今回

テーマ:
ガンダム種死はなかなかのラブコメぶりで面白かったなぁ。戦闘はなかったけど。

カズがずっとゴール決めてるのはうれしい。さすがカズ。キングカズ。

3月3日がひな祭りだったけど、片付けずに放置しておくと、結婚にいきおくれるとか。

頭の上にものを乗せると気持ちが落ち着くんだって。本当かよ。仕事中に頭になんか置いとこうかな。って馬鹿だよ。

月詠~MOON PHASE

志村~、耳!耳!

って感じでドリフな雰囲気が満載アニメだった。ストーリはともかく演出はベタなくらいのドリフでした。

舞姫はどうなるかなぁ。

ケロロ軍曹は時間帯を変えて続くみたいね。たしかにおもしろいもんな。

もっと毒があってもいいとは思うけど49話は絵もよかった。

俺はクルルが好きなんだけど。あいつはマイペースでいいね。



AD

トップをねらえ2

テーマ:
の第二話を見た。OPは影絵が歩く姿がよかった。基本的に一話と2話の映像だったけど、影絵は別だった。ノノがさくさくと歩くすがたと腕の振りと足の動きと髪のゆれがいいかんじだ。今のところは2話とも前半がストーリー、後半が戦闘って言う流れだからテンポがいい。バスターマシン、ディスヌフもかっこいい。個人的にマントをひるがえして戦うキャラクターって、人でも、メカでもすきなんだけど、ディスヌフみたくロボットがマントをつけてるって言うのがなんともいえずいい。当然のことながら絵も丁寧だしストーリーもいい。


スクールランブルは一条がフランケンシュタイナーをかけるところがいい感じだった。今回は面白かった。
AD

めぞん一刻

テーマ:
を久々に読んでいる。80年代の雰囲気バリバリで最高。管理人さんはいいなと思う。経済的心配のない立場の女性ってあくせくしてないから優しさが全開になるんだよな。管理人という立場で経済が成り立つんだから。でもそういう立場にいてもぎすぎすしたひとはいる。こころのまま、おもうままに行動できて、金銭的心配もなく、自分より上の立場の人間もいない人間でもだ。となるとどんな立場でもやっぱり人間性がいいか悪いかだろうね。最高の立場に立ったときに本当の人間性が出る。あるいは最低の状況で人間性が出る。トップとボトムは人間性を見ることができる環境なのだろう。と思う。それからあにめのほうはあんまり覚えていないけど、なんか雨の日の話が何話かあった気がする。それが雰囲気があって好きなんだな。雨という小道具の使い方がうまい。

キャラクターに現実感を求めたら島耕作になっちゃうからあれだけど、ある程度現実感がないつーか、みんな大人なのに大学生みたいな生活をしてる一刻館の住人がなんともいえないですな。飲んで騒いで遊ぶ。てな感じでさ。現実世界にある風景を描いているのに、現実感がいまいちないよな。いいけど。

しかし今日も仕事は長かった。つーか飲み会があった。頼むから平日に飲み会は勘弁して暮れとは思ったのだが、まあしゃあないな。

ともかく明日からもがんばらねばなるまい。ほかの人のブログを見る暇もない。せっかく1万人以上が参加してるのに。っていっても実際毎日とか1っ週間に一回こうしんしてるとか、ともかくも確実に行進している人って実際はどれくらいいるんだろうか。正直長くかいてたら飽きるだろうし、かといって個人的な日記でなく、ほかの人が見るものだからぶっちゃ桁ことも書きにくいだろうし、読者を意識した話口になるだろうし。でもそれがブログといえばそれまでなんだけどね。うーむ、酒がはいっているためどうもだらだらとなるなぁ。

砂ぼうずはギャグとしてはなかなか面白い。

ガンダムディスティニーをとりだめたのをみてるけど、最初の一話がベストだ。その後はあんまり正直おもしろくなくなりつつある。今まではHDに録画して多分は毎週みてたのに、12,3話あたりから、録画してるけど見ない、というパターンになっている。僕の場合、面白くないな、と思ったアニメはこういう末路をたどって、最終的にHDから削除、ってぐあいになるんだな。

カガリのせりふが、「しかし」「それは」「ちょっとまて」っていうかんじで自分の考えをまったく言わない常態になったときに、さめてしまった。自分の考えくらい言えよ。っって感じで。