3.11

テーマ:

コンビニで食料の調達もできず、車中で過ごし、

ろうそく一本で暖をとり、水配給に何時間も並んで・・・

 

あれから6年・・・

「まだ6年」か、「もう6年」かわからないけど

前を向かなきゃならないけど、この日ばかりは振り返りたい。

 

当時は寒さに震えながら、悔しかった。

多くの悲惨な映像を観て、

哀しいとか、恐ろしいとかではなく、ただただ悔しかった。

 

その年の春、海辺の町へ行ったとき、その時は涙が溢れたな…

 

 

鎮魂の一日になりますように。。。

 

 

 

 

 

AD

地震・・・

テーマ:

5年前のあの震災以来、少し落ち着いてきたなぁと思うここ2~3年

 

でも最近になって何だかまた回数が増えてきた…

 

小さいのはちょこちょこあったけど、少し大きめのが目立つ

 

昔は震度が4くらいまでなら何ともなかったけど、

 

あの震災以後、感じ方が変わってる

 

ってか、不安感が半端ない

 

落ち着こうとしても、体が勝手におびえている

 

 

 

 

 

AD

・・・老い

テーマ:

一昨日また、親戚の一人がこの世を去った。

いとこの親である。

仕事から帰宅後、危篤の連絡が入ってた。

急きょ病院へ行ってきた。

ここ2~3年会ってなかったが、久しぶりに見た叔母はやせ細っていた。

手の指も、文字通り骨と皮状態。

ハッキリとした言葉は発してなかったが、確かに耳はまだ聞こえていたと思う。

苦しそうだったな・・・

どんな言葉をかけていいのかわからず、あまり病室にはいられなかった。

叔母の子供たちも駆けつけてきてたが、こんなに急なのかと…

でも、きっと苦しみから解放されたんだろうな。

やはり、そう思いたい。

。。。やすらかに

 

 

 

 

**********************************************************

 

人は皆、一日一日死んでいる。

「過去」とは即ち、「死んだ」自分。

「どれだけ生きたか」ではなく、「どれだけ死んできたか」なのである。

残りの人生があと如何程か、だれにも知る術はない。

また、自分で決めるものでもない。

何もしなくたって、足掻いたって、必ずその日は来る。

みんなの幸せを見届けたのち、そっと逝きたいと、常々思う。

 

ただ・・・  去る覚悟はしておきたいと思う。

 

**********************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

いま、思うこと。(ひとり言)

テーマ:
昨日はTVを中心に、どこもかしこも震災の話題で・・・。
いつも、何か一つの方向にしか視点を向けてないなって思う。
被災者が100人いたら、100の想いや事情があるのに、一つの方向にだけスポットライトが当たる。
それはそれでもいいかもしれんけど、それがすべてのように思わせるはいかがなものかと。
前へ進もうとしてる人、一歩も踏み出すこののできない人・・・
いろんな人に五年間という時の流れがあるように、必ずしも万人が万人、同じ思いではないっていうことも忘れてはならない事の一つだと思う。


個人的に、あの日のことは自分なりに心に留め置いてる。
インフラも壊滅だった日々、ろうそくの小さな明かりで暖を取ってた夜、飲み水程度の配給に何時間も並んだり…
正直、自宅の壁に亀裂もあるし、それに道路の段差、修復されてない屋根を毎日のように目にする。
忘れようったって忘れられるもんじゃない…

当時、Youtubeでかなりの映像がアップされてたのを、いくつかお気に入りにしてある。
あの日のことを忘れないようにと、当時自分なりにしたことだ。
でもそれを、5年経った今、あえて観る気にはならない。
観る勇気がなくなってる…
どういう気持ちで向き合えばいいのか、それが今、自分でわからなくなってるから。
観ようと思うと、胸が苦しくなってくる。
でもいつかはまた、ちゃんと見ることができるだろうけど…


迷ってたり、立ち止まっていたりしても、待った無しで時は無情に過ぎていく。
それは仕方のないことだけどさ・・・。
でももう少し、ゆっくりでもいいんじゃない?って思うよ・・・。



君が光に変えて行く



遅くてもいい 小さくたっていい
自分の足で一歩づつ歩ける日がきっとくると
そう信じて










裸足の女神  I love LEVIN !!!"

テーマ:
B'zの 裸足の女神
当時このCMに使われとった。

実は我が愛車“トイチ”もこの年に誕生。
今なお現役やねん!


なもんで、今日の映像はこれを探してきた^^
当時はCGなんてもん、まだあまり流行ってなく、実写オンリー。
出演者はともかく、やっぱこの車が好っきやねん!
ちなみに、ボディーカラーはちゃうけどww  ⇓ ⇓







感謝です・・・

テーマ:


今日で、あるブログサイトが閉鎖になります。

いままでこのアメブロとともに時々更新してきたところです。

そちらの方もココの次くらいに長くつづけてきたんやけど・・・

でもやっぱいざお終いとなると、寂しいもんやね・°・(ノД`)・°・

そこではいろんな人と知り合ったし、いろんなことも学んできたとこ。

はっきり言って、ほかにはない居心地いいとこやった。

そんな居場所がまた一つ、消えてまうねん・・・

まぁある意味しかたのないことやとは思うけど、

ただ、そこで知り合った方々や運営者の方々には、感謝感謝です。

本当にいい時間を作ることができたりもしました。

今まで、ありがとうございました。

(・ω・)/



 (今日でそのサイトは閉鎖になるため、こちらに記しておきます・・・)


 



10年ですか…

テーマ:

そう、気づけばちょうど先日、ココを初めて10年になりました 目

2004年11月20日に初めてブログ始めて・・・

あっちこっち書いてたけど、結局ココが一番続いてるかなぁ。


ということは、わいがこの地に住み着いて10年ってことか。



この10年、何やってたんやろなぁ・・・


 



あれから半年・・・

テーマ:
震度6強 2011年03月11日 14時46分 日本史上最大の地震発生。



今回は、まず電気もストップしテレビも見れずまったく状況が把握できなかった。何が起きたのかわからない。
携帯で見るテレビが唯一の情報源だった。

辛うじて、時折携帯テレビで見るニュースで、被害が大きくなっていき、尋常でないことがわかってきた。
震度7?6強?マグニチュード9?死者不明者20000人以上? 正直、なんだそれ!っていう印象だ。
今回は自分もある程度被災してるためか、リアルにニュースを見ていなく、それがいつもと違って、実感らしい実感がイマイチ湧いてこなかった。
まるで海外の出来事のような印象さえある。
でも、間違いなく、現実なんだ…
もう被害は拡大してほしくない!心底そう願わずにはいられなかった。もう知らない人でも、悲しんでる人の顔、見たくなかった………。






震災当日

その時間、仕事場にいた。
長い揺れの中、まだ終わらないのかと思いつつ、しばらくふんばって佇んでいた。
家が心配で連絡しようにも、なかなか携帯もつながらない。
つながらないと思いながらも掛け続け、やっとのことで家族の無事は確認できた。
が、家が被害を受けていた。
帰り道、いつもならすいすい進む道も前方には長い車の列、とっさに脇道へ逸れ回り道。
途中、橋が通行止め、余儀なく遠回りさせられた。

わが家もかなり被害を受けた。
屋内もあちこちにヒビが入り、壁も崩れてる箇所があり、家の中はほぼすべてがひっくり返ったというように、物が散乱していた。
揺れの方向が原因か、かろうじて買ったばかりのテレビは無事だったが、足の踏み場は皆無で部屋に入れない状態だった。
片付けようという気も、まったく起きないくらいに凄まじいありさまだ…
もっとも、その前にこの先どうなるのだろうという思いでいっぱいだった。
しかし、次に大きいのがきたらもうおしまいだろう、と感じていた。

当然の事ながら、電気も水道も機能はしておらず、夜は重ね着に重ね着をし、縮こまって過ごした。
食事は帰宅途中によったコンビニで買い求めた肉まんや菓子(他はもうなかった)などで腹を満たした。

余震は数分おきにあり、夜は短い仮眠をとるにとどまった
石油ストーブをこまめに消し、どうにか一夜を明かした。
明かりはろうそく一本。
それも何日もあるわけではない。

情報は、携帯で微かに映し出されるテレビ放送のみ。
市の放送もごくわずかで、しかもはっきりとは聞き取れないありさま。まったく自分の地域の事はわからなかった。


二日目の朝、市の放送により、給水車がきてるというので、水をもらいにいくが、一世帯5リットル、それを2時間並んで手に入れた。
屋根瓦がかなり被害を受け、瓦礫を捨てに指定場所まで3往復した。(次の日も2往復したが、まだまだ残っていた。)
この夜は余震も少しは減り、疲れもあってか前日よりは睡眠時間をとることができたが、まぁ余震に慣れたといった方があたってるかも知れない。


三日目には、気休めながら屋根にシートを被せることができた。
が、強風や梅雨にはどこまで持つのか定かではない。(案の定、すぐにかぜにはがれてしまった)
因みに、瓦はほぼ全部ダメージを受けている。


地震発生以来、約48時間後、電気のみは辛うじて復旧した。
しかし、水道は目処がたたないらしい。揺れで下水道がダメージを受けたようだ。
時間をかけてわずかな水を求めるより、今はご近所さんの知り合いのとこの井戸にたよっている。

電気がきて、すこしづつ片付けにも手を出せるようになってきたが、簡単には済みそうもない。
どこからてをつけていいのか…


四日目は一日中家の中にいた。
ある筋(メールとかではない)から、原発の影響は予想外だということを聞いたからだ。
まぁ、片付けしながら過ごしたのでなんにもなく済んだ。
夜になって、水道がちょろちょろ出たが、殆ど出ないに等しい有様だった。
夜は夜で余震の回数がまた増えたようだ。夜中に幾度となく、めがさめた。
まだまだ続きそうだ。


五日目、朝から風が強い。屋根のシートが心配だ。
水道から少し水が出るようになった。これでカップ麺を食べることができた。
その後、何日か振りに風呂に入った。もっと酷い被災者のことを思うと、あまり長居はできなかったな…
部屋も片付いてはきたが、まだまだかかりそうだ。
あと、街中を少し見てきたが、食品はことごとく売り切れ、ガソリンも売り切れだった。


六日目、家でじっとしていても仕方ないので、仕事に行ってみた。
放射能が気になったが、考えても仕方ない…
それと今日はやたらと強風だったので、屋根のブルーシートはやはり無残なものだった。アンテナも向きが変わってしまい、テレビも所々しか映らない。


七日目、仕事帰りにホームセンターが開いてるという情報を得て寄ってみたが、あいにく閉店した後だった。コンビニには少しの食料があったので、パンやアイス、おかずになりそうなものを購入。
しかし、スタンドはまだ大半が閉まっており、ガソリンの補給が心配だ。


八日目、寒さ厳しい朝だったが、いい天気だ。
朝、仕事場近くのスタンドが空いているという情報を得て、早速給油さに行った。満タンにできた。これで少しは大丈夫だ。
昼休みに久しぶりに携帯でWEBSurfingしてたが、気になる記事をいくつかみた。
中国に関することが二つ。
自分達は寝床もあるにも関わらず、避難場所に出没し、配給の毛布とかを容赦なく持ち去っていくらしい。席を離れた被災者の食料もだ。
それに、流れ着いた遺体から平気で金品をもっていってしまう。遺族にしたら、大切な形見なのに…
あと、中国が日本を統治しようとしたがってるのは多くの人が知っていることだが、今この時とばかりに狙っている。でなければ、人民解放郡をわざわざ送ってくることはしないはずだ。
なおのこと、あの国への警戒心が強くなった。


九日目、暖かな、穏やかな一日だった。
ぼちぼち各店も開店しだし、以前の様相に戻りつつある、と思っていたら…
午後六時五六分、震度5弱。
まだまだ安堵できそうもないなぁ。
それから今日は、屋根のシートをやり直した。今回は人に頼んで、仕事としてやってもらった。
これで少しはホッとできた。


十日目、午前中、スーパーに行った。かなりの混みようだった。
スーパーは天井板をすべて取り除いた形で営業していた。
テレビで買いだめをしないように呼びかけてはいるものの、買い物かごはみな、いっぱいだった。
もっとも昨夜の余震を経験したら、無理もないのかな。
あと今日は片付けもそこそこに、PCを立ち上げた。ネット上の相手とはいえ、みな心配してくれたたから、メッセージを残してきた。
まだ長い時間ネットする気にはなれない。


十一日目、冷たい雨の朝…一日中部屋にいた。
片付けは進まない。


十二日目、今日あたりからガソリンもでまわり、すこしづつだけど着実に復旧してきてる。
が、相変わらず余震は続いてる。







GLORIA

テーマ:

michel polnareff の曲、いろいろあるけどやっぱ、これがいいかな^^

子供のころ、よく意味もわからずに聴いていた曲。

はじめ、違う曲を聴きたくて買ったレコード(当時はCDなんチューものはなかったんよ。)

その中に一緒に収められてたのが、これ。


GLORIA



 

北の狼 南の虎

テーマ:

子供のころよく見ていたTVアニメ、「野球狂の詩」

その中で「北の狼、南の虎」 というものがあった。

劇場公開もされたストーリー。

子供心に篤く込み上げてくるものがあったのを覚えている。


それを今日、GyaO を見ていて偶然目にした。

とても懐かしい о(ж>▽<)y ☆

もちろん即座に “PLAY” をクリックしてじっくり見た。


最近のアニメでは、こういった感動はなかなか難しいだろうな...........。


kitaminami


CGを駆使した新しいものもいいが、ちょっと昔のこういったアニメもときにはいいかな。

「絵が動いてる」 というより、「絵を動かしてる」 って感じが^^


  click ⇒ 北の狼、南の虎