あずまんが大王

テーマ:

いまさら何を、という感じですが、今日久しぶりにアニメ版を見たので感想ですが、登場人物の個性がはっきりしていて好きです。出てくる人物は少ない用に感じますが、自分自身の過去を振り返るとこんなもんかと。だって高校のときって学年の生徒数が400越えてたけど仲良くしてたのって、4,5人だもん。自分の高校生活もこんなエピソードの積み重ねだったなと思うと懐かしく感じる作品です。最初に読んだ感想は、キャラクターが魅力的だということ。特に智と大阪は僕の好きなタイプです。智は暴走気味のところはありますが、さりとてその暴走は常識の範囲の暴走。日常を越える暴走ではなく、日常を楽しくさせる暴走。そういう友達って必ずよく遊ぶメンバーの中に一人はいたはず。大阪は天然ボケ、というか、少しずれている、まぁお人よしという言葉が似合うのかもしれない。愛すべき性格の持ち主ばかりの作品だと思います。殺伐としたところは全くない、ひたすらに日常生活のなかのちょっとした面白い話や出来事を描いています。もちろん日常の出来事から少しだけ戯画化した作品だからね。こういう高校生活を送ることができたらきっとよかっただろうなぁ、と思わせてくれる作品です。この漫画には人殺しも、盗みも、セックスも無い。暖かい春の日差しのような(この作品が合わない人にとってはぬるま湯のような)穏やかな日々だと思います。何より誰しもが経験している学園生活のイベント(運動会、文化祭、テスト勉強、夏休みなどなど)が出てくるということで、日常の生活を描いているから、「ああ、こういうことももしかしたらあったかもしれないな」と思うことができる。作者のセンスがいいから、僕たちが学園生活で見逃した面白い出来事をうまく描いてくれているんだな。だって僕も綱引きをしたけど、「オーエスってなんや?」なんて思っても見なかったし。

こういうのがセンスなのかと。ふと思ったりしたり。高校生活の入学から卒業までを描いただけの作品だけど、そこには共感できるものがあるんですな。こういう生活って、ひとつの理想ではないかと思ったりする。

自分の娘が(いたとして)こういうところで、こういう仲間と3年間過ごしてくれたらいいなと思ったりした。

そういう意味である意味桃源郷を描いた作品です。


AD

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0506/13/news084.html

14 :名無しさん@恐縮です :2005/06/22(水) 01:36:08 ID:FmxpOcYz0

シャアモデルのPCとか値段云々よりも質の悪さに萎えたものだが、
このサングラスはどうなんだろう。
19 :名無しさん@恐縮です :2005/06/22(水) 01:38:17 ID:HyeaxzLW0
>>12
坊やだからさ・・・
9 :名無しさん@恐縮です :2005/06/22(水) 01:34:21 ID:Uu2C/pWO0
クワトロと聞くと、最近は宅配ピザを連想します。

AD
2005年2月に公開され、今もなおロングランを続けている『劇場版AIR』。この8月5日のDVDリリースに先駆けて、アニメイトTVにて6月2日より16日までの15日間限定で本編の試聴を無料配信中! 配信されるマスター素材は、劇場公開ヴァージョンからさらに監督によるリテイクが加わったDVDヴァージョンが使用されている。初めての方はもちろん、劇場に足を運んだファンも見逃せない内容だ。 ■『劇場版AIR』先行プロモーション配信配信期間 2005年6月2日~2005年6月16日(予定)配信場所:http://shop.frontierworks.jp/digital/web_anime/detail48.html というわけでAIRは見たことがなかったのでDVDでテレビ 版を見てみた。まだ一話だけだけど。抒情的だ。夏の深み のある白い雲、透き通る青い空。そして吹き抜ける風に揺れる髪。なぜか知らないがオープニングと、その後の5分間で すごく泣けてきた。海のそばの町が舞台だけど、エキストラ というか、住人たちが(通りすがりの人とか)がほとんどでないので寂寥とした町だ。寂寞としすぎてる。田舎だからそうなのだろうか。何ヶ月か前に行った、無人駅を思い出した。誰もいない古い小さい駅で、あまりに晴れた空、目のまえは山で、暖かい日差しで、幹の太い桜が何本も並んで、音もなく、花が散っていく。誰もいない。時々風が吹いて、静かに花が散っていく。 時間の感覚がなくなる。もし人がいれば、歩いたりしていれば、しゃべったりしていれば、車が走っていたりしたら時間の流れを感じるだろう。でもすべてが静謐だった。時が緩やかにしか流れていない感じだった。花びらが静かに散る以外は時は止まっていた。人が時間を感じるのはどういうときだろうか。もし夕暮れがだんだん深まっていく時間帯に行っていたら、時間の流れを感じただろう。でも僕は真昼に行った。 明るいまま、何も変わらない。あるがままの春の風景が底にあると思った。あまりにあるがままなので僕はどうしたらいいのかわからなかった。ただ、その風景をみるだけだった。 このアニメは夏の話だけど、僕はその数ヶ月前のことをおもいだした。 夕暮れの表現も凄く深い。 主人公と女の子の出会いのシーンもよい演出だし。素直に 頭を下げるしかない。ストーリーはまだよくわからない(ゲーム版をしたこともないし)けど、さすがは京都アニメーションだと唸ってしまった。 防波堤で始まり、最後は夕暮れの防波堤で終わる。 これが第一話。 夏にまつわるいろいろな思いでは誰にでもあると思う。誰だってふと空の青さに見とれたり、雲の重なり具合や白さに 見とれたり、夕暮れに変わっていく橙色の空に見とれたり、 そんな経験はあると思う。そういう思い出をよみがえらせる力がある映像だと思う。
AD

極上生徒会

テーマ:

コナミ製作のアニメ。なんかときメモテイストなかんじのアニメ。とりあえず見ているんだけど、面白いってわけでもないけど、面白くないってわけでもない。コナミのゲームの雰囲気とそっくり。学校の中で起こるいろんな出来事もぬるい。でもなぜか見てしまう。特に意表をつくストーリー展開があるわけでもない。ドラマティックでもなんでもないのに見てしまう。ドラマティックでないというのは、特に想像力を刺激しないけど、ボーっとした状態で見ることが出来る。薄っぺらい喜怒哀楽しか持たない登場人物と、薄っぺらいイベント、なんともぬるくて仕方ない。でもみてしまう。エンディングの絵もフォトショップでしっかり色彩しましたってかんじだし。なんで登場人物はどうでもいいような事件や出来事に激しくリアクションするのかわかんない。起こっている出来事と登場人物のリアクションがあっていない感じ。はたから見てると詰まんないことで騒いでいる高校生や中学生を生暖かい目で見てることがしばしばある。それと同じ感覚なのかなと思ったり、おもわなかったりする。


まぁ現実の高校生活も正直こんなもの感じでぬるい事件しか起きないわけだし、ある意味、リアリティを追求しているアニメなのかもしれないなと。好意的に見ると。