1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年06月27日 21時26分58秒

ついにキター!

テーマ:ブログ
すっかりくだらない旅ブロと化したこれですが
今週はまたもや北京遠征。


かなりこま切れに訪中していますが、提携に至る重要な交渉が続いている

ことと、NASDAQ上場企業のTOP層に接触していることから

やはりある程度の誠意ある肩書きのものが出席する必要があり

複数回の訪問になっています。

DSC00321.JPG


こちらは中国のシリコンバレー。

北京オリンピックの会場近くであり、IT世界最先端の企業が入居している。

非常に巨大かつきれいで、海外事業部メンバーといつかここに入居することを

誓った。





しかーし、今回は恐れていた食あたりになってしまい

最終日あたりから前代未聞の下痢に・・・・

脱水状態であやうく死ぬかと思いました。(オオゲサ)

追い討ちをかけるように帰国の飛行機が大幅に遅れて、電車もなくなり

成田近くの航空会社斡旋のホテルに宿泊。(AirChina、欠航、遅延多すぎ)

丸2日間、30分おきにトイレに駆け込む状況であります。(現在進行中)


おそるべし中国。俺は負けないぜ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年06月17日 00時31分21秒

出稼ぎに行こう!

テーマ:ブログ
前回予告したとおり、中国遠征第2弾の雑感を。

日本のネット広告が中国に抜かれてしまった的な話は何回か前にしました。

今回の訪中は、さらにそれを裏付けるような事実がたくさんあり、さらに危機感を募らせる

結果となりました。


しかしながら、だからと言って中国のビジネスに対して、及び腰になるというのではなく

むしろ、突っ込んで競争していかなくてはならないという思いです。

非常につらいですが、成し遂げなくてはなりません。



なぜならば



中国の500mlペットボトル飲料は、私が見た限り150円程度で販売されていました。

これはつまり、高級品ではなく庶民が手を出す商品が日本と全く同一の値付けが
 
されているということです。

まだまだ、給与水準が大都市圏でも日本に比べて大幅に低いですが 

一部の商品は追いついているものも増えているということです。


これ以上元が切り上がっていくことも間違いないでしょう。



近いうちに経済規模(GDPランク)で米国を抜いて来ると、日本人が中国国民に対して

今以上に売り込みをかけていくことは間違いないと思います。

これは個人の状況でも同じで、中国でキャリアを築いたほうが給与面でも

優位に立てる可能性は十分にあります。

つまり、優秀な人間は中国に行くのが常識というのが近い将来現実的となるのです。


中国進出!とうたっている企業も、生産拠点を設けるならいざ知らず、国内需要を

当てにした売り込みも多くなっているので、そうした企業はすでに中国に出稼ぎに出ている

状態といえます。

日本の需要が右肩下がりの状況のなかで、少なくともドメスティックな企業が

中国に進出するのは最低限の延命策とも思えます。



中国は今後、国内の地域間格差は当分うまらないでしょうから、国内に国際競争力を

有した生産拠点と巨大な国内需要を同時に持つことになります。

これは非資本主義の旗を降ろさなくてもよい大きな後ろ盾になるはずです。

つまり、経済界に対して保護政策を堅持しつづける期間も延長されるわけですから

国内に利益を留保し続けることも可能になってきます。


これは強いですね。

怖いのは急速に進むハイパー少子化ですが、いずれにしろ1年単位で進行するものなので

足元は問題ないでしょう。




きっと私の孫、いや子供は幸福を求めた結果、中国に留学しそこで働きつづけるのではないでしょうか?

非常に現実的な話です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年06月13日 15時14分53秒

北国あさひかわ

テーマ:広告
今週も飛んでいて、場所は北国あさひかわ。

しっかし、動物園があるからいいようなものの、かなりさびれてますね。

ちょっと涙が出そうです。


今回訪問の理由は・・・





人工知能学会全国大会 に参加です。

3日間みっちりの参加です。

現在、3日間のセッションのうち最後を迎えており、まわりの人も御疲れの様子。


何度かブログでも書きましたが、世界に挑戦するためにも強力なエンジンを開発しなければならず、

R&Dを継続する必要を強く感じている。


今回はその基盤を作るため2つの目的で参加している。


1)人工知能の先端の研究を調査する。

2)ネットワーキング



1)に関しては、やはり工学の中でもホットな分野ということもあり新鮮な研究が多い。

様々な発表を聞いて、いくつかのインスピレーションを得たので、帰京後に進めたいことが

いくつかでてきた。

後は、我が社が考えていること、知見もまだまだ先端から遠いというわけではない

大学の有名な先生がすばらしい技術で遠くを走っているという印象はない。

注力し続ければ、学術的にも我々が日本の先端をいける可能性は十分にあるはずだ。


2)については順調で、かなりの成果があった。2ヶ月前には暗中模索といった状況だったが

推進の方針も大分固まってきた。

帰京後に繋がったネットワークを再訪し、ストラクチャーを決定する。

長期のスパンになると思うが、2、3年後の会社の未来を作るためにも

地に足をつけ、歯をくいしばらなくてはならない。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。