ブリーチ

テーマ:
を見た。いよいよ現実世界からの離脱だ。でもブリーチですきなのは、第何話
っていうときの絵。一回一回違うし、デザインもいいしね。あとはマジカルカナンを見た。これはキャラがいい感じ。かわいい。カードキャプターさくらがはやってからさくら系統の絵やキャラクターのマンガをちらほら見るけど、これもそれの一系統だろうね。でも主人公の声がどうしてもカレイドのそらに聞こえてしまうのはまあしかたのないことだ。

あとトップをねらえ2を買ったんだけど、これは絵もいいし、戦闘もかっこいいし、キャラもいい。ストーリーも面白い。早く二巻がでてほしいなと。

AD

土日

テーマ:
はあっという間に終わってしまうものだよ。結局眠りっぱなしで誰ともはなしていない。いや、スーパーの人と話したか「お箸はつけますか?」「おねがいします」・・・ってこれって会話じゃねーよ!
後は家に引きこもってパソコンの前にいたな。恐るべし二日間だった。
AD

舞HIME

テーマ:
を見た。あと少しで終わりだから終盤ってコトでだいぶストーリーも進んだし、それぞれのキャラクターの役割も、性格も、立場も明らかになった。
後はエンディングへ向けて突き進むのみ。誰が生き残るか楽しみだけど想像がつかないので想像しない。後は物語を楽しむだけでいいんじゃないかと。
しかし、本人たちは哀れだ。だって300年に一回戦わないといけないっていう決まりなのは本人たちのあずかり知らないところなのに、戦わないといけないんだからさ。あとHIMEたちが背負っているものが重くないってのもリアルだ。普通の女の子たちって感じだからさ。で戦いは激しいって言うのがなるほどってかんじだけどいまいちリアリティをかんじないのは残念。もっと日常をしっかり描いてたら戦いに巻き込まれる哀れさがつたわるんだけどな。戦いに負けたら本人が死ぬんじゃなくて、愛している人が死ぬっていうのはひどいよ。ひねりはあるけど


後はスクールランブルを見た。これもまたハリマがらみで面白い。もはや天満が好きな男の名前も忘れてしまっている。wなんて名前だったっけ。今回ほんのワンカットだけでてたんだけどね。これももうすぐ終わりだから、体育祭編が終了の場所ってコトか。

ねぎま、は一話と2話だけ見たんだけど、ナンだろうか、ちょっとはまれない
。マンガ本も読んだけど、もっと面白くなりそうなのにいまいちなんだよなぁ。アクセル全開でも60キロしか出ない車みたいな、そんな感じなんだよなあ。でも好きな人もいるだろうし趣味は人それぞれだからなんともいえないけど。

まんがはラブやんの4巻を買った。カズフサのだめぷりに笑わせてもらうことしばし。しかしあまりの等身大のキャラの現実感に自分と重なる部分があるような気もする。それは勘弁して暮れとは思うのだが。でも面白いマンガだ。
こういうマンガもあってしかるべし


AD

今日の

テーマ:
福岡は暖かかった。だんだん春が近づいている。何度目の春だろうか。
寒さが終わったら、きっと春がちかづいてくる。そして桜が咲く。そして、僕は夜の公園で桜を見る。何度目の春だろうか。後何回春はめぐってくるのだろうか。僕が生まれる前から、ずっと世界はこうやって回っていたし、僕が年を取って、そしていなくなっても、こうやって世界は回り続ける。だったら春を楽しもう。二度と来ない春を楽しもう。

なんてね。でも昔の人は僕らの持つ気持ちを短い詩でよんだんだからすばらしい。僕たちは和歌なんてつくれないけどその情緒は生まれつき持っている。
日本人なんだなと思うね。そんでこういう感情を持つことができることに感謝です。
第20話。最初はこのアニメどうなるかとはらはらしっぱなしだった。だって詰まんないんだもん。マーベラスもとんでもない爆弾を抱えてしまったのではないかとどきどきしたもんだけど、中盤から面白くなってきたねー。
つーか、主人公の天満のおかげじゃなくて、ハリマと沢近のからみのおかげって言うのがおもしろいよねー。で、20話だけど、ハリマの「ゲラウトヒアー」が最高に笑わせてくれる。ばかばかしくて最高だよ。まぁストーリーがかなりあらっぽいっていうのはあんまり好きじゃないけどさ。でもまあ普通にわらわせてくれるのがいい。ハリマがマンガを描くという設定もよい。
マンガ版でよんでたけど、どうも行き当たりばったりでかいているんじゃないかと時々思うわけだけど、面白いときは面白い。

あとは舞HIMEをみたね。なーんかだんだん見るに耐えないバトルロワイアル的な展開となってきたなぁ。でもなかなか面白かった。しかし萌えより燃えって展開だよね。どう考えても。まぁ主人公も極端にかわいいって幹事でもなかったしそれはそうだよな。

それからあれ、月詠。これこそどうしたもんかって感じだ。絵も崩れてるし、ストーリーもぱっとしないしさ。まぁコネタはがんばってるんだろうけど、それが浮いてるんだよな。あーあ、って感じで。こんな展開のためにしょぼくなってしまったのかとね。

きつー

テーマ:
仕事が超忙しくなってブロ具の更新どころじゃなくなってる。仕事が終わって
家に帰ったら寝るだけということですでにアニメはHDにたまりっぱなし。

こっそりぼくの中ではピーチガールが面白いアニメになっているんで見てるんだけどね。外見が遊び人ぽい女の子、でもじつは一途。そんな女の子の話なんだけど、ストーリーは見た目がまじめだけど、実は悪女って子が、主人公の恋路を邪魔するというもの。いやぁ、人は見かけだけで判断なんてできない紋です。でもやっぱり最初は見かけから入っていってしまうんだよなぁ。恋ってさ。まぁそこからけいけんをつんだら、その人の持つ雰囲気で判断したり、話してから判断するようになるんだけど、しょせん、最初って見た目だからなぁ。

あとはビデオでフルメタルパニックふもっふを借りてみた。単純にギャグとして面白いから、まだ見てない人はみるといいよ。アニメにもかかわらず突っ込みのテンポが現実のコントをこえてすばらしい作品だから。こういう作品をたくさん見たいもんだ。じゃなきゃ、心の潤う時間がないわ。いや、ほんと。

そんなわけです。しかし、思うに、生きるってままならないものですなぁ。
自由な時間なんてありゃしない。そりゃ企業は利益をあげなきゃつぶれる、社員は利益を出さなきゃ、給料がでない、そんでもって生活が成り立たない、ツー流れ。そりゃ生活を成り立たせるために仕事しなきゃいけないんだけど、ちょっときついよ。これ。目も疲れた、肩もこった。ああ、なんてこった。

明日も仕事だ。


癒されたいなぁ。

パソコンを買った

テーマ:
今使ってるのがソニーのちょっと前のデスクトップ。で、会社でも使えるようにとノートパソコンを一台買った。迷った挙句のLaVie。FF11もできるスペックなので試しにやってみたけどいまいちはまれない。景色のきれいなところさがしたりしたけどいまいちおもしろくないな。もっと人が多いところにいかなきゃだめなのかなぁ。リネージュ1は友達もやっていからじぶんもはまれたんだけどFFはなぁ。誰か友達誘ってやるべきかもしれない。現実のことにしろゲームのことにしろひとりでやるよりも友達とやったほうが楽しいことが多いわけだし。そういえばトムソーヤーもハックルベリーフィンと一緒のときに生き生きしてたしね。人生を楽しむにはやはり良き友は欠かせないということだ。

しかしこの3連休あっという間に終わってしまった。せっかくの自分の時間だったのに、寝たり、ちょっとぶらっとしたり、それだけで終わった。休日はいつも後悔とともに終わってしまう。ああ、もったいない。

久しぶりの更新だ

テーマ:
いやぁ、パソコンの調子が悪くなってからしばらくブログからはなれていたら
なんだか更新がめんどうくさくなっちゃって、どうせ誰も見てないしいいか、なんて思ってたらいつのまにか3月もたってしまっていた。ぼちぼちと更新していこうかなぁ。

この三ヶ月、なに見たっけなぁ、アニメ。カレイドスターのボックスを買って見たりしたなぁ。カレイドスターって言うのは2ちゃんねるの「あやまれ!○○にあやまれ!」のアスキーアート(AA)の元ネタのアニメ。16歳の女の子が単身アメリカへ渡り、カレイドステージというショーのスターをめざすというもの。子供のころ見てあこがれたステージに紆余曲折ありつつのぼってそこで活躍するって言うのは夢があっていい。なによりストーリーのまとまりがいいんでお勧め。パターンとしてはAパートで悩みにぶち当たり、Bパートで周りからヒントをもらったり、自分で打開策を見つけて少しずつ困難な道を切り開いてくというやつね。ギャグも面白いし、絵も安定してるし、面白い。

後みたのは甲殻機動隊2ND。とりあえず最終回までおわったけど、うーん、ちょっと失望。期待よりもだめだったかなと。あれなら、前作のスタンドアローンコンプレックスのほうが面白かった。プロダクションIGってとこが製作会社なんだけど、あそこの会社って絵はきれいだけど、ストーリーがいまいちのような気がする。お伽草子もいまいちだったしさ。

あとはローゼンメイデンも終わったなぁ。あれは12話だったけど、きれいにまとまってたね。引きこもりの少年が命を持った人形たちと暮らして、戦いとかにまきこまれ、だんだん成長するって言うやつ。ギャグもぼちぼちとあるし、深刻じゃないしなかなかよかったね。

まぁ更新できるなら更新していこう。チラシの裏に独り言をかくかんじでさ。

シードディスティニはここからもっと面白くなってくれないときついなぁ。