paco de lucia 2
(写真: ネットで拾いました。 ありがとう。)



それも、私の大好きな、パコ・デ・ルシア!!

聴く曲目は:

"Impetu" by Mario Escudero、"Panaderos" by Esteban de Sanlucar


今日は月曜日なので,いつものように
おふくろと出掛けました。

一時おふくろは、自分の記憶力低下を意識し過ぎて
それを隠すのに一生懸命、無駄な神経を使ってたことがあり
神経もカリカリしてたんです。

敬老ホームの看護士に中間介護施設へ移るように
奨められた時には親子ともに、とても複雑な
心境に置かれました。

介護施設に移って5ヶ月過ぎました。
その間に、それまで気を張って偽りの
自分を飾っていた母も、たくさんのスタッフと
ボランテアーの皆さんの温かい心ずかいから
緊張していた心もほぐれ、記憶低下だったはずの
日常の生活にも、笑顔が増えてきました。

いつだったか「企画コーナー」で紹介された
番組で、算数を行うと、頭の回転が回復する
というのをヒントで、私達も毎週昼食後15分程行っています。

最初は、母のプライドが邪魔して、とても嫌がっていたのですが
最近は、私が断固として譲らないので、感情を出さずに
行っています。

本当に週一回なのですが、それでも
以前より、頭の回転が良くなってきました1
大きい数にちっちゃい数を加えるのは、問題なかったんですけど
ちっちゃい数に大きな数を加えるのに、以前は頭の中が
こんがらがっていたのが、先週から結構答えを早く
出すようになりました。

母には、問題を声に出して行うようにしてもらっています。
すると、計算のプロセスも分かるし、
時にはプラス/マイナスを無視しておこなったり
とても面白い計算の仕方で答えを出したりします。

時には、問題集の数字より違った数字を言っているのに
答えは正解だったり,,,

私達には、毎日することは出来ませんが、
ただの週一回のトレーニングでも
頭の変化をもたらすのですから、
頭も使い様によっては、結構ボケを防げるのかしら?

フッと思ったんですけど
心身ともに健全な時には、驚く程の知能指数で
行動していた人が、年老いて案外アルツハイマー病に
なるケースも少なくないような気がします。

頭がいい、、、というより好奇心旺盛の人の方が
いつまでも頭がイキイキしているようにも感じるんですが,,,



AD