ピューと吹くジャガーのハマーこと浜渡浩満。かれは


コンプレックスの塊 といっていいですね。


彼の理想は・・・まず、強く、他人に対して優しく、女の子にモテモテで、だからといっておごり高ぶってない。


でもって、面白いことは、そのように振舞うことができそうなシチュエーションが来たら、そのとおりの行動を


すること。普段は弱く、もてなくて、かっこつけたがるキャラ。だから必ず失敗するし、突っ込まれる。


でも、そこがいいんだよなぁ・・・。

AD
最近のニュースでカリスマ美容師が大麻で捕まったというニュースがあった。写真を見たら丸坊主。この人やたらとおしゃれなヘアーをお客に提供してるのに、自分のヘアスタイルはおしゃれと程遠い・・つーか髪ないよ!しかも名前から想像したちょいイケメンとは対極でワロタ。まぁムショで受刑者モデルに超カワイイ感じのスタイル作ってあげてね、がんばって。といいたいところ。人それぞれカリスマの定義は違うだろうけど、いい髪形にしてくれる人より、切ってる最中に一切無駄なトークをしない美容師がいたら俺にとってはカリスマなんだけどね。こんなのはカリスマでもなんでもない。カリスマという言葉の重みをなくしただけの男だ。彼を目標にしてた人はガッカリだろう。カリスマはずっとカリスマであるべきなのだ。

ではずっとカリスマであり続けている漢(おとこ)とは誰だろう。オレは高橋名人だと思う。我ら少年の目指すべき指標、そしてそこへ導いてくれる熱い漢、言わば我ら少年の英雄であった。紹介しましょう。本当のカリスマを。
高橋名人、彼の持つ真の素質
読んでいただければわかるとおりです。
ここには毛利名人と高橋名人の勝負の結果は書かれていない。その結果をいまだ知らない人たちもいるだろう。
知りたい方はこちらへ飛んでいただきたい
ファミコン名人カリスマ対決! 高橋名人VS毛利名人(前編)
ここでその衝撃の結末をしることになるだろう・・・・。そしてここでは伝説のスイカ割りの動画を見ることが出来る。まじすごいよ。
そして今の名人
高橋名人スペシャルインタビュー
どうです。まぶしいでしょう。頭もそうだけど、まさにカリスマの持つ輝きです。
美容師のほうのカリスマもまぶしいようですが、オレは高橋名人のほうがまぶしいね。そして、

彼 は こ れ か ら も 一 部 の 世 代 に は カ リ ス マ で あ り 続 け る。
AD
ネットの掲示板での発言を拾いました。

つまり僕の意見ではなくいろんな人の意見ってことです。やっぱ色々しりたいしね。

僕は「Vガンダム」のクロノクル・アシャーが好きです。あの赤い髪に白いマスクがかっこいい。二番目は「コロニーの落ちた地で」の荒野の迅雷ヴィッシュ・ドナヒューかな。女性キャラクターでは「ガンダムW」のリリーナ・ピースクラフトが好き。

ギレン・ザビの側にいるオレンジ色の髪の女。
すごく好みです。

ランバラルでしょう。 かっこよすぎです。

「機動戦士ガンダム」で僕が好きなのは リュウ・ホセイ ・・・ホワイトベースのクルーの中で一番好きです。 ガルマ・ザビ  ・・・ガウで突っ込んで行くシーンがよかった。

「機動戦士Zガンダム」ジェリド・メサ ・・・カミーユとの対決がかっこいい。
 アポリー    ・・・ロベルトが亡くなるシーンのアポリー。  

むかし、わたし・水泳やってて色黒だった・髪をまっぷたつに結わえてた・ひたいの中心近くにほくろってことで「ララァ」と呼ばれたなぁ。

エリカ・シモンズに惹かれてしまいました。
実はこの方、隠れコーディネイターらしいですね。

フォウ・ムラサメですムラサメ研究所の4番目の強化人間「わたしはフォウ...4番目だからフォウ...」自分でそう言ってるところが悲しかった出来ることなら助けてやりたかった。


ロザミア・バダムが好き。外見きれいなお姉さんだけど
中身こども。声優さんが新人さんで慣れてなくて、
それがぴったりだった(笑)
お兄ちゃん役だったゲーツ・キャパは悲惨で見てられんかった。

あとマウアー・ファラオ。最初ジェリドと出会ったとき、
輸送機から落ちそうになったジェリドの手をしっかりと
つかんだのが忘れられないなー。

富野さんはどうして美人ばかり殺すかな。


ナタル・バジルール。 ひたすら恋心をおさえて
最後にはサイテーな男と心中せなならんかったし・・・
しかも恋敵に自分を殺させるなんて・・・・
もうたまらん!!! こんな不幸でいいんかっ!!
あああっ・・・・髪もロングにできなかったんだぜ!
男とやりまくってやりたい放題で死んだフレイとは
大違いだ。くそーこれでいいんかよ

ソロモンの悪夢 アナベル・ガトー少佐でしょう。
ガンダム史上最高に熱い漢でしょう。
「しずめー!!!!」という言葉が一番似合うキャラですよね(笑)

ハリー中尉が大好き。あの声にうっとりした。
顔が見えないとこがいい。あのキスシーンに感動したなぁ・・・。


アムロ・レイとコウ・ウラキ。
ちなみに嫌いなのはニナ・パープルトン。

SEEDのムウ・ラ・フラガ少佐。
頼りになるし、相談にも乗ってくれそう。

最近フィギュアで知ったのですが
ジオンのゴッグ乗りレイチェルが良い。

やはり、ジーンですね。彼は勇敢な兵士でしたよ。可哀想に・・はかない人生でしたね。

ヒイロ・デュオ・カトルが好きです!!

「Zガンダム」のパプテマス・シロッコ!
もうこの方しかいない絶対!!
あとは「ガンダム」のマ・クベかな
女性キャラだと「Zガンダム」のレコア・ロンド
彼女の生き方を見習いたい


アムロ・レイ です。自分がアムロの享年(多分逆シャアのラスト)29歳を超えた時はちょっとショックだったからなぁ次はシャアの年齢超える時か(^^;

> マリュー・ラミアス艦長がいい感じで好き。
私も好きです。しか~しこの声聞くと未だにエヴァが・・・

なんといっても「ビームライフル」とかで一瞬に消えていく敵兵が好き。
一瞬の命まさに「美」です。

■ ソロモン
好きキャラは、「女」セーラマス事アルティシア
好きキャラ、 「男」カイ、シデン
好き、モビルスーツはランバラルのグフ
ですね。シーラ

ハチ

プラネテスの主人公です。ちょうどNHKでも地上波でほうそうされてるところですから見てる人も結構いるのではないかと。がんばってる感じがすごい良かった。宇宙っていうとオネアミスを思い出すけど、それよりもプラネテスのほうが好き。だって月あり、木星あり、地球での話しあり、恋あり、仕事での緊張の場面アリだもん。宇宙時代の人類って言う世界観はプラネテスのほうが明らかにきちんと設定されてたし。オネアミスは世界観があんまり設定されてないような感じでした。だからあんまりエピソードがおおくなくてタンタンと、いや、むしろギクシャクとすすんでいくような印象だったのかなぁ。しっかりとした世界観ができているからハチは自由に、のびのびと動き回っていたと思います。すくなくともオネアミスのシロツグよりは
それから声優の山田康雄さんは結構アドリブを入れていたみたいですね。セリフがないところで銭形の叫びに答えたりしてたようです。録音監督の加藤氏は「ルパンの場合、旧作(最初のルパン)もあったのでみなさん雰囲気はよくつかんでましたよ。アドリブはフリーパスで大いにやってくれと言っています。てすとのときなんか、 
アドリブだらけ。そこでるふいわけて、本番のときには大体決まってますね。」(アニメージュ79年4月号)
そういうわけで声優と録音監督たちの息もピッタリだったようです。

山田さんがなくなって、クリカンですが、はたしてアドリブをいれたりして雰囲気をうまく作ってくれているか・・・・
カリオストロの城のルパンはすばらしいですが、テレビシリーズのルパンもまたすばらしいです。いろんな冒険や盗みをするんですが、そのためには脚本が大切になります。毎回毎回あれだけの冒険をどうやって考えたのか。一人だけで脚本を作るには限界があります。そこで複数の脚本家がアイデア・ストーリー・ゲストキャラを考えたみたいです。当時視聴率20-30%を維持できたのもそのおかげでしょう。
インタビューでは「この企画集団(脚本家集団)っでは古今東西のピカレスク・ロマン(悪漢小説)はすべて読破しました。ハメット、チャンドラー、ロス・マクドナルドなどの正統派ハードボイルドかも研究しています。~~そして、これらを整理、分析して、ストーリーつくりに役立てています。魅力的で個性的なゲスト・キャラも、すべてココで考え出したものです。」(アニメージュ79年4月号)と言っています。
私自信はそれほどハードボイルドなどは読まないのでわからないですが、愛読する人はきっとモトネタが推測できるかもしれないですね。

でも私のルパンはやはりカリオストロに尽きるのです。クラリスの期待にこたえるべくがんばるルパンがかっこよくて好きです。
未来少年コナンの主人公です。アニメは民放ばっかりでNHKは参入しなかったんですが参入第一弾はこれともう一本だったと思います。民間のアニメ放送という仕事を取っちゃいけないと考えていたようで、アニメにはなかなか進出しようとはしなかったNHKが結局は作ったアニメです。一本目からいいのをつくりました。コナンは再放送(再々放送?)くらいで見たと思うんですが、面白かった記憶があります。

未来少年コナン
キャラクターがよく笑う印象が強かったです。高らかに笑うんでみんなテレビの前でニコニコしながら見てたと思います。

それからアクション。飛んでいるファルコ(飛行機)から飛ばされかけても足の親指と人差し指の2本だけでしがみついて飛ばされなかったり。でかい石を持ち上げるシーン。自分の体よりでかい石だもんな。あとは走る姿。好きでした。
演出の力です。子供のころからこんなのばっかり見てたから、ハリウッドの映画のSFXみても感動もなかったなぁ。アニメと映画は違うけど、やっぱ比べてしまう。
水中から出られないコナンがラナに口移しで空気をもらうシーンは感動だし、どきどきした。