2011年05月11日

なぜピースビルダーズは南相馬市を支援しているのか(1/3)

テーマ:東日本大震災
あの日から、ちょうど2カ月がたちました。

そして、ピースビルダーズが南相馬市の方々を支援し始めてからも、2ヶ月近くがたちます。
ブログでも折にふれて様子を伝えているせいか、最近では活動についてご意見をいただくようになりました。
多くの方々は、必ずしも支援が行き届かない傾向があった南相馬市にピースビルダーズが注目し続けていることに、応援のメッセージを送ってくれました。
しかし中には、原発から30キロ圏内に中心部を持つ南相馬市への支援について、疑問を呈する方々もおられます。これも、当然の反応でしょう。

理論を前面に押し出して被災者支援を行うのは、われわれの本意ではありません。
しかしそれは、われわれが何も考えないで行動しているということを意味しません。
南相馬の問題は、現在の日本の危機を象徴的に示している問題でもあると思いますので、
あえて、このブログでは、われわれの考え方を示しておきたいと思います。

文章が長くなりますので、3回程(予定)にわけて、お送りします。


1.原発30キロ圏内とは何か?
南相馬市では、南部の小高地区にあたる地域が、原発20キロ圏内であるという理由で「警戒地域」に指定されてしまいました。
ピースビルダーズ要員は、かつては20キロ圏内にも入っていましたが、政府の方針に真っ向から挑戦するつもりはなく、現在は「警戒地域」には入っていません。
そこで問題になるのが、「原発から30キロ圏内」にあたる南相馬市の中心部の原町地区、そして30キロ圏外にあたる鹿島地区の地域についての考え方です。
これについてまず考えなければいけないのは、生き物でも何でもない放射線が、日本政府の方針にそって、20キロラインや30キロラインで、レベルを変えたりしているわけではない、ということです。
「20キロ」「30キロ」という言葉が一人歩きをしていること自体が、「風評」のようなものです。
考えてみてください。原発施設内ですら、具体的な個々のポイントの放射線量は異なっているという考え方にもとづいて、作業が進められています。
それなのに、放射線が正確な同心円を描いて広がるなどという理論だけを信じるわけにはいかないでしょう。
実態にかかわらず編み出された仮説を、「30キロの同心円の仮設」とでも呼んでおきましょう。
福島第一原発からの距離を地図上でコンパスを回して測って、「退避しろ」云々と日本政府が指示を出したことは、緊急措置としては、大きな意味があったでしょう。
実際の放射線量を測定する時間的余裕がない場合、距離に応じて一律の対応策をとったということは、極めて妥当な態度であったと言えると思います。
しかし「緊急性」の度合いが低くなるにつれて、このような機械的な方法の妥当性が低くなっていきます。
代わって導入すべきだったのは、実際に放射線量が高いのはどこであるのか、具体的な場所に応じてどれくらいの放射線量があるのか、という発想に基づいた考え方であったと思います。
国際原子力機関(IAEA)は、3月中旬に独自調査を行い、すでに3月末の段階で、原発から40キロ離れている飯館村の土壌からIAEAの避難基準を上回る放射線量が発見された、と警告しました。
日本政府は、その際には「30キロの同心円の仮設」を振りかざして、30キロ圏内は危険だが、30キロ圏外の飯館村は安全だ、と宣言するという間違いを犯しました。これは、極めて罪深い間違いであったと言わざるを得ません。

【つづく】

<文責:ピースビルダーズ理事・篠田英朗>



◆特定非営利活動法人ピースビルダーズ(PB) 寄付口座◆
広島銀行 本店 普通 3556132
三菱東京UFJ銀行 広島中央支店 普通 1281204
ゆうちょ銀行 五一八支店 普通 4292696

*たくさんのご寄付をいただき、心より御礼申し上げます。今回、思いの他、全国からの反響が大きかったため、寄付の受付口座を地方銀行だけでなく、ゆうちょ銀行、全国の銀行に広げさせていただきました。
遠くからのご支援に、心強く感じると同時に、このご芳志を無駄にしないよう、より心を引き締めて活動してまいります。
銀行振込の際は、お手数ですが、お名前、ご連絡先、何でもひとこと、など、メールでご連絡いただければ幸いです。この口座は地震のためのご寄付専用ではありません。ピースビルダーズの他の活動(平和構築事業やフェアトレード事業などなど)のものと混乱しないためにも、また、より有効にご寄付を活用させていただくためにも、お差支えのない範囲で、メールでのご一報にご協力をお願いできれば幸いですface01



広島ブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pacoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。