antonio jobim
(写真:ネットで拾いました。 ありがとう。)



と言えば、
あの、あま~い ボサ・ノバのリズム
今まで知らなかった、演奏家でもあることを
作曲家として世界中の音楽愛好家の
心をゆさぶり、作曲家を刺激してきた男

今夜は、
“One Note Samba”を聴いてみましょうか



勿論、すっごく有名な曲,
"Garota de Ipanema"

(実はここだけの話なんですけどね,誕生日が同じなんです,,,イクヨは)



AD

“静かな空間” と [奥の細道]

テーマ:
芭蕉
(写真:ネットで拾い候。 Thank you!)



おくの細道、,,といえば芭蕉ですよね
弟子の河合曽良を伴って、東北への旅
約150日間で600里ほどの道程を
俳句で表現していく

気功空間は、観察する心が感覚を養ってくれる。
その感覚を養うには
焦らず、全てを任せ自然なる変化を
ひたすら他人行儀に、な~んとなく
ぼや~んと観察しているプロセス中に
微妙なる変化に気がつくことである

観察の数を重ねるごとに、“気ずき”の量も増えていくこと勿論
それも、徐々に、徐々に荒っぽい感じから
繊細な現象/体現へと変化していく

芭蕉が知らない国,東北へ旅したときも
未知の世界への発見は、新鮮なものであり
心に様々な形に響いたであろう

気功に限らず
ものを探求していくことは
とらわれることなく、かたよらずして、
こだわることなく、ひたすら観察することにおいて
ものの変化の有様に気ずくことであろうか

気功空間とは
昔風の日本のお家のようなものである。
仕事なり外出から帰ったとき
シャレタお家なら表玄関の戸を開ければ中庭
という別の世界が広がっていく
内玄関にたどり着くまでには、
ガサガサしていた心の中も和らいでくるだろう
履物をぬいで、座敷の匂いをかく頃には
心身ともに静けさに同調しているだろうし
ま、その上畳にしかっと坐るならば、、、

文明が進めばすすむほど、めまぐるしい
日常のリズムに心身ともにすり減らしていくこと多し

日々の生活で、せめて20分程の“静かな空間”を
味あえるならば、、、



AD

ミッシャ・マイスキー plays Bach

テーマ:
pablo casals
(写真:ネットで拾いました。 ありがとう)




Cello Suite no.1 Prelude

ミッシャ・マイスキーの演奏です。

mischa maisky


とても貴重な映像ですが
パブロ・カサルスの演奏です,,,,,

Rare clipping of Pablo Casals performing Bach。



AD


最近のニュースを見ていると、
ま、はんざい、ハンザイ、犯罪の渦ですワ!
なんとか、ならんもんでしょうかねぇ~
何が、原因なんですか?
誰に,罪があるんですか?

そういえば、最近“道徳”とか“躾”だなんて
あまり耳にしないですねぇ~

外見をみると、なんだかとても奇麗に見えるんですけど,,,
でも、仕草をみていると、な~んとなくギクシャクしてるように
感じるんですけど,
柔らかければ、ヨナヨナしている感じ、,,

“力を抜く”、、、だなんて一口で言うけど
頭で分かってても、意外と身体で表現することは
別問題なのかしら,,,

多分一時的に“緩める”のと
手間ひまかけて緩めることが熟成されるのには
隔たりがあるのかしら,,,

ところで、養殖された魚と
自然海でとれる魚では味も
比べにも鳴らないものが、あるそうですね

自然海にもまれて大きくなった魚は
色も鮮やかだし、形もキュッと閉まっていて
とにかく、食べても歯ごたえはあるんだけど
硬い、,,のではなくて“柔らかい”んですって、、、

脳みそも、このようにして鍛えるのかなぁ~,,,



気がつけば “なりたい女性”

テーマ:


今朝の「企画コーナー」でした

篠原涼子というか市村涼子さん?
海外で生活している私にはポツン、ポツンと
テレビで見かけるだけなのだけど

今日の番組を見ていて
「ああ,良かった,,,」と心が温かくなった。
私が覚えている篠原涼子さんは 
当時「恋しさと せつなさと 心強さと」で
売れ売れの可愛く感じた頃
私もミーハー的に可愛らしさ、素朴さ、あどけなさ、、、
のようなものを感じた

本人は
「女性らしくないから,,,恥じらいもないし、ぶっきらぼうだし、、」

と言っているが、ちまたでは
かっこいいけど、キュートさがある
歳を取るごとに,だんだん素敵になる、、、

やはり,良き伴侶に巡り会えて
ますます、磨きがかかって輝きを放つようになったのでしょうか

これからも、いい女を現在進行敬して下さいね



今日は掘り出し物:リストーReminiscences of Don Juan

テーマ:
valentina Lisitsa
(Valentina Lisitsa with her husband. Photo from the Wikipedia. Thank you.)



日本語の題名は分かりませんが
今日の発見はこの女性のピアニスト
Valentina Lisitsa

それでは聴いてみましょうか、
Valentina Lisitsa plays Liszt: Reminiscences of Don Juan。


私はこのピアニストについては何も知らないんですが
ま、とにかく素晴らしい演奏だと思います。
それに、私のこだわりである[放鬆・入静・自然]
これが“力を抜く”とは如何なるものかのお手本のような気がします。

次の記事ではラン・ランの演奏を聴いてみましょうか
そして、あなとの好みを発見してみて下さい。


又,日を改めてヴァレンティナさんの弾く
ベートーベンの5番、[王帝]なども聴いてみたいと思います。

Information about Valentina Lisitsa




誰でも楽しめるリスト:Yundi Li が弾く  La Campanella

テーマ:


ここでは、Yundi Li の演奏なんですが
この曲では、“フジコヘミングの右に出るものはいない,,,”


Liszt: La Campanella の演奏は
ここをクリックすると視聴できます。

ユンディの演奏には、確か“若さ”を感じさせますね
でも、よく見ていると指先に硬さをかんじさせる、、、
と想うのは私だけかな,,,

私は数年前、フジコへミングさんが初めてロス公演
した時にこの曲を聴いたのですが、
本当にベルが鳴っているような感じが出ていて
とても素晴らしい演奏でした、,,
なんだか、スピリチュアルなものを感じました
ちなみに、会場の至る所で動揺された方がいました

さは、あなたは誰の演奏が心に響きますか?





アメリカが生んだ巨匠: アール・ワイルド

テーマ:
earl wild
(写真: ネットで拾いました。 ありがとう。)



もう100歳に近いピアニストですが
私も、数年前にリサイタルで聴くことが出来ました。
歩いている姿はおじいちゃんですが
椅子に座ると、存在かがより膨らみ
生み出す音には優しさ,温かさを感じます。

オシャベリは後にして、聴いてみましょうか

Haydn's Sonata No. 50 in D Major, Hob XVI/37

アール・ワイルドの素晴らしい軌道