発熱

テーマ:

久々に、少し、発熱しました。



そしたら、いきなり、撃沈です。



そして、少し、悲しいです。








あ~


こういう気持ちって、久しぶりだなぁ。。。。。。



とか思ってみつつ



気の迷いだと思うので、早く、熱が下がらないかなぁと


まるで、人事のように、思ってます。



























ま、要するに









久々に、ドキドキを感じる人に会ったということです。



でも、あれ、ドキドキかな?って気がついた時は、


もう、会えない状況になっていて、


しかも、


そんな状況になってから、


ドキドキを感じる彼の同僚のfacebook(まぁ、ブログみたいなん)を発見して、


"In a Relationship with 彼の名前(no network) "と記載してある彼女のプロフィールと

彼との2ショット写真を見た時に、撃沈ハートブレイク





正直、年の差もあるし(年齢は言ってないけど)

PUBで出会った誰にでも、声をかけてるんだと思ってたし、

「オフの日の買い物に付き合って」ってのも、誰とでもやってるよね。

って、思ってたし。



来月の京都に来る計画も、「一人で行っていい?」

って、念押しされるのも、いいようには考えないようにしてたけど。


「また、メールしてね。」と言うと

「すぐにでもするよ。今何してる?とかね。いっぱい」

とか言われると、ちょっと嬉しかったり。




まぁ、「ラングエッジえくすちぇんじパートナー」ができるって、いいやん!


って思う事にしようとしてますが。






彼にとっても、幕末の歴史が大好きで、日本が大好きなんだけど

日本語勉強中だから、日本人の友人が増えるのは、都合がいい。


そういうことです。


うん。








きっと、それだけなんだよ。







でも、




ちょっと、また、ドキドキな気持ちが、私の中に発生したことに

正直、びっくりです。


そして、やっぱり、撃沈は、悲しいです。。。。





もう、人を好きになるのは、めんどうだし、しんどいし

私にとって、いいことない事ばかりなので、

やめとこうと、思っていたんですが。



ほら、見たことか。。。。。。。。。

って感じな具合に、時々、心が痛いです。








AD

女の酔っ払い

テーマ:

すごく、みっともないと思う。




女の泥酔姿







けれども、もっと、みっともないのは、



酔っ払って、色気をふりまく、というか、



女フェロモン、出しまくって


男にしなだれかかったり、


抱きついたり。






若くて、かわいい女の子なら、まだ、許すとしよう。


けれど、姐さん、40過ぎですよ。。。。。。。。。。









別に、それは、勝手にやってくれて、結構としましょう。


けれども、会社の飲み会で、同僚に対してのその態度は


いかがなものか。





うわさには、聞いていたけれど、実際、見るとドン引きした





一応、後輩の男性たちは、持ち上げる事を心得ているので


抱きつかれて、どきどきする、とか、うまいこと言ってる。







「お酒が入らないと、(恥ずかしくって)そういう雰囲気にならない」



「yoshiもお酒、呑めたら、彼氏できる確立増えるよ~」






って、アドバイスされても、ね。


私は、そんなキャラじゃないし、


お酒の勢いがないとできない恋は、したくない。








けれども、



その手法で、


お酒の勢いで、別れた彼氏の事を上書きしてくれる男を見つけて、


その男とのエロ話なんかを具体的に、飲み会でネタにして


みんなの前で話すのって、やめて欲しかった。








しかも、その男と私がつきあってたのは、知ってるでしょ?







リアルに想像してしまうやん。


そのエロ話。




そりゃ、ひとまわりも若い彼氏だし、会社も一緒だし、

しかも、今、同じ案件に関わってるし、

毎日、会社に来るのが、楽しいでしょうよ。





それとは、逆に、私は、なるべく、彼との接点を避けている。




電話の取次ぎ、あいさつ。






仕方なく接点を持ってしまった時、大人として、普通に、ふるまっているのに


無視する彼。




まぁ、今に始まったわけではなく、前から、関係が切れたときの対応は

こんなヤツだったけれどね。

















だから、言いそうになった言葉を飲み込むように、昨日、ブログに書き込んだ。







「○○さんの今の彼氏は、私のお下がりやしね。」





ま、実際、こんなえげつない事、よう言いませんが。










正直、むかつきます。




そして、そんな事を気にしてる、自分に、むかつきます。




あ、


ちなみに、彼のところに、戻りたい


とか、


彼の事が、まだ、好き



とかではなく、



なんか、よーわからんけど。。。。。






多分、


私より先に、ラブラブになりやがって!許さん!


という思いがあるのかもしれません。



しかも、同じ社内。


誰でもよかったんか?あんたは?



と、思わせるような人選っぷりに、


その「誰でもよかった」中に、自分も入っていたのかと思うと


なさけなくもあり、


腹立たしくもある、今日この頃なんです。





AD

秘密の範囲

テーマ:

突然ですが、



親や兄弟姉妹に、


自分の恋愛事情とか、彼・彼女の事


話しますか?







例えば、


彼氏、彼女 がいる



とか、



休日、デートのとき


「今日は、デートだから、晩御飯はいらない」


とか


「今度の土日、彼と旅行に行くから」


とか



「今日は、彼んとこにお泊りするから」



とか。



私は、言えません。


なぜって。。。。。




そんな事、言おうもんなら、絶対、


ネホリハホリ、聞かれる!!!



と思う。。。。。。








いや、もう、聞かれないかなぁ。


この年になると。。。。。






2000年の夏に、実家を出るまで、


結構、休みの日、出かける、といえば、


・どこへ


・だれと


・何時に帰ってくるか


・11時までに帰ってきなさい



と、まー、うるさい事、うるさい事。



30過ぎた女、ええ年の大人ですよ!



もちろん、門限(死後?)の11時なんて、

破りまくり、でしたけど。






さらに、24歳くらいの時に付き合ってた彼。


うっかり、話そうもんなら、


「結婚するのか?」


 一応、結婚するつもりで、つきあってるけど。。。。


「じゃ、いつごろ、結婚するんや?」


 いや、まだ、そこまで具体的では。。。




もー、しつこい、しつこい。



結局、この縛りから、脱出したい気持ちもあって




結婚をあせり、彼のおうちに挨拶に行って、


うちの家にも、挨拶にきてもらったけれど、


結局、彼が、うだうだ迷ってる間に、


私が別の人を好きになったりで、


結局、結婚せず、別れる事になりました。






という、事があったので、


親に、彼がいるという事がばれると


ロクなことにならない、という意識が働き、


それ以降、男の影を、隠しに、隠していた状態です。







まぁ、当時は、若かったし、いろいろ、浅はかだったところも

多々あり、当時、付き合った彼には、悪い事をしたなぁと

反省しつつ。。。。。


ま、その後、彼は、別の人と結婚したので、ま、良しとしよう。





この年(もうすぐ38歳あせる)になっても、そこまで干渉してくるとは


思えないんですけどね。






一人暮らしをしていた時は、その辺が、ルーズだったわけで。






何時に帰っても、OKなので、夜通し、彼と遊んでたり


思い立って、夜中に、当時住んでいた江戸川区から


海(反対側)を見ようと、新潟にドライブ行ったり、


お泊りするのも、お泊りしてもらうのも、


ぜっんぜん、自由なわけじゃないですか。





でも、実家だと、そういうワケには行かないでしょ。







そういう意味では、もし、これから彼ができれば、


付き合いに、ある程度、セーブがかかって、冷静になる時間があって


突っ走ってしまわないかもしれません。







逆に、大いなるチャンスを逃してしまう事だって、あるかも。


「あ、もう、電車なくなるし!バイバイ!」


ってな、感じで。ね。






ま、昔っから、


「あ、電車の時間、大丈夫?」


と、時間を気にしてくれる男が、いい男だと思ってます。


特に、私の実家は、都会より遠いので。




自分が、楽しいからといって、女性の帰りの時間を


気にしない人は、いい男じゃないと、思ってます。


(自分を思いっきり、棚に上げてます)




でも、結構、いないんですよねぇ。。。。


時間、気にしてくれる男性。




って、私がおかしいんでしょうか。


こんな事を求めるのって。











っていうかね、



親に恋愛事情、知られるのって



照れくさい、ってのも、ありませんか?





でも、この年になって、


ウソついてまで、彼氏と旅行もなぁ。。。。






って、


私、


彼氏いませんから、


そんな心配、必要、ありませんからっっ!!!(泣)










AD

結婚できない男

テーマ:

唐突ですが、見てますか?



毎週火曜日夜10時からのドラマ



『結婚できない男』




うちの昨日の晩御飯は、お好み焼きでした。




それで、思い出したんですよ。


そのドラマの中で、先週、主人公の阿部寛が、お好み焼屋で

うんちくをたれるシーン



そんな、うんちく、もちろん、覚えてませんけど。






あのドラマが面白いのは、


結婚できない男を演じてるのが、

カッコいい阿部寛だって所




あのスラッとした長い足に、バミューダパンツなんか履いてたりすると


かっこよかったりするんですが、ミョーにイケてない。




理由は、


何かに引け目を感じてるような、猫背での立ち姿。



あの背中から漂う『イケてなさ』



その雰囲気が、なんとも言えない!!!!





「あー、いそう、いそう!こういう人!」



と、ヒザをポンっと叩きたくなったり、



「うぁ~、最悪、こんな人・・・・」



と、思わせたりして、現実感満載。






まぁ、私自身が、結婚できていない女なので、このアメブロでも


「お見合い」


「結婚相談所」


というキーワードを元に、読ませてもらってりするブログが多いのですが、


彼女たちのお見合いに登場する人物が、ほんと、イケてない人が多いのです。






さらに、


いくら、阿部ちゃんのように、「見てくれ」が良くても、


「大人」としての初対面での対応が、できてなかったり、


独りよがりだったり、


協調性がなかったりすると、


なんだ?あの人は?



って、思う事で、イケ面が、ぜんぜん、イケ面に見えない!







でも、反面教師という言葉があるように、


あの主人公の偏屈なところって、自分にも無いか、どうか。。。。




結構、気になったりします。



そして、夏川結衣演じる早坂センセ。



ラーメン屋で、躊躇なく、お一人様する所が


まるで、私を見ているようで、ちょっと、



アイタタタ・・・・・・



って、感じ。




この夏川さん。





このお一人様が、板についている女医さんを演じてますが


一昔前は、えぇトコのお嬢様の役をされてました。





「愛という名のもとに」で、政治家の娘で、唐沢君の婚約者に、


と、設定で。





その役柄の設定変化に、私自身を重ねてみたりすると


さらに、アイタタタタ、という感じになるのです。




あ、私は、えぇトコのお嬢様ではないです。




おひとりさま

テーマ:

「おひとりさまですか?」


と、聞かれて



「はい」


と、躊躇なく答えれるようになって、ずいぶんたった。





大学4回生の10月。


内定式出席の為、初めて、一人で新幹線に乗った。


初めて、一人でホテルに泊まった。


ホテルの近くのダンキントーナツで

ドーナツとコーヒーを飲んだ時は、

一人でいる事にドキドキした。


すごい、大人な感じがした。







入社して、6年くらいたった頃、一人で出張に行く機会が増えた。

一人で、新幹線に乗って、

一人で、ホテルに連泊することも平気になった。



ただ、まだ、一人晩御飯には、抵抗があった。








一人が気楽、と思っていた実家住まいの30歳







31歳にして、初めて一人暮らしを始めた夏。


初めて、一人が寂しく感じた。









けれども、「一人」で行ける場所も増えた。



夜のラーメン屋


夜のファミレス



一人晩御飯も、できるようになったけれど

やはり、一人きりは、さみしい。

どうしても、彼に依存してしまう事も多くなった。


仕事が遅くなったとき、会社の一人暮らし同僚と

ご飯を食べて帰りたがるようになった。



入社した頃は、

「会社の人たちと、仕事が終わってまで一緒にいたくないっっ!」

という考えで、お酒が飲めないのを理由に、飲み会をことごとく

断ってた私。




それが、その頃は、飲めないクセに、仕事の帰りに、

同僚と居酒屋にいる事が多かった。

自ら、誘う事も多かった。







「一人の時間が欲しいねん!(怒)」と男に言われた事もあった。



一人暮らし4年目にして、「一人の時間」の大切さも実感した。


一人暮らしを、本当の意味で、満喫できるようになった。





37歳で、実家に戻り、また、家族と一緒の生活。






これから、もし結婚する事があったとしたら、

これから、もし、子供を授かるような事があったとしたら、


どんどん、一人の時間を確保するのが、難しくなると思う。





けれど、やっぱり、


悲しい事は、半分に、

楽しい事は、倍に

思いを共有できる人に、出会いたい



と、思えるようになりました。





まだ、行動に移すのは、難しいけれど、

序々に、がんばろうと思います。











ちなみに、私が初めて一人で、行ったラーメン屋は、


JR総武線 小岩駅西にある こんこつラーメンの「檸檬」



かなりのお気に入りラーメンだったので、機会があれば

また、食べたいなぁ。。。。。











遠距離恋愛

テーマ:

今日は、七夕です。



年に1回、ひこぼしとおりひめさんが会える日。


というロマンチックな日ですが、どうも、7月7日って、晴れてた日は

少ない記憶があります。


かわいそうに、遠距離恋愛が長い彦星&織姫しょぼん







一昔、遠距離恋愛をしていた事がありました。



東京と関西。





月に1回は、新幹線で会いに行ってましたが、実家住まいの私にとって


それは、もうウソをついて、家を空けるのが、かなり気がひけてました。





もともと、自分の恋愛のことは、親には絶対、言いたくない人です。

恋人がいる、いないに関わらず。


たまに、親に恋人の事や、好きな人の事を話てる人がいますが、

私には、考えられないです。。。。。。





なので、当然、遠距離恋愛をしている事なんかは、言えないので、

月1で、友達の所に泊まってくる、とか、旅行に行くなど、

今考えると、絶対、ばれてただろうなぁと思うウソをついて、

金曜日の夜、新幹線に乗ってたのでした。





しかも、相手は、既婚者で、単身赴任中。

私は、結婚しようとしてた彼と別れた理由が、この方だったので

もっと、親には、言えない状況でした。





当時は、携帯電話も今のように、普及してなく、ポケベル世代でもなく、

会社でも、まだ一人1台のPCでもなく、会社のメールもないし、って時代。




どうやって、連絡をとっていたかというと、




仕事中は、決めた時間に、内線電話。



  当時は、私はまだ、事務職だったので、ずっと席にいたのと

  相手の方は、割りと社内にいる事の多い営業スタイルの方だったため。

  内線だと、東京⇔大阪でも、誰からかかってきたか、電話に表示されるので

  毎日、わくわくしてました。



一言、二言、話するだけでも満足。





夜は、毎日10時に、電話をかけるという約束。



今から考えると、とってもマメな人だったなぁと思います。






まぁ、結局は、不倫ってヤツなので、1年半ほどで、

私がそういう状況に、嫌気がさして、別れましたけど、





私の中での教訓は、


好きになったら、絶対、ウソをつかずに、早めに、素直に気持ちを

伝える事。


多少、ズルい事は、してもいい。







その人と同じ事業所で働いていた時、



私には、結婚を考えてる人がいました。

けれども、その社内の彼の事も、とっても、気になってました。



ある休日、会社の行事の帰り、二人でお茶することになりました。



なんとなく、いい雰囲気になりましたが、

「私には、彼氏がいるから。」っていう、抑制の気持ちが強く

自分にブレーキをかけてました。




今、考えると、まだ、結婚の約束もしていない時期だったので、

その時、素直に、社内の人へ、気持ちを向けてれば、

不倫なんてせず、別れた後も気持ちを、長年引きずることなく、

次の恋愛に進めていたのかもしれません。



そう、彼氏がいるのに、他の人を、好きになってはいけない。

まして、彼氏がいるのに、他の人に、好きだなんて、言ってはいけない。



って、思ってました。


若かりし頃です。



社内の彼は、彼で、その時、結婚しようか、どうしようか、

と迷っていた女性がいたそうです。


でも、私の事が、気になる。

誘ってみたけど、どうも、彼氏がいそうだ、あきらめよう。



となって、その迷っていた女性と、結婚したそうです。







この話は、彼とお付き合いしてから、聞いた話です。





あの時、彼氏がいるけど、好きになるかもしれない、という気持ちを

伝えてれば、もうちょっと違った結末になってたと思う。


きっと、不倫、という形でなく、普通の恋人として

つきあう期間があって、別れてたら、4年も引きずる事は、なかったかも。


という思いが消えません。









ようやく、募る思いが、落ち着き、もう、大丈夫、という時期が来て

ずいぶん経ってから、私の東京転勤が決まりました。






もう、同じような関係には、ならないという自信はあったのですが

やはり、一度、好きになった人です。

大切な思い出です。



事務職からSEなった私は、一度、一緒に仕事をしたい、

昔と違って、成長した私を見て欲しい、


と思ってたけど、結局、その機会も、あともうちょっと、って、所で、


その方の退職が決まり、私が東京に転勤後、一度も、二人きりで、話をすることもなく、


彼は、転職されました。












不倫、遠距離、という多難な恋でしたが、


今は、いい思い出です。


大切な思い出です。






でも、今は、不倫もイヤだし、遠距離恋愛も無理だと思います。










そして、



私が、好きになった人には、幸せになって欲しいと思うし、


別れても、人として、いい関係を築けたらいいな、と思います。





ま、たまに、どうなってても、いいや、って思える男もいますが。。。。。







クリスマスプレゼント

テーマ:

今日も、さっぶーーーーーーーーーーーい!!!!


ちょこっと、買い物に出ただけで、手が凍りそうでした。




街は、どこもかしこもクリスマス


テレビ番組も、クリスマス



クリスマスと言えば、クリスマスプレゼント



クリスマスプレゼントの思い出と言えば、子供の頃。



毎年、弟と一緒に、サンタさん宛てに、欲しいモノを手紙を書いて、

柱に貼ってました。


その年、小学生6年生だった私は、もう来年は中学生になるという事で

最後のおもちゃのクリスマスプレゼントをお願いしてました。

(何のおもちゃかは、もう忘れたけど)



クリスマスも近づいたある日。


習い事のお習字から帰ってきた私は、道具を自分の部屋に置きに

2階へ上がりました。


??????????


階段を上がりきった窓の下に、土のかたまりが落ちてました。



うちの母親は、とってもきれい好きなので、毎日、掃除をしています。

もちろん、階段も。毎日、掃除機をかけています。


そんな母親が、こんな「ゴミ」を見落とすわけがありません。

しかも、「ゴミ」じゃなくって、です。


とりあえず、道具を部屋に置いて、台所にいる母親に言いました。


「なんか、窓の下に、土のかたまりがあるけど。。。。」


「何!?」






しばらくたってから、うちに、たくさんの人が来ました。


パトカーに乗って。



そう。


ドロボーに入られてたのです!!



しかも、ありえない場所から。


2階の窓は、かなり小さい窓なんです。

幅、50cmくらい。


家中、指紋採取の作業をされました。


よくドラマでみる、耳掻きについてるワタみたいなんで、

「ポンポン・・・・・」みたいな。。。。


そして、私も両手の指紋を採取されました。



よく覚えてないですが、かなりの金額を取られたようです。



よって、その年のクリスマスプレゼントは、ナシ!


悲しかったなぁ。。。。


その後、学校の図画の時間に、「標語ポスター」を作成しましょう!

というお題の時間があって、


「小さな窓にもカギを!」


という標語で、ポスターを作成した私は、なんか、賞をもらいました。

新聞にも載りました。記念に、とってます。


さらには、その後、うちの小さな窓全てに、格子がつけられました。







さて、さて、今年のクリスマスプレゼントですが。


例の腐れ縁男は、今月引越ししますが、

引越しするから、通うのは、無理な距離なので、バイトは辞めるって

最初は言ってたのですが、社員君が辞めた事 もあってか、

バイトを続ける事にしたようです。

なので、現在、自転車通勤ですが、引越し後は、無理な距離なので、

バイク(原チャリorカブ?)を買う、という事を言ってました。


お客さんから、おごってもらったりする事もあるので、飲酒運転になって

バイクは、危ないよ~って心配なのですが。。。。


ヤツは、スーツに合うようなコートも持ってないし、寒がりではないけれど、

さすがに、バイクじゃそんな事も言ってられないだろうと思って、


①中が、モコモコこのあったかい皮の手袋

   

    と

②カシミヤのマフラー



両方、手編みも考えたのですが、正直、毛糸のマフラーは、

自転車やバイクに乗るとき、風がスースーして寒そうだし、

もう、30歳のえぇ大人の男として、イイモノを持って欲しい。


と、いう思いがあって、手編みは却下しました。











っていうか、もう、



プレゼント自体、却下

です。








アレ 以来、しゃべってないし。



っていうか、電話で話した時、引越しの日程とか聞いたり、

沖縄旅行の日程とか、聞いたりしたとき、


「なんで、そんなにオレの事、誰よりも特別に知ろうとすんの?」


「え?」


(好きな人の事とか知りたいと思うし、引越しも手伝う事になってたし、

 私は、アンタの特別な存在とちゃうかったっけ?)


「私、なんか、勘違いしてるの?」



「うん、してるね。」




がーーん。




そっか。


そうなのか。


いつからそうなだったの?



一緒に旅行行こうって言ってたりしたのに、

なんか、いつの間にか、そんな普通以下の扱いになってたのね。

知らんかったわ。



いいさ。



ちゃんと話し合いもできないまま、私には、わけのわからんまま

こんなのって。。。。。。。



ひどいよ。


って、ひどいヤツやってのは、わかりきってたけどさ。


相変わらず、期待を裏切らんヤツやね。アンタは。







さてさて、今年のクリスマスは、大掃除の3日間ですな。









将来のこと

テーマ:

全然、このブログの記事にはしていませんが、

すでに、何人かのオーネットの方とは、お会いしました。

その事については、おいおい、記事にしたいと思ってます。


っていうか、色々、書きたい事があるけど、なかなか、まとまらない!


今日は、もみじさんのブログ記事 で、前々から、思っていたことが

記事になってました。

私のブログを読んで下さっている皆さんの、意見が聞きたいなぁと

思います。



このブログを読んでくださっている人の年齢層は、まちまちですが、

みなさん、将来設計って、ありますか?




いくつぐらいで、結婚して、子供を二人、いくつまでに産んで。とか。

結婚して、何年かしたら、家を買って。とか。



きっと、そういう風に考えられる人は、着実に人生を計画通りに

歩んでいっているんだろうなぁ。

そのために、計画を立て、実行したりしてるんだろうなぁ。



私には、そういうのが、無い。



だから、まだ、結婚できてないんだと最近思う。



だからといって、これから、計画をたてて。。。ってのも


ない。


というか、なるようにしか、ならないし。


っていう思いの方が多い。(私もキリギリス派かな)



だって、結婚しようと思っても、相手がいての事だし、

子供を欲しいと思っても、相手がいての事だし。


自分の人生だけど、自分ひとりで決定できない事が

人生を大きく変える要素になってるなぁと思う。



最近、このまま、一生独身かもねーって、よく思う。


結婚相談所に登録して、何人かの人とは会ったけれど、

なんか、すごく会いたいと思う人ではない人と会うわけだから、

苦痛でしかないし。

なんとなく、登録したから、義務的なものを自分で自分に課してる感じ。


25歳の頃から、親に結婚しろ!とうるさく言われて、

お見合いとかもしたけれど、その頃も、今も、思うのが

お見合いしてまで、私は結婚したいのか?

と、いう事。


答えは、NO


だから、ここで、独身街道まっしぐら!



この考えは、腐れ縁男の存在が、いても、いなくても

変わらない。




人生計画をたてて、何歳までには結婚してって

思ってる人だったら、「そろそろ、結婚相手を見つけないと」

という、思うから、お見合いも、すすんでやってるんだろうな。



そんな私に、母親は、「老後の心配しておきや!」

と、イヤミたっぷりに言う。



確かに。




今は、独身でも、元気だし、職もあるし。友達もいてくれる。



でも、この先、20年、30年先を考えると、自分で大丈夫かな?

と不安になる事を想像してしまう。



会社には、私より年上で、独身の人が何人かいる。



その中で、10歳年上のバツイチのSEの先輩は、今年5月に東京転勤を

命じられたが、家庭の事情(親が病気がち)で、断ったために、

退職せざるを得なくなった。


ただし、嘱託として、まぁ、要はバイトとして、再雇用。


けれども、給料は、かなり少なくなったらしい。



その人も、彼氏とかはいなくって、バツイチだけど、子供はいないので

先の人生を考えたら、かなり不安に思って、退職当初は、

かなりブルーになっていて、ハタからみてても、かなり

痛々しかった。



また、別の事務職の先輩は、かなりのお嬢さん育ちのよう。

タクシーも最近まで、一人で、乗った事のないような人。

はっきりとは、年齢は知らないけれど、50才近くだと思う。


でも、この人は、かなり貯金がある。


もっているモノもブランド品は、まったくなく

たまに、お姉さんが仕立てた洋服を着てる。


飲みに行ったりすることもなく、旅行に行くこともなく

毎日、夜ご飯は、おうちで親と一緒に食べ、

お昼ごはんは、お弁当を作って持ってくる人。


以外にも、この先輩は、若い時、結婚式の日まで決まっていたのに、

婚約破棄した事があるらしい。


本人いわく、「なんか、違うと思って」らしい。


今から、25年前に、婚約破棄するなんて事は、

かなりの出来事だったと思う。

家具まで買ってたらしい。

ある意味、度胸があるなぁ。


結納金も返ってきたけど、「一回、出したお金やし」

と、いう事で、寄付することにしたらしい。



いろんな人生だなー



その人は、「親も、今はいいけど、私が年とってきた時のことを

心配してるわ」

って、笑いながら、言う。


お金があれば、最終的には施設に入居って事もできるけど

お金がなければ。。。。。。。



まぁ、結婚してても、死ぬ時は、一人で死ぬもんだし、

旦那が、ぽっくり死んでしまって、一人で苦労する可能性もあるし、

子供だって、結婚したからと言って、産めないかもしれないし。





どっちにしても、



今まで、計算なしで、感覚だけで生きてきた私が、

今更、生き方を変える事はできないので、

ここは、あきらめて、お金を大切に使いましょうかね。



♪よ~く考えよ~、お金は大事だよ~♪



子供

テーマ:

金曜日は、友達家族とで、伊賀上野にあるもくもくファームという所に

でかけてきました。

そして、3歳児と一緒に、牛の乳搾りを初体験!


この友達家族は、月1回くらいの割合で集まってる

大学時代の地元のバイト先での友達の集まり。


もともとは、女性陣(6名)の集まりだったのが、

彼氏も参加するようになり、その彼氏が、旦那となり、そして、子供ができ。。。

という過程を皆がたどり、すごい人数に!


女性陣5名は、結婚し、子供1名いる家族が、2家族。

子供、2人いる家族が、2家族、子供3人いる家族が、1家族。


そして、独身(ベビーシッター)が私。


私の家と、子供3人いる家族の家は、歩いて10分くらいのところなので

よく会社の帰りに寄りました。


旦那の帰りが遅い日に、子供をお風呂から上げるのを手伝って、

着替えさせて、チビには、ミルクをのませ、お兄ちゃんには、お茶を与え。

ミルクを飲ませたら、抱っこして、寝させて。。。。。

ちなみに、もちろん、実家も同じ町内なので、実家に帰るときは、一緒に

車に便乗です。





ホント、子供を育てるって、大変だと、思います。




けど、やっぱり、他人の私でも、子供を見ていて感動するのが、

「昨日できなかった事が、今日、できるようになった瞬間」


これって、寝返りできなかったのが、「あれ!今、寝返りした!」

とか。

「○○く~ん!」って、呼ぶと、「はーい」と手を上げるようになったり。。。

(いわゆる、芸をするという感じですか。。。)



友達の子供の成長を、見守るのってのも、なかなか、楽しく、心温まる感じです。


また、なついてくれるのが、うれしぃー!



弟にも子供が3人いますが、その子供たちが生まれるまでは、

子供がめちゃくちゃ好き!って感じゃなかったのに、

子供が生まれてから、しばらく、東京に住んでいた私は、

単身赴任のお父さんの気持ちになってました。


その弟の子供たちの面倒を見ていたのもあって、

今では、友達からは「ホント、助かるわぁ~。面倒見いいし」と言われる

いいベビーシッターさんになってます。


でも、ホントは、疲れるなぁ。。。。


正直、女子だけで、ゆっくり話したり、ご飯食べたりしたいけど、

それが、無理な状況なのもわかってるし。

こういう集まりだからこそ、お母さん同士、話に盛り上がる事もあると

思うので、できるだけ、独身の私が、お母さん同士で

話が盛り上がってきそうな感じの時は、子供達と遊ぶようにしてます。


だって、お母さんも、息抜きしたいだろうからね。


旦那は、旦那同士で、しゃべってたりするし。


これがまた、旦那同士は、嫁つながりで、知り合ったのに、

仲がいいんですよ。


年齢層も、ばらばらなのに。


ホント、これはありがたいです。

嫁つながりで、仲良くしてくれてるから、年に1回の海旅行も

全家族で、参加です。


なので、私の旦那になる人も、この集まりに、入ってくれる人でないと

困ります。

というか、そういう人と結婚しなければ!







しかし、そのもくもくファームでは大変でした。


帰りに、そのもくもくファームにある温泉に、入ったのですが、

旦那参加率が、少なかったおかげで、ほとんどの子供が

女湯に入る事になっりました。


しかも、今回特別参加の母親の一人が、生理2日目で、

温泉に入れる状態じゃなかったので、大人5人、子供6名と、

子供の数の方が多かったのです。


まぁ、一番上の子は、小学1年生だったので、自分で、体も洗えたみたいですが、

露天風呂が、3つもあるから、あっちこっち、動きまくりで、

私も、ゆっくり、湯船につかってられません。

だって、露天風呂は、あかりが少ないし、石の階段で、

結構、急な斜面だし。。。。走って、怪我でもしたら、大変!

しかも、湯船で、バシャバシャするから、怒らなあかんわ、

周りの人に、誤まらなあかんわ。。。で、もー大変でした。


体や頭を洗うのも、イヤがる子供がいたり。。。

シャンプーハットがないと、イヤって。。。。。


そんなもの、持ってきてないし!


仕方ないので、抱っこして、横たわらせて、頭洗ってたら、

友達に、「ホンマ、子供おらへんのに、うまいなぁ~。

私、それ、できひんねん」って。

ほめられました。


もう、今では、オムツも代えれるし、寝かしつける事もできるし、

お風呂も入れれるし。。。。。後は、ミルクの作り方だけ。


いつでも、子供の世話は、できますよ!


って、感じです。


が、いつになったら、私は、子供が産める状況になるんだろうか。。。。。




ほんと、子供って、見てて、面白い。


持って生まれた素質があるのが、面白い。

不思議です。




でも、やっぱり親になったら、子供を育てるって事に、

すごい責任が伴うんですよね。


そして、それは、やっぱり、母親一人ではできない事が多いので

私には、シングルマザーは無理!


夫婦で子供をちゃんと育てられる旦那が欲しいです。

そして、「家族」を作りたいと思ってます。。。。





○ーネット

テーマ:

先日のブログでもご報告しましたが。

登録手続き、すべて完了したわけです。




初めて、○ーネットの事務所を訪ねてから、約1年後。

再度、意を決して、登録する事にした わけですが。。。。



紹介されてた写真スタジオで撮影された写真が気に入らず、

写真を別のスタジオで撮り直そうと決めたけれど。。。。


その間にも、例の腐れ縁男と復活して、今回は・・・・・と

期待したものの、過去最短の1ヶ月で、また終わりとなり、

写真を撮影し、自己アピール文を必死で考え、

やっとこさ、書類を作成し、先週に、投函。



しかし、


今の気持ちは、結婚に対して、

全身全霊で前向きです!



とは、言いがたい状態であります。




理由は。。。。。


何だろう。自分でも、よくわかんないです。


腐れ縁男を引きずってるのは、確実ですけど。




気が重い。




この一言に限ります。



基本的に、見ず知らずの男性と、1対1

お茶したり、ご飯食べたりするのは、

苦手です。




お見合いも、何回かしましたが、その時は、スキな人がいたりして

全然、お見合いしてまで、結婚したい気持ちがなく、

もう、拷問以外のナニモノでもなかった。

もちろん、いい大人ですから、

一応、失礼のないような対応をしますよ。




自分が好意を持っている人、もしくは、好意を持つかもという

期待がありそうな人と会う時は、もちろん別です。


で、

結婚相談所で紹介される人って、

どっちになるんだろう????





今までのコンパの時も、腐れ縁男の事があって、ふっきる為にも

新しい出会いを求めるわけで、少しは、期待もするのですが、

とは言え、心底、期待しているわけでもない自分がいたりしたものです。



これ、私の悪い部分と、自覚しております。



好きな人がいたり、フラれても、思いが残ってる場合、

「その人に対する気持ちに操を立てる」って感じ?

心の中に、新しい出会いを拒否している部分があったりするのです。



そんなのイミないでしょ。実際のところ。



フラれてるんだし。


終わってるんだし。






なので、そういう時に出会う人に対する評価は、

マイナスから始まるわけですよ。


なので、相当、ポイントが高い人じゃないと、

また、お会いしましょうーってならないような気がしてます。


でも、そういう人がいるのか、とっても不安。


そんな事を言ってるから、理想が高いとか言われるのかなー。

まさに、ナニ様、アンタ?って感じですか。



ある会社の既婚の男性先輩に、言われた一言。

「本気で結婚する気、ないんちゃう?」

手続きに、時間をかけてしまってる私に対しての

鋭い突っ込み。



いや、結婚する気はありますよ。

でも、最近は、子供を産む年齢を考えてアセるのは、

やめよう
とは思ってます。



なるようにしか、ならへんし。という感覚で、生きてきた私なんで

今更、計画的な人生は、ムリです。



明日は明日の風が吹く って感じ?です。
Gone with the Wind



ただし、私は、スカーレット・オハラのように、強くもなく、

魅力的でもなし、レット・バトラーのような存在もいませんが。。。。





一人で、なんとかしないとダメなんだろうな。

ブログのコメントに、励まされながら。。。。。