1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年05月29日 07時58分14秒

節水は必要か

テーマ:ブログ
今朝の通勤で、山手線のデジタルサイネージ(あれ一般的にはなんて言うんだろ?)に目がいった。

どうやら節水を呼びかける内容。日本人はアフリカのどこぞの国の人より13倍も水を使うのだそうだ。


で、何?


日本って節水の必要あるの?


電気や石油を使うなって話はわかりますよ。そりゃ日本の将来を支えてくれる有望な産業ですから
日本全体でエコを呼びかけるキャンペーンを張ってる理由はよくわかります。

でも節水って・・・

日本は大陸の東岸に浮かぶ小さな島国で、一番の内陸でも海岸から300キロも離れていない
島国だ。一年を通して雨が多く、至極水に恵まれた国だ。
おかげで日本ではどこでもすぐに雑草が生えてくるぐらい土地が潤っている。

地球全体で言っても、大気圏外に水蒸気が放出されることは無いはずだから
トータルの水分量は均衡を保っているはず。
石油が枯渇するって話とはわけが違う。

そりゃ、アフリカの人が水を使えないのはわかりますよ。土地が乾燥しているし
社会基盤の整備も不十分だから水が使えないでしょう。

その社会基盤を支援すべくODAをするのはよいけど、それと日本の節水はわけが違う。

どこでも水道から飲み水が飲めるというのも、私たちの先人が一生懸命に労働をし、
税金を納め、必死になって社会基盤の整備を進めた賜物だ。
感謝をしつつ、ふんだんに水を使う生活を謳歌すればよいではないか。

ひとたび、雨が少なくなって給水制限が必要になれば、皆で節水するのはわかるが
その時に対応すればよいし、インフラ整備がまだ足りないだけかもしれない。


僕が嫌なのは、すぐに日本人の一般的市民が頭を使わずに、マスコミなどのメッセージに
迎合してしまうこと。もう少し考えろと言いたいし、簡単になびくな。

もう一つは、貧困な思想の持ち主が多いこと。足りないから使うなではなくて、足りないなら
足りるように労働して資金を増やしたり、研究開発をすればよいではないか。
石油が足りないならエコ家電じゃなくて、必死に代替燃料の開発をしてくれ、または支援すればよいだろう。
二酸化炭素が危ないなら、技術で吸収するなりどうにかしてくれ。


収入が少ないというならば、節約するのではなくて、収入を増やすために投資せよ。









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年05月28日 12時24分17秒

価値を再定義すべき

テーマ:ブログ
今回の不況においては自動車産業について取り沙汰されており、自分も思うところがある

昨年来、クルマを買い換えようかと考えていた時期がある。

最終的には欲しい車が見つからないということで見送ったのだが、最近になって
やはりクルマを買わなくてよかったという思いが強くなった。

仮に500万円程度のクルマの購入を考えていた場合、5年乗ったとしても(少々短いが)
単純に分割して8万円強/月。それに加え、クルマの保有コストは駐車場、ガソリン、保険、税金、金利と
結構多く、10万円/月を軽く超える。

はて、週末によくて近所のショッピングセンターに出かけ、2ヶ月に一回ぐらい実家に帰り
そして半年に一度の小旅行。

これに月間のコストが10万円を超えるっておかしくないかと。
この程度の価値に相応しい対価としては2、3万円/月が上限だ。
それ以上ならタクシーのほうが安くなるし。


現在は妻が独身時代に乗っていた100万円強のコンパクトカーにそのまま乗っていて、使い勝手は
すこぶるよい。うるさいし振動が不快だが、高速130キロ巡行も問題なく、取り回しが楽だ。

全くもってこれで充分だ。機械科に進んだだけあってクルマは好きだから100万円~300万円ぐらいの
思想も技術もないくだらないクルマを買うつもりは毛頭ないし、現在のクルマとの価値の差が
さらに見出しづらくなる。

500万円からスタートの高級車に乗るなどは全くもって見栄以外の何者でもないわけだが
見栄に対する代償としてはいくらなんでもコスト高すぎではないかい?
趣味だと言ってもにコストがかかりすぎる。

やっぱりFITのハイブリットは最強ってことになるし、こういうクルマしか売れなくなるよね。

これからはクルマに限らず、消費者がその価値を冷静に見つめ、なるべくモノを保有しないで
済む傾向が強まるのではなかろうか。
カーシェアの会社も少しずつ立ち上がってきているようだ。

今の20代にソアラやフェアレディに乗って、かっこよく女の子との待ち合わせ場所に
横付けしたいなんて、ある意味牧歌的思想は枯れてしまったのだろうし、すごく現実的な話だ。

最大の問題はその代わりに何するかだ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年05月26日 08時45分03秒

やった感

テーマ:ブログ
最近、趣味的な話題ばかりでブーイングも多いですが、ネタ切れぎみです。
コンスタントにブログを続けるとみんなそうなるみたいですね。

ところで、半年ぐらい前に急遽独身生活に陥り、そのときから
毎日会社の席について朝ごはんを食べるようになりました。

いわゆる席朝族ってやつですね。

そんで毎日毎日伊藤園の充実野菜を飲んでます。

僕ははっきり言って野菜、とくに生野菜の大半が嫌いなのでいかんな~と
思っているのですが、この野菜ジュースは飲みやすくて好きなのです。

本当に半年間、出社する日は毎日毎日同じものを飲んでます。


んで、なんですが、なんでもそうなんでしょうけど、こういう健康志向の食品って
やっぱり成果の実感ってありませんよね?

ダイエット食品でいきなりやせるならいざ知らず、毎日あえて購入し飲んでいるものは
一種の投資であるわけで、そのリターンが全くわからないというのは困ったものなのです。

この結果がでるのは、もう今年の健康診断しかないので、やけくそで健康診断の
結果がでるまでは毎日続けてやろうと思ってます。
(おそらく結果は良くならないと思うし、野菜ジュースのおかげかどうかなんてもっとわからんと
思う)


なんの製品でもそうなんでしょうけど、やっぱり自分の労力なり金銭なりを投入したの
だから、それのリターンというかやった感、やってくれた感を感じさせなくては
いけないと思います。
そういうところが上市した製品のKSFだったりすることも大いにあると思います。

たとえば空気清浄機。どんだけ清浄してくれているのか全く実感がありません。
フィルターにごみがたまるのならともかく、プラズマイオンクラスターなんて
なんとも味気ないものです。せめてしょわしょわ~と煙ぐらいでないものでしょうか?

そして、もっと重要だと思うのがコンビニ募金。僕は環境にやさしいことも慈善活動も
一切しないので募金ぐらいはと思い、それなりに小銭を入れてますが
それでなにがどうなっているのか全く分からない。。。

募金を集めている団体はそのあたりが怠慢である気がします。
その点、volvicの1Lfor10Lキャンペーン なんか分かりやすくていいですよね。




インターネット広告にとっても重要なファクター。

きちんと向き合っていきましょう。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。