鮨 福元

テーマ:
昨晩は16日ぶりに「鮨 福元 」に再訪。

またもや11時だったので、訪問時客は僕一人。

2度目の訪問でマンツーマンというのもこれまた緊張する。

僕は寿司屋に来て刺身の盛り合わせをつまみで注文はしない。

大抵いきなり握りから入る。一人でいきなり握りだから

客単価的にはあまり喜ばれる客ではなかろう。

月曜日に寿司屋に来るのはとてもワクワクする。

なぜなら市場へ行った一週間の初日なので、とてもネタが

充実している場合が多いからだ。

案の定目の前に置かれている「本日のネタ」という紙のものは

すべてあった。

最初は本まぐろ談義で話の花が咲く。

今日のマグロは壱岐産のものだったが、先日の福岡沖地震

の影響で壱岐ではもう獲れなくなるだろうと言っていた。

実は自分の祖父さんが壱岐で漁師をしていたが(既に15年

前に亡くなっているが)、マグロが取れるなんて話は聞いた

ことがなかった。(ブリかイカが多かったと思う。)

「いやあ、昔から獲れたんだろうけど、鮪に価値を見出さ

なかっただけで獲らなかったんでしょう。」と大将が言った。

ムム、それはもったいない。祖父さんの獲った鮪を食べてみた

かったなあ。本鮪を獲って東京に出していれば、もっと

儲かっただろうに.......

それにしてもマグロの赤身がうまい(感激)!

コハダ、赤貝、鳥貝、ハマグリ、車えび、真鯛、アナゴ.....etc

全部で14~15貫食べただろうか。

大満足!!おいしかった~(^^)

大将も気さくでとてもよい人だと思った。

再訪を誓い店を出た。

「行きつけの寿司屋」に自分の中では近づいた。



AD

竹爐山房

テーマ:
今日は営業の途中に吉祥寺でランチをした。

あれこれ悩んだ末、「竹爐山房」という中華に入った。

ここは昔から吉祥寺では有名な中華料理の店だ。

客はマダムの2~3人組みばかりで、男の客が自分しかいな

かった。

アスパラガスと鶏肉の炒め物ランチ(1890円)を頼む。

前菜とメインとスープとザーサイとご飯とデザートが出てきた。

食べて見るとわりと薄味で、いわゆる中華のイメージとちょっと

違う。なんとなくヘルシーな感じで、なるほど女性客が多いのも

わかる気がしてきた。

「女性的な中華料理」というか、今まで食べてきた中華のイメージ

で臨むとやや違和感がある。

次回はディナーコースとかアラカルトを頼んでみたいと思った。




厨房が見えるカウンターに向って食べていたので、食べ終えて

席を立ち振り向くと、なんとタレントのMUがいるではあり

ませんか!?

なんで吉祥寺の昼間にMUがいるんだろう?この辺に住んで

るのかな?奥様と思しき人と楕円の長テーブルに座っていた。


でもこの店では



「丸美屋の麻婆豆腐はメニューに

ありませんから!!!」(笑)



店名  竹爐山房

住所  武蔵野市吉祥寺本町2-21-8 B1

TEL 0422-23-3363

時間  11:30-14:30

     17:30-22:00
   
HP  http://www.chikurosanbou.com
AD

和の○寅

テーマ:
昨晩は一人で「和の○寅」で食事。

ここの主人にブログを見つかってから初めての再訪。

唯一このブログの作者が自分であるということを知っている

人物なので、なんか恥ずかしい。

「いやあ、○○さん(自分の名前)、いつも見てますよ

ブログ。なかなか文章うまいですね。」

なんて言われると悪い気はしない。

でも会社の人とか身内の人とかまったく知らないので、

何かの拍子で知られたらどうしようとちょっと不安に

なったりする。(もう知っている人がいたりして!?)

とはいっても沢山の人に見てもらいたいと思うのも

またこれ”本音”だったりもするので、ちと複雑な心境。



主人に「まあ続けることが大切ですから。」と言われると

確かにどこまで続けられるだろうと、ふと思う。まだ1ヶ月

も経っていないのであまりそんなことは考えてもなかったが、

あまりプレッシャーにならないようにマイペースで好きな

こと書いて頑張ってみますので今の処は、ハイ。







今日は切干大根から始まり、刺し盛り、太刀魚の焼き物、

筋子の粕漬け、そして上の写真の野菜の煮物。

家でご飯を食べる回数が限りなくゼロに近い僕にとっては

こういう家庭的なものは心を和ませる。さすが”和”の○寅!!







そして締めに焼きおにぎりのお茶漬け。

もう夜中の12時40分。またこんなに遅く炭水化物を食べて

しまった。でもスーッと入ってしまう自分が恨めしい。

今日もおいしかったです(^^)。また来ます。





AD

麺や 天鳳

テーマ:
一昨晩は諏訪で例のごとく痛飲。

出張するとついつい飲む量が増える(汗)。

この日はワインを大量に飲んだ。ただいつも飲む前に

飲むウコンを飲み忘れたので、翌朝は

いつもより結構キツイ。

朝一番の特急あずさで帰京。多少電車で寝たので体力回復。

ランチは営業の途中に中野坂上の「麺や 天鳳」に入った。




ここは2度目の来訪。

今日は黒ゴマ坦々麺を注文。

前回はつけ麺を食べたが、黒ゴマ坦々麺の方がうまいと思った。

この店の基本はとんこつ醤油だが、僕は最近あまりとんこつ醤油

が好きではないので次来てもそれは食べないだろう。

黒ゴマのおかげで香ばしくなっており、普通の坦々麺より印象深い

味になっている。ちょっとハマりそうな味^^。

次回も来てもこれを食べよう。

しかし二日酔いなのに坦々麺を食べれるとは自分の胃袋は一体

どうなってるんだろうか?




店名   麺や 天鳳

住所   中野区本町3-30-10

TEL    03-3379-5455

時間   11:00-3:00

定休日 年中無休 




 

かに豪快弁当

テーマ:

最近出張が多く、わりと大変(泣)。

昨日は長野の諏訪の方に出張。

昼ごはんを食べる時間的余裕がなかったので、新宿の

小田急デパートで「小田急物産ベスト100選」を

やっていたので急いで9階まで買いに行った。

札幌蟹工船で「かに豪快弁当」を買って電車に乗り込んだ。




松本方面の出張の際は「スーパーあずさ」号に乗るが

乗り心地が悪い!!

飲み物を置いていてもよく下に落ちてしまう程よく揺れる。

だから弁当を食べるのも一苦労です(涙)。




でも電車の中で食べる弁当はやっぱりおいしいなあ。

車窓の景色も八王子を越えるといい感じだし。

だから山梨に入るまで食べるのは我慢した^^。

この「かに豪快弁当」は1890円もしたがCPと同じ

くらいにうまい!!かにの量が半端なく多い!!!

15分で食べ終わり満足して爆睡。

乗り過ごしそうになってしまった(焦)。


叙々苑 代官山店

テーマ:
一昨日から新潟に出張して昨日昼頃東京に戻ってきた。

新潟では地元でも評判の和食の店でご馳走になった(ラッキー^^)。

しかしまた日本酒(〆張鶴)を痛飲し二日酔いになり、2日

連続の3日酔い状態で帰宅。かなりの睡眠不足状態でも

あったが、水曜は雨も降っていたので、恵比寿ガーデンプレイスで

ショッピング。






夜、実家に寄り、みんなで代官山の「叙々苑」に行った。



「叙々苑」は言わずと知れた有名チェーン店。「叙々苑」も3ランク

に分かれているが、ここは最高級店ではないけれど最高級に近い

高級店の部類だろう。(最高級店は「游玄亭」で名前が違う。)






自分は叙々苑サラダのドレッシングがかなり気に入っていてこれは

必ず注文する。肉は値段の差でかなり違う。特選ロースは1人前

3900円!!もするので、そりゃうまい。

でもコストパフォーマンス的にいえばどうなんだろう??

良くも悪くも高級チェーン店なので、変な安心感があるからまた

来てしまうんだろうが、近場だったら中目黒の「洙苑」に行く回数の

方が多くなっっちゃうんだろうなあ。



店名  叙々苑 代官山店

住所  目黒区青葉台2-1-5 

TEL  03-3464-1189

時間  月~木・日祝 11:30-3:30L.O.

     金土・日祝前 11:00-4:30L.O. 


HP http://jojoen.co.jp/html/index.html

僕のレストラン情報収集術

テーマ:
昨晩はさすがに連日連夜の外食で「お茶漬けが食べたい。

今日は酒は飲みたくない。」と思い、家に直帰。

昨年末に築地で長崎産のカラスミを買ってまだ残って

いたのでそれをお茶漬けの具にして食べる。

いろいろなお店でカラスミを食べたが、「家にあるのが一番

うまいじゃん!!」と思った。なんつっても一番グレードの

良いのを買ったからね。




僕のレストラン情報は、口コミ、雑誌、ネットとこの3つの情報を

照合しながら行っている。

口コミは確かな舌の持ち主と思っている知り合いから情報をもらう。

雑誌は、かなりの数を定期購読している。

まず、「dancyu」は7年前から愛読している。この雑誌はちゃんと

記者が取材をしているので信頼度が高い。店も厳選して載せて

いるので、どの店も行きたくなってしまう。小山薫堂のコラムも

結構好きだ。

次に「東京カレンダー」。かなりおしゃれなつくりの雑誌だ。

この雑誌のいいところはオープンしたてのお店をいち早く紹介して

くれることだ。ややコマーシャル的な記事も多いので、おいしさ

の真偽は行ってみないとわからない!?「連鎖する人生」という

ブログ風の記事もおもしろい。この連載は「東京ワンダーホテル」

という深夜ドラマにもなっていたね。

あと「大人の週末」。「週刊現代」の別冊のような雑誌で、かなり

ベタな感じだが、ついつい駅の売店にあったら買ってしまう。

体当たりグルメ記事が多い(「老舗を採点」とか)ので、結構

実用的だったりもする。「J.C.オカザワのTOKYO食相場」という

コラムもかなり辛らつで参考になる。




ネットは前にもブログに書いたが「www.さとなお.com」と

アスクユー・レストランガイド」。



ネットでいいサイトがあったら誰か教えてください!!




でもやっぱりアメブロのグルメブログが最近は一番おもしろい!?

ブラッスリー ベック

テーマ:
ブログをやっているとやはりランキングが気になりますね~。

徐々ではありますが順位が上がってます(嬉)。

なんかこれ、高校時代の模試の結果を見るのに似てるなあ。

そう思っているのは私だけ(笑)!?

もっとジャンプアップしたい!!目指せジャンル50位以内!!




一昨晩は新潟の長岡で痛飲。新潟に行くとついつい日本酒オンリー
 
になってしまう。(久保田の生原酒はうまかった。)

というわけで昨日はやや二日酔い。

さすがにまっすぐ帰ろうと思ったがやっぱり寄り道。

代々木上原の「ブラッスリー ベック」に行った。



ここは初来店。

フランスの食堂といった感じ。

カウンターに座り、プリフィックスで2品頼む。

どちらもおいしい(^^)。

ホロホロ鳥と野菜のビネガーソースは、ホロホロ鳥の

おいしさも然る事ながら、青梗菜、蕪、アスパラガスその他

いろいろな野菜が食べれて大満足な一品だった。

更に驚きが、このボリュームの2品で2800円!!!

安い!!コストパフォーマンス最高!!!

あと12時ラストオーダーというのも魅力的。

これから足しげく通いたい店である。



余談ではあるがこの店で芸能レポーターのNMさんに遭遇。

どうも常連らしかった。見たことありそうなアナウンサーの

人たちと楽しく食事をされてたようだ。

こんなところでお目にかかれて

「恐縮です。」(笑)




店名 ブラッセリー ベック

住所 渋谷区西原3-5-3

TEL 03-3468-8773

時間 12:00-14:00

    18:00-24:00

定休日 月曜日

  
HP http://www.bec-depa.com/

伊勢定

テーマ:
昨日は新潟に出張。

新幹線に乗る前に東京駅でランチをしようと思い、

いろいろ模索。寿司でもつまもうと思ったが、

結局大丸デパートのレストラン街の「伊勢定」

うなぎを食べる。(時間があればおけい寿司に行きたかった。)

ここは日本橋の老舗のうなぎ屋でデパートに支店がよく入ってるね。

(立川の高島屋の「伊勢定」に行ったことがあった。)



ランクが5つぐらいあって迷う。

実際値段の差って何なんだろう?量なのか?うなぎのグレード

なのか?

その辺の説明がメニューにあったら迷うことないのに。

結局真ん中の2625円のうな重を注文。

自分はそんなにうなぎを食べなれてないのであまり比較が

できないが、ここのはまあまあおいしいと思う。

「有名な「野田岩」と比べたらどうなんだろう?」とふと思ったりも

するが、このうな重が2625円でコストパフォーマンスがよいか

どうかよくわからない。

一度うなぎの食べ歩きもしてみたいものだ。




店名 伊勢定 大丸東京店

住所 千代田区丸の内1-9-1 大丸8階

TEL 03-3212-8011 内線2776

時間 11:00-22:00


カフェ アロマティカ

テーマ:
昨晩は「カフェ アロマティカ」一人で遅めの晩御飯。

夜10時40分に着いたので既にラストオーダー終了。

でもバータイムでもここは前菜とパスタは食べれる(嬉)!!

ここは知っている人も多いが、「アロマクラシコ」のカジュアル

カフェバージョンのお店。

しかし場所が悪過ぎないか!!中野坂上と清水橋の間の

山手通り沿いにあるが、大変行きにくく、目印もない。

うっかりすぎると通り過ぎてしまう。

みんなどうやってくるのかすごく疑問に思ってしまう。

(やっぱりタクシーしかないかな!?)




でも行っちゃうんだよなあ~(笑)。

本日はグラスワインと桜肉のカルパッチョ、カラスミと白えびの

タリオリーニをオーダー。

人数がいればいろいろ頼めるんだけど今日はこの辺にしとこう。

タリオリーニ、おいしい^^・・・けど、もうちょっとカラスミが

ほしい!!それだけ残念!!!

ここのパスタ系は本当においしい。

あとホールのお姉さんもいい感じ(僕のタイプです)。

一人で来れるイタリアンって貴重だね。遅くまでやってるし。

次回はもうちょっと早く来てメイン関係も食べたい!!




店名 カフェ アロマティカ 

住所 中野区弥生町1-4-6 アビタシオン1F

TEL  03-3374-9511

時間 12:00-14:30L.O. 

   18:00-3:00L.O.(22:30よりバータイム)

定休日 月曜日