ドラゴンボール

テーマ:
ZのDVDが発売になるみたいですね。鳥山明はすごいなと思います。ウィキには下のように書いています。

スクリーントーン をほとんどつかわない独特の画風、週刊連載の時にもほとんど原稿を落とさない、漫画家として見本とも言えるプロである。サラリーマンを経験している彼は、社会人は時間を守って当然というポリシーがあるらしく、それが締切を守る理由だという。コピーなどを多用した時の発言とされる「このページ原稿料いりません」は業界では有名。

『Dr.スランプ』、『ドラゴンボール』はアニメ化されて高視聴率を取り、さらに『ドラゴンボール』は多数のテレビゲームキャラクターグッズ になった。海外でも大人気を博し、アメリカでは検索キーワード一位になったこともある。1981年から1999年までは作品は違うがフジテレビ系列で毎週水曜19:00~19:30は鳥山明の作品が放映されていた。

『ドラゴンボール』以降は、週刊少年ジャンプ などジャンプ系列雑誌で読み切り、短期集中連載作品を描いたりしてるが、全て短期か読みきりであることからヒット作は生まれていない。その中で、短期集中連載作品『SAND LAND 』と『ネコマジン 』は人気を得、「SAND LAND」は北米、ドイツ、フランスそのほかの地域でも多数翻訳出版され、「ネコマジン」もシリーズ化した。

絵本も書いている他、愛知県唯一のプラモデル メーカー『ファインモールド』のロゴマークも手がけている。

短編の発表が中心となっているのは、ドラゴンボールの長期連載で疲れたためとされている。

自らを鳥人もしくはガスマスク をつけたロボットに擬して、自分の作品に登場させている事がある。


やはり私はキャラクターの絵としての魅力、それから出てくるメカのデザインの秀逸さに感心させられます。

AD

久々に

テーマ:

日記を書きます。最近忙しくてアニメをみる暇もありません。もちろん萌えてもいないです。トレースの話題が最近良く出ていますね。トレースとは、写真などをそのまま丸写しする。というものですが、正直これが悪いかというとそうでもないんですね。もちろんプロや同人でお金を貰っている人はまるわかりのトレースは避けなければなりませんが、素人にはトレースも自分の技術の未熟さを理解したりするためには役に立つと思うんですね。すべての芸術は模倣から生まれたとも言いますし、真似をすることは大事。エッセンスを学ぶ、という点においてね。ただ、プロがやっちゃまずいかなと。やるならわからないように自分の色をしっかりだせるようにからにしないとね。たとえば水木しげるは怪しげな風景の写真や、絵、それから各地の民話に出てくる妖怪の絵などを集めて、それを作品にしている。でも特に文句は言われていない。自分のものとして絵にしているから、オリジナルはあくまでモチーフになっているのだからと思います。まねをしているのにオリジナルにしか見えない。こんな風に吸収できるのならプロでもトレースは悪くないのです。もとネタ、というのは絶対必要だしね。


トレースとは話が変わって、インスパイアについてですが。

中にはいます。「もとネタはあったらダメ。俺はバスケ漫画をこれから作っていくけど、絶対スラムダンクのまねはしないぞ。あれとは違う作品をつくる。」という人も。しかしスラムダンクのまねをしない、といっている時点でスラムダンクの影響を受けているのです。反面教師としてね。たとえばその人がスラムダンクを超える作品をつくったとしても、それはスラムダンクのまねをしない、という考え方から生まれた作品なので、逆の意味でスラムダンクの影響を受けているのです。まぁこれはトレースとは関係ありませんが。インスパイア、のほうになりますか。スラムダンクという作品があったから、その違う作品ができた。つまりスラムダンクから生まれた、ということになります。だってスラムダンクが無かったらその作品はできていないのだから。


結論。トレースはオリジナリティを出し、読者を楽しませるレベルなら問題なし。


そんな感じです。

AD