2011年01月22日 10時28分53秒

クルマ選び その3

テーマ:クルマ
旅は続きます。


そもそもの話なんだが、実は自分でクルマを買ったことがないのだ。

小学生のころからF1やタミヤのミニ四駆、ラジコンが大好きで、そのまま大学は機械工学科に進んだのだが、まわりにもっともっとクルマ好きなやつが多すぎて、俺には無理だと思って引いてしまった。

もちろん、エンジンの実験もやったし、トランスミッション他の機構も勉強した。

しかし、いかんせん実践経験があまりに少なすぎる。

だから、外見だけに頼りすぎるきらいがある。

そして、そもそも何もわかってない可能性大!



むむむ、それでも、まずエコカーには一切興味がない。エコ自体に興味がないのだ。燃費が安いのには越したことはないが、重要度は低い

あとはエンジンだが、世界的な流れで、小排気量ターボ付き高性能エンジンというのが間違いないのだから
これははずせない。

もうひとつ重要視しているのが、トランスミッションだ。VWグループあたりから入ってきたツインクラッチは
この数年のうちに、ほとんどの欧州のAT車とMT車を統合して搭載されていくだろう。

クルマの運転で重要な要素のマニュアル車には乗りたいが、妻がATしか乗れないし3ペダルは選択できない。

そうなるとやはりMTを自動でつないでいく2ペダル式のMT車がもっとも理想なゾーンだ。

日本のAT車のマニュアルモードはAT機構をマニュアルで動かしているのであって
MT車をオートでつないでいくのとはそもそもの機構が異なる。

高速でMTのクラッチをつなげるツインクラッチは、燃費にも好影響なので、おそらく
欧州車は全面的に搭載してくるはずなのだ。

BMWも徐々に導入が始まっているが、3シリーズあたりは次期モデルからの搭載になるだろうし
フルモデルチェンジは今年の終わりか来年早々にもありそうなので
このタイミングでの選択は困難だ。
そもそもBMWのエンジンはNAのみでややトレンド遅れになりつつある。

アルファロメオもVWグループのものと同様のミッションを積んでくるようだが、主力のジュリエッタの
発売が延び延びになってる。

audiはほぼ導入が完了している。

日本車の2ペダルMTはGTRぐらいだね。
国内メーカーはまだしばらくトルクコンバータ式ATの技術を捨てるわけには行かないんだろうなぁ。
GTRも技術自体はVWのものを搭載しているっぽいし。



そうなるとやっぱりポンコツ号を3月の車検通すしかないんだよなぁ。


旅はつづく。















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年01月12日 20時51分39秒

クルマ選び その2

テーマ:クルマ
今年はこういうプライベートな内容にシフトすることにしました。あしからず。

今週は、妻の実家の群馬に出向いていて暇だった。

なので、暇つぶしにディーラーにいくことにしたのだが、先方の諸事情によりトヨタ車以外は感じがよろしくない。

仕方ないので、レクサスに行くことにした。

うちのポンコツ号では相手にされないと確信し(弱い)義理の母のレクサスを借りてディーラーへ。

いかにもユーザーだよ、という顔をして侵入。(この時点で相当ダサい)

顧客管理がしっかりされているので、クルマを停めただけで妻の旧姓で○○様ですね?と応対される。

このあたりは流石ですね。


さて、ふざけるのはここまでにして中身だが、まずはISをみる。

ベンツやBMW、それにアウディもそうだが、スポーツモデルを象徴するチューンナップ会社を子会社で設立して、その会社の名前でハイグレードなブランディングを形成し、標準モデルもより高く販売する手法が一般化している。

レクサスもそれに追随するつもりなのか、普通には買えないLFAというスーパーカーを作ってスポーツイメージを作り、汎用モデルにも適用させようとしている。

IS250にもFsportsというグレードを販売して、若いスポーツ志向のユーザーに訴えている。

それ自体は別によいことなので興味があったのだが、ドアを開けた瞬間に妻が、『これって、アルテッツァみたいね』。。。

やっぱりかあ、ばれるのかー、全く興味のない妻にまでばれるとは。

そう言えば義理の姉は昔アルテッツァ乗ってたんだった。

いまさらこれに500万出せるわけないよねぇ。
夏にフルモデルチェンジするらしいから、払拭されればよいけど、ばれてる時点で内装もそれほど良くないってことだし。


そう言えば、昨日発表のCT200hが非公式においてありましたよ。

サイズ的にはCセグメントハッチバックで、ゴルフの対抗か、それよりややプレミアムよりかもしれない。
当たり前だが、人気の欧州車がひしめくセグメントでどう戦うのかが見もの。元々日本車には存在しないセグメントだからねぇ。

ただエンジンがプリウスか。。。

そして、このサイズに致命的なワクワクしないデザイン。いかにもトヨタ的でダサい。これもないか。

GS、LS乗ってる国産プレミアム派家庭のセカンドカーかな。

GSはセダンの割に若々しさを打ち出したいはずなんだが、あくまでおじさんの中で響く訴求よね。

もうしばらく行かないかなぁ。


旅はつづく。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月10日 16時35分46秒

クルマ選び その1

テーマ:クルマ
妻が社会人になるときに親に買ってもらったポンコツ号(TOYOTAイスト)が

いよいよ満7年の車検を3月に迎えることなって、それまでに買い替えようと

1年以上前から考えていたのだが、全くまとまらず、ついに後残り2ヶ月になってしまった。

買い替えようと思い始めてから、洗車もしないし、そのへんに擦りまくることで

ボロボロになっている。なおさら車検を通すのにお金がかかりそうでまずいことに。


そして3月には第2子が誕生するということでさらにお尻に火がついている。

子供ができてから気づいたのだが、どうもCセグメント車で4人家族は無理っぽい。

Dセグメントでもクーペはさすがに無理で、セダンでも中にはきついというものがある。


自分は小さいクルマが好きなので、Cセグメントで2ドアやホットハッチが本命なのだが

さすがにあきらめた。


ただでさえ小さいクルマが好きなので、ミニバンは論外。SUVもかなりきつい。

そーなると、泣く泣くステーションワゴンということになるのだが、気がつくと

日本車でステーションワゴンで今は全然車種がなくなっちゃったんだね。

ミニバン,SUV全盛か。

まいったなー。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。