男性客よりも多かった。

 

男性の僕的にはちょっと物足りない味だね。

元ツッパリの千代大海のイメージとはかなりギャップがある。

 

〆は長浜めんを入れてラーメン風に。 これも麺がイマイチ。

 

 

場所柄すごくおしゃれに、女性客を取り込もうとしているのだろうが、

ちゃんこの豪快さは本当にないので、男性には拍子抜けだろう。

 

んーん、これはやっぱり「ちゃんこダイニング若」に行くべきか!?

 

ちなみに九重親方(元千代の富士)は千代大海と仲が悪いので、

一度も来店したことがないらしい(店員談)。

 

 

 

 

店名  chez taikai

住所  渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山B1

TEL  03-5468-8888

時間  11:30-15:00 17:30-23:00(土日・祝ー22:00) 

定休日 無休

                 

  




おけいすし

テーマ:

すし連続ですが、日は開いてます。 

 

長野出張の帰りにフラりと八重洲の「おけいすし」に寄った。

 

出張の前に昼お邪魔することが多かったが、今日は夜の訪問。

 

ビールを一本と握りおまかせで。

 

ヒラメの昆布〆から、スミイカ、車エビ、マグロヅケ、トロなど。

シャリがちょっと前より小さくなったような・・・ でも結果的には

その方がいろいろなネタを食べれるからいいんだけど。

 

相変わらずの江戸前クラッシックスタイル。ネタを酢にくぐらせる

ことによって魔法がかかった様な感じがする(笑)。

 

そしてアオヤギ、赤貝、平貝、トリ貝、煮アワビ、子柱のづけ、

赤貝の紐、ミル貝、煮ハマグリなどの貝のオンパレード!!

 

僕にとっては至福の時だ。 こんなに貝が揃っている寿司屋も

あんまりないよね。 もうアオヤギが出ているなんて、こんなところ

でも小さい春が見つけられた。

 

さっとテンポよく握ってもらったので、時間にして40分少々。

やっぱりここは好きなすし屋ですな。

僕の事も覚えていてくれたし。 うれしかったです。

 

 

 

 

店名  おけいすし

住所  中央区八重洲1-8-1

TEL  03-3271-9928

時間  12:00-21:00

定休日 土・日・祝日

 


鮨処 たちばな

テーマ:

ダイエット中であるが、どうしてもお寿司が食べたくなり、行きたいお店

に電話を掛けるものの、どこも満席(泣)。

 

 

深夜にそんなに寿司喰う人ってそんなにいるのか!?

 

 

最後に電話した新中野の「鮨 たちばな」だけOKだったので、そちらへ。

 

握りを一通り。

 

ヒラメ、スミイカ、車エビ、赤貝、コハダなど。

 

マグロは佐渡の定置網のもの。赤身とトロ。赤身の方が好き。


煮ハマグリ、とり貝、ヒラメの昆布〆、アナゴ、ウニ。

最後に鉄火巻きとかっぱ巻きで今日は終了。

 

やはりお会計は13500円。 やや高め。 あいかわらず。

 

 

  

 

店名  鮨処 たちばな

住所  中野区本町4-5-14 中野スカイマンション1F

TEL  03-3381-5851

時間  18:00-2:00

定休日 日曜日

ラストリカート

テーマ:

先日、仕事で神楽坂付近へ。

 

ランチは最初評判のよい「ブラッスリー・グー」へ行ったが、あいにく

満席(泣)。 どうしようと思って牛込中央通りをフラフラ歩いていると、

ラストリカート 」というイタリアンレストランに遭遇。もう1時30分を過ぎて

いたし、お腹が空いていたので、迷わず入った。

 

時間があったのと、奮発して3150円の前菜とパスタとメインとデザート

のコースを選択。

 

前菜は盛り合わせで柿に生ハムに巻いたのとかいろいろ。

結構ボリュームがあった。

 

パスタは「白身魚と季節の野菜のタリオリーニ

 

ラストリカート パスタ

 

白身魚はヒラメ、季節の野菜は菜の花

もう菜の花なんて出てるんだねぇ~。 もう春ですな(^^。

これはなかなか旨い。パスタも自家製だったし。

 

 

メインは「白金豚の炭火焼き ドライトマトとケッパーソース

 

ラストリカート メイン

 

これはまあ普通だね。 それにしてもワインが飲みたいなあ(笑)。

 

最後にデザートの盛り合わせにカプチーノ。


ご馳走様です。

 

あとで調べたらここらでは評判のお店なんだね。

 

本当はパスタはラザニアを最初選んだのだが、あいにく品切れ

だったので一度ラザニアは食べてみたいね。

 

 

 

 

店名  リストランテ ラストリカート

住所  新宿区納戸町12 第五長森ビル1F

TEL  03-5261-4226

時間  11:30-14:00 18:00-21:30

定休日 月曜日



ヒロキゴールドフレーム

テーマ:

思いっきりB級ネタで。 

 

先日、下北沢の「ヒロキゴールドフレーム」というお好み焼き屋へ行った。 

下北沢は実はお好み焼き屋激戦区で(知ってる人もいるかもしれないが)、

南口の商店街付近を中心にお好み焼き屋がひしめいてしる。 

その中でも僕はここを贔屓にしている。 

 

冬限定の「広島風かきのお好み焼き」   

 

ヒロキゴールドフレーム 

 

「広島風お好み焼き」は薄い生地にキャベツを大量に入れて、

具を挟んでまた薄い生地をのせてネギが大量にかかっているのが

特徴だ。 「大阪風」よりもゴージャス感はないが、これもなかなか

イケると思っている。

 

いつもはそば入りを頼むが今日はやきそばを別に頼んだので、

そばなしで。

 

この店はソースがおいしい。 なんかちょっと甘めな感じがいい。

カキも豪華に5個も乗ってたし。 おいしいよ(^^)

 

大阪に5年もいたので関西では結構お好み焼きは食べたけど、

東京だとだいぶ食べる機会が減ったよね。

やっぱり店の数が違うからだよなあ。

東京でもおいしいお好み焼きをもっと探してみたいね。

 

それにしても「ヒロキゴールドフレーム」ってお好み焼き屋っぽく

ない名前だよね。 名前だけ見たらおおよそ飲食店じゃない!?

 

 

 

 

店名  ヒロキゴールドフレーム

住所  世田谷区北沢2-14-14 ハニー下北沢ビル1F

TEL  03-3412-3908

時間  12:00-22:00

定休日 無休

 

プティ・バトー

テーマ:

久々の更新!! ていうか本当にレストラン訪問してません。 ていうよりも

あまり食事自体してないんですよねー。 ダイエットもやり始めると何となく

食べることに罪悪感を感じてしまうんで、自分的にもちょっと困りものですが・・・

 

 

ランチで代々木上原の「プティ・バトー 」というフレンチレストランへ行った。

 

前々から気になっていた井の頭通り沿いの16席しかないこじんまりとした

プティメゾンって感じだ。

 

あまり時間がなかったので、スープとメインとデザートの1900円のコース。

実際時間があればもう少し品数を増やしたかったのだが・・・ んーん残念!!

 

スープが大根のポタージュスープ。 これはよく大根が濾してあっておよそ

見た目では大根とはわからない感じだが、食べてみるとまさに大根の味。

なかなか旨い!!!

 

パンはすごく小さな自家製ライ麦パンをなくなるたびに2個づつもってきて

くれる。常に熱々のパンを食べてもらおうという嬉しいサービスだ。

これも小さいので何個でもいけるって感じ(笑)。

 

メインは「国産若鶏のロースト 粒マスタードソース

 

プティバトー

 

写真では野菜で若鶏は見えないが・・・ たくさんの野菜の

下にちゃんといます。

 

鶏自体はまあ普通だが、むしろ野菜の方がとてもおいしかった。

おそらく野菜にはすごくこだわっているのだろう。

 

最後にデザートとエスプレッソで〆。

 

サービスの女性が「ターブル・キャトル、デセール入ります!!

(訳:テーブル4番さん、デザート入ります)」などフランス語で

厨房の人にメッセージを送っていた。

その方は別に感じは悪いというわけではないのだが、ちょっと声が

大きすぎのような・・・。そんなに大きなお店ではない(むしろかなり小さな

お店)ので、もうちょっと普通に喋ってもちゃんと聞こえるのではと心の中

で思ってしまった僕であった(苦笑)。

 

インテリアも含めて相対的に女性的なレストランだね。

実際男性客は僕だけだった。 (昼間っから呑気にフレンチ食べてる

男なんてそんなにいないか、実際・・・)

 

今度は夜に来てもっといろいろな料理を食べてみたいね。

夜も値段的にもリーズナブルみたいだし

 

 

 

 

店名  プティ・バトー

住所  渋谷区上原1-12-3 サンフラッツビル 1F

TEL  03-3485-9928

時間  11:30-14:00  18:00-21:30

定休日 水曜日