ロイヤル ウェディング

テーマ:


今日のロイヤルウェディング、ご覧になった方多いのでは?



私も、帰宅が間に合わなかったので、帰りの電車の中で



Ustreamで見てました。





いや~、ほのぼのとした中にも、気品がある感じで



よかったですね。



うしろに、控えめに付き添ってるヘンリー王子も立派になって。。。









30代改め40代シングル女の独り言-ウェディング








しかし、ウィリアム王子、髪の毛がほんと、やばい。

小さい頃は、とってもキュート、大学生のころは、凛々しい青年だったのに。。。。









招待客の中に、とってもヘンな帽子の女性がいたのが

すごく気になりました。





30代改め40代シングル女の独り言-帽子






どうみても、私には、おしゃれな帽子には見えません。



もちろん、右側の帽子です。

左の女性の帽子も、鳥みたいですが・・・・







今は亡き、ダイアナ妃もこの日を天国から

微笑みながら、見てる事でしょうね。









そのダイアナ妃が亡くなった時、

ちょうど、私はイギリスにいました。





友人が、1年間の語学留学を始めた時に、

その友達に会いに、初めて一人海外旅行をした時でした。





初めての一人海外旅行って、

ツアーでの海外旅行を経験した後、

フリープランでの海外旅行を経験し、

で、一人で旅行

っていう、プランが王道だと思うんですが、









私の場合、初めての海外旅行が

会社のご褒美旅行で、全スケジュールが決まっていて

そんな時間に追われるような旅行がイヤで。。。。

ツアーが大嫌いになりました。



で、その次の海外旅行で、いきなり、stepを飛ばし、

一人で、フリープランで海外行っちゃいました。







今から考えると、なんと無謀な・・・・・

もちろん、今よりもっと英語は、聞き取れないし

しゃべれもしない。









そんな英語もロクにしゃべれない私が、

初の一人フリープランで、ヒースロー経由でマンチェスターに到着した夜、

駅で、思いスーツケースを持ってくれたおじいさんの優しさに、

「やっぱり、ジェントルマンの国だ~」と感動しながらベットに入り



翌日、起きてテレビをつけました。











どのチャンネルも、ダイアナ妃についてのニュース。





さすが、イギリス、ダイアナ人気はすごいなー







と思って、ニュースを見ていたけど

なんか、ちょっと、違う。。。。。







その時は、まさか、ダイアナ妃が亡くなったとは想像もできなかったけど

英語がわからなくても、なんとなく、ニュースを見てるうちに

なんとなく、もしかして。。。???

という感じに。





朝食を食べた後、翌日にはホームステイを始めるという

友人と一緒に、電車でリバプールに向かう時、

駅の売店で、思わず買わずにはいられなかった新聞。







「Diana is dead」



という見出し。







その後、リバプールの観光、

一人電車で、1泊のスコットランドへの旅行

しかも。

ホテルの予約はエジンバラの駅で、ガイドブックを見て

電話予約を当日したという、ミラクル(笑)





エジンバラに1泊した後

またマンチェスターに戻って、観光した後

ロンドンへ移動。







ロンドンには、人があふれかえってました。





どこも、かしこも。





私も、元々観光する予定が、観光どころではなくなったので

一応、ダイアナ妃が好きだったというユリの花、1輪を花屋で購入し

ケンジントンパレスへ向いました。



花屋は、ほとんどの花が売り切れてましたね。



多分、ロンドン中の花屋がそうだったんだと思います。



だって、ケンジントンパレスは、すごいことになってましたから。





30代改め40代シングル女の独り言-ケンジントン






こんな状態だったんで、ほんとうに遠くから見ただけ。







そして、ウェストミンスター寺院での葬儀の生中継を

ヒースローの空港ロビーで、一人泣きながら見て帰国。







あれから、14年弱





まだ、この時以来、イギリスに行ってないけど



また行きたくなった、今日のロイヤルウェディングでした。





Congratulations!  Prince William and Catherine.












AD

ナイアガラの滝

テーマ:


現在、バッファロー空港でNY行き搭乗待ち

昨日は、ほぼ1日をナイアガラの滝を見ていました

以外と長時間見ててもあきない!


霧の乙女号も乗り、ビハインド ザ フォールズで
ずぶ濡れになり、マイナスイオンをたっぷりと浴びてきました!

アメリカへも、橋を渡って入国審査を受け
滝のビューポイントに行き
そして、カナダに橋を渡って戻ましたが
何も入国スタンプを押してもらえませんでした。。。。
残念・・・

真冬のナイアガラには行った事ありましたが
夏のナイアガラは初めて!

あそこの良さは、テレビや写真では絶対
伝わらないと思うので、一生に一度は行ってみるべき大自然だと思います!!

photo:01



iPhoneからの投稿
AD

USツアー 一日目(その2)

テーマ:
USツアー1日目  つづき・・・・





ちょっと、会場視察のつもりが、

予想外の展開に、かなり動揺し、
ライブ準備の会場でも、なんだか落ち着きなく
どうしたらいいのか、よくわからない。。。。


二人で、どうしよ、どうしよ。の連発(笑)



今から思い出すと、あ~すればよかったとか
こ~すればよかった、とか

いろいろ思えますが、まさに、後の祭り!





しばらく会場を見学した後、
とりあえず、外の空気を吸って、落ち着こう(笑)と。



その途中、ステージの裏側の扉の搬入口近くで

シニスターの担当ギターエンジニア(と、勝手に命名)が
なにやら、ギター置き場で、ちょこちょこやってるのを発見。
近くには、ザッキーのギターも。

で、一応、挨拶して、シニのギターの写真をとっていいか
聞くと、快くOKしてくれたので、遠慮なく、
と、いきたいところでしたが、まだ、状況への対応ができてなく
ちょっと、遠慮がちに、撮影



30代改め40代シングル女の独り言-シニのギター


この時は、気がつかなかったのですが、ライブ後

去年のツアーでは、ライブでやらなかった曲の時に

(多分)最近、新しくしたシェクターギターのシニスターモデルの

ホワイトモデルがあった!


なぜか、ジョニーのベースもまぎれてるし(笑)

奥の2つは、今までも見たことのある、
シェクター シニスターカスタム のブラックの2種類。


ただし、素人の私には、この2つのギターの違いが?ですが。

ピックアップとかが、違うらしい?





写真撮影後、出口で外の空気を吸って

さて、これからどうするよ?

って事を話てる時に、

メンバーの彼女を発見!




ブロンドだったので、てっきり、ボーカルのマットの彼女の
ヴァルかと思って、話かけたら、
実は、シニの彼女のミッシェルだった。

この双子、ほんとに似てて、ネットの写真では
どっちが、どっちか、全くわからん。。。
多分、二人が一緒にいるところに遭遇しても
見分けがつかないと思う。

まさに、マナカナ状態!




自分の付き合ってる人が、一卵性の双子だったら
どんな気分なんだろ。



だれか、経験ないですか?????




そのミッシェル、今回の旅の相方の事を覚えてたらしく
去年の1月に来日した時の話で、少し会話が盛り上がったんだけど
化粧BOXみたいなのを中に持っていかないといけないからー
って事で、バイバイ




と、そこに、ベースのジョニーが、車に乗ってやってきた!!!


すっげー、寝不足な感じで、
マスカラを落とさずに、寝てしまって、しかも、目をこすりました
みたいなクマができてた(笑)



彼は、シンガポールのライブにも行った私を覚えてるって
言ってたけど、ほんとかなぁ~

ジョニーが来たから、他のメンバーも!?

と、淡い期待を抱いてたら、



不覚にも、二人とも、ドアに背を向けて、立ってる間に
なんと、Avengedのシニ、Papa Roachのジェリー、Buckcherryのスティーヴィー.Dの
ギタリスト3人衆が、出てきて、停めてた車に乗り込んだ!





あ、シニだ!


と、相方が気がついて、車の方へ行こうとすると、

Avengedのローディーのムキムキマンが、

No!と、口パクしながら、ゼスチャーで、私たちをけん制・・・・・


うううううう・・・・・


と、うなりながら、ハウス状態の私たち




指をくわえて(実際は、くわえてないけどw)
どっかに出かけるシニスターの乗った車に、手を振って
見送ってたら、中にいるシニは、私たちに気がついたらしい。。。。
(相方によると)

ちょっと、満足(笑)

これで、「日本から来たファンがいる」って事を
アピールできた!

(日本から、ストーカーが来たぞ、の間違いではない!w)






この後、二人して、

なんで、ドアに背を向けて、立っていたのか・・・
と、反省する事しきり。



結局、ライブ以外で、シニスターに会えたのは、
(これを会えたと言うならば・・・)
この瞬間だけだったので、

この「ドアに背を向け立っていた」事を
ずーーーーーーーーっと後悔

帰りの飛行機でも、

「あ~、あの時、ドアの方を向いて立ってたら!」

と、何度思った事か。。。。





あ~、シニは、どこへ行ったんかなぁ。。。

と、言いつつ、目的のシニがいなくなった会場に

未練はない。


と、ようやく、ポートランドの街中へ観光に出かけたのでした。



観光って言っても、観光するとこ、なかったけどね。


まぁ、一応、町の雰囲気を味わってみよう、
消費税がないから、友達から頼まれた買い物もしないと。


って、事で、

まだまだ、長い1日目は続くのでした。。。。






USツアー 一日目

テーマ:


ようやく、風邪と耳が治った感じで、日常に戻ったころ

Avenged Sevenfoldのツアー最終日が発表されました。
うぅ、行きたい。。。。

4月かぁ、、、航空券を探したりしてる私。。。。

でも、先立つモノがない~・・・・

スクラッチクジでも買って、100万円が当たったら、行く!(笑)





今回のライブ参戦ツアーは、初めて行く場所ばかりで、
移動手段など不安が多かったのですが、
少しのコネクションと、多大なラッキーで、
とっても、良い思い出ができました。

つくづく、私ってツイてる!と思う旅行だったのでした。



って、事で、まず、ながーい第1日目


関空からの便って、かなり少ないみたいで
今回は、成田からポートランドへのノースウェストでの直行便を利用
NWの利用は、初!


その成田で、今回の旅の相方と合流。

そして、両替の良いレートを探し、銀行めぐり。

その時、おもしろいキャラを見つけました!



30代改め40代シングル女の独り言-ホットドック


ちょびっとある前髪のようなケチャップが、かなりツボ。



成田空港内をうろうろしてるうちに、もう搭乗時間となり
機内に乗り込むと、がっかりなことに、人がいっぱい。。。。

どうやら、この便は、満席らしい。
しかも、小学生が多々。。。。
機内アナウンスでも、わざわざその小学校の名前を言って
ご搭乗ありがとうございます。と。。。。


みんな、ポートランドに何しに行くの???
しかも、学校、普通にある時期でしょ???
すごく不思議だ。。。。



その機内での楽しみは、もちろん機内食。
私は、結構、機内食を楽しみにする派です。

今回のメニューは、こちら。


30代改め40代シングル女の独り言-機内食1


結構、おいしかった。

パンは、ちょっとパサパサしてたけど。。。。





そして、朝の8時前に、ポートランド着して、
長い2月6日(金)が、始まったのでした。


ポートランドは、思ったより、想像してたより寒くなく
小雨がシトシト降る中、ホテル近くまで、電車で移動。
ホテルのチェックイン時間は、15時だったけど、
とりあえず、ホテルを目指す。



移動手段に手間取りながらも、
ようやくホテル近くの駅に到着。


そこで、スタバとデニーズを発見!

少しばかり、小腹がすいていた私たちは、ホテル探しより
デニーズでの朝食を優先!


もちろん、日本のデニーズとは全く違いますが
私のイメージの”アメリカーンな朝ごはん”そのもの!


パンケーキ、目玉焼き、カリカリのベーコンに
ハッシュドポテトをご機嫌よく頂き、ホテルを目指します。



以外なコトに、ホテルに着いて、

「アイ ハブ ア リザベーション。キャナイ チェックイン?」

と、言うと、名前を聞かれ、ルームキーを渡されました。

なんと、あっさり、チェックインの時間にはまだまだなのに、
部屋に入れた!

よかった~!!


部屋に入って、早速、交代でシャワーを浴び、
出かける準備。

この時点で、前日の睡眠不 足も含め
早速、疲れが出始めていた私。。。。
時差ぼけか?長旅の疲れか?年のせいか?


でも、旅行に行ってる時って、疲れてるかどうかって
感覚が鈍るんですよね。

なので、ついつい、無理をしてしまう傾向があります。
そして、旅から帰ると、そのダメージが大きく

しばらく、疲れがとれない状態になる、って事を最近、学びました(笑)



で、二人とも支度ができて、早速、今夜の会場確認へGO!


時間は、11時くらい。
場所は、すんなり見つかりましたが、すでに、もう10人くらいが
並んでます!!



ちなみに、今回のライブは、全部で4バンドで、18:30開始です。


日本だと、整理番号順に入場なのですが、
10月に行ったシンガポールもここUSも、整理番号なんて
お行儀のよい(!?)ものは、ありません!

早いもの勝ちの弱肉強食の世界です!



そんな並んでる若者たちを横目に、あせりつつ、淡い期待を抱いて
会場を一周しようということに。


そして、会場の裏手?に、たくさんのバスやトラックがある
駐車場を発見!!!!



これは、もしや!


って、コトで、しばらくその駐車場の前で、待つことに。

もちろん、メンバーが現れるのを!

その日の予定は、一応、到着後、街中を一応観光に行こう

と、いう予定をしていたので、


何時まで、ここにいる?とか言ってる間に、



建物の中から、グレーのジャージの上下を着て、
食べ物を持ったBuckcherryのボーカル Josh Toddが!



30代改め40代シングル女の独り言-josh tod


ジャージ着てても、ホソッって感じの彼でしたが、

ジャージ着てたら、体中のTATTOも見えないし、

フツーの人だなぁと思いながら、彼の姿を追っていたら、

あるバスの中に消えていった・・・・・・



と、言うことは、


もう、私たちのお目当てのバンドも到着しているハズ!

と、少し興奮する私たち(笑)




そんな浮き足立つ私たちの前に、見覚えのあるAvengedのツアースタッフが。。。


12時前なのに、もう働いてるのか、スタッフって、大変なのねぇ。。。。

とか、思いつつ、

顔は知ってるツアースタッフだけど、名前は知らないので
声をかけれず、だまって、遠目に見てるだけの私たち。



でも、私の今回の旅のラッキーは、ここから始まりました!


しばらくすると

あるバスから、名前もメルアドも教えてもらったあるスタッフが!



その方には、1月からのバンドのツアー日程が発表された時

USにショーを見に行こうと思うんだけど、どこがお薦め?って、

いうメールを出したら、何箇所か、お薦めの場所を教えてくれたのでした。


その返事で、今回の私たちのツアー日程を調整したので
もちろん、今日のショーから私たちが行くことを伝えていました。



その人が、バスから出てきたので、駐車場の外から、
大きな声で、名前を呼ぶと、私たちの方にやってきてくれて
久しぶりーの再会ハグ!

いやー、彼の役割から、ライブ後には会えると思ったけど、

ライブ前に会えるとは!
(って、待ち伏せしてたようなモンですが)

で、再会のハグの後、彼は、私たちに、


中に、コーヒー、飲みにおいでよ。って!



え??????

今、なんと?

と、動揺してる私たちに、カモン!と、


ついておいで、のゼスチャー




え~~、いいの???


と、言いながら、彼の後をノコノコついて行って
会場の中に入っちゃいました。



そして、中でも、見知った顔のツアースタッフを見かけ

動揺しているにも係わらず、いかにも、普通に、「Hi!」と、

挨拶しながら、スタッフ・メンバー用の食堂のようなところに!


その部屋は、ケータリングの食事が用意されていて、

その時点で、もう私たちは、パニック状態。



しかも、その部屋には、お目当てのバンドメンバーはいませんでしたが


Papa Roachのメンバーが!

しかも、今回の旅行の相方は、そのバンドもお気に入りなので
私よりもパニックってて、「ジェリーがいる~!」と、あわわあわわ!


30代改め40代シングル女の独り言-jerry


(Papa Roach 左から2人目がギターのJerry)



その時は、予習してなかったので、
Papa Roachのメンバーの顔どころか曲さえ知らなかったのですが。。。

メンバーを見ると、心臓がどうかなりそうで、
冷静を装うことができなくなるので(笑)、見ないフリ(笑)



彼は、食べ物は、スタッフ用だからダメだけど
飲み物は、なんでも好きなの飲んでもいいからねーと。


と、いう事で、状況に動揺しつつ、
紙コップにコーヒーを入れ、仕事場(アリーナ)へ向かう彼に
ついていきます。


その途中にも、あちらこちらでは
いろんな機材が、搬入されつつあって、あわただしい感じ。



働いてる人の邪魔にならないように、
謝って、コーヒーをこぼして、機材にかけてしまわないよう
注意意をしながら
コーヒーを持って、彼について、アリーナへ。

そこでは、多くのスタッフが、ステージの設営をしていました。

もう、その様子を見てるだけで、私は大興奮。


30代改め40代シングル女の独り言-ステージ

(写真は、クリックすると大きくなります~)



そして、彼曰く「my office」の場所へ行くと

シンガポールの時には、なかった機材が!



実は、シンガポールへライブを見に行った時も、
彼に親切にしてもらい、彼の「オフィス」エリアから
ライブを見てたのです。



彼の仕事は、ミキシングエンジニアと言うのでしょうか。
ライブには、欠かせない職業です。


で、「彼のオフィス」で、彼のニューマシンを見せてもらい
少し、説明もしてもらいました。


30代改め40代シングル女の独り言-pro6
(この写真もクリックすると大きくなります!)


これは、かなり新しいPA機材のようで、

このマシンを使用しているのは、今のところ
今回のAvengedのツアーとMetallicaが使用してるだけ!
なんだそうです。

もしかして、彼って、その業界じゃ、すごい人かも。。。??



もちろん、プログラミングも彼自身が行っているそうで。

興味深かったのは、
いろんなカラフルなレバーやダイヤルがありますが、
プログラミングによって、一瞬にして、自動でそのレバーやダイヤルが
動きます!

ん~、世の中、いろいろ進化してるのねぇ。。。。


しかも、ダイヤル
それを実際に触ると、前にある画面にそのダイヤルの図が表示され
画面の中のダイヤルの図が、選択してる状態になります。
マウスで選択してる状態って感じです。


そして、この新しい機材とは別に、古い機材も。

なんで、2つあるの?と思っていると、

古い方は、バックアップラインとして使うとの事。



このライブのチケットは、40ドルぽっきりですが、
そのライブの為に、いろんな人が、一生懸命働いて、
いいライブが行われるんだなぁと思った瞬間でした。

今まで、知らなかった世界の話を聞けるのは、面白いですよね。
ましてや、実は、高校卒業後、音響関係の専門学校に通おうか
と、思った事のある私には、興味深い話だったので、楽しかったです!



が、もうちょっと、私の英語力があったら。。。と思う事は、
まぁ、いつもの事なのですが。

TOEIC500点レベルでは、ね。。。。(笑)



で、彼が、ちょっとシャワーを浴びてくるから、
バックステージ(後で、いわゆるバンドの楽屋と理解)以外は
好きに行き来していいよ。

と、言って、バックステージパスをくれました!!




うひょ~~


なんて、こった!


この状況に、テンパってしまい、

何度も、「落ち着け、私!」

と、つぶやくも、動揺は収まらず、

何度も深呼吸。。。。。。。






そして、USツアー1日目は、まだまだ続くのでした。。。。






めずらしく、前もって準備

テーマ:

とうとう、今週の金曜日から

アメリカ(A7X追っかけ)旅行が始まります。



日程は、

2月6日(金) 成田⇒ポートランド(ノースウエスト)
         ポートランド早朝到着
         ライブ

2月7日(土) ポートランド⇒シアトル(アラスカ)
         シアトル⇒タコマバス
         ライブ

2月8日(日) タコマ⇒シアトルバス
         シアトル観光

2月9日(月) シアトル⇒スポークン(アラスカ)
         ライブ

2月10日(火) スポークン⇒ポートランド(アラスカ)
         ポートランド⇒成田(ノースウエスト)


と、結構、移動が多い。




そして、寒い地域なんで、何を着るかも問題だし
日本みたく、ライブ会場にコインロッカーなんてあるの?
なければ、コート持って、オールスタンディングフロア?

それがイヤなら、コートなしで、開場を待つ?
ありえな~い。。。。


と、いろいろ考えつつ、考えてもしょうがないので

とりあえず、荷物を詰め始めました。


まぁ、寒かったら、現地で買えばいいし。
なんとかなるでしょう。
というのが、基本的な考えのモト(笑)



それにしても、こんなに早く(そうでもないか?)から
旅行の準備をするのは、めずらしい。。。。


でも、今週もきっと仕事が忙しいので
帰りが遅いはず。


金曜日の出発も、いつもの通勤と変わらない時間に
出発なので、早目に準備しとかないと、考えたのですが、


これが、裏目にでなければいいけれど。。。。







それは、そうと。


海外に行くと、いつも楽しみなのが、

現地のカフェで、コーヒーを飲むこと。


カフェといっても、スタバとかタリーズとかそっち系

今回は、本場(!?)なので、現地で、コーヒーを飲むのが

とっても楽しみです。




そういったカフェでの思い出。


去年、メルボルンでの出来事。


サーキット行きのトラムに乗る前に、コーヒーと
軽く、おなかに入れてから、と思ったカフェ。

ドリンクを注文した時に、名前を聞かれた事がありました。


その時は、

えぇぇぇ???なんで、名前聞かれんの???


と、かなり戸惑い、びびった私でしたが、

最近、納得。





というのも、
最近、CSで「サマンサ who? 」というドラマが始まりました。

この主人公(サマンサ)、交通事故で、記憶喪失になるのですが、
時々、フラッシュバックで、過去の出来事が思い出します。


その一つで、事故の直前に別れた彼氏(トッド)との出会いのシーン


コーヒーショップの店員が、

「トッドさん~、トッドさんのラテ~」


と、呼んでるのを、まだ、注文をする為に並んでいた
サマンサが、「はい、はい」と、トッドの飲み物を横取り!


このシーンを見て、

あ、なるほど、名前を聞いて、その人の名前を
カップに書いてるのか!


と、納得!




日本って、自分の名前を聞かれる事って
お店では、ほとんどないですよね?

名乗ることも、改まった場所くらいだし。



日本語って、主語なしで会話ができたりするから
なんだと思うのですが、
(それ以外の言語も、そういうのアリなのがあるかも。。。)

海外(って全部じゃないとは思いますが)では、
見知らぬ同士でも、まず、お互い名乗って、
その後は、名前で呼び合う

みたいなイメージがあります。




これも、一つの異文化体験

ですよねぇ~




今回の旅行も、どんな異文化体験が待ってるのか

楽しみです!




        

ただいま〜

テーマ:
ただいまジャパン


ただいま、リアルライフ



今日で、F1 日本GP観戦から始まった
私のバケーションが終了




帰りの飛行機内で、激しく後悔


ジャカルタのライブも行けばよかった。
行く計画だったら、きっと、メンバーと同じフライトで

現地に乗り込めたのに(笑)



成田空港までお見送りに行った時は、
メンバーに会えて、それで満足してたのに

人間とは欲深いものです。






お金とは、引き換えられないタイミングが

今回だったかもしれないのに。

頑張って働けば、お金は得られるけれど

そういうタイミングは、お金では買えない(と、思う)


今回、ジャカルタを断念したのは、費用の問題のみ。

仕事が休めるかどうか、は
問題はなく、休暇中だったのに。




失敗したなぁ。。。






しばらく、腑抜けになるかも~
と思ってたけど、ここは、気を引き締めて
しっかり仕事しよう!!


そして、アメリカでのライヴに行く計画でも練って
頑張るで~~

晩御飯は

テーマ:
081025_210418.jpg

ホテルのオプション料金を払って、チェックアウト時間を18時まで
延長したおかげで、アラブ、チャイナタウンを制覇(!?)した後

ホテルに帰り、シャワーを浴びてから、チェックアウト。


ただ、チェックアウトは18時で、
フライトが夜中の12時頃(アバウト)なので、
時間を持て余してます。


そうこうするうちに、涼しい所にいたせいか、
お腹が空いてきた!



でも、きっと機内食もある事だから、
お腹いっぱい食べるともったいない(笑)


かと言って、パン系はやだし。
ここに来て、日本食は食べたくない。


マイ ストマックが要求したのは、
小籠包や水餃子



それらを探し、かつ、出発地であるターミナル1は、あまりにも人が多すぎなので、

ターミナル2を放浪し、結局、ホテルがあったターミナル3にて、
『翡翠 上海飯店』というチャイニーズレストランにて。

小籠包、美味しかった!


ここで、チャイニーズと思われ、お店の人に、

中国語で話かけられた。

英語でオーダーしてるのに。。。


今回の旅で、心外なのは(!?)、
中国人か韓国人に思われる事が多かった事。

今まで、そんな事はなかったのになぁ。。。。





食欲がなくても、健康的には問題ありませんので!
ご心配頂いた方々、ありがとうございます!



これは、きっと、

こひわずらひ


と言うものですよ(笑)





24時間前は、ライブ中だったなぁ。。。。

お昼ご飯

テーマ:
081025_151043.jpg

ここ2週間の胸いっぱいな状況(笑)と

今日は、日差しが強く、蒸し暑い状況で、

なかなか食欲がわかない私が、ようやくたどり着いた
食べれそうなもの


チキン粥 $3



中国茶 $1


チャージ料 $1.3

@チャイナタウン


安い。





お粥は、テーブルに出された瞬間、塩味が効いた匂いで

食欲がなかった私に、食べる意気込み(笑)が。



蒸した鳥の刺身をさいたものが、結構、中に埋まってました。


なかなか、塩味が効いて美味しかった!













それも、半分まで(笑)





途中から、中国茶なしでは、ムリでした。。。

塩味効き過ぎです。


でも、完食。

満足!

サルタン・モスク

テーマ:
081025_122937.jpg


『アッラーが、私達に許した事を固く守り、禁じた事を避け、
 自制する事。

これらをしなかったことが私達の苦難を生じさせるもとになっていると
考えられます。』



サルタン・モスクにあった、『アッラーとは』という
パンフレットにあった言葉です。




昔から、現代にかけて、
宗教を根底に繰り返された争いの歴史。


難しい事はわからないけど、





ならば、どうしてアッラーは殺しあう事を

禁じなかったのか。




モスクで、お祈りしてる人を見て思いました。