メロメロパーク
テーマ:日記
2005年06月24日 17時29分08秒

エーテルじゃないけれどエーテルって名前なんだ

こんにちは。気がつけば手がカサカサなy-yです。

 

今「石油エーテル」という溶剤を使っているのですが、非常に怖いです。

 

成分的には有機物の混合体でありまして、ガソリンに近いものです。

 

 

 

僕、大学時は化学屋ではありませんでしたので、有機系の物質は疎いです。高校時代に知識として習った程度。

 

そんな人間が急に有機溶剤を扱うことになったのだから、そりゃ当然へまもします。無知は怖い、ということを思い知らされました。

 

 

 

石油エーテルの何が一番怖いかって、それは揮発性が大きいことです。

 

 

絶えず蒸発しているのです。

 

まず試薬ビンを開けると、炭酸系の飲み物を振ったときのように「ぷしゅっ」ときます。

 

「おお、そんなに外の世界にでたいのかい? ほうら」

 

とばかりに調子に乗っているとしっぺ返しをくらいました。

 

僕はなにげなくピペットで溶剤を吸い上げました。そして別の容器に入れようとしたとき、

 

びゅっ!

 

と水鉄砲のごとく飛び出しました。

 

どうやらピペット内部で蒸発したガスが圧縮され、大気圧に打ち勝ったようです。

ちっ、ペットボトルロケットじゃないんだぞ……。

 

 

思わぬ事態にあせった僕は、すぐさま床を拭こうとしました。

 

しかし、

 

どこも濡れていないのです。

 

はて? 飛び出したように見えたのは僕の脳で勝手に作られたイメージだったのかしら?

 

まあいいや、と思った僕はのんきに作業を続けました。

 

 

ある工程で、石油エーテルをメスシリンダーにうつさなくてはなりませんでした。

 

いちおうロウトは使っていたのですが、不覚にも自分の手にこぼしてしまいました。

 

「うおお、手についたらまずいような気がする!」

 

と漠然な不安を抱えていた僕はあわててぬぐおうとしました。

 

 

しかし、

 

手は濡れていませんでした。

 

 

冷たいという感覚だけを残して、溶剤は影も形もうせていたのです。

 

そこで気づいたのです。

 

 

こいつはとんでもない早さで乾いているのだ! ひゅー!

 

ということに。あ、気づくのが遅いですね。そうですね。

 

 

そのうえ液体が蒸発するときには気化熱といって、周りの熱を奪います。なので、この石油エーテルをフラスコやビーカー等に入れていると、えらく冷たくなってどぎまぎします。

 

あと、有機溶剤は脱脂、脱水作用があるものが多いです。冒頭で述べた手荒れはそれによるものです。嫌な言い方をすれば、肌表面の皮膚が溶けるのです。マニキュアなんかの除光液にはアセトンという有機溶剤が入っていて、そいつにも脱脂、脱水作用があるので注意を喚起しておきます。

 

 

 

なによりの問題は石油エーテルの引火点が低いところにあります。ガソリンのようにやたらめったら低くはありませんが、30℃前後だったと思います。(ガソリンは-40℃ぐらい)

 

だから怖い。

 

爆発したらどうしよう…。

 

 

今日はそれだけ。

 

よくよく勉強すると、身近に危険なものはあるんだなぁという話でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005年06月21日 18時19分24秒

コンティニュー

第二部 性格

 

 

続き。

 

 

昨日は好みの顔について云々と述べましたが、今日は好みの性格に関して考察していきたいと思います。……やや抽象的になりそうですがご勘弁を。

 

 

さて、みなさんはどのような性格のレディース&ジェントルメンがお好きでしょうか? 

この問題に対する答えは十把一からげというわけにもいかないので、ケースバイケースとなりそうですね。

 

しかし、それでは本質を見抜くことができません。好きな性格を左右する、何か根幹となる要因がある……と思うのです。思うだけです。だから結論がでないかもしれませんが…。

 

 

 

こういう場合、特殊なケースを一般的にもっていくという手法が一番確実かと思われます。相対性理論みたいに。

 

 

 

だから、特殊な事例として僕の場合を考えてみたいと思います。

 

僕の好きなタイプ(性格)

・拘束しない

・話が合う

・よく気がつく

 

 

整理するとこんなものです。

贅沢ものが! と怒られるかもしれませんが、こんなものです。

 

まず、第一の項目にあげた「拘束しない」というのは、逆を返せば僕に自由を与えてくれるということです。

 

基本的に僕は友達と遊ぶのが何より好きです。休日に友達と遊ぶ約束をしていれば、彼女や嫁が寂しがったとしても行きたい。いや行く。そこで機嫌を悪くされたり、泣かれたりするのはまっぴらごめん。

 

さて、そんな告白はどうでもいいとして、「拘束されたくない」というのはどういうことなんでしょうか。「鷹揚な人柄」を求めているのかもしれません。つまり「自分を受け入れてくれる人」、「自分を認めてくれる人」を希求しているのです。

 

 

そう考えますと、第2第3の項目も同義ですね。結局は「自分という存在を無下に扱わない人」ということでしょうか。

 

 

 

がらりと場面を変えます。

ここで一つ質問ですが、皆さんには「名誉欲」というものがおありでしょうか? 単純に言えば「有名になりたい」と思うことですが。

 

多寡にかかわらずあると思います。

 

では、そもそも、人間は何故有名になりたいのでしょうか?

 

 

それはきっと居場所を求めているんです。人間は居場所がなければ上手く生きられないそうです。どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ!

 

その居場所ですが、はたしてどうやって作られているのでしょう? 

 

 

それはある人が他人に対して作っているんです。そのある人というのが大勢になれば、それは社会と呼び名を変えます。

 

つまり有名になりたいというのは、なるべく多くの人に認められたいと思うことで、それは非常に安定した場所です。なんせ、その居場所を作っている人が多いですから、多少のことではなくなりません。

 

僕の考えが正しければ、心が不安定な人ほど名誉欲があるはずです。

 

心が不安定な人というのは、誰からも認められていない(居場所がない)と思っている人です。ここで重要なのは、誰からも認められていないんじゃなく、そう思い込んでいるというところです。

 

そういう人いますよね。世の中を斜に構えた人や、心配性な人。

 

 

 

 

 

あんまり統括はできませんでしたが、結論といたしましては

 

「自分の居場所を作ってくれる人」

 

を好きになるんじゃないでしょうか。

 

 

 

あああああ、まとまりにかけた。かなりかけた。

 

 

本当はもっと書きたいことあるんですが、邪魔くさいのでリクエストあれば。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
テーマ:日記
2005年06月20日 16時51分24秒

長いモノローグ

「たで食う虫も好き好き」

 

「十人十色」

 

間違いない。

 

間違いないのだ。

 

 

 

張り切ってどうも、y-yです。

最近思うことの一つに、ことわざって正鵠を射ているなぁ、というのがあります。

 

冒頭のものはどちらも、人の好みは様々だという意味です。

 

そして、ここで僕が取り上げたいのは、主に人と人の間に発生する好みです。

 

 

ざっくばらんに言うと、顔や性格の好き好きについての話です。

 

 

 

第一部 ジョナサンジョースター

 

……じゃない、第一部 顔

 

 

さて、そもそも顔のタイプというのはなんなんでしょう。気に入る顔と気に入らない顔の判断はどこでしているのでしょう。

 

顔なんて関係ないさ、性格さ。とおっしゃる方もおられるでしょうが、全く見ず知らずの他人の写真を10枚程度並べて「誰がお好み?」と言われれば答えられるでしょう。たとえ性格を知らなくとも。

 

あばたもえくぼ、と言われるように(またことわざですが)、好きになってしまえば顔は特に関係ないかもしれませんが、現実において明らかに顔の好みは存在すると言ってもよいでしょう。

 

ではその仮定を採択しますと、次なる問題が出てきます。

 

ずばり、タイプを左右するファクターとは? 

 

 

ところで、みなさん、こんな話をしたことはないでしょうか? 

「今日、7組のH子から告白されてさ~。よわっちゃってんだよ」

「まじかよ! H子って相当可愛いじゃん! 弱ることなんてないだろ!」

「いやいや、実はK子からも告られてんだよ、俺」

「え~! K子もたいがい可愛いぞ! なんだよそれ! 俺なんてここ3年音沙汰なしだ!」

「そんなに興奮するなよ。俺、お前がスキだ、って奴しってるぜ?」

「ヘイ! 畜生、なんてこった! なんでもっと早く教えない?!」

「悪い悪い、単純に忘れてた。今思い出した。それが僕の全て」

「黙れチンピラ! ねえ、ところでだれですか? 僕が好きって子は? ふふふ」

「はいはい、N美だよ。N美」

「……N美…か」

「どうした? 何か問題でも?」

「いや、その、なんだ、あいつ平安時代だったらもてそうだよな…」

 

 

非常に例えが悪いのですが、ご勘弁を。

 

つまり、美人や美男というのは絶対的じゃないということです。流行と同じくして、はやりすたりがあります。

 

そういう研究をしている人が言うには、「美人、美男というのは、その時代で一番標準的な顔」ということです。

 

そうだとすると…美人、美男は絶対数が一番大きな集団のはず。じゃあランダムに10人程度人を集めると3,4人はいるはず。

 

みなさんどう思います? 

 

 

経験的には否、だと僕は思います。まあ、僕の美的感覚がずれているだけかもしれませんが。

 

 

ということで、僕はその研究者の意見をこう解釈しました。

 

 

「美人、美男とは、個人的にもっとも慣れている顔の傾向」

 

先ほどの意見とナニが違うかと言いますと、時代を鳥瞰的にとらえているのではなく、個々人の目線から捕らえているところです。

 

 

つまり、絶対的に存在する様々な集団に対し、ある個人が「実際に見た」という縛りがかかっている状態です。

 

こうすることにより、隔たりが生まれます。

 

なぜか?

 

それはマスメディアの存在です。

 

 

TVの中では連日連夜、芸能人が出演しお茶の間をにぎわしています。

そのような状況が家庭にあると、子供たちは昼間同級生と顔を合わし、夜はTVの向こうの芸能人等と対峙します。

 

さて、この場合最頻出の顔のタイプとはいかなるものでしょう? 

 

 

それはおそらく芸能人的な顔。

それと親の顔。

 

 

だから、僕の中では人は「芸能人的な顔」や「親の顔」に似た人を好きになるのではないだろうか、と一応結論付けています。マザコンファザコンはそんなに不思議じゃない、かも。

 

 

さて、次に考えるべきは

 

「なぜ最頻出の顔を好きになるか」

 

ということです。

 

これについても、僕なりの見解を示します。

 

 

絶対数が多いということは、生物的に優性ということだから、子孫繁栄の本能が働くのではないでしょうか? その本能を大脳新皮質と道徳は「好き」と言わしめ、「本能でうごく動物とは違う」とアピールしているのではないでしょうか? 

 

そうだとすると、「好き」だの「愛」だのといった個々人の感情の背後には、「人類」という恐ろしくも巨大な意思が働いているのです。

 

また、我々を操る「人類の繁栄」とはなにか? 

 

それは「破滅」です。

 

エントロピーは決して小さくならない。煩雑さは増大の一途。

「人類の繁栄」とは他種に対する暴力的なほどの一元支配。

種は現在においてもどんどん減少しています。ドードー鳥、モア、ニホントキ。

複雑さが増大するだけの世界なのに、人類というたった一種が大きくなり、他の種が消えていく。

エントロピーは小さくなっている。

小さくなってきている。

 

そして、その不自然な状態はいつか「破滅」を引き起こす。

 

 

 

 

 

誰かが誰かを愛したとき、それは破滅に一歩近づいたということなんですよ…。ふふふ。

 

 

性格についてはまたのちほど。

 

 

今日はなんだかダークですね。

 

たまにこんなことを妄想します。

 

いや、妄想という言い方はおかしいか。

 

僕はいまある条件から結果を導き出したので…(妄想は原因と結果という前後のつながりが希薄)。

 

 

推理です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
テーマ:日記
2005年06月16日 17時37分34秒

日々研鑽を積む

うわ。

 

本当にめんどくさい。

 

 

ヤッホー。「ヤッホー」と言ったら「ホートラッララー」と続けてしまうy-yです。

 

何が面倒くさいかと言いますと、昨日触れた石鹸の試験です。

 

よくわからない試薬が多い多い。何が実験室にあって、何がないのかわからない。

 

 

おかげで試薬を売っている会社に2度も注文してしまいました。

「ああ、しまった。これもなかった…」と。

 

 

いや、別にそんなたいした手間ではないのですが、気苦労が…。

 

 

 

僕はあまり人にものを頼むのが好きじゃありません。どうでもいいことは頼みまくりますが、自分がしなくてはならないことについては気負いします。

 

あまり問題を周りに広げたくないんです。

 

例えば道に迷っても、絶対他人に道を聞きません。人が運転している場合ならどうでもいいのですが、自分が運転しているときはダメです。遭難間際にならなければ聞きません。

 

なぜだろう?

 

 

人のやることに興味がなく、自分のことしか見えていないのだろうか……。うーむ、ずいぶんナルシストじゃあないか。

 

でも、そんなに自分が好きなわけじゃあないんですよ。

嫌いな部分だっていろいろありますとも。

 

肌弱いし。

 

 

 

視力悪いし。

 

 

 

あ、あと痔の兆候があるな。

 

 

まあそんなところでしょう。

 

……身体面ばかりですね。

 

 

 

他はない。きっとない。間違いない。ダメだしがあってもしったこっちゃない。「君も男なら聞き分けたまえ!」って言われてもラピュタ目指す。

 

 

というわけで、僕は結構自分が好きなんだ、という話でした。

 

 

 

 

 

また使っちゃった。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:日記
2005年06月15日 17時07分17秒

団体旅行に憧れて

石鹸が

 

ゼッケンをつけて

 

席巻する

 

ソウイウモノニワタシハナリタイ

 

 

 

チャオ。

「チャオ」と言ったら「ズ」と続けたくなるのがドラゴンボール世代の悪い癖ですが……え、ああ…そう、僕だけですか、そうですか。

 

そんな話は今まで以上にどうでもいいんです。

 

なんだか、石鹸の分析をすることになったのです。冒頭のショウモナイ駄洒落はそういう背景があってのことです。なんにもないのにあんな下らないことを言い出したら人生の夕暮れか。

 

 

その石鹸の分析が結構面倒くさくいようで、「はぁぁ」となっているわけです。

 

まあそんなこともどうでもいいです。

 

では僕にとってどうでもよくないことの例を挙げるとしますと、次の日曜日に同期の子やらなにやらでプラネタリウムを見に行く、という計画があります。これは僕にとっては肝心要、懐刀にも変えがたい。

 

 

みんなでわいわいするのは楽しいですよね。

 

 

やはりこんなことは今のうちしかできないのでしょうか?

 

友達が家庭を持ち出すと、なかなかなんでしょうね。

 

 

若いうちにしかできないことは、若いうちにやらねば!!

 

ということで、みなさま各地の観光名所を教えてくださいな。

 

 

今日はこれが言いたかったんです。長い前置きでした。

でも一言をいうために遠回りするなんて、思春期の告白みたいでよいではないですか。

 

「あ、帰るの? い、一緒に帰っていいかな? ……ところでさ、髪きったよね。な、夏らしくていいよね。うん。冬って感じじゃないもんね。なんていうかその。涼しげっていうか、スポーティっていうか、トゥルーマンカポーティっていうか。……あ、知らない? カポーティ知らない? うん。そう、そうだよね。むむ…。え? なんで襟足を2mmしか切ってないのに解ったの? だって? …そりゃあ…いつも見てるからだよ。き、君のことはいつもみてるからだよ。なんていうかその。気になるっていうか、この木なんの木気になる木っていうか。……あ、ごめん。つまらないこと言っちゃって。要するにその。君のことがクワなんだ!! …あ、間違えた。君のことがスキなんだ!! ……みたいな…」

 

 

もし殿様に生まれていれば、そんな苦労はないんでしょうね。

「ういやつじゃ。ういやつじゃ。ちこう寄れ。えっへっへ」

 

ザッツオール、センキュー。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。