1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年07月28日 23時24分53秒

まわるまわる時代はまわる

テーマ:論説
新卒採用を何年も担当していると、二ヶ月に一回ぐらいの頻度で世代論を戦わせている気がする。

僕自身が強く世代論というものを支持しているということもある。

ま、支持とえばって言うほど、世に否定的な意見はないと思うが、僕は日本人のメンタリティに及ぼしている影響はかなり大きいと考えている派なのだ。

そして、その中でも戦後において最強の世代は団塊の世代であり、次いで団塊ジュニア世代である。


日本の戦後は団塊の世代が作ってきた事に異論を挟む余地はないと思うが、それは単純に数が多いので世論形成の核であり続けるし、彼らの行動そのものが社会全体のムーブメントとして取上げられるからだ。

マーケター達のアウトプットは当然マジョリティーの世代に照準を合わせていくのだから、そこからずれている世代は、どんなものを手にとっても眺めていても、なんとなくいつもずれている感があるのは当然だろう。

団塊の世代が青春をむかえれば、60年代の個性的で強い文化が花開くし、日本の行く末を案ずれば安保闘争(後期)がおきる。
一生懸命働けば日本経済は世界を駆逐し、傲慢になればバブルがはじけた。
そして今は、老人マネーを狙って社会が動く。

同時に団塊ジュニア世代も同じだ。
彼らが中学生に進学すると学級崩壊が社会問題となったし、現在の婚活ブームは、この世代が現在33~36歳に達し、婚期の後半に達しているためだ。
男子はどうしても年下と結婚するので、人数の多いこの世代の女子が余ってしまうのだろうか。失礼な推測だが。

団塊の世代の頂点が46年生まれぐらい、そのジュニア世代が73年ぐらいだからおよそ一回転が27年。うん、いい数字だ。


以上の世代を良きも悪きも陽の世代と考えると、その狭間の世代は陰の世代となってしまう。

前期は60年生まれ前後で、ここは段階の世代から新人類というひどい言われようをされている。
まだ、この世代は卑屈な表情を浮かべながらも団塊の世代のおこぼれでそれなりに華やかな世代である。

だが、この新人類ジュニア世代は悲惨だ。
80年代後半に生まれたこの世代は、団塊と団塊ジュニアの両方が人生の表舞台にいることで悪影響を受け続ける。
社会環境としては物心ついたときにバブルが崩壊し、人生のほとんどを失われた20年に過ごしている。

団塊ジュニア以上の世代は、失われた20年と言って、始まりを知り、終わりを期待しているわけだが
人生のほとんどが失われているとは全くもって酷い話だ。

なんせ、生まれたときから日本全体が悲壮感の真っ只中にあり、ずーっと日本はダメだダメだと言われ続け政局は混乱し続けている。

そして残念なことに団塊世代が作り上げたゆとり教育の直撃世代となり、教育も真っ当に受けられず、人格形成に直接の負の影響を与えた。もう踏んだり蹴ったりだ。

ゆとり教育は団塊の世代の世論がまさにその導入を後押ししたのであり、直接攻撃はルール違反だ。
陰湿なことに、団塊ジュニアジュニアが小学生になる頃にはゆとり教育は廃止になった。

そんな世代に対して、信念がないだとか意志がないだとか我々は強い価値観を押し付けては
いるものの、その世代の環境というか空気というものはどうにも強制力が強く、人格形成に強烈な影響を与えているものだ。

それぞれの世代の中にいると、自分というものが時代背景から形成され、影響を受け続けていることは意外と感じにくい。

新卒採用をしていると、同年代がそれぞれの個の価値観を面接という場で表明し続けるものだが、それは明らかに個のものとは認められず、以上の背景の影響を色濃く表明する。

ベンチャーの採用側としては、ゆとり世代にもっとも反抗的な人間を採用しなくてはならないわけだが、こうとあっては抗うことには限界があるのかもしれない。

僕の筆では、その世代のその時代というものを表現することができないが
有名ブロガーのこの記事は、時代のなかで生きるということがどういうことなのかを教えてくれる。

  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20080828

ぜひ読んでほしい。


以上の世代論から学ぶべきことは、次の10年を読むことだ。
団塊ジュニアが30代後半にのり、これからは仕事にもっとも精を出すだろう。
そして憎むべき、違った、羨むべき団塊世代は、ビジネスの現場からは引退していく。

なので、日本は一時的に回復の道筋をつけるのではないかと密かに期待しているのだ。

そして、必ずやらねばならないことは、団塊の世代からきっちり稼ぐことであり、消費税を増税して老人たちからきちんとふんだくってやることである。

非常に長くなったが、僕の頭の中は常にこんな感じだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010年07月28日 07時57分06秒

うたっておどれる

テーマ:ブログ
随分と古臭い響きですが、
web広告業界、特にアドテクノロジーと呼ばれる業界のキャリアについての話です。

僕自身がそうなんですが、弊社はアドテクノロジーのリーディングカンパニーを目指すにあたり(すでにそうなっていると言いたいところを我慢して)システム設計が出来るレベルの技術水準をもち、かつめっぽうビジネスに強い人材の育成に力を注いできました。

ビジネスに強いというのは、広告を知り、かつ、パートナー企業との重い提携交渉を自らまとめられるとか、メディアサービスを丸ごと描くことが出来るとかそういう意味です。

こういう人材は、この業界で渇望されるにかかわらず、人材市場には乗ってこない部分なので、基本的には自社で育成していくしかありません。

SIerのPMなんかが近いかもしれませんが、スピード感や経験の面で厳しいです。

なぜこういった人材が重要かと言うと、基本的にはテクノロジーマターで出来る出来ないがはっきりしてしまう割には、エンジニアレベルでないと理解出来ない領域であ
ること、そして、いっても広告ビジネスなので、人間的な部分が支配的でかつレガシーな商習慣の上に成り立っているということ。

最近は、テックandビジネスを備える人材がかなり育ってきたので、彼らをそれぞれの戦線かつ最前線にくまなく配置出来るようになってきた。

これは、非常に楽しみであり企業としての競争力でもあると思うので、今後もこの人材を武器に新たなビジネスを最も早く市場に投入していきたいと思います。

逆に言えば、市場にはテクノロジーには強いがビジネスに極端に弱いので、あっという間に駆逐された会社が腐るほどあったと思います。


これを読んで思うところのある方は是非御連絡ください。
あ、でもこのブログは私的ブログだったな。ま、いいか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年07月25日 17時07分09秒

イタリアンモヒート

テーマ:ブログ
カクテルはあまり飲まないんですが、
マティーニとイタリアンモヒートは大好きです。

twitterの記事をみてがまんできなくなったこともあり、夏の昼下がりに最高なイタリアンモヒートを自宅で初挑戦!

photo:01



なぜか、麒麟のジョッキ(笑

レシピは生のミントとカンパリとソーダにライムを少し。

苦味と爽やかさが最高!


まーでも、自分で作るカクテルはむずいなぁー。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。